« 今年の漢字は「絆」 | トップページ | 小沢茶番裁判すぐ中止しろ »

きゃりぱみゅ『PONPONPON』は呪いの動画 !?

 ※ 冒頭お断りしておきます。「きゃりーぱみゅぱみゅ」では長いので、ギャル語にならって、本文では「きゃりぱみゅ」と略記しました。

 先日取り上げました「きゃりぱみゅ」動画、予期せぬ展開になってきました。問題提起してくださったのは「ほりまゆ」様です。この人の『「きゃりーぱみゅぱみゅ」って何だ?』コメントの主要部分は以下のとおりです。
                       *
PONPONPONのPVを逆回転させて聞いてみると かなり危険な言葉がサブ音声?で入っています

そして PVには悪魔のシンボル、イルミナティの使用しているシンボルがそこかしこに溢れ出しているとのこと

興味があったら 調べてみてくださいm(__)m
                       *
 えっ、なになに。「悪魔のシンボル」「イルミナティシンボル」、それらが同記事で掲げたPVのそこかしこに溢れている?「悪魔」や「イルミナティ」などは一応私の守備範囲ですから、ほりまゆ様のお勧めもあることだし、私は実際逆回転(逆再生)をただちに確かめ、またくだんのPV動画もあらためてチェックしてみました。
 問題の逆回転動画は以下のとおりです。

 http://www.youtube.com/watch?v=vrkX3lUQ8oE

 この逆再生動画では、元の動画と同じような音楽が流れています。デジタル化の今は、昔のテープレコーダーの逆巻き戻しとは違う手法で、容易に逆操作や逆再生が出来てしまうようです。
 問題はこの動画で再生された内容です。きゃりぱみゅちゃんらしき声で、驚くべき言葉が次々に飛び出してくるのです。

 「死ね」「まじないするね」「もういない」「もーいないね」「もー出るね」「運命にしようよ」「世界も終るし」「死のうよ」「死ね」「まじないするね」「もーいないね」「もう何もないの」「もーいないね」「止めるぜ」「世界も終るし」

 投稿者さんによって親切にも、その都度上の言葉の字幕が付けられています。しかし上のように聞こえる言葉が、字幕なしでもハッキリ確認できます。
 ここまでくれば、これは単なる「空耳(そらみみ)」の類いではあり得ません。何者かが、元の『PONPONPON』動画に、上のような禍々しい呪いの言葉を意図的に組み込んだことは明らかだと思われます。

 言われてみれば。元の『PONPONPON』動画、あまりにも切り替えが早いのでさほど気にも止めていませんでしたが、「ドクロ」「一つ目」「脳ミソや心臓の模型」など、怪しい画像が次々に投げ込まれています。
 私はそれを初めて視聴した時、何となくぐったり疲れました。けばけばしい背景のせいかとばかり思っていましたが、潜在意識で、隠された意図や言葉を感知してのことだったのかしれません。

 レディー・ガガがその代表例だそうですが、表面上は普通のミュージックのように見せかけて、実は視聴者を知らず知らずのうちに「サタニズム(悪魔崇拝主義」)に誘導していく、という「サブリミナル音楽」が今日かなり流布しているというのです。
 今回の『PONPONPON』は、その顕著すぎる例なのではないでしょうか?

 「死ね」「世界は終るし」「死のうよ」「もーいないね」…。
 このようなオドロオドロしいフレーズから、私は以前公開した『有色人種40億人殺戮キャンペーン?』シリーズを思い出してしまいました。
 投稿者さんの加工によって、この動画中に関連動画に飛んでいけるようになっています。その2、3をざっと見てみました。日常をボンヤリ過ごしている私たちの知らない間に、何やら得たいの知れない身の毛のよだつような事態が密かに進行しているらしい、と認識を新たにさせられるのです。

 なお、「逆再生しなければ判明しない言葉に、何か“呪い”としての効果があるの?」という疑問をお持ちの方がおられるかもしれません。これについても投稿者さんが説明しています。
 「バックワード」(逆さ言葉)については、20世紀前半の魔術師(黒魔術師)として有名で、自ら「666の獣」を自称したアレイスター・クロウリーの魔術書の中に、その“効用”などが記されているといいます。
 ・もし悪魔の力を欲しければ、バックワードを聞け !
 ・その者にバックワードの書き方を学ばせよ !
 ・フォノグラフ・レコードを逆回転で聞かせよ !

 『PONPONPON』などは、サタニック的伝統を有する、「バックワードマスキング」という潜在意識に訴えかけるレッキとしたサブリミナル洗脳手法なのです。
 問題は、こういう「サタニズム動画」がネットを通して世界中にばらまかれていること、特に何も知らない“おらが国”の女子中高生を中心に熱心に視聴されている事実です。

 今回用いられている呪詛の言葉は、
  NWO(New World Order) = 新世界秩序 = 世界統一政府
の進行と大いに関連がありそうです。
 私たちを支配している“ご主人様”(スーパーエリートたち)は、「ゴエム」(ユダヤ教において異教徒を指し、「家畜」を意味する)である私たちその他大勢の人類の、大削減を目指しています。70億人に迫るような現在の世界人口ではとてもコントロールに余るからです。
 そのため「戦争」「細菌兵器」「生物兵器」「ワクチン接種」「気象兵器」「人工地震」…。人類に対して、可能な限りの削減方法をかなり以前から密かに実行しています。

 この曲をプロデュースした中田ヤスタカ、歌っているきゃりぱみゅ、製作スタッフ、配信元会社…。彼らは、こんなおぞましい「NWО協賛動画」を通して、レディー・ガガ同様サタン勢力の“使いっパシリ”をしているのでしょうか?

 【補記】今回の件をきっかけとして、問題は多方面に広がりそうです。当ブログの主要テーマの一つとして、また随時取り上げていきたいと思います。

参考
『ウィキペディア』-「アレイスター・クロウリー」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%BC
関連記事
『「きゃりーぱみゅぱみゅ」って何だ?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-448a.html
『有色人種40億人殺戮キャンペーン?(1)~(3)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/cat43851635/index.html
 (大場光太郎・記)

|

« 今年の漢字は「絆」 | トップページ | 小沢茶番裁判すぐ中止しろ »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の漢字は「絆」 | トップページ | 小沢茶番裁判すぐ中止しろ »