« 『別れのブルース』秘話 | トップページ | かなえの殺人レシピ(16) »

小沢一郎インタビューpartⅡ

-小沢元代表が「マヤ暦」に言及したのには驚いた。(『日刊ゲンダイ』より転載)-

「野田じゃダメだ」「政界再編に動く」覚悟

 2012年はどういう年になるのか。世界恐慌の足音は日増しに高まっているし、消費税増税に入れ込む野田政権はひたすら、自爆の道を突き進んでいる。未曾有の政治的混乱は避けようがなく、どう考えてもロクな年になりそうにないのだが、小沢一郎・元民主党代表の「見立て」も同じだった。「カオス」の年の“展望”と“覚悟”を聞いてみた。

小沢一郎元代表大いに語る 

2012年は世界中がカオスになる

 今年は何が起こるのか。こう問うと、小沢はいきなり、「マヤ暦を研究した方がいいんじゃないか」と言った。
 マヤ暦とは2012年に人類が滅亡するという終末論のひとつだ。(注 当ブログで再三述べたとおり、人類が新たな進化のステージを迎えるということで、滅亡予言ではありません)。もちろん、小沢は象徴的な意味合いで「マヤ暦」を持ち出したのだが、実際、大混乱の年になりそうだ。
<だって、世界中の指導者が代わる可能性があるわけでしょう。アメリカ、フランス、ロシア、韓国は大統領選があるし、中国は国家主席が代わる。EUもグチャグチャでしょう。世界中がカオスの年になる。もちろん、日本も例外ではありません>

この年だけど、黙って見ているわけにはいかない

 こういう小沢は、具体的に政局のシミュレーションを語り始めた。
<国会議員はみんな正月に地元に帰った。消費税増税や年金問題について、散々怒られて帰ってくると思う。野田政権は政権発足後、毎月、10%ずつ支持率が落ちている。そういう政権が消費税増税を打ち出した結果、どうなるのか。僕は、本当の世論は大新聞の世論調査結果よりもはるかに厳しいと思っています。それを国会議員たちは実感して国会に帰ってくる。この調子で下がれば、1月は20%になるかもしれない。現実はもっと厳しいから、ほとんど支持者がいない状況です。そんな時に選挙になったら、民主党はほぼ全滅ですよ。かといって、自民党も過半数を得られない。今年は選挙の年になるとみられていますが、このままでは、自民も民主も安定した政権をつくれません>

 政治は何も決められずに漂流していく。小沢は、「それを避けるために、野田政権は確固たる信念を持ち、政権交代の原点に戻るべきだ」と言う。しかし、それができれば苦労はしない。野田が原点回帰などやるわけがない。その時は、党分裂、政界再編の動きにならざるを得ないのではないか。

消費税増税に国民は賛成するか?

<「国民の生活が第一」という民主党政権の原点を野田政権が忘却のかなたに追いやるのなら、国民サイドから動きが出てくると思います。正月早々消費税増税の路線を明確にした場合、国民は“よかった”と言うだろうか。政権運営は極めて難しくなる。その場合、あらゆる選択肢があります。せっかく政権交代したのに、このままではオシマイ、全員アウト。そういう状況になった時は、民主党内も野田政権ではダメだ、となるんじゃないか>

 小沢氏はそう言ったうえで、付け加えた。
<世界が混乱する中で、日本の政治もカオスになる状況だけは絶対に避けなければいけない。僕は、民主党が潰れても、自民党なり他の党が安定した政権をつくってくれるのであれば、心配はしない。しかし、そうならないのなら、この年だけど、もうひと働きしなきいけない。このまま日本がカオスになり、泥沼に落ち込むのを黙って見ているわけにはいかない。過半数をとって安定する政権、体制を考えなければいけないと思う>

 安定多数とは衆参で過半数を得ている政権を指す。小沢はそれを目指すという。つまり、政界再編だ。小沢は民主党の惨敗、自民党のメルトダウンを見越している。その前後に、政界再編の流れが出てくる。その時のリーダーは誰なのか。
<きちんと自分の政治理念を掲げ、自分の責任でそれを訴え、自ら決断、実行していくリーダーです。ただし、その理念には高い見識と志が不可欠。ただ、郵政改革だけすればいい、といった次元ではない。日本をつくり替える理念です。今は平時ではない。真のリーダーが必要なのだが、なかなかいないですね>

 自身が先頭に立つ覚悟を決めているのは間違いない。裁判は1月に小沢自身への質問が行われる。「春に晴れて無罪になったらどう動く?」と聞いたらこう言った。
<世界も日本も僕の裁判とは関係なく進んでいく>
 大政局は春まで待たずに動き出す。  (転載終わり)

引用
『日刊ゲンダイ』1月5日3面
関連記事
『「小沢一郎」インタビュー』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3c3b.html

|

« 『別れのブルース』秘話 | トップページ | かなえの殺人レシピ(16) »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『別れのブルース』秘話 | トップページ | かなえの殺人レシピ(16) »