« 赤壁 | トップページ | 小沢新党基本政策「5本の柱」の革新性 »

小沢新党「国民の生活が第一」旗揚げ

 -党名からも、小沢新党の方が国民との約束を果そうとしているのは明らかだ-

 小沢一郎民主党本代表らは11日夕、憲政記念館で新党の結党大会を開き事実上の旗揚げをしました。代表に小沢氏が就任し、新党名は「国民の生活が第一」と決まりました。
 党名に決まった「国民の生活が第一」は、そもそも政権交代をかけた2010年夏の総選挙時から民主党が掲げてきたスローガンでした。

 新党名とした以上、民主党は今後「国民の生活が第一」というスローガンは使えないことになります。もっとも野田佳彦現政権に至って「国民の生活が第一」の政治は完全に放棄され、現政権の実態は旧自民党政権以上の「米官業の利益が第一」の政治に成り下がっていますから、今さら使うつもりもないのでしょう。

 新党には衆院議員37人、参院議員12人の計49人が参加しました。衆院では民主、自民両党に次ぐ第3勢力に、参院では民主、自民、公明に次ぐ第4勢力となります。
 小沢新代表は挨拶で、「自民、公明両党と3党合意という野合を結び、国民との約束をほごにした消費税増税法案の採決を強行した」と野田佳彦を厳しく批判し、「地域主権を確立するための行財政改革や、スケジュール感を持ったデフレ経済対策を提示していく」と訴え、エネルギー政策では「脱原発」を目指す方針を強調しました。

 ちょうどこの日、参院で消費税増税法案が審議入りしました。法案審議の行方次第では、民主党に残った造反議員らのさらなる離党も予測されます。また解散・総選挙を見据えれば、今後泥船民主党を見限る議員が続出してもおかしくありません。
 党に残った鳩山元首相のグループは、小沢グループに変わる党内野党です。小沢新党と鳩山グループは、今後とも党内外で連携していく合意ができています。
 その他橋下徹大阪市長の「大阪維新の会」や河村たかし名古屋市長など地域政党との連携もあり得ます。

 今年9月頃が濃厚とされる次期衆院選を見越して、小沢新代表は選挙対策委員長も兼務し、各選挙区に大量の候補者を擁立する構えです。総選挙では、国民の反民主・反自民票が小沢新党に集まる可能性もあります。
 49人はあくまで当座の数であり、この数は増えこそすれ減ることはないとみるべきです。

 野田の言う「決められる政治」とは、今回の消費税増税や原発再稼動のような国民のためにならない法案や政策を、ろくな国会審議や国民に信を問うことなく、自公との密室談合によってどんどん勝手に決めていく、民主主義否定の独裁政治を意味します。
 大マスコミ協賛の、国民無視の重苦しい翼賛政治が進行中なのです。

 戦時中の大政翼賛体制を髣髴とさせる、こんな恐怖政治は何としてもストップさせなければなりません。
 今までは民自公談合政治に対抗できそうな、民意を反映した政治勢力は皆無でした。しかし遂に今回、民自公と対立軸明確な小沢新党が旗揚げしました。
 小沢「国民の生活が第一」新党には是非、「第三極」どころか政権交代可能な二大政党の一方の雄党に大成長していってもらいたいものです。

 (大場光太郎・記)

|

« 赤壁 | トップページ | 小沢新党基本政策「5本の柱」の革新性 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。