« 米国元防衛官僚、「3・11は米国闇勢力の仕業」と明言 | トップページ | フォレスタの「学生時代」 »

衝撃的な「3・11&原発テロ」内部告発動画

-要拡散。「3・11津波&原発テロ」は単なる陰謀論ではないと確信する。これは我が国が起こされたテロなのだ。多くの犠牲者のためにも見過ごしてはならない !-



 『内部告発 ! (アメリカ国家安全保障局)『311はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った !』』と題する動画を掲げました。
 この動画は、前回の『米国元防衛官僚、「3・11は米国闇勢力の仕業」と明言』記事で転載した阿修羅掲示板記事の元となったものです。

 これを証言したのは、元米国国家安全保障局員(NSA)だったジム・ストーン氏です。NSAはCIAに準ずる米国情報機関ですが、そこに長年勤務した同氏は米国民を奴隷のようにコントロールしている勢力の存在に気づき、20年以上極秘調査していました。
 その結果その勢力が「ユダヤコミュニティ」であることを突き止めました。そんな折り、一昨年の福島原発事故のおかしさに気づき独自に徹底調査を行ったところ、本証言のような驚くべき真相を突き止めたのです。

 ジム・ストーン氏は「フクシマ問題」追及により、当局から二度も投獄されたそうです。身の危険を感じた同氏は現在、メキシコに亡命中です。この動画は、アメリカのラジオ局「アメリカン・フリーダム・ラジオ」のインタビューに同氏が応じている番組の収録です。
 以下に「3・11&原発テロ」に関する主要部分のみざっと箇条書きしてみました。

(1)日本でM9.0の地震は起きていなかった。それが証拠に被災地の建物は津波前は倒壊しておらず無傷のままだった。

(2)3・11は、福島原発の地下や日本近海に核兵器を使用した「新たなテロ」である。

(3)イスラエルが取り組んでいるものに、「ストゥクスネット」と呼ばれるウィルスがある。これは産業用制御システムを攻撃するように仕組まれているウィルスである。

(4)福島第一原発の管理会社である、イスラエルの「マグナBSP社」が、このストゥクスネットを事故(実際はテロ)の起きる4ヶ月前から植え込んで福島原発をコントロールしていた。

(5)ストーン氏は、マグナBSP社が福島原発施設に「(小型)核兵器」を埋め込んだ写真も持っている。

(6)マグナBSP社はイスラエル本国からのコンピュータ遠隔操作により、核爆発により福島原発を破壊し、その後も原子炉内に設置しておいた大カメラによって長期にわたってモニターし続けた。

(7)「3・11テロ」にはもちろん米国も深く関与している。核爆発があった当日、(原子力空母エンタープライズなど)米国海軍は太平洋日本近海でスタンバイオーケー状態だった。

(8)メディアが報道した日本海溝24マイル震源地はウソである。本当の震源地は内陸60マイルである。

(9)津波を起こすことが本筋だったのではなく、原発の核爆発をカモフラージュするために津波を起こした(これでは、2万人以上の津波犠牲者はますます浮かばれないではないか)。
 
 世界を牛耳る米国とイスラエルの悪魔的偽ユダヤ勢力によって、この日本で「3・11津波テロ&福島原発破壊テロ」を起こされた可能性が極めて高いのです。(メディアはしきりに中国脅威論を煽っているが、本当の敵は「こっち」じゃないのか?)
 好む好まないの問題ではありません。13分余と少し長いですが、じっくりお聴きいただき、周囲の人にもこの「3・11真相情報」を拡散していただきたいと思います。

 なおこの動画の一部始終を「文字起こし」したサイトがあります。その上映像や図表付きで大変参考になります。
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/21609e4b1bbfe9e451abec713136033e

 (大場光太郎・記)

関連記事
『米国元防衛官僚、「3・11は米国闇勢力の仕業」と明言』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-a1c8.html

|
|

« 米国元防衛官僚、「3・11は米国闇勢力の仕業」と明言 | トップページ | フォレスタの「学生時代」 »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

●以下は、ロケットさん主催「宇宙ネットワーク」のブログ(2013年12月9日)からの転載になります。


●皆さんこんばんは。本日、ある方のご紹介で日米中の政財界に通暁した、エスタブリッシュメント系の某氏にお会いする機会がありました。


もちろん先方さんとは初対面です。驚くような話をいくつも聞かせていただきましたが、


私もここぞとばかりに、ロスチャイルドなどあちらさん側の動向についてインタビューしてみました。


ここで書けるのは、下記の3点です。


1)ロスチャイルドとロックフェラーらは、オバマ大統領によりこれまでの悪行の数々を調べ上げられた。


結果、逮捕されるかフェードアウトするかのどちらかになり、後者を選んで資産も半分以下になった。


そのため、世界金融の裏側は目茶苦茶である。ただTVが報じないだけ。


(これはベンジャミン・フルフォード氏の情報と一致していますね)


2)東北の復興財源は、日本の官僚や某国によってネコババされている。だから東北は復興できていない。


特別秘密保護法は、実際はそれらの悪事を隠すため、慌てて法制化しただけである。


国民の生命と財産を守る為というのは、単なるお題目であり、守りたいのは連中自らの立場。


3)世界のトップは、数万年前の太古の昔に核戦争で人類が全滅したことを知っており、


今回は決して核を使わない=第三次世界大戦にはしない、という取り決めにちゃんと署名している。


よって絶対核戦争にはなり得ない。地球文明を、再び一からやり直す度胸は彼らにはない。


ただし地球は一大転換期を迎えており、これからいろんな意味で大きな変化を経験するだろう。


というわけで、イルミナティ勢力が弱体化しているのは、間違いないですね。


この方の人脈や情報は非常に貴重なので、近いうちに再度お会いさせていただいて、もっと根掘り葉掘り(笑)お話を聞いてみようと思います。


いやぁ、今日はほんと面白かったです。ちなみにこれ、どこかのブログ記事の受け売りじゃないですからね。私がこの目と耳で取材してきた内容です。STAY TUNED!


●以上が転載内容(原文の儘)になります。


●以上が本当かどうか判りませんが、もし本当だとしたら、凄い話ですね。

投稿: ロケット・バス・カンパニー | 2014年1月 3日 (金) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米国元防衛官僚、「3・11は米国闇勢力の仕業」と明言 | トップページ | フォレスタの「学生時代」 »