« フランク・ミルズ『詩人と私』 | トップページ | 天皇ご不在の新嘗祭 »

新嘗祭と天皇

 -新嘗祭の簡単な意義と、同祭への天皇陛下ご欠席についての少考です-

 きょう11月23日は勤労感謝の日です。この祝日の意義については、昨年の『勤労感謝の日に思うこと』などで述べてきました。そこで今回は取り上げません。
 今回は天皇陛下のご病状との関連で、同日に行われる宮中祭祀について考えてみたいと思います。

 11月23日は「新嘗祭」(通常の読み方は「にいなめさい」、他に「にいなめのまつり」「しんじょうさい」とも)という宮中祭祀が執り行われる日でもあります。起源は飛鳥時代頃からとかなり古く、戦後の昭和23年(1948年)から国民の祝日として施行された勤労感謝の日は、戦前の新嘗祭が装いを変えたものなのです。
 新嘗祭は宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われ、祭主である天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんしんちぎ-天地の神々)に勧め、また自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する儀式です。
 収穫祭は世界的に広く見られます。特に戦後日本にとって、米国の「Thanksgiving Day(感謝祭、収穫感謝祭)」(11月の第4木曜日)はおなじみです。

 我が国は稲作が始まった縄文時代末期以降戦後の高度経済成長までの2千年以上、農耕社会が連綿と続いてきました。その土台の上に、古代天皇家が祭祀化する以前から、各地で五穀の収穫を祝う風習がありました。
 その伝統から言えば、古墳時代に大和や畿内の諸豪族を束ね、次第に中央集権的王権を確立していった天皇とは、本来的性格として「自然(ビュシス)王」であり「農業王」だったのです。そこで重要な意味を持つのが、その年の五穀の収穫を祝う各地のお祭りです。
 古代天皇家は自然王、農業王としての基盤を磐石なものとするため、各地の収穫祭を天皇家が集約的に一元化する祭祀を意図したと考えられます。「五穀の収穫を制する者が国を制す」だからです。

 新嘗祭が文献上初めて登場するのは歴史書『日本書紀』からです。同書中の、皇極天皇元年(642年)11月16日(同月2番目の卯の日)に新嘗祭を執り行ったという記述が最初です。有名な大化の改新(645年)の3年前のことです。
 律令制度のもと、11月の2番目の「卯(う)の月」に新嘗祭を行うよう規定されました。なお新天皇が即位した最初の新嘗祭を特に「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼び、天皇の即位を天下に広く知らしめる大きな祭典となっています。

 今日のように11月23日に変わったのは明治以降です。近代国家を装う以上日にちを固定する必要が生じ、新嘗祭のこの日を国民の祝日と定めたのです。
 戦後の昭和23年(1948年)から「勤労感謝の日」と名を変え、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」日と、我が国の新嘗祭と米国の感謝祭を折衷したような意義が賦与されました。

 以上簡単にみてきたような歴史と意義を有する新嘗祭。今年は大変残念ながら、ご病気の快癒に至らず今上陛下のご列席は適わない状況です。

 新嘗祭の意義について特に重要なのは、「天皇が五穀の新穀を天神地祇に勧め、また自らもこれを食し」という事です。これは「神人共食」と言われている秘儀です。祭祀中に神殿で、不可視の神々と天皇が共食するというところに深い意味があるのです。
 それは本来余人には替えられないものです。なぜか?天皇は即位の儀式の中で特別に「天皇霊」が賦与されるとされているからです。だから天地の神々の地上代行者は時々の天皇しかいないのです。

 とは言え今上陛下は現在も東大病院にご入院中とみられます。さほど深刻なご病状ではないにせよ、新嘗祭は夕方から始まり深夜にまで及ぶ長時間激務です。同祭祀の意義など陛下ご自身が痛いほどお分かりでしょうが、今後の差し障りとなっては大変です。

 今回のご病気は気管支炎などと報道されていますが、3・11大震災と直後の福島原発事故という立て続けに起こった未曾有の災害・事故へのご心痛からではないのか?と、私は密かに考えています。
 3・11以降の社稷を預かる者たちが、どれもこれも私利私欲に凝り固まった不忠の者たちばかりで。あるのは己の政権維持の念のみ、国を憂う心も国民を思う心もかけらもありはしません。
 これでは陛下のお心が休まることがありません。

 私たち人間にとって「自然」は想像以上に大切です。今日のように食糧自給率40%という、先進各国でも異常なほどの立派な(?)脱農業社会へと変貌しようと、私たちは「自然の法則」から逃れることは決して出来ません。
 ですから天皇が、昔も今も自然の力を国民に媒介する自然王、農業王であることに変わりありません。時代に合わせて、天皇が「ハイテク王」に変身するなどあってはならないのです。

 言うまでもなく、私たちの“身魂(みたま)”にとって「食」は極めて重要です。古来我が国で言い伝えてきたことの一つは「身土不二(しんどふに)」が大切だということです。身近な土地で取れた五穀、野菜類を食するのが、一番理に適った健康法なのです。
 それともう一つ言えば。日本と米国・豪州などとは「大地の気」が根本的に違います。大本聖師・出口王仁三郎はずっと昔、「日本は陽の国、アメリカは陰の国。お土の成分がまるで逆なのじゃ」と言い切っていました。

 アメリカで同じコシヒカリを育て日本に持ってきても、本場コシヒカリとは似て非なる「マイナス・コシヒカリ」なのです。小麦、大豆、牛肉など他のすべての食品がそうです。こんなものをせっせと食べ続ければ早晩病気漬けになること請け合いです。
 それに加えてロックフェラー系の巨大企業・モンサント社は、自然の摂理に反する遺伝子組み換え食品を日本で大量に流通させることを画策しています。同社は元々ベトナム戦争時の枯葉剤で大もうけした、血も涙もない“レプティリアン”冷血企業です。
 こういうことが、ТPP参加後の日本に待ち受けている事態の一端なのです。

 「このままでは日本と日本人は滅亡ざぞ」
 今回の天皇陛下の新嘗祭ご欠席は、「日月の神」など天地の真の神からの警告なのではないでしょうか。

 天皇陛下の一日も早いご快癒と、皇室の幾久しい弥栄(いやさか)を心よりお祈り申し上げます。

 (大場光太郎・記)

|

« フランク・ミルズ『詩人と私』 | トップページ | 天皇ご不在の新嘗祭 »

日本霊学、日月神示」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。