« 笹目秀和師に託された重要な大本神業 | トップページ | ミノリス・メッセージ(5) »

「きゃりーぱみゅぱみゅ」って何だ?

 -この「ファッション芸人」(当人の“将来の夢”)の動画が世界中でバカ受けらしい-



 「きゃりーぱみゅぱみゅ」。このヘンテコかつケッタイな固有名詞をご存じでしょうか?今夏歌手デビューした18歳女子のレッキとした芸名なのだそうです。
 彼女は09年秋から読者モデルとして活躍を始め、歌手デビュー前から不動の「原宿のカリスマモデル」の地位を揺るぎないものとしていたといいます。
 なにせ「かわいい !」「憧れの存在 !」と、今全国の女子中高校生から圧倒的支持を受けているというのです。

 さらにご紹介を続ければ。
 本名(?)は、「きゃろらいんちゃろんぷろっときゃりーぱみゅぱみゅ」と、あの“じゅげむ”にも迫ろうかという舌をかみそうな長いお名前です。ただ芸名の由来をバラしちゃえば、「ぱみゅぱみゅ」は、お笑いコンビ・サバンナの八木真澄の同名の一発ギャグから拝借したものだそうで、この辺から彼女の芸の立ち位置が何となくうかがえそうです。

 職業を「メルヘン倶楽部」と自称し、将来の夢を「ファッション芸人」と公言しているきゃりーぱみゅぱみゅちゃん。歌手デビューに当たって、「テッテレー ! 音楽×原宿を世界中に広めたいです !」とコメントし、なおも、

「世界においでよ\(^o^)/ 革命起こすぜ! レボリューション☆」

と、“きゃりーワールド全開”で意気込んでいます。

 しかしこれは大ボラでも何でもないようです。
 というのは、以前「Perfume」を手がけた中田ヤスタカがプロデュースした今年7月のデビュー曲『PONPONPON』が、ユーチューブ動画で再生回数が1000万回を超えて、世界的に大ブレークしているのです。日本はもとより、フィンランドチャートで1位になったほか、米国、ベルギー、スウェーデンでトップ10入りしているというのです。
 オフィシャルブログも大人気で、「一日200万アクセス」を記録したそうです。

 さらに新曲『つけまつける』(「つけまつげをつける」のギャル語?)が、日本人歌手最多の世界73ヵ国から配信されることになったそうです。こうなるときゃりーぱみゅぱみゅちゃん、今やかのレディー・ガガに迫る勢いなのではないでしょうか??

 冒頭動画は『PONPONPON』です。当然何回か再生して視聴しました。美系なのに“かわい子ぶりっこ”してなくて、三枚目芸人っぽいのには大いに好感が持てます。
 ただ一言で言ってしまえば「あ~あ、疲れた !」。そりゃあ歌のテンポとしては『落葉しぐれ』の方がしっくりくるのは当然ですが、こちらはまあいいとして。バック(CG)の何とカラフルなこと。何じゃこりゃ。これがメルヘンチックというものなのか。パステルカラー調というのか(いっそナンセンスギャグ調といった方がよさそう)全編その調子です。
 こういう色調が今の若い女の子たちに受けるのでしょう。中には部屋をこの感じで飾り立ている向きもいるようです。しかし「明るけりゃいいってもんじゃないんだよ。こんな色の部屋で過ごして、よく具合悪くならないもんだ」。

 ところで私の場合、こういう得体の知れない新物に「ピピッ」と何かのアンテナが動きがちです。そこで当ブログでは以前、『「初音ミク」って誰だ?』『「みくだまし」って何だ?』などを記事にしてきました。
 これらはネット情報を当たってみた結果、まあまあ「理解度 80%」くらいには至りました。しかし今回の「きゃりーぱみゅぱみゅ」、今どきの“ギャル語”同様「理解度 50%」くらいにしか至っていません。

 今から15年以上前、かの船井幸雄先生(船井総研創業者)が『百匹目の猿』という著書の中で述べていたあることを思い出します。
 「百匹目の猿現象」とは、宮崎県辛島のサルの一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動を取るサルの数が一定値を超えた時、その行動が群れ全体に広がり、さらに遠く隔たった大分県高崎山のサルの群れでも突然この行動が見られるようになったことです。

 船井説では、辛島のサル群の中で最初にイモを海水で洗って食べたのは年若いメスザルだったそうです。そこから船井氏は、「人間社会もこれから急速にいい方向に変化していく。その変化をリードしていくのは若い女性たちだろう」という趣旨のことを述べていました。
 さらに同氏は「この変化に一番抵抗し、対応できないのは40代半ば以上の男性たちだ」と、当時該当しはじめた私には耳の痛いことも述べていたのです。その根拠は、島で「イモ洗い」に最後まで抵抗したのが、ボスザルをはじめとした年寄りのオスザルたちだったからというのです。

 ということは、時代遅れなわたくしめなどは、「きゃりーぱみゅぱみゅ様」の動画を人の何倍も繰り返しよくみて、そのチョー先端の薫り高い音楽性と類い稀なパフォーマンスをしっかり学ばなければいけない、ということですね。よく分かりました。なるべくそのように致したいと存じます。
 あ~あ、これだからこのチョーヘンカク(超変革)の波についていくのは、ホント大変だぁ~。

 (注記)船井説に対して、当時「今の若い女は横柄で、一番マナーが悪いんじゃないか?」という反論がありました。また「百匹目の猿現象」自体、最初に唱えたライアル・ワトソン教授の“創作”であることが判明しました。辛島の群れ全体、ましてや高崎山のサル群への伝播などは信憑性がなかったのです。

参考
『ウィキペディア』-「百匹目の猿現象」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%8C%B9%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%8C%BF%E7%8F%BE%E8%B1%A1
紹介 
『きゃりーぱみゅぱみゅオフィシャルWEBSITE』
http://kyary.asobisystem.com/
新曲『つけまつける』
http://www.youtube.com/watch?src_vid=yzC4hFK5P3g&feature=iv&v=NLy4cvRx7Vc&annotation_id=annotation_912115

 (大場光太郎・記)

|

« 笹目秀和師に託された重要な大本神業 | トップページ | ミノリス・メッセージ(5) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

蛍の光、レムリアで検索しこちらのブログを知りました

きゃりーぱみゅぱみゅさん、ある方のブログで知ったのですが

PONPONPONのPVを逆回転させて聞いてみると かなり危険な言葉がサブ音声?で入っています

そして PVには悪魔のシンボル、イルミナティの使用しているシンボルがそこかしこに溢れ出しているとのこと

興味があったら 調べてみてくださいm(__)m

投稿: ほりまゆ | 2011年12月11日 (日) 11時32分

ほりまゆ様
 貴重な情報、大変ありがとうございました。
 問題の逆再生動画、早速当たってみました。う~ん、確かに凄いですね。もう少し詳しく探索し、もし必要ならまた別記事として扱ってみたいと思います。
 ありがとうございました。

投稿: 時遊人 | 2011年12月11日 (日) 16時06分

きゃりーぱみゅぱみゅ=イルミナティ

投稿: 大衆ゴイム | 2012年5月 3日 (木) 17時41分

 ウーン、きゃりーぱみゅぱみゅ自身をイルミナティそのものと断定していいものかどうか。彼女をプロデュースしている中田ヤスタカがその手下であることは確実なようですが…。

投稿: 時遊人 | 2012年5月 3日 (木) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 笹目秀和師に託された重要な大本神業 | トップページ | ミノリス・メッセージ(5) »