« フォレスタの「宵待草」 | トップページ | (大変いい話)松井、ピンストライプで引退セレモニー »

山本発言CM中断の「ミヤネ屋」、スポンサーからお目玉

-この一件で、各テレビ局が政官財と同じ穴のムジナであることがハッキリした-

 3・11&福島第一原発事故報道以来、新聞・テレビの「不都合な真実」を報道しない、裏を返せば「都合のいい不真実」しか報道しない姿勢に、不信感を募らせている国民が増えてきています。

 余談ながら。私は「新聞・テレビ」と一体であるかのようにいつも併記していますが、実際に新聞・テレビは一体なのです。
 先刻ご存知かと思いますが、メディア後進国の我が国は「クロスオーナーシップ」という先進国に類を見ない悪しき方式により、例えば読売は日本テレビに、毎日はTBSに、産経はフジテレビに、朝日はテレビ朝日に資本投下して事実上一体化しているのです。

 さて先の「不正」参院選にもめげず、花の東京選挙区で見事4位当選を果たした山本太郎(新)参院議員については、最近の『東京選挙区、ガラガラ丸川が1位でビッシリ山本が4位?』記事でも取り上げました。

 蒸し返すようですが、両人のこの順位はあり得ないでしょ、どう考えても。
 山本太郎氏のタレントとしての知名度、それが一転「反原発の旗手」として参院選に殴りこみ、立錐の余地もないほどの演説会場のようす・・・。
 翻ってガラガラ丸川珠代は6年間の参院議員生活で、都民の圧倒的支持を得るような実績を何か残したでしょうか?せいぜい国会の場で、東大卒女とは思えないお下劣なヤジを飛ばしたくらいなものでしょう。

 私は100万票超を獲得したのは山本太郎の方で、丸川珠代は当選すらしていなかったのでは?と、今でも思っているのです。
 一例として。各地の投票場で、殺人ブラック企業ワタミ元会長の渡邉美樹を書き込んだ似たような筆跡の投票用紙が大量に見つかり、ネットを中心に大問題になっています。前回の12・16総選挙では不正集計マシーン「ムサシ」のフル活用が暴露されたため、今回はデジタル方式からアナログ方式に不正の方法を変えたようなのです。

 司法が暗黒なら選挙も暗黒、したがって政治も大暗黒。ダメだねこの国はもう、と「私は日本を見切りました。近々外国に移住します。日本にはもう戻らないつもりです」という、ある掲示板のどなたかのコメントがありました。

 と、あまり関係のない話でしたが、以下に山本太郎氏出演時の「ミヤネ屋」で起きた“事件”記事の転載です。  (大場光太郎・記)

                        *
読売テレビ「ミヤネ屋」山本太郎の発言をCM中断
スポンサーが「説明文」出す異例事態に


『日刊ゲンダイ』(7月31日号2面) 

 大阪の「読売テレビ」が赤っ恥だ。参院選で初当選した俳優・山本太郎(38)のインタビューが途中で打ち切られたことに激怒した視聴者が番組スポンサーに苦情を寄せ、困り果てたスポンサーが、読売テレビに「公平な番組作り」を要請する事態になっているのだ。

 スポンサーに“ダメ出し”されたのは、22日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」。番組では「反原発 山本太郎氏に聞く」と題したコーナーに山本が生中継で登場。山本が「1分」の中継時間を確認した上で、〈テレビとスポンサーの関係〉について発言した途端、画面がCMに切り替わってしまったのである。

 この事態にネットユーザーはすぐに反応。掲示板には、〈読売テレビが報道規制〉〈読売テレビが山本に意地悪〉との書き込みが殺到した。と、ここまではよくある話だが、視聴者の怒りの矛先は番組提供スポンサーの「再春館製薬所」にも“飛び火”。「再春館製薬所」の公式ツイッターには消費者から「不買運動」をうかがわせる書き込みが相次いだ。

 頭を抱えた「再春館」はとうとう、26日には社長室長名で、〈「ミヤネ屋」の放送内容について、お声を寄せていただいた皆様へ〉と題し、〈番組内での発言や進め方については、私どもも違和感を覚えたのも事実〉〈テレビ局に対して公平な番組作りを行っていただけるよう申し入れを行いました〉と表明せざるを得なくなった。

「スポンサーに配慮してインタビューを打ち切ったのに、逆にスポンサーに迷惑をかけているのだから皮肉な話です。イメージを重要視する化粧品会社にとって、今回の放送に対する苦情の声を無視できないと判断したのでしょう」(放送ジャーナリスト)

 あらためて「再春館製薬所」に聞くと、「ネットや電話で『司会者の発言が不適切』といった意見を寄せた方々に対し、真摯にお答えさせていただきました」(広報)という。

 一方、読売テレビは、コトの経緯を確認する日刊ゲンダイ本紙の質問書に対し、「回答します」(広報担当)としながら、締め切りまでに回答はなかった。残念ながら、スポンサーの忠告は届いていなかったらしい。  (転載終り)

関連記事
『東京選挙区、ガラガラ丸川が1位でビッシリ山本が4位?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-b0be.html

|

« フォレスタの「宵待草」 | トップページ | (大変いい話)松井、ピンストライプで引退セレモニー »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォレスタの「宵待草」 | トップページ | (大変いい話)松井、ピンストライプで引退セレモニー »