« フォレスタの「船頭小唄」 | トップページ | 尖閣・日中対立とユダ金米国のシナリオ »

尖閣を巡って日中対立激化

-尖閣問題がこじれ日中もし戦わば、高みの見物で一番得するのはどの国か-

 野田首相の尖閣諸島「国有化」宣言によって、日中関係が尋常ならざる様相を呈してきています。

 同宣言をキッカケに中国全土でかつてないほどの反日デモが連日繰り広げられ、ジャスコ、イズミヤといった日系企業はグチャグチャに壊され、トヨタ、ホンダの販売店は放火されて焼け落ちてしまいました。
 中国紙『環球時報』による(中国人を対象とした)世論調査では、「戦争が起こり得る」が52.3%に達し、「中国側は対抗措置を取るべきだ」が89.7%に上っています。中国人は戦争も辞さないつもりなのです。
 過去に反日デモは何度もありましたが、ここまで激化したのは初めてです。

 この問題に最初に火をつけたのは、石原慎太郎東京都知事の、今年4月上旬訪米時の「東京都は尖閣諸島を買います」宣言でした。突如出てきた石原“老害”都知事のこの宣言も確かに大問題でした。しかしこの段階では、石原都知事の中国刺激発言は今に始まったことではなく、中国政府も「またか」とばかり、努めて抑制し国レベルの対立を避けたい構えでした。

 アメリカの意を汲んだと思しき石原都知事の奸智にまんまとはまってしまったのは、むしろ野田首相の方だったのです。
 菅前政権時、同諸島沖での中国漁船衝突事件がこじれにこじれたように、尖閣問題は日中間の極めて難しい領土問題です。

 野田首相は同衝突事件から何も学ばなかったのか、東京都に買われては国の面子丸つぶれと単純に考えたのか、中国政府と何ら事前の外交折衝を行なうことなく国有化を閣議決定してしまったのです。
 さあ中国側の怒るまいことか。政府の意を受けた私服警官たちが煽って、反日デモを拡大させたという一部情報すらあります。いずれにせよ拙劣な野田首相の尖閣国有化宣言は、日本国民にとって著しい不利益となることは明らかです。

 幸い中国船団1000隻が尖閣諸島に向かっているというのはデマだったようです。がしかし、日中戦争などという大事に至らずに収束の方向に向かうのか、なお予断を許さないものがあります。
 この問題について、阿修羅掲示板に掲載された記事の中に『おっ、面白い捉え方だぞ』というコメントがありましたので、以下に転載します。少々表現は荒っぽいですが、核心を衝いていると思います。

 なお文中、「アーミテージレポート」というのが出てきますが、フリージャーナリストの岩上安身氏によると次のような内容です。

 「(第2次までと違い、第3次アーミテージレポートでは)中国に対する脅威をどこまでも煽ってます。突然のアーミテージレポートと尖閣の盛り上がりは、ピッタリ、タイミングが合っています。
 中国ともめることになるから、憲法9条を「取り除け」と。そしてアメリカと集団的自衛権を結べと。そして何をするのかと言うと、ホルムズ海峡に掃海艇を出せと。今、イランの問題でアメリカは戦争しようとしてますね。それに早くくっついてこいと。…エネルギー同盟を結ぼうと。10年で20兆円払えと…」  (大場光太郎・記)

参考・引用『日刊ゲンダイ』(9月19日1、2面)
以下記事の転載元『阿修羅掲示板』
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/867.html
「中国の反日デモの真の仕掛け人は誰か(五十嵐仁 法政大学教授)」コメントより

                         *

30. 2012年9月18日 16:30:41 : lRYfivAqeo
野田ブ~タ無能くーデター一派、自滅、憎下、クズマスコミ、妖怪既得権益組織、
全員グルになって国民を騙す猿芝居中です。要注意!!!!

尖閣問題で中国国内のデモの映像を流し続け、我が国民に恐怖心を与え、だから沖縄に基地が必要と思いこませているが、米軍は日本国民を守りません!!!

野田ブタは、山口県からオスプレイを飛ばす事も秘かに決定させました。
10月の沖縄嘉手納基地からオスプレイを飛ばす事も、確約してます。

韓国、中国領有権問題、沖縄基地問題、オスプレイ問題=高江ヘリパッド建設中
TPP問題全て、ダメリカ側と売国政治家、無能官僚共と結託しています。

アーミテェージ・レポートに書かれている事と、現在起きて居る事が符号している
と、岩上安見さんがラジオ番組で、警鐘を鳴らしています。拡散して下さい!!

我が国の屑マスゴミは、肝心の事を全て隠してどうでもいい自滅、民主代表選で、話題をそらし続けています。国民の知らない間に我々の税金がダメリカに吸い取られ様としています。

最近小泉珍次郎を、やたらに褒めちぎっているが、小泉ペテン師変態爺の愚息も、ダメリカ側で手なずけられた、売国ポチ2号です。

こんな時に代表選選挙してる場合か??情けないアホ共!!それに輪を掛けて、屑マスゴミ全社の無能振りに壁壁とする。国民騙すよりダメリカ、中国、韓国に、抗議してみろよ!!!!

自滅盗よ!!民主盗よ!!最低無能共に怒り心頭だ!!!

軽量政府には手に負えない。早く退け!与野党超党派で日本国を立て直せ!!
小沢さん他、政策通の議員結集させて有識者集めて、会議が必要。時間が無いぞ。
 (以上転載終わり)

|

« フォレスタの「船頭小唄」 | トップページ | 尖閣・日中対立とユダ金米国のシナリオ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

実効支配とは、
ロシアの国家元首・メドベージェフ大統領が北方領土を訪問。
韓国の李明博大統領が竹島を訪問。
日本の野田首相が尖閣列島を訪問。
ということになるのかな。

北方領土をロシア軍が守る。竹島を韓国軍が守る。尖閣列島を日本軍が守るということでしょう。

日本の国は、米軍に頼ることなく、日本軍で守れ。
そのうえで、相互に安全を保障すれば、日米は対等になる。
我が国は、虎の威を借る狐であってはならない。
自分の力を示せ。力は正義である。(Might is right).

力がなければ、正義もない。単なる歌詠みである。ひ弱な花である。
他人に仕事を任せておいて、いちいちあれこれ言うのは不謹慎である。いつまでも、未成年の姿勢をとるな。
消去法を得意とする論客ばかりでは、総理の寿命も短くなる。筋の通った政治もできない。

未来社会の建設には、建設的な意見が必要である。
未来構文がなくては、未来の内容は過不足なく構築できない。
未来構文があれば、理想が語れる。無ければ、筋の通らない空想・空論になる。

日本語の文章には、未来・現在・過去の区別がない。
現在のことは過不足なく考えられても、過去と未来に関してはそれができない。
日本人は、未来のことに辻褄を合わせて語ることは得意でない。
最悪のシナリオなど考えられない。悪夢は常に想定外になる。
だから、有事の際の危機管理も破たんする。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


投稿: noga | 2012年9月21日 (金) 02時03分

 寺島眞一先生。いつものご高説ありがとうございます。
 現在北方領土はロシアが、竹島は韓国が実効支配しています。その点現時点では私有地とはいえ尖閣諸島は日本が実効支配しており、そのままでも領有権が日本にあることを十分示し得ていました。
 何もわざわざ「尖閣を買います」などと言って、この問題では寝ている中国を起こす必要はなかったのです。なのに後期高齢者ボケ老人の石原慎太郎は、死に際の最後っ屁とばかりに、日中両国関係に決定的なヒビが入りかねない危険な火遊びをしてしまいました。

 おっしゃるとおり日本国軍によって尖閣諸島領域を守れ、というのも確かに一つの考えかとは思います。ただ領土問題が先鋭化するのは、問題となる領土が近隣国に接しているゆえです。それに中韓両国の場合、「かつて自国が日本軍によって侵略された」という記憶が、今も根強くあります。なのに尖閣に日本軍が駐留となれば、中国はそれだけで即「我が国への宣戦布告」と捉え、日本海及び日本国内が“火の海”となりかねない日中戦争の戦端が開かれるのは確実です。

 確か『孫子』の中にも「武(による解決)は下策なり」とあったかと思います。今回の不用意な野田宣言で尖閣問題の解決は一段と難しくなりました。しかしそれでも、「武」によることのない、粘り強い外交交渉による解決の模索こそが強く求められていると思いますがいかがでしょうか。

投稿: 時遊人 | 2012年9月21日 (金) 13時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« フォレスタの「船頭小唄」 | トップページ | 尖閣・日中対立とユダ金米国のシナリオ »