« 読者とのやり取りから | トップページ | 不信任騒動の勝者は誰か »

韓国大統領、竹島に上陸

 -すべては菅政権下の尖閣諸島・中国漁船衝突事件収束の不手際にあり-

写真:二つの小島と数十の岩礁からなる竹島=2007年、ロイター
拡大
二つの小島と数十の岩礁からなる竹島=2007年、ロイター

図:竹島周辺の地図拡大
竹島周辺の地図

 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が10日午後、日韓がともに領有権を主張する竹島(韓国名・独島〈トクト〉)に上陸した。現役大統領の竹島訪問は初めて。日本政府は中止を求めていたが、訪問の強行で、日韓関係が急速に悪化するのは必至だ。

 関係者によると、李大統領は同日午前、ソウルから竹島の西方約90キロにある鬱陵島(ウルルンド)に到着。昼食をとった後、午後に竹島に向かった。文化体育観光相、環境相らも同行しているとみられる。

 日本軍慰安婦問題などをめぐって停滞している日韓の溝がさらに深まることは避けられない。軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や経済連携協定(EPA)をめぐる日韓間の協議は当面望めなくなり、次期政権の対日政策にも影響を与えそうだ。

 李大統領の任期は来年2月までで、すでに求心力を失っている。この時期の訪問を決めたのは、歴史問題で積もった日本側への不信感に加え、大統領の周辺に金銭絡みの不祥事が相次いでいることも影響しているとみられる。大統領府内や側近からは、日本の植民地支配からの解放を祝う8月15日の前に、大統領が竹島を訪問すべきだとの声が今年初めごろから出ていた。(ソウル=箱田哲也)

   ◇

 韓国の李明博大統領が竹島に約1時間半滞在し、同島を後にした。  


※記事と画像は『朝日新聞デジタル』より転載。
http://www.asahi.com/international/update/0810/TKY201208100228.html

【私のコメント】
 四方を海に囲まれた我が国は、近隣国との微妙かつ深刻な領土問題を抱えています。今回問題の竹島もそのうちの一つです。同島を韓国では独島(トクト)と呼称しているとおり、韓国側も自国の領土と主張して譲らないのです。

 思えば一昨年秋の尖閣諸島沖における中国漁船衝突事件以来、現民主政権下の我が国の弱腰外交を近隣諸国からすっかり見透かされてしまっています。前原誠司国交相(当時)の指令の下、勇ましく中国漁船船長を逮捕したはいいけれど。中国政府の猛抗議にオロオロたじたじ、起訴もせず同船長を釈放するという“国際的赤っ恥”をかいたのでした。
 日本外交の足元を見たロシア政府は、それ以降ネドベージェフ大統領(当時)をはじめとした政府要人が次々に北方領土を訪問しました。またロシアは近年、北方領土を極東における軍事基地化すべく急ピッチで整備を進めています。

 上の朝日記事にもあるとおり、韓国には韓国なりの国内事情があるにせよ、今回の李明博大統領の竹島上陸はそういう流れの中で起きた出来事といえそうです。

 現実の国際関係、外交問題はキレイ事では済まされません。韓国がそういう対応に出ることは事前通告で分かっていたわけですから、我が国としても間髪を入れず野田首相が竹島を訪問し、同島で「竹島は我が国固有の領土である」と国際社会に向かってアピールするくらいの対応をしてもよかったのではないでしょうか。 
 玄葉外相が「(李大統領の竹島訪問は)我が国の立場と相容れない」などと抗議してみたところで、相手さんは何の痛痒も感じないことでしょう。

 ましてや森本敏防衛相の「韓国の内政上の要請によるものという印象を持っている。他の国の内政にほかの国がとやかくコメントするのは控えるべきだ」との見解に至っては何をか言わんや。この民間大臣になってから、オスプレイ配備問題や集団自衛権容認などきな臭い動きが急ですが、この問題ではえらく及び腰です。
 我が国の“軍拡路線”を懸念する声が高まっている韓国を、これ以上刺激したくないという防衛省の配慮なのかもしれませんが、この発言は「竹島問題 = 韓国の内政問題 = 竹島は韓国領土と認める」とも受け取られかねません。

 森本大臣は「そのような趣旨で言ったのではない」と釈明していますが、いかにも不用意な発言です。与党の国民新党からでさえ「森本防衛相には辞任してもらった方がいい」(下地幹事長)という辞任要求が挙がっているくらいです。
 自民党はすかさず、同防衛相への問責決議案の提出を検討する考えを示しています。
 ところで「だすだす詐欺」の谷垣自民党さん。「出す出す」と息巻いていた、肝心の内閣不信任案提出はどうなっちゃったの?  (大場光太郎・記)

|

« 読者とのやり取りから | トップページ | 不信任騒動の勝者は誰か »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

一言だけ間違いを指摘したいのですが、韓国の李明博大統領が訪問したのは、韓国慶尚北道に属する「獨島」であって、彼は今までの生涯で「竹島」などという島には一度も行ったことがないですよ。韓国領内にはもちろんそんな名前の島はありませんし、日本国内でも、愛知県の三河湾内や、鹿児島県の薩摩半島の沖に竹島という名の島はありますが、それ以外にはないはずですが。韓国の元首である大統領が、愛知県や鹿児島県の小さな島に行くなんてこともないはずですけどね。
仮にも一国の大統領・元首が、行ってもいない島に、しかも「不法?」に上陸したなどと、虚偽の非難をすること自体、トンでもない非礼、侮辱としかいいようがないんじゃないでしょうか。

日本というのもおかしな国で、韓国にしろロシアにしろ他国の大統領がその国の領土の島を訪問したからと言って、冷静さを失って騒ぎ立てますが、どう考えても他国の主権侵害、内政干渉、彼らその国の指導者に対しても、「非礼極まりない」愚かな行為だとしか思えません。客観的にみて、実に不可思議かつ無礼な国、そして国民だと思いますね。

収束しそうにない原発事故、その他難題山積で、自国本体が破滅の淵に追いやられているというのに、自国と関係のない外国の領土などにちょっかいを出している場合でもないのに。

投稿: しんきち | 2012年9月 4日 (火) 20時46分

 あなた様の新鮮なお説を読み、目から鱗がポロポロの思いが致します(爆笑)。
 とは言え間違っているのは、獨り私のみではございません。わたくしめは、天下の朝日新聞が報道するところに基づいて、そのまま「竹島」と表記したにすぎませぬ。
 ですからこの件に関して公憤をお持ちの場合は、どうぞ朝日新聞など報道機関にガンガン抗議してくださいませ。

投稿: 時遊人 | 2012年9月 5日 (水) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読者とのやり取りから | トップページ | 不信任騒動の勝者は誰か »