« 『雪女』-美しくも哀しい幻想譚 | トップページ | 大甘&強がり安倍首相でこの国の危機管理は大丈夫か? »

我が国外交史上最悪の事態か?アルジェリア人質事件

-邦人10人死亡との情報あり。どうする安倍政権&外務省そして現地日本企業-

 先日の『フォレスタの「カスバの女」』で、アルジェリア独立戦争、首都アルジェのカスバなどに触れたばかりでした。同記事で、現在の「カスバ」は敬虔なイスラム教徒が住む平穏な街である旨を述べました。

 そのアルジェリアでとんでもない事態が起こってしまいました。既にご存知のとおり、16日早朝、イスラム武装過激派集団がアルジェリア南東部イナメナスにある天然ガス関連施設を襲撃し、多くの外国人人質を取って占拠したのです。
 人質は10カ国に及び、国際社会に強い衝撃を与えました。中でも人質数が際立って多かった我が国は、現地邦人の消息、安否情報が、事件発生以来最大の関心事となってきました。

 それもそのはずです。同施設は我が国プラント建設大手「日揮」と、英国石油資本が共同で開発を進めてきたものだったのです。日揮のアルジェリア進出は、1969年同国内での製油所建設を受注たことに始まり、以来40年以上にわたり石油精製や液化天然ガスなどの分野で約50ものプロジェクトに参画してきたといいます。
 過激派武装集団は最初から、日揮ブラントをターゲットにしていた可能性がありそうです。

 地図で見ると今回の事件現場となったイナメナスは、地中海に面した首都アルジェから南東部に遠く離れた、昨年カダフィ大佐が死去した紛争国リビア国境に近いのです。イメージ的にいかにも、武装化した過激派組織が跳梁跋扈していそうな所ではありませんか。
 ただ原油生産量との兼ね合いや石油精製プラントの性質上、リスクの高い僻遠の地に建設せざるを得ないというジレンマもまたありそうです。

 同プラントを襲撃したイスラム過激派武装集団は「アルカイダ系」と見られています。1993年頃から活発化し始めたアルジェリア武装組織が元々ありました。それに、2001年以来の米国を中心としたアフガン戦争によって、アフガニスタンとパキスタンの山岳地帯に潜伏していたアルカイダ勢力が、米軍の無人機攻撃を受け、アルジェリアなど北アフリカに流入したことにより強固になり、勢力を拡大していったとみられています。

 彼らの主な“収入源”は誘拐と麻薬取引であるようです。既に身代金だけで日本円換算で百億円以上保有しているとみられ、これを資金源として、ロシア製ライフル銃などの武器を大量に購入したり、新兵を増やすなどしているのです。

 今回問題なのは、「北西アフリカアルカイダ」に対するアルジェリア政府の強硬な対応です。おそらく占拠した武装集団との交渉なしで、有無を言わせぬ強行突入に踏み切ったのでしょう。現地時間19日、空と地上から攻撃し、武装グループ32人が死亡し占拠状態は解かれたもようです。
 しかし同時に、邦人を含む人質23人も巻き添えとなって死亡したといわれています。大変な「血の救出作戦」だったというべきです。

 国際社会の受けた衝撃は計り知れません。これまでの過激派武装集団の度重なる暴挙に、同国政府が業を煮やしていたことは分からないでもありません。しかしプラント内に取られている人質は、日英米を中心とした外国人なのです。

 武装グループは「隣国マリに軍事介入したフランスと西側諸国への報復だ」と声明を発表していますが、例によって「身代金」だって欲しいはず。なぜ慎重に粘り強く交渉を重ねなかったのでしょうか。「今後あの国で何か起こったら、命の保証はなさそうだぞ」と国際社会から見られたら、これほど国益を損なうことはないと思われるのです。

 問題は邦人(日揮社員)が無事かどうかです。今もって情報が錯綜していますが、強行突入によって少なくとも邦人1名は死亡したようです。日揮自身も20日、「日本人10名、外国人7名の安否が不明」としています。
 そして最新情報(21日未明)によりますと、同プラント内のアルジェリア人スタッフが語ったところでは、「武装集団の襲撃時、日本人9人が殺害されるのを目撃した」ということです。日揮側の「日本人10人の安否不明」と一致するわけです。

 これが事実なら、戦後最大級のテロに邦人が巻き込まれたことになります。我が国外交史上最悪の事態になるかもしれないのです。
 それにしては、「危機管理内閣」を自負しているはずの安倍政権の対応が遅くて煮え切らないこと。そもそも事件発生は、安倍首相自身の持病ゆえのスロースケジュールの東南アジア外遊中のこと。事件が刻々猶予ならざる事態を迎えても、急遽帰国するでもなし。

 二言目には「人命尊重と安全確保を強く申し入れている」の繰り返し。じゃあ、それでアルジェリア政府は強行突入を思い止まってくれたんですか、安倍さん。
 「かくなる上は」と強がって、「だから集団的自衛権行使が可能になるよう、今すぐ憲法改正が必要だ」などと血迷ったことを言い出さないでくださいよね。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『フォレスタの「カスバの女」』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-a5e9.html

|

« 『雪女』-美しくも哀しい幻想譚 | トップページ | 大甘&強がり安倍首相でこの国の危機管理は大丈夫か? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

エネルギー開発からにじみ出た悲惨。 福島第一原発事故を彷彿させられますね。
この上は、犠牲者の方々とご遺族の皆様のために、政府として精一杯の誠意を発揚されんことを祈ります。
手はじめに、砂漠の国に日本特産の果物や、菊の花などを救援機に積むのを忘れないように。。。。。

投稿: hanasaka,j | 2013年1月22日 (火) 07時03分

 謹んで哀悼の意を表させていただきます。

投稿: 時遊人 | 2013年1月22日 (火) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『雪女』-美しくも哀しい幻想譚 | トップページ | 大甘&強がり安倍首相でこの国の危機管理は大丈夫か? »