« 写真を発明した人 | トップページ | 清武解任で内紛一応決着? »

ミノリス・メッセージ(4)

 久しぶりの「ミノリスメッセージ」です。
 これには理由があります。ミノリス・ブログ、8月15日の『須佐之男命様メッセージ』を最後に、その後更新がばったり止まっていたからです。多くのミノリスファンもそうだったかと思いますが、『ミノリスさんの身に何か起きたのだろうか?』と心配していました。

 これまで何度か当ブログでもメッセージをご紹介してきました。それをお読みの方ならお分かりかと思いますが、世界中の主要“闇のマスメディア”が絶対伝えない、真実の核心に触れた驚愕の内容です。それは闇の勢力にとっては甚だ「不都合な真実」情報であるわけです。
 ですから私は、『ミノリスさん、ひょっとして闇の勢力によってどこかに拉致されてしまったのか?』などと、あらぬ気をもんでいました。

 またこうも考えました。『ミノリスさん、問題の2012年12月22日を待たずに、既にアセンションを遂げてミノリス星に帰星されたのか?』
 いずれも考えすぎで、今回久しぶりにミノリスブログを訪れたところ、今月7日から再開されていたことを知りました。その間のブランクは、通信が不自由な人里離れた所に移動されていたことなどによるもののようです。

 ともあれ「メッセージ再開お慶び申し上げます」と言いたいところですが。今回転載メッセージの冒頭にありますとおり、このメッセージを含めてあと10回限定ということのようです。
 まことに残念ですが、「時がそれくらい迫っている」ということなのでしょうか?その後もどんどんお出しになっていますからもう残りあとわずかということなのでしょうか。
 私も含めて心ある方々は、今現在と2010年の初めからのメッセージ、今のうちしっかりと味読しておきたいものです。

 ミノリス様には、是非メッセージの存続をお願いしたいものです。もしゆえあって(高次元のご存在方のタイムスケジュールで)終了となりましても、今しばらくは貴ブログそのままお残しいただければ幸甚に存じます。  (大場光太郎・記)

『ミノリス Minoris の UREGENT MESSAGE(緊急情報)』
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010

                       *

「闇の者たちは最後の時を迎える準備をしている。しかし彼らは失敗するだろう」 リンドバーグ 2011.10.27

このミノリスのブログもあと10回ほどで、通信を完了することになる。

残されているメッセージは、次の内容だ。

…………………………………………………………

・ユダヤ・イルミナティの崩壊について

・日本の行く末と世界情勢について

・福島と放射能について

・マヤの暦の「終わりの日」について

・フォトンベルトと「暗黒の3日間」について

・地球のアセンションと、必要な意識の変容について

・二ビルの接近と、地球の地殻変動について

・地球外生命体(宇宙連合)の地球への出現と交流について

…………………………………………………………


まず、現在の日本は、
夏の最大の危機を乗り越えて、無事に済んでいる。

複数の地震計画と、富士山の噴火工作は、行われずに至った。
(これは、多くの人々の祈りが非常に効果を為している)

イルミナティは、日本を潰すことができずにいる。

今年2011年の夏が、日本と地球の運命の分かれ道だった。


日本を東西に分断し、経済と国政を破壊する彼らの計画は流れた。

しかし、福島原発と日本の民主党の国政の推移は、あまり良くない。
日本は、国民の意識の低迷と混乱の手前にある。


また、ユダヤ・イルミナティが計画している
リビア、エジプト、シリア、イラン、トルコ、中国などを巻き込んだ
中東・第3次世界大戦は、起こらずに現在に至っている。

(日本が福島以後、ほぼ無傷で生き残っていることが、
 世界の安定につながっている。)


今後の世界情勢と地球の流れは、次のようになる。

まず、来年早々、かなり大きなショッキングな出来事が起こる。
これによって、人々の意識が大きく変わるだろう。
(このブログで時期を公表する)


ユダヤ・イルミナティの計画していた、
「人工的な地球の大変動と戦争とHAARPによる天災」は、
その多くは失敗したり、
彼らの計画する大規模なものから小規模のものに変わったりするだろう。

多数の核を撃ち合う大規模な核戦争は、可能性が低くなってきている。
よって、人工的な災害や核戦争による地球人類の滅亡は、
その可能性が減ってきている。

しかしながら、今後、それに変わって、
非常に問題になってくるのが、「二ビルの最接近」だ。

二ビルは、独自の太陽(恒星)を持つ、巨大な星々だ。
それが、太陽と地球に近づいている。

木星サイズの巨大な星が、物凄いスピードで、
太陽系の中心をこれから横切る。

その結果、地球は、ほかの惑星と同じく、非常な潮汐力を受ける。

つまり、地球の地殻が、二ビルの非常に強い引力によって変動を起こす。

(既に太陽が既に一回転したり、
 他の太陽系の惑星の地軸が変化したりしている。)

これによって、地球は、
地軸と地殻に非常に大きな変化を起こす可能性が高い。

(二ビルの最接近は、来年2012年5~6月)


地球は今後、、二ビルによる天変地異を経験するだろう。
(多くの人々がそれによって亡くなる可能性がある)

そして、来年からは、
世界各地で、(良い)UFOと宇宙人が姿を現すだろう。



…………………………………………………………
リンドバーグ メッセージ  2011.10.27
…………………………………………………………

闇の者たちは最後の時を迎える準備をしている。

しかし、彼らはそれに失敗するだろう。

彼らの世界中の人々を滅ぼし、

自分たちの世界を作るという計画は、失敗するということだ。


彼らは今、躍起になって、様々な企てを実行に移している。

地震、津波、洪水、ハリケーンetc・・・

戦争、内紛、彼らの描いたシナリオが各地で進められている。

大勢の人々が彼らの犠牲になっている。

しかし、彼らに神の鉄槌が下される日が来るだろう。

悪はやはり、滅びるのだ。   (転載終わり)


ミッション・セントルイス(リンドバーグ・メッセージ) 

|

« 写真を発明した人 | トップページ | 清武解任で内紛一応決着? »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 写真を発明した人 | トップページ | 清武解任で内紛一応決着? »