« 新嘗祭と天皇 | トップページ | 立川談志師匠、壮絶人生に幕 »

天皇ご不在の新嘗祭

 直前の『新嘗祭と天皇』でみましたように、今年の新嘗祭は天皇陛下ご欠席の下で執り行われました。この異例な今年の新嘗祭はどのように行われるのか。陛下ご不在という事態によって、かえってにわかにクローズアップされた感があります。『msn産経ニュース』が詳しく解説していますので以下に転載します。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111122/imp11112222520001-n1.htm

                       *

きょう新嘗祭 陛下ご不在は初めて 掌典長が代拝
2011.11.22 22:50

天皇陛下が自らその年の収穫を神々に感謝する儀式で、宮中祭祀(さいし)の中で最も重要とされる「新嘗(にいなめ)祭」が23日、行われる。しかし、今年は陛下が祭祀にお出ましにならないことが決まっている。病気を理由に陛下がご不在となるのは初めて。今年の新嘗祭は、どのように執り行われるのか。

 新嘗祭は皇居・宮中三殿の近くにある「神嘉殿(しんかでん)」で行われる。殿上に上がるのは伝統的な装束を身につけられた陛下と皇太子さまに限られ、ほかの皇族方は庭から拝礼される。

 例年だと儀式は陛下が主体となって行われる。陛下は全国から献上されたり、皇居で収穫したりした米とアワの新穀、新米から造った酒などを神前に供えられる。続いて神前に拝礼、「御告文(おつげぶみ)」を奏上した後、供え物を神々とともに食べる「直会(なおらい)」の儀式に臨まれる。

 午後6時からの「夕(よい)の儀」と午後11時から未明にかけての「暁の儀」があり、各2時間ずつ、計4時間のほとんどを正座で過ごされるといわれる。皇太子さまは、自身の拝礼時以外は、陛下とは別の部屋で終了まで控えられている。

 今年は宮中祭祀をつかさどる掌典職のトップ、掌典(しょうてん)長が陛下に代わり供物を供え、祝詞を読み上げる「代拝」を行う。宮内庁によると、皇太子さまはご自分の拝礼時に殿上に上がり、皇族方のご拝礼前に退出される。昭和時代の前例に従ったものだという。

 祭祀関係者は「陛下が出られる場合、着替えるだけで30分の準備がかかる。その重い装束で神嘉殿まで歩くのも大変だ」と明かす。

 宮内庁によると、昭和天皇は69歳で暁の儀へのお出ましをやめ、70歳で夕の儀も途中からとなった。陛下は来月78歳を迎えられる。

 国事行為の臨時代行などを務める皇太子さまだが、新嘗祭では儀式を代わりに行われることはない。祭祀は明治時代に制定され戦後廃止された「皇室祭祀令」に準じて行われ、陛下の代拝は掌典長がするものとされているからだ。

 祭祀関係者は「神とともに供え物を食すのは陛下以外誰にもできない。それだけ重要な儀式だが、陛下のご健康が一番大切。今年はゆっくり休んでいただきたい」と話している。
  (転載終わり)
                       *
【追記】
 まことにの慶ばしいことに、天皇陛下がほぼ快癒され、近く東大病院を退院される予定とのニュースが入ってきました。以下に『47NEWS』記事を転載します。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011112301002137.html

天皇陛下近く退院へ 発熱やせき、ほぼ回復

 気管支肺炎で東大病院に入院中の天皇陛下が近く退院される見通しとなった。発熱やせきの症状は、23日までにほぼ治まったという。

 医師団は「今月いっぱいは皇居・御所で静養していただきたい」としており、体力の回復具合をみながら公務復帰の時期を検討する。

 宮内庁関係者によると、天皇陛下はお見舞いに訪れた皇后さまと食事を共にし、音楽をかけながら室内を歩くリハビリもしている。

 6日に入院。高熱やせきが続く症状から、マイコプラズマが病原体となった可能性があると診断された。入院中は抗生物質投与などの治療が行われた。  (転載終わり)

                       *
なお本記事とともに、直前の所感『新嘗祭と天皇』も併せてご一読ください。
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-681d.html

|

« 新嘗祭と天皇 | トップページ | 立川談志師匠、壮絶人生に幕 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。