« 小沢検察審議決の決定的疑惑 | トップページ | アリアドネの糸(3) »

UFOの夢

   夢が現実で現実が夢なのです。  (『バシャールⅠ』より)

 いろいろな事に紛れてしまいましたが、1週間ほど前の4月25日朝方「UFОの夢」を見ました。大変印象深かったので、その夢の概略を記しておきたいと思います。
                       *
 その前段階としてかなり長い夢を見ていたようですが、直後の驚愕の夢に圧倒されたか全く思い出せません。

 ・・・とある広い工場敷地のような所の一角に、夢主(むしゅ)である私が立っています。その辺にいるのは私一人のようです。
 夢の背景の色は、例によって白黒基調のモノトーンです。右手と前方に3階建ほどの工場建物が見えています。その間に広がる白色の空を仰ぎ見ています。暗い感じではなく、昼過ぎ頃のようです。

 と、斜め上空のただ中に、大きな銀色がかった円盤状の物体が現れたではありませんか。距離にして2、30メートルほどの近さです。
 それは何の力みもなく、ただふわりふわりと浮かんでいる感じです。下から見上げている格好の私は、その物体の底面を見ていることになります。
 夢の中の私はとっさに『UFОだ !』と直感しました。その形状はかつてジョージ・アダムスキー(1891年~1965年)の本などで知ったる「アダムスキー型円盤」そっくりです。私はさしてびっくりするでもなく、円盤が浮かんでいるさまを凝(じ)っと眺めていました。

 『すぐ近くに着陸するだろう』という私の予想に応えるように、UFОは本当に斜め前方の上空から私が立っている空き地にスーッと音もなく舞い降りてきました。空にある時はかなり大きな感じでしたが、いざ着陸してみると直径5メートルくらいの大きさです。
 UFОは『逃げたりしなくて大丈夫だ』という私の安心感を見計らったように、私が身じろぎもせずに立っているすれすれの所に降り立ったのです。

 UFОはそこに少しの間だけ留まって、やがてまたスーッと飛び立って行ったのでした。(そして目が覚めました。)
                       *
 私が以前から「夢」に関心を持っていたことは、以前の『夢の話(1)~(3)』でも述べました。40代初めの頃に夢日記をつけていたこと、当ブログ「詩」に収録してある『星の荒野にて』『オリオン落下譚』はその頃の夢のほぼ忠実な再現であることなど。

 最近はついつい現実的な事物に関心が向きがちで、夢はけっこう見ているものの、さほど注意を払っていないせいもあって、大半は目覚めとともに忘れてしまっています。
 今回のUFОの夢は、私としては一昨年9月に見て以来2度目です。前回はオードブル用の皿ほどの大きさしかなく、ほんの顔見せくらいにものでした。それに引き換え今回のは大きさといい、間近まで降り立ったことといい、前回の発展形といってよく、それだけに余計印象的な夢として残りました。

 ここで参考まで【UFO夢占い】の象意をみてみます。なおこれは『未弐の夢事典』サイトからの引用です。

【UFO】・【宇宙船】・【空飛ぶ絨毯】等…セルフ(無意識の世界も含めた心の全体性とその中心)の象徴。未知の能力。未確認の未来や戸惑い。自己の経験を部分的なものではなく全体的なものとして見通す力。自分を現状から連れ出してくれるもの。※間もなくオープンコンタクトの時代がやってくるので、予見夢の場合も。◆巨大な宇宙船に乗り込む・空飛ぶ絨毯が現れる…未知の良い展開が待っている。◆宇宙船に乗って飛んでいく…現実逃避願望。責任逃れをしたい気持ち。◆宇宙船に乗って地上に降りる…新たな価値観に目覚める。理想と現実を結びつけようとしている。課題を全うする。◆UFOや宇宙船を見る…今までに考えつかなかったことが起こる。突然のアイデアやひらめきがツキを呼ぶ。自分の可能性や新しい発見がある。現状が根底から覆される事への期待。(以下省略、引用終わり)

 どうも同一テーマの夢というのは、関心を持ち続けていると発展していくもののようです。私のUFОの夢もそうです。ただ確かに前回より何歩か前進はしたものの、着陸したUFОの中から“何者か”が出てきたわけでも、私自身がその中に入って内部を探索したわけでもありません。
 ましてや、鳩山由紀夫元首相の幸(みゆき)夫人のように(『夢の話(2)』)、UFОに同乗して金星まで飛んで行き、かの星の真の姿を見聞したなどというぶっ飛びの出来事があったわけではありません。

 夢の内容は夢主の精神的、スピリチュアルな成熟度と密接に関係しているようです。夢主が次の段階にステップアップしない限り、夢の発展もまたないのです。
 そこでいきなり金星やシリウス、プレアデスまで飛翔は無理としても。次はせめて夢の中だけでも、UFО内部の知的生命体と第一種遭遇(コンタクト)を果し、内部を見せてもらいたいものです。さらにグレードアップして、地球上空を一緒に飛び回ってみたいものです。
 これぞ「夢のまた夢」?

 (大場光太郎・記)

引用
夢占い【未弐の夢事典】夢診断(「UFО」の項)
http://www.geocities.jp/dreamusic7/mini/d-ufo.htm
 (なお未弐さんの前身サイトで、昨年4月の当ブログ記事『真実の近現代概略史(1)』をURLご紹介していただき、大勢の訪問者がありました。併せて感謝申し上げます。)
お奨め図書
『夢開運』(不二龍彦著、学習研究社-1988年刊) (優れた本ですが絶版かもしれません。私自身久しぶりで読み直しています。)
関連記事
『夢の話(1)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_bad5.html
『夢の話(2)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-ffe3.html
『夢の話(3)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9358.html

|

« 小沢検察審議決の決定的疑惑 | トップページ | アリアドネの糸(3) »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

初めてメールさせて頂きます。

 今朝方の夢でUFOを見ましたので、ネットで調べてたところこちらのサイトを拝見しました。検索してもあまり開かないのですが、こちらのブログは以前にも拝見していました。
 夢のようで夢ではない感じをノートに控えていましたが、これからも参考にさせていただきます。
今後も楽しみに拝読したいと思います。 寺田

投稿: 寺田 | 2015年8月20日 (木) 11時53分

寺田様

 コメントありがとうございます。最近は「夢どころではない」厳しい現実に、あまり印象的な夢を見ないのが残念です。「夢違い」とはいえ、「夢見る力のない者は生きる力もない」とありますから、今後とも「夢」は大切にしていきたいものですね。またお気軽にお越しください。

投稿: 時遊人 | 2015年8月20日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小沢検察審議決の決定的疑惑 | トップページ | アリアドネの糸(3) »