« ペルセウス、故国に帰還し王となる | トップページ | 橋下大勝利後の政局について »

ミノリス・メッセージ-「暗黒の3日間」

 「暗黒の3日間」についは、昔からカトリックの聖人たちによって予言されてきました。私がこれを知ったのは今から25年以上前のことです。その時点で「近未来に起るかも知れない」ということでしたが、およそあり得ない事態に思われあまり深刻に考えることはありませんでした。
 
 ところが今回のミノリス・メッセージによりますと、それがいよいよ間近に迫っているというのです。地上に一切光が届かない、電気関係が一切使えない。とにかく暗黒の真っ暗闇の3日間です。そのような“現実離れ”とも思える「暗黒の3日間」が、いよいよ起きそうだというのです。新年明け早々のことだと言います。(別の情報では、来年1月4日から6日の期間と特定されています。)
 
 もし本当に起れば大大変、起らなければとんだデマの類いです。しかし実際起きた場合、本文中にもありますが、何も知らなければ大パニックとなり気が狂う人もけっこう出てくるかもしれません。

 「純粋に、宇宙科学、宇宙物理的な現象」とのことですが、私には起きるとも、起きないとも断定は出来ません。ただ個々人の“リスクマネジメント”の観点から、その時期を十分留意して迎えた方がいいように思われます。仮に何事もなく過ぎるようだったら、それが一番望ましいわけです。
 今回の情報は、「自己責任」で慎重に判断されることを希望します。 (大場光太郎・記)

出典元
『ミノリス Minoris の UREGENT MESSAGE(緊急情報)』
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010

                       *

「暗黒の3日間」今年2011年の終わりか、来年2012年の始め」未来人2011.10.4

今年の終わりか来年早々、
フォトンベルト「ヌル・ゾーン」を通過することで
「暗黒の3日間」が、(必ず)起こる。

そして、未来人からのメッセージによれば、
来年2012年の初夏から夏、
二ビルが猛スピードで太陽系を横切る際に、
地球の地軸が逆転する可能性が高い。
(その頃は同時に、地震、津波、大陸の隆起と沈降が激しいだろう)

「暗黒の3日間」は、
電気関係が一切使えない(乾電池も使えない)から、
車も、電車も、新幹線も、エレベーターも使えない上、
3日間完全に止まったままになる。
中に入っていれば、閉じ込められることになる。

年末年始、特に一月上旬は、
なるべく出掛けない方がいいだろう。
(家に居て、じっとしている以外にない)

灯油ストーブ、火鉢、巻時計、
ろうそく、マッチ、水、非常食などが必要だ。

今まで、スピリチュアルなアセンション情報を笑っていた方々も、
この「暗黒の3日間」で顔色が変わってしまうだろう。

ただ、この「暗黒の3日間」は、ずっと続くわけではない。
たった3日間だけ、真っ暗になる。

それを知っていれば、かなり気は楽になる。

何も知らずにいきなり体験する多くの方々の中には、
ショックと恐怖で、気がおかしくなる人たちもたくさんいるだろう。

なるべく、今から情報だけでも知らせておいたほうがいい。


ただの怪しいアセンション情報でもなんでもなく、
純粋に、宇宙科学、宇宙物理的な現象なのだから、
信じるとか、信じないとかの思い込みのレベルの話ではない。

物理的に確実に起こる本当のことだ。

このような非常に重要な、生死にも関わる情報は、
本来メディアで告知するべきものだ。

(一部の世界の主要な科学者と政治家と経営者たちは非常によく知っている)

「二ビル」も、「フォトンベルト」も、
多くの人々に、ほとんど何も知らされていない。

ならば、ここでメディアの代わりに全世界に告知するのみである。


世界中探しても、
暗黒の3日間の時期を明言している情報は、他にない。

この情報は、世界的にもトップクラスの情報だということを
ご理解いただきたい。

(海外の方々にもなるべく伝える必要がある)


この地球の歴史はそれでも、自分の居た未来に比べて
かなり違った、恵まれた路線を進んでいる。

自分の居た未来では、もう既に日本は壊滅的になっており、
東京も水に沈み、国内各地の原発は地震で崩壊して、放射能地獄になっている。
そして、世界は、ユダヤ・イルミナティの謀略によって
大きな核戦争に突入し、人工的な気象と地殻変動に見舞われ、
ほとんど人が居なくなってしまった。
さらに、二ビルが地球に侵攻し、ユダヤ・イルミナティを破壊し、
その二ビルを最後に宇宙連合が滅ぼすという悲惨な歴史だった。


まだ、この地球には、それに比べて
たくさんのチャンスが残っている。

地球人類は、意識がシフトする時期(フォトンベルト)に入った。
2012年とは、意識の変化の年だ。

この銀河の巨大な波は、地球を舞台にした
宇宙の歴史でも未だかつてない壮大なドラマとなる。

この巨大な波(コズミック・ウエーブ)は、
人為を超えてなされる宇宙の進化の波だ。

この波に対しては、人は二つの道しかない。

波に乗るか、拒絶するかだ。

あなたはこの宇宙の変化の波に乗る準備ができているか?

ハートを中心に生きる準備はできているか?

過去と現在と未来が交錯し、
物質と精神と神が交錯する「多次元の世界」。

銀河の中心より放射される強いフォトン(神の光)によって、
あなたは、細胞のDNAレベルから変化し、
ライトボディ(光の身体)に進化する。

その時、あなたの「内なる神」が動き出す。

あなた自らで意識のシフトを起こし給え。

そしてあなたの人生の中で最高の愛を選び給え。


「この地球に良い未来はあります。その世界は光が満ちあふれた明るい世界です」未来人メッセージ 2011.8.5

「地球の運命行く末は良い方向とそうでない方向と二つの可能性は6:4くらいです」未来人2011.6.9


日本と地球を巡る緊張状態について NO12 未来人のメッセージ 「2012」



※この未来人のメッセージは、
このブログで掲載する最後のメッセージになる。

………………………………………………………
未来人 メッセージ 2011.10.4
………………………………………………………

(ミノリス:これから地球は何が起こるのでしょうか?)

北半球と南半球が逆転します。


(地軸が逆転するということですか?)

はい。


(それはいつですか?)

来年2012年の夏。


(最近のメッセージでは、地球の人類の生き残る人数が
 大きく減ってしまうといわれていますが、
 どのような理由で人数が減ってしまうのでしょうか?)

今の地球での人口が多いのは、それはそれで役目があって、
たくさんの人口を地球が受け入れているという役割が終わります。

そして、その中でこれから生き残っていく人たちがいます。

それは少人数です。


(地球、太陽系は、銀河の中心から照射されている
 フォトンベルトを通過中であり、
 これから通過するといわれているフォトンベルトの
 一番濃い部分を通る際に、太陽の光も届かない真っ暗な
 暗黒の3日間があるといわれています。
 それはこれから起こりますか?)

はい。真っ暗になります。


(それはいつでしょうか?)

今年2011年の終わりか、来年2012年の始めくらい。


(それは突然なるのでしょうか?)

はい。


(では、全世界の、すべての国々の人々は大パニックになりますか?)

はい。

この3日間のことを知っている人は、本当に少ないからです。


(ドルは、アメリカの国債が実質、返済不可能な状態になっており、
 アメリカの国家財政が既に完全に破綻している事実から、
 まもなく崩壊するといわれています。それは起きますか? 
 また円は、その時、ドルの暴落を受けて、
 特に海外との貿易関係で甚大なダメージを受けると思われますが、
 国内の経済は継続することから、ある程度の流通信用を保って
 使われると考えられます。しかしどうなるのでしょうか?)

ドルは崩壊します。

円も今とは変化すると思います。

新しい通貨に変わるかもしれません。

リッチRICHの意味が、今とは違ってきます。

豊かさ、精神面の豊かさを重視することで、
本当の豊かさを意味するようになります。

お金だけのことを考えると、
本当の豊かな状態RICHになれず、遠のいていきます。

価値観が、全く変わると思います。

お金がたくさん持っていればいるほど、
執着して悲惨な状態になっていく人が出てきます。

ほとんどの人が執着していくでしょう。


(現在の地球の歴史は、アカーシックレコードに記録されている
 大きな戦争・第3次世界大戦に突入しておらず、
 また、日本も沈没せずに生き残っています。
 日本の地震もアカーシックレコードに記録されている大きなものが起こらず、
 それによる原発の破壊や放射能の拡散による甚大な被害が抑えられています。
 この時間軸の地球の歴史は、私がいた未来の地球の世界と比べて、
 良くなっているのでしょうか?)

ある意味良い方向に進んでいます。


(その違いは何ですか?)

今回の、この時間軸の地球は、目覚めている人、目覚め始めている人の数が違います。

目覚めるために、いろいろなことが更に起きてくることはあり得ます。

それは新しい世界に入るための出来事であり、方法でもあります。

私たちが居た未来の世界では、当時、目覚めている人たちの数が非常に少なく、
人間のエゴのまま進んだ結果、滅んでいきました。

核が使われています。


(では、この時間軸の地球では、
 パラレルワールドでは起こった破壊的な核戦争が回避されているのでしょうか?)

はい。  (転載終わり)

|

« ペルセウス、故国に帰還し王となる | トップページ | 橋下大勝利後の政局について »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ペルセウス、故国に帰還し王となる | トップページ | 橋下大勝利後の政局について »