« 孫崎享氏が言論統制の実情等を語る | トップページ | フォレスタの「港が見える丘」 »

衝撃の事実-ТPP共同声明は「空証文」だった

 -とにかくТPP協定問題は何から何までデタラメだ。こうなったら「売国奴」の安倍首相を退陣させた上、ТPP参加は白紙に戻した方がいいのではないか-

 何度でも繰り返しますが、ТPPとはつまりは、
 「1%の1%による1%のためのТPP」と言うことに尽きるのです。「1%」とは、昨年の米国ウォール街デモで暴露されたとおり、米国ユダ金企業群ということです。
 日本でも「1%」が存在します。ユダ金ハゲタカにひれ伏す、現安倍自民党・公明党、外務省・財務省などの霞ヶ関官僚群、財界、新聞・テレビという大マスコミなどです。

 つまりは、ТPP締結で甘い汁を吸えるのはどの国でもわずか「1%」のみなのです。ことに我が国にあってТPPは「百害あって一利なし」です。
 一般国民レベルでは特にそうです。繰り返しますが、戦後から長く保障されてきた国民皆保険制度は米国基準に「改正」され、崩壊する可能性が大です。郵貯・かんぽ・農協貯金などの国民資産は米国ハゲタカ金融・保険業界から狙いをつけられており、どんどん流出し目減りしていきます。
 悪魔企業モンサント社による遺伝子組み換え食品の大流通により、「これでもか」と同食品を食わせられることになるのです。日本民族の遺伝子は根本から破壊されます。

 「1%のためのТPP」だからこそ、お膝元の米国で、米市民団体がТPPを告発しているのです。(まだの方は、末尾動画をご覧ください。)
 だからこそ、魂を米ユダ金に売って長期政権を目論む安倍首相以下は、「不都合な真実」を知られてはまずいので国民を幾重にもペテンにかけて参加しようとしているのです。

 「ТPP参加賛成 60%超」の国民の皆さん、しっかりしてくださよ。米官業御用達の新聞・テレビの操作・誘導報道に引っかかって何でも賛成していると、気づかない間に「666のICチップ」を体内に埋め込まれてしまいますよ。そうなったら、もう人間としてジ・エンドですからね。

 それでは、安倍政権以下のさらなるペテンぶりを暴露した『日刊ゲンダイ』(4月4日号2面)記事を以下に転載します。  (大場光太郎・記)

                      *
オバマに交渉権限なし 衝撃の事実
ТPP共同声明は「空証文」だった !


安倍政権が7月の交渉参加を目指すТPPで、またひとつ信じられないデタラメが噴出している。

「関税撤廃の例外」はデタラメ

 安倍は、日米首脳会談でオバマと交わした「聖域なき関税撤廃を前提とせず」を理由に、例外分野をもうけると言って反対派をねじ伏せているが、これが大ウソだった。そもそも、オバマには安倍との約束を守る義理どころか、約束を交わす権限さえなかったのだ。

 日本ではほとんど知られていないが、いま米国で議論になっているのが「大統領貿易促進権限」(ТPA)なる法律だ。米政権が外国政府と貿易交渉を進める際、個々の合意内容について議会の承認を経ずに済む“白紙委任状”みたいな法律だが、オバマにはこの権限がなく、安倍との約束が“カラ手形”だったことが問題視されているのだ。元外務官僚で評論家の天木直人氏が言う。

 「英国から独立し、今もモンロー主義の伝統が残る米国は、基本的に保護主義の国です。戦争と同じくらい、貿易に関しても議会が強力な権限を持っている。日米の経済摩擦が激化した70~80年代も、米国では必ず議会との関係が問題になってきた。そのため、時の大統領は貿易交渉について、議会から一括承認を取り付ける“白紙委任状”を勝ち取ってきた経緯がある。これがTPA、従来は『ファスト・トラック権限』(追い越し車線の意)と呼ばれていたものです。ところがオバマ政権にはこの権限がない。07年に失効していて、今まで延長されていなかったのです」

 今ごろヤリ玉に挙がっているのは、オバマ政権が議会に何も知らせず、ТPP交渉を勝手に進めていたことが分かったからだ。米市民団体の告発でも交渉の極秘内容が暴露され、米議会はカンカンになっている。
 「仮に米議会がТPPを認めるとしても、限りなく米国に有利な交渉となるよう、オバマ政権に強硬に迫るはずです。当然、日米会談の共同声明なんて何の意味もない。安倍首相は日本の農業を守れなくなるでしょう」(天木直人氏 = 前出)

 実は、日本の外務省もオバマ政権のТPAが失効していることは百も承知だった。安倍はすべてを知りながら、国民をあざむいた可能性が高い。「愛国者」のフリをして、とんだ「売国奴」というしかない。  (転載終わり)

関連動画
『アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容』(YouTube動画)
http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48
関連記事
『全国民必聴 ! 米市民団体によるТPP報道の驚愕内容』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-ab9d.html
『全国民必読 ! リークされた米ТPP草案の仰天中身』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-482a.html
『ТPP後の日本について考える』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-8d89.html

|

« 孫崎享氏が言論統制の実情等を語る | トップページ | フォレスタの「港が見える丘」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。