« 韓国大統領、竹島に上陸 | トップページ | 平山三紀「真夏の出来事」 »

不信任騒動の勝者は誰か

 -3党談合政治をヨイショする大新聞が伝えないことを『日刊ゲンダイ』紙が伝える-

不信任騒動 小沢の勝ち 民主、自民は大きな痛手

 やはり、日本の政局の中心は、いつだってこの男だ。腰砕けに終わった不信任騒ぎだが、「国民の生活が第一」の小沢代表に対しては、「さすが」と驚嘆する声が集まっている。

自分は表に出ず電工石火の政局を仕掛けた手腕

 
回り回って「3党合意」でシャンシャンー。今回の不信任騒動は、結局のところ元の木阿弥で、何も動かなかったように見えるが、「そうではない」と政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう指摘する。

 「次の選挙は、間違いなく『談合既成政党VS改革政党』の戦いになります。今回の不信任案では、民主・自民・公明の談合3党と、その他の野党との対決構造が鮮明になった。と同時に、野党7党が協力し、中小政党の連携の芽が生まれたという成果もあります。オリーブの木構想の一端です。今回の政局を仕掛けたのは、間違いなく小沢さんですが、うまいのは、火をつけてスッと身を引いたところ。あとは自ら表に出なくても、勝手に政局が動き出したのです」

 実際、民主党の中でも「小沢ひとりに振り回された」「小沢にはかなわない」という声が上がっている。

次の選挙を見据えた一手

 「お盆前、しかもオリンピック期間中と完全にたるんでいたところに、降って湧いたような不信任政局。中小野党が共同で不信任案を提出するというので、自民党も不信任を出さざるを得ないような状況に追い込まれた。消費税増税法案はアッサリ成立すると踏んでいたのに、民主・自民は大きく揺さぶられ、一時は亀裂が入った。国民に醜態をさらしてしまった。このタイミングが絶妙なのは、どちらに転んでも小沢新党に損はないことです。不信任が可決されれば野田内閣を追い込める。否決でも、自民党を追い込むことができる。民主党も自民党もバタバタしている間、高みの見物を決め込んでいた。さすがの手腕だと、党内でも話題になりました」(民主党中堅議員)

 小沢が代表を務める「国民の生活が第一」の幹部も、「増税談合勢力の醜悪な実態をあぶり出すことができ、戦いやすくなった」「国民も3党合意のデタラメが分かったはずだ」と次の選挙に自信を見せる。

 「現役の政治家の中で、小沢さんは『解散』を知り尽くしている数少ない人物。法案を通すためにどうするかという通常の国対とは別次元で政局を組み立てることができる。この不信任騒動によって、今後は解散をめぐる攻防になります。またしても離党者を出した民主党は溶解が止まらず、解散から逃げ回ろうと防戦一方になる。自民党も不信任カードを封じられ、3党合意に縛られて身動きが取れなくなった。今回の不信任案はジワジワ効いてくるジャブみたいなもので、小沢さんにしてみれば、まだまだ階段を上る途中でしょうが、今回の政局は大成功。不信任案は否決されても、目的を達した小沢さんの勝利です」(鈴木哲夫氏=前出)

 小沢の手のひらの上で、民主も自民も右往左往。役者が違うということだ。  (転載終わり)

引用
『日刊ゲンダイ』(8月11日3面)

|

« 韓国大統領、竹島に上陸 | トップページ | 平山三紀「真夏の出来事」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。