« これが登石裁判長の正体だ | トップページ | 石川知裕氏の結婚を祝す »

登石裁判長を「弾劾訴追」し罷免しよう !

 ブログ『杉並からの情報発信です』様は、以前から小沢「政治とカネ」問題の不当性をさまざな角度から訴えておられます。今回の東京地裁の登石裁判長の陸山会“不当”判決に対しても、まっとうな指摘をされています。
 以下にご紹介するのは、前段で、当フログでも前回転載しました『日刊ゲンダイ』記事を同じく紹介しながら、それに続く論評です。
 なおまことに勝手ながら、適宜行詰めをしています。
出典元 『杉並からの情報発信です』 http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/2c2d70ae276d969ee46135c6fef74909
                       *
 (前略)

▼ 東京地裁登石裁判長を「裁判官弾劾裁判所」に訴追して罷免せよ!

東京地裁登石裁判長は、日本国憲法第76条第三項の「全ての裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法を及び法律のみに拘束される」との「裁判官の独立」の規定に明白に違反しています。
その違反理由は以下の3つです。

(1)東京地裁登石裁判長は「西松建設裁判」の中で窮地に立たされた検察から申請された「訴因変更」を違法に容認し裁判を中断して「陸山会事件」に無理やり併合したこと
(2)東京地裁登石裁判長は「陸山会裁判」の中で検察が立件出来なかった「水谷建設1億円闇献金」容疑事件を何の証拠もなく3人の法廷証言のみで「認定」し「全員有罪」にしたこと
(3)東京地裁登石裁判長は「陸山会事件」で強引な取り調べで書かれた多くの検事調書を証拠採用拒否したにも関わらず、検察の主張を全面的に認めて3人の元秘書全員に「有罪判決」を言い渡したこと

日本国憲法第15条は「公務員を選定しおよびこれを罷免することは国民固有の権利である」と「公務員の選定罷免権」を規定しています。
我々国民は憲法違反、法律違反このの裁判官を国会内に設置された「裁判官弾劾裁判所」に「職務上の義務に著しく違反しまたは職務を甚だしく怠った」罪で訴追し罷免すべきなのです。

▼ 「西松建設事件」は「小沢民主党政権」誕生阻止目的で麻生政権が指揮権発動して検察にやらせた政治弾圧!

当時の麻生自公政権は半年以内に予定される総選挙で「小沢民主党政権」が誕生して政権を奪われる危機的な政治情勢下にありました。
麻生政権の背後には「小沢民主党政権」の誕生で利権・特権を奪われる米国支配層、自民党清和会、公明党=創価学会、霞が関特権官僚、経団連大企業、大手マスコミ、広告代理店・シンクタンク、右翼・暴力団などの「既存勢力」が「小沢民主党政権」誕生阻止で動いていたのです。
麻生自公政権は検察に小沢一朗民主党代表を逮捕・起訴して「小沢民主党政権」の誕生を潰すために全力を挙げていたのです。

麻生首相は森英介法相に命じて検察に指揮権を発動させ「西松建設事件」の強制捜査で小沢一朗民主党代表の大久保第一公設秘書を逮捕・起訴させたのです。
東京地検特捜部は「西松建設事件」に100人の検事と一年以上の歳月と30億円以上の税金を投入して前代身分の「総力体制」をしき、「ゼネコン各社から小沢一郎氏へ多額の闇献金が支払われている」とのストーりを作り上げ、小沢一郎氏を「収賄罪」もしくは「受託収賄罪」容疑で逮捕・起する計画だったのです。

▼ 検察は「西松建設事件」の立件に失敗し小沢一郎氏を逮捕・起訴出来なかった!

東京地検特捜部は逮捕した大久保秘書を締め上げて「嘘の供述書」をとろうとしたが大久保秘書の完全拒否に会い何の供述も得られなかった。
また東京地検特捜部は100名の検事を総動員して全国のあらゆるゼネコンを強制捜査して「小沢一郎氏への闇献金」の供述と証拠を集めようとしたが、確たる証拠も供述も得られなかったのです。

東京地検特捜部は獄中にいた水谷建設水谷会長(当時)の「ダム建設受注の謝礼で大久保秘書に1億円払った」との嘘の供述に望みをつないだが、水谷会長の供述の信用性は低く立件できなかったのです。
東京地検特捜部は仕方なく「西松建設の政治資金管理団体から陸山会が受領した2500万円の政治献金は、西松建設が実態のないダミー組織を通した献金でありダミーであることを知っていた大久保秘書は政治資金収支報告書に虚偽記載した」という微罪容疑でしか大久保秘書を起訴出来なかったのです。

▼ 東京地裁登石裁判長は「西松建設裁判」の「訴因変更」と「裁判併合」によって検察の窮地 を救った!▼ 東京地裁登石裁判長は「陸山会裁判」の「全員有罪判決」で「日本支配層」の窮地を救っ た!

東京地裁登石裁判長は「陸山会裁判」の判決の中で「水谷建設から1億円が石川被告に渡されたのは明白」「小沢氏が立て替えた4億円の中に水谷建設の1億円が入っており原資を隠すために虚偽記載した」と何の証拠もなく3人の証言だけで「認定」したのです。
もしもこのことが事実であったならば、東京地検特捜部はとっくに「西松事件」で小沢一郎氏を逮捕し「収賄罪」「受託収賄罪」で起訴していたはずなのです。

東京地裁登石裁判長は検察が全力を挙げた強制捜査でも立件できなかった案件を公判の証言だけで「有罪」にしたのです。
この判決は、裁判官が表面的に持っている「法の支配」や「社会正義」や「中立性」をかなぐり捨てて「恣意的な判決」を下して、危機に瀕した「支配階層」を最後の段階で救済したのです。

国民はもはや日本の裁判官も裁判所も信用しないであろう。

(終わり)

|

« これが登石裁判長の正体だ | トップページ | 石川知裕氏の結婚を祝す »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。