« 蛾眉山月歌 | トップページ | 鉢呂氏「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報 ! »

2012年『本当の自分に返る年』

 『2012年-本当の自分に返る年』。
 今まで「これが自分だ」と思い込んできた肉体中心の自分は、「仮の自分」だったとでもいうのでしょうか。どうもそのようです。これまで「偽りの自分こそが自分だ」と思い込んできたがために、あっちにぶつかりこっちにぶつかり、ずい分痛い思いもしてきました。そんな思いをしないためにも、もういい加減このへんで「本当の自分」を思い出し、そこに返る必要があるわけです。
 そしてそれが「2012年」だというのです。

 その基本的なことを踏まえて、今回のメッセージにじっくり耳を傾けてみましょう。
 「本当の自分とは何か」など、いくつかのキーワードについて私なりに説明したいところですが、それぞれ重要で一つひとつが独立した記事となりそうです。そこで「いずれ折りをみて」ということに致します。
 今回もエンヤの詠唱です。曲は「Only Time」。代表曲の一つのようです。そういえばエンヤさんについて少し思い出したことがあります。それもまたいつか述べてみたいと思います。



2012年『本当の自分に返る年』

 私たちは進化の次の段階に入っていくにあたって
    本当の自分を思い出さなくてはなりません

    一つひとつの魂は、今までなかったほど
          貴重なものとなり
          あなたの意識は
       時空間の制限を越して拡大し
      あなたの魂は、肉体に宿ったまま
    自分がやってきたふるさとに帰ることを
         切望することでしょう

         それは可能なのです
  2012年とはその絶頂期を意味しているのです

 闇の勢力は、この世の終焉的なシナリオによって
       恐れを創りだそうとしています
  でも彼らにも、この集合的な人々の目覚めを
     予期することはできなかったのです
彼らの権力と支配は、日々崩壊に向かっているのです

        この宇宙で最も力があるのは
             「愛」です


         そして、私たちのハートが
 ここまで輝いたことは未だかつてなかったのです

 私たちは、この惑星を制覇しようとする闇の勢力に
          打ち勝つことでしょう

        愛と思いやりだけによって !
         他は何もいらないのです

      マザーアースの新しい周波数と共に
私たちが自分たちのヴァイブレーションを上げるにつれ
      私たちは今の次元の制限を超えて
     集合意識を拡大していくことになります

         私たちはゼロポイント・・・
    すべてが一つであり、永遠であるところに
         向かって行っているのです

  もう二元性の世界、分離の世界がなくなるのです

そうです・・・私たちは聖なる源と一つになっていくのです

 (大場光太郎・記)

|

« 蛾眉山月歌 | トップページ | 鉢呂氏「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報 ! »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

 本日は「運命の2012年12月22日」です。しかし今のところ何も起きていません。ほっとすべきなのか、悲しむべきなのか。だいぶ以前からこの日に注目していた私は複雑な思いです。
 今晩まで少し考えて、このことについて記事にしたいと思います。

投稿: 時遊人 | 2012年12月22日 (土) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蛾眉山月歌 | トップページ | 鉢呂氏「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報 ! »