« 川田孝子「ばあやたずねて」 | トップページ | 小沢代表、千葉県の山間地区で第一声 ! »

安倍「亡国」政権に絶対安定多数を与えていいのか !?

 -安倍自民大勝がこの国の「終りの始め」になるのは確実。亡国一直線だ-

 4日、参院選が告示され21日(日)の投開票日まで各党候補者による火の玉のような選挙戦が繰り広げられることになります。事前予想では自民党大勝利が濃厚で、長年の政治的懸案の一つである「衆参ねじれ」がそれによって解消され、参院選以後各政治課題が従前よりスムーズに進むことになり「大いにけっこう」と歓迎する向きが一部にはあるようです。

 しかしそれは、カルト的自民党支持の新聞・テレビそしてそれに薄汚く寄生する政治ジャーナリストなどごく一部の見立てであり、心ある政治ジャーナリストや有権者が憂慮しているような事態が招来することは明らかです。 

 6年前の参院選では現在に至る衆参ねじれとなる大惨敗を喫したのが、他ならぬ第1次安倍内閣の安倍晋三なのでした。ご案内のとおりこれが主要因となり、直後「僕ちゃんお腹痛い」の“安倍下痢三”となり、無責任にも政権をホッポリ投げたことはまだ記憶に新しいところです。
 下痢止めの新特効薬服用の上再登板した安倍首相は、6年前のリベンジを果たすべく、そのためにも衆院選同様不正集計マシーン「ムサシ」を目一杯悪用してでも自民大勝利に持っていくつもりです。

 参院選大勝利までは猫をかぶって、それでも衣の下に隠した鎧が時折り見えましたが無理クリ押し込めて、既にボロが出始めているアベノミクス、成長戦略の三本の矢などというしょせん猫騙しレベルの国民をナメきった目くらましもやってきました。
 安倍自身「成長」戦略の何たるかなど知らないことは、成長の「成」の字を書かせてもきちんと書けなかったことで十分うかがえるというものです。土台安倍晋三は小学生時分、その家庭教師だった平沢勝栄(現自民党衆院議員、当時東大生)に、あまりの飲み込みの悪さに頭をポカンと殴られた時から(安倍はそれを今でも根に持っているらしい)知的レベルはさほど「成長」していないのです。

 参院選で大勝利すれば衆参両院で絶対安定多数、日頃崇めている祖父の岸信介以来の隠れ統一教会支持の安倍晋三は、もう一つの半島系カルト凶(教)団創価学会公明党とつるんで、安倍自民党はやりたい放題です。(小泉純一郎家、池田大作家などとともに、安倍家も半島の出身なのか?)

 安倍自らがトルコなどに我が国原発のトップセールスに出向いたくらいですから、福島第一を除く現在停止中の各原発は順次すべて再稼働、「直下に活断層?知るか、そんなもん」という、「べクレッてる」などと言うレベルを通り越して、「プルトニってる」この上ない危険な本性をむき出してきます。

 衆院選時同様、参院選告示の第一声を福島県しわき市で始めたのなど、しょせん選挙用のポーズに過ぎないのです。この7ケ月自公政権は原発事故、震災復興に何か目覚しい成果を挙げたでしょうか?
 どうせやるんだったら、いまだ収束せず放射性物質が日々拡散し、原発汚染水を地下水や海洋にダダ漏れさせている福島第一原発内で何かメッセージを発してみろ、と言いたくなります。

 選挙対策用に安倍自民党がどんな二枚舌、三枚舌を使おうと、TPPは米国ユダ金企業群の言うがままでの参加となります。衆院選で「TPP参加慎重」を公約に掲げながら、政権を取ると同時にTPP参加に手の平返しした詐欺政党です。今回の自民の選挙公約はすべて、ハナから疑ってかかるべきです。
 第一「我が国が主張すべきところは主張する」などとほざいても、米国など先行参加国間で交渉はもうほとんど終わっているのです。残っているのは後の祭りの単なるセレモニーだけ。今さら交渉など出来はしないのです。

 かくて肝心要の日本の農業・漁業は米国資本に根本から蹂躙・破壊され、挙句は「モンサってる」恐ろしい遺伝子破壊食物を強制的に食わせられることになるのです。
 事は農業だけにとどまらず、医療、保険など各分野に及びます。日本が世界に誇る国民皆保険が崩壊し、米国流に変えられる公算大です。一部富裕層はいざ知らず、小泉政治以来の格差増大社会によって生じた多数の貧困層はうかうか病気にもなれないのです。

 とどのつまりは数の力を背景とした「憲法改悪」です。
 戦争放棄をうたった第9条は廃棄され、世界一の「ならず者国家」米国と一緒になって、いつでも世界中どこでも「国防軍」が出張って行くことになります。いざとなったら隣国中国とだって一戦交える腹積りでしょう。

 もう一つの柱である基本的人権は踏みにじられます。思想・信条・結社の自由は大幅に制限され、戦前の特高のようにスパイ国家が常に国民を監視する息苦しい国になります。とどめとして、全国民への右手への「666のICチップ埋め込み」実施も確実です。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『史上空前の大規模不正選挙』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-56a3.html
『不正選挙総まとめ』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-d8e4.html
『アベノミクス完全破綻後の近未来』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-ac81.html

|

« 川田孝子「ばあやたずねて」 | トップページ | 小沢代表、千葉県の山間地区で第一声 ! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川田孝子「ばあやたずねて」 | トップページ | 小沢代表、千葉県の山間地区で第一声 ! »