« 小沢茶番裁判すぐ中止しろ | トップページ | 金総書記死去に気づくまで »

全国高校偏差値ランキングから

 高校受験の追い込みが佳境に入っているこの時期、先週『夕刊フジ』が東京、大阪、神奈川をはじめとした全国高校の偏差値ランキングを掲載しました。
 同じ夕刊紙でも「日刊ゲンダイ派」の私は、夕刊フジはめったに読みません。が、同紙1面最上部の、
  47都道府県別全国高校偏差値ランキング
などという大見出しにつられ、3日分ほど購読してしまいました。

 同紙のこの特集は先週月曜版からスタートし、しょっぱなは大票田(?)の東京、大阪だったようです。あいにく月曜版は読めなかったため、今回同都府の詳細情報は分かりません。(ただし両都府のランキング特上校のみ、15日版に再掲載されました。)
 一連の同紙企画は、47都道府県別の偏差値の高い順に62とか60とかまで表にして紹介し、専門家や記者が最近の高校事情について分析し寸評を加えるというような趣向です。
 すべてを網羅して取り上げることはできません。そこで、主だったものをかいつまんでご紹介してみたいと思います。

 「78」というブッ飛びの超高偏差値をたたき出し、全国数千校の高校の頂点に立つのが以下の3校です。
  開成高校        (私立・東京)
  筑波大学附属高校  (国立・東京)
  灘高校         (私立・兵庫)
 この3校は東大合格者ランクでも、開成(171人)を筆頭に、筑大附(107人)、灘(99人)とやはりベスト3となっています。これに桜蔭(私立・東京-75人)、麻布(私立・東京-71人)が加わり、東大合格者の不動のベスト5を形作っているといいます。

 このように首都圏、大阪・関西圏では、私立高校がランキング上位を陣取っているものの、全国的傾向として、地方の大半は公立校が頂点に立っているのが大きな特長です。
 これについて専門家は次のように解説しています。
 「地方では、地元政財界を地域の公立トップ校出身者が占める場合が多く、出身大学より高校が重視されるところが多い。自治体ではその公立校に優秀な教員、生徒を集中させて高い大学進学実績を維持する傾向も強く、その結果、志願先が“一本かぶり”になって偏差値が上がる」(都内出版社『大学通信』の大野香代子編集長)
 そしてそのような公立校に入学するため、「今でも高校浪人する生徒がいる」(大野氏)というのですから驚きです。

 「共学」も重要なキーワードのようです。それまで冴えなかった女子高が、男女共学制にしてから目覚しく偏差値アップした例が全国各校で出ているといいます。
 また近年の傾向として、不況の煽りからなのか「高専」(国立高等専門学校)が東大への近道として見直されてきているというのです。
 この高専、福島、群馬、長野、島根、宮崎などでは偏差値で最上位クラスに位置し、難易度が高いといいます。その上東大、京大(理系学部)に編入する生徒も少なくないため、今後とも注目を集めそうなのです。

 全国各地の高校事情をご紹介するわけにはいきません。そこで私は神奈川在住ですから、特に神奈川県のみご紹介してみたいと思います。
 同紙の神奈川県ランキングは、「75」から「60」まで7ランクに分けられています。さすがは全国有数の進学県だけあって、42校が名を連ねています。(切りがないので)そのうち68までは以下のとおりです。
  75  慶應高校(私立)  慶應湘南藤沢(私立)
  72  湘南(公立)
  70  柏陽(公立)  横浜翠嵐(公立)  桐蔭学園(私立)  厚木(公立)
  68  横須賀(公立)  神奈川総合(公立)  横浜緑ヶ丘(公立)  光陵(公立)
      日本女子大学附属(私立)  平塚江南(公立)

 私が特に注目するのは、私の居住市である厚木市にある厚木高校の快進撃です。確か2年ほど前までは67くらいだったかと記憶していますが、今回「70」とランクアップし、全県でもトップクラスの進学校としての地位を、一層揺るぎないものとしたようです。
 私が当地にやってきた昭和40年代から、厚高は神奈川県県央地区の名門校として通っていました。しかしいつもその行く手を阻んでいたのが、隣市にある平塚江南高校でした。これまでは偏差値で、厚高はずっと平塚江南の後塵を拝していたのです。しかし遂に今回それに追いつき、あっさりと抜き去ってしまったようです。
 地元でもあり、駅頭や通りで、見るからに賢(かしこ)そうな厚高生徒をけっこう見かけます。「良かったね ! これからも頑張ってね !」とエールを送りたいと思います。

 『夕刊フジ』高校ランキング掲載で真っ先に気になったのは、他でもない、我が出身高校の山形県立長井高校がどうなっているかでした。母校の消息や山形県の高校事情などについては、次回改めてご紹介させていただきます。

【注記】『夕刊フジ』高校ランキングは、日本最大の高校受験サイト『高校受験ナビ』(運営会社ジーナス)の「2011偏差値ランク」に基づいたものです。
『高校受験ナビ』 http://www.zyuken.net/

 (大場光太郎・記)

|

« 小沢茶番裁判すぐ中止しろ | トップページ | 金総書記死去に気づくまで »

教育問題を考える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国高校偏差値ランキングから:

« 小沢茶番裁判すぐ中止しろ | トップページ | 金総書記死去に気づくまで »