« キュリー夫人のこと | トップページ | 平成版「桜田門外の変」でも起らないか ! »

「世界皇帝」の息子、被災地訪問の怪

 -「犯罪者は現場に返る」 (『47NEWS』当該記事のツィートより)-

 7日午後から、以前の『えっ、ディビッド・ロックフェラー失脚?』(10月)記事へのアクセスが急増しました。『何で?』と思っていましたら、以下『47NEWS』が伝えるような次第だったようです。

                        *

ロックフェラー氏が被災地訪問 仙台市長に弔意




 米国ロックフェラー財団会長デービッド・ロックフェラー・ジュニア氏と妻スーザンさんが7日、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた仙台市若林区の荒浜地区を訪れ、奥山恵美子市長に弔意を伝えた。

 夫妻は外国人観光客に、日本への渡航が安全だとアピールするほか、日本への継続的な支援を訴えるため来日した。

 荒浜地区で被災した小学校やがれき撤去の状況について、市長から説明を受け「これほど大きな被害は見たことがない。海はいろいろな物を与えてくれる。生活再建を祈っています」と述べた。

 壊滅的な被害を受けた宮城県東松島市の野蒜地区や、同県石巻市の漁港も視察。

 2011/11/07 10:27  【共同通信】

『47NEWS』より転載
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011110701000138.html


 ご注意いただきたいのは、私もうっかり勘違いしそうになりましたが、今回被災地を訪れたのは一族の総帥のディビッド・ロックフェラー(96)ではなく、子息のジュニア氏夫妻だということです。(独り言-へえ~、財団会長はジュニア氏だったのか。“偉大”な親父の陰に隠れて影が薄かったけど、初めて見た。)
 この記事には400ものツィートが寄せられています。その中で特に秀逸なツィートを以下にご紹介します(順不同)。皆さん、裏の裏の事情をよくご存知のようで。

                       *

よくもまあ堂々と出て来れたもんだな

人工地震、人工津波を行った当事者のロックフェラー氏が被災地訪問。何しに来たんだ !極悪人が善人のフリをして訪問なんてふざけたやつらだ。怒りがおさまらない

犯罪者は現場に返る。気になるんだろうね。小学校訪問したり、子供使うのもいつもの手。あくどい気持ちとバランスさせようとするんですね。

同行しているスパイの状況確認などが目的でしょ。新たなテロのロケーションかもね。

むむ?アメリカの真の支配者ロックフェラーがなぜ被災地を訪問?ТPPがらみか?

本当の目的はТPPをごり押しに来たのではないか?

ロックフェラー傘下のモンサント社はТPPで日本の農業に打撃を加える可能性のある巨大企業。ベトナム戦争の枯葉剤や遺伝子組換え作物や除草剤ラウンドアップや世界の種子95%の特許をもつ事で有名

残念ながらこれで野田さんのAPECでТPP参加表明は確定。

                       *

 中には「お父さんはどこにいるんでしょうね(笑)」というのもありました。『えっ、ディビッド・ロックフェラー失脚?』を公開した手前、私が一番引っかかるのはそのことなのです。

 「ディビッド以下一族はインドの核シェルターに隠れているところを、ロスチャイルド側に探し当てられた」「ディビッドは命を取るか財産を取るか迫られ、命を取って全財産を失った」
 この驚愕情報は結局「ガセ」の類いだったのでしょうか?それとも事実で、ロスチャイルドはわけあって、「父の悪」の足元にも及びそうもないジュニア氏は泳がせて、自分たちの目的達成の手駒として使うつもりなのでしょうか?

 もう少し注意深く、今後のロスチャイルド、ロックフェラー両ユダ金(ユダヤ国際金融資本)の動きを見極める必要がありそうです。

【追記】
 本ニュースに関して、以下の2ちゃんねるが突っ込んだ議論を展開しています。7日だけで「1スレ-1001コメント」を超えてしまうほどの白熱ぶりです。なおその中で、当ブログ『ディビッド失脚?』記事のURLが紹介されています。http://unkar.org/r/newsplus/1320632399

 (大場光太郎・記)

|

« キュリー夫人のこと | トップページ | 平成版「桜田門外の変」でも起らないか ! »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント


世界皇帝 ディヴィッド・ロックフェラー 死亡 金星人(-) 毎年8,9,10月が大殺界 広島、長崎への原爆投下を今も謝罪しないアメリカに、反アメリカ感情を今こそ噴出せよ。 アメりカの洗脳広告代理店である電通を使った、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、見事な洗脳に晒され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! 我々はハッ、と気付いて用心し、注意し、警戒すれば騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!

投稿: 脱洗脳報道はベンジャミン・フルフォードの書籍とHPを見よ! | 2014年8月27日 (水) 13時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« キュリー夫人のこと | トップページ | 平成版「桜田門外の変」でも起らないか ! »