« フォレスタの「雨のブルース」 | トップページ | 横浜外国人墓地のこと »

政治記事への阿修羅読者のコメント

 -ご自身の「政治的意識レベルはどのくらいか」を測りながらお読みください-

 少し前のことになりますが、当ブログの2つの政治記事が、久しぶりで「阿修羅掲示板」に投稿されました。
 一つ目の『小沢控訴審「無罪確定」結審』の方が「拍手ランキング」でも「コメント数」でもずっと上位でしたが、ここでは『安倍晋三、自民党総裁再就任の危うさ』に寄せられた阿修羅読者のコメントを以下に転載します。

『阿修羅掲示板』-「安倍晋三、自民党総裁再就任の危うさ-戦争を始めかねない安倍の首相再登板を許すな-」(投稿者「純一」氏)
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/593.html

                        *

01. siawaseno keizaigaku 2012年10月02日 14:13:31 : 7/VCwC4qBO6lc : flJY0qS0ZI
 いくら世の中、右振れとはいえ、なぜ自民党は安倍氏を選んでしまったのか?
自民党の自民党たる所以は、良きにつけ悪しきにつけ、「非イデオロギッシュ」であったところだ。

 例えば、リベラルだとはいえ、じゃ共産党も?となるとゴメンナサイとなるように、保守だとはいえ、じゃ超国家主義?となるとゴメンナサイ、の人々が支持をしてきたのが、自民党の保守本流。だから自民党は「国民政党」として安定感を与えてきた。

 安倍さん登場を喜ぶ余り、街頭で大騒ぎしている諸君を見ると、どこか胡散臭い世界を見てしまう。それが、特定の宗教団体であったとするならば、右翼の褒め殺しと同じ効果になってしまうこと請け合いだ。

 角を矯めて牛を殺すがごとき所行を見るにつけ、恐らく次の衆院選では、余り浮動票も稼げず、保守票+右ブレ浮動票を自民・維新・みんなの3党で取り合う結果に陥るだろう。

 では、中道+リベラル+左ブレ浮動票+保守だけれど反原発・反消費増税・反TPP票をどこが分けるか、が衆院選の本当の勝負所となる、というのが小沢氏の読みだ。

 自民党は、どうもどこかで梯子を踏み外してしまったのではないか?が、偽らざるところ。そうです。圧倒的な党員は党員投票で国民政党(穏健保守)を求めていたにもかかわらず、議員諸氏は、石破憎しの余り統一教会御用達を選んでしまった。なにか悲劇の予感がするのは私だけではないだろう。

02. 2012年10月02日 17:20:37 : WGLBA728E6
こんなヘタレに戦争に引きずりこまれる愚民の集団が日本なら衰退してもやむ得ない。

未だに「大本営発表」を信じる多くの人を見ると哀れさをかんじないでもない。

03. 2012年10月02日 17:32:23 : Q6X8vVQBf2
>リベラルだとはいえ、じゃ共産党も?となるとゴメンナサイとなるように、保守だとはいえ、じゃ超国家主義?となるとゴメンナサイ、の人々が支持をしてきたのが、自民党の保守本流。だから自民党は「国民政党」として安定感を与えてきた。

全く以てその通り。それを今の「新しい自民党」を標榜する連中はすっかり忘れてしまっている。新自由主義・新保守主義を掲げる「新しい自民党」など百害あって一利なし。自民党が真剣に国民の支持を再び集めたいなら、小泉安倍が創り上げた「新しい自民党」を捨て、それ以前の「古い自民党」に回帰すべきだ。

04. 2012年10月03日 03:13:57 : WzGThV19hY
自民党が比較第一党になるなどあり得ない。
マスゴミの洗脳報道を鵜呑みにするのもいい加減にしろ。
靖国神社に参拝すらできない男に戦争などできる訳がないだろう。
自分が投じる一票に消費税そして原発の行く末が懸かっているのである。
国民の生活が第一を中心とした『国民連合』以外投票先などある訳がないではないか。
05. 2012年10月03日 08:47:25 : glol9xWTY2
このままでは、安倍“統一狂会”政権が誕生するよ。
なぜか。

◆仮にいま、衆議院選挙の投票をするとしたら、比例区ではどの政党に投票したいと思いますか。
民主17(15)▽自民30(23)▽国民の生活が第一1(1)▽公明4(2)▽共産2(2)
▽新党きづな0(0)▽社民1(0)▽みんな2(2)▽国民新0(0)▽新党大地・真民主0(0)
▽減税日本0(0)▽たちあがれ日本0(0)▽新党日本0(0)▽新党改革0(0)
▽日本維新の会4(-)▽その他の政党1(2)▽答えない・分からない38(48)
http://www.asahi.com/politics/update2/1002/TKY201210020586.html

この世論調査は予想通り。
国民の大半は残念ながらB層だからこうなる。

政策を理解できるほど賢くはなく、
政策よりも雰囲気やイメージで投票してしまう層。

小泉進次郎が現れれば、「きゃー進次郎く~ん(≧▽≦) 」「俺たちの進次郎!」と熱狂し、何も考えずに自民党に投票する層。

わけもわからずに、消費税20%引き上げ、
年金支給年齢70歳引き上げ、
年金保険料や健康保険料引き上げ、失業手当など雇用のセーフティネット削減、
シロアリ官僚天国維持、そして原発利権村維持の自民党に投票してしまうのがB層だ。

その結果、自民党政権が誕生。
国民生活は完全に破壊されるだろう。

野党に転落した反省ゼロで、自分たちの方が政治のプロみたいにカン違いしている自民党が政権を握れば最後、元の木阿弥。
政官業癒着の不公平政治で庶民はいつも煮え湯を飲まされる悪政が永続化する。地獄へと一直線だ。

自民党は既得権益を保守することしか頭にない。
自民党政権が復活すれば、官僚の敷いたレールに乗った政治をやるだけ。
庶民の不満は、古来からの常套手段、ナショナリズムを煽って、目をそらせることでごまかそうとするだろう。

自民党政権の政策は、
従来の仕組みを変えず、
・消費税率20%引き上げ
・年金支給年齢70歳引き上げ
・歳入庁創設など年金制度の抜本改革は反対
・社会保険料大幅引き上げ
・東電救済、原発推進=「原発利権村」温存
・「政府や役人の恣意性を可能な限りなくした再分配」の縮小
・他方で、官僚の裁量や官僚の天下り利権は温存・拡大。。。
・土建業者から票とカネを提供してもらうのが主目的の無駄な公共事業推進(官僚が天下るだけのハコモノなど)
・シロアリ官僚による“税金横領システム”の温存
ということになるだろう。

自民党は年金支給年齢について、
官僚に言われたとおりに70歳くらいに引き上げるだろう。

60歳未満の国民は、悲惨だよ。
60歳以上の貧困老人も悲惨。

一般庶民にとって、自民党政権は地獄だ。

民主党政権がゼロ点なら、次に来る自民党政権はマイナス100点の政権になるだろう。

(転載終わり)

関連記事
『安倍晋三、自民党総裁再就任の危うさ』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e0bf.html

|

« フォレスタの「雨のブルース」 | トップページ | 横浜外国人墓地のこと »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。