« フォレスタの「街の灯り」 | トップページ | 灘校「伝説の国語教師」橋本武先生、大往生 »

安倍首相詐欺演説への各国メディアのシビアな反応

日本では「政治家のことば」は聞き流されるが、世界は「政治家の嘘」に厳しい。 (12日配信「ダイヤモンドオンライン」より)

 12日も汚染水のニュースはひっきりなしで、中には「海の直近で高濃度汚染水を検出」などというものまでありました。つまり高濃度汚染水はそのまま海に流れ込んでいるわけで、安倍首相の「汚染水は完全にブロックされている」というのは真っ赤なウソなのです。

 汚染水は制御不能になっているから問題なのだ。安倍首相が「コントロール下にある」と言ったのは「嘘をついた」ことにならないか。
 (この)発言は、「原発事故などたいしたことではない」と世界に公言したようなものである。フクシマの現実はそんなに軽くはない。2011年には高濃度の放射能物質が外洋に流れ出ている。日本原子力研究開発機構のシミュレーションによれば、来年にはハワイ沖に達するという。いずれ国際的な問題になるだろう。「完全にブロックされている」と事実に反する発言をした責任を問われることになるかもしれない。 (「ダイヤモンドオンライン」『あえて熱狂・東京オリンピックの死角を問う』より)http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20130912-41573/1.htm

 安倍首相はまた「決して東京にダメージを与えるものではない。私が保証する」とも言いました。「私が保証する」と言われてもねぇ、その前段の汚染水で既にウソをついているわけだから信用できませんねぇ。
 「東京の大気には大量の放射能が含まれている。」とまでカナダの新聞は書いているんですけど、単なる風評ですか、菅官房長官さん。だったら早速、汚染水諷刺画のル・モンド紙に対するような抗議をしなければなりませんね。

 我が国メディアは例によって熱狂・東京オリンピックを煽動していますが、海外メディアは相当シビアな見方をしています。以下はその一例ですが、両者のギャップには驚かされます。(阿修羅掲示板からの転載) (大場光太郎・記)

                        *
「安倍は狂っている。本当にこんなことを言ったんだ!とんでもない事態になった:藤原直哉氏」(晴耕雨読)
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 9 月 09 日
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/474.html

https://twitter.com/naoyafujiwara

安倍氏に何が起きているか。

まずひとつは現実を正確に認識できない状態になっている。

都合のよい報告をうのみにして現実、事実を正確に認識できていない。http://t.co/ok2kmWR2q3

ふたつ目に世界のだれもができない除染と事故終息を7年後に終わらせると言って何が何でもオリンピックを持ってこようとしている。

これは狂気だ。

狂ってるから首相ができる。

狂っているからオリンピックを誘致できる。

もう現実を正しく認識できない世界である。

「「自信あるから言った」 汚染水漏れ対策で安倍首相」 http://t.co/scXfwozFLb

福島第1原発の作業員、ハッピーさんのツイッター。

やはり収束のめどはたっていない。 https://twitter.com/Happy11311

安倍は狂っている。

本当にこんなことを言ったんだ!明確に英語情報として外国のメディア(CNBC)が報道している。

とんでもない事態になった。 http://www.cnbc.com/id/101016550

汚染は小さいエリアに限定されている。

そして完全にブロックされてきた。

健康に関する問題は今までのところないし、未来にもないだろう。

カナダの新聞。

福島原発の懸念が続いているにもかかわらず、IOCは東京のオリンピックを認めた。

安倍首相の東京は安全だという訴えに英国の原子力の専門家が反論している。 http://t.co/k8MMiO5gZX

このカナダの新聞、ここまで書いてますよ。

東京の大気には大量の放射能が含まれている。

ホテルに泊まるときにはエアコンのフィルターを新品に変えさせよ。

2011年の発災以来、我々は日本政府の言うことを鵜呑みにはできない。http://t.co/k8MMiO5gZX

米国CNN。

安倍氏は効果のある除染を約束した。 --そんな方法があるとは日本政府も東電も世界も全く知らないと思う。 http://t.co/sqBkVR5tKc

オバマも狂った。

安倍も狂った・・・。

これは天が動いたんだろう。

我々は今日も歴史の不連続の上を歩いている。http://t.co/xEkRZM58H2

今度発行される米国の新100ドル札 http://t.co/XJ7iVRqtaY

9月7日付のフランス・ルモンド紙。

「福島の状況を2分で理解する」 http://t.co/T1LGR14NgG

ロイター電も安倍氏の発言を言質のように太字の見出しで紹介している。

「日本の安倍首相はIOCに対して、福島の放射能漏れは管理下にある。

健康上のリスクは全くないと確約した」http://t.co/5hG3E99ycN

東電がオリンピックに合わせて英語のメッセージを出している。

この最後のところ、どういう意味かね。 http://t.co/vawCGbseUc

「“We had long prepared for the message as there was a concern in other countries over the leak of contaminated water,the spokesman said. “It’s nothing to do with Olympics.”」

汚染は影響ない。オリンピックに関係ないというメッセージをずっと前から準備していたと読むのかね・・・。

ヴォックスメディアとパートナーシップを組むサイト。

東京は福島の放射能を「完全にブロックする」と確約して2020年東京オリンピックを招いた。 http://t.co/cx98OASROT

インターナショナルビジネスタイムズ紙 福島の放射能放出が続くなかで、チェルノブイリの状況に近づいてきた。 http://t.co/ARmmZlUKRU

英国テレグラフ紙。

アスリートと訪問者の最大の懸念は北方155マイルにある福島原発から流れてくる放射能だった。http://t.co/AtjQGRqx13

しかし安倍首相は力強くこの懸念を払しょくした。

「状況は制御下にある」、「新聞の見出しでなく事実を見てほしい」、「東京2020を保証してお届けします」。

アチャー・・・。

しかし今回のオリンピック東京招致は、東大話法を英語にしたときに何が起きるかがよくわかる舞台でもある。

これから7年間、東大話法を聞かされて外人がどう思い、どう判断するか。

これは大変興味深いことである。 http://t.co/5PhGk3HJsB

政治の関係者はよくご存知だと思うが、安倍氏は昔からこうやって上機嫌になってペラペラ余計なことをしゃべる癖がある。

今回それが東京招致の決定的要因になってしまった。

あとは東大話法で言い訳をするしかない。

オーストラリアのヤフー7ニュース。

安倍首相はIOCに福島の状況は「制御下にある」と言った。 http://t.co/YeNhKfIoNa

南米のメルコプレス。

安倍首相は言った。

状況は制御下にある。

これまで東京にダメージはなかったし、これからも全くない。

全く問題はない。

汚染は完全にブロックされている。 http://t.co/5tWTi8HJRn

健康問題は今までなかったしこれからも全くない。

それを力強く明確に述べると。

この安倍首相の発言の紹介に続いて、東電は発災以来大量の放射能汚染水が太平洋に漏れていることを認めている。

最近の汚染水漏れは汚染水の量が手に負えなくなっているという不安を与えるものであると書いている。

全部お見通しである。

オーストラリアABCニュース 安倍首相は言った。

状況は制御下にある。

これまで東京にダメージはなかったし、これからも全くない。

全く問題はない。

汚染は完全にブロックされている。 http://t.co/RcrfpIiD48

健康問題は今までなかったしこれからも全くない。

それを力強く明確に述べると。

それに続けて、IOCのメンバー(複数)には安倍氏の答えは決定的だった。

そして不安を払しょくするのに役立った。

我々はそれを聞きたかったし、聞く必要があった。

安倍氏の発言が決定的な答えになった、と記事は書いている。

そしてメルコプレスと同じ東電の記事を載せている。

一体どう言い訳するのかね・・・。

安倍発言にさっそく国内からも批判の声が上がっている。

「汚染水めぐる首相発言に批判の声 福島の漁業者ら「あきれた」」http://t.co/pcFTqFmmhF

今回、皇室のメンバーがJOCに同行して安倍の虚言演説とともに東京招致を受けることになった。http://t.co/lRjR2bbcpD

これは重大なことではないか。

御礼ではなくて、招致が決まった決定的事実で首相が嘘をついたことを謝らなければならなくなる。

だから、皇室を政治に巻き込んではいけないんだ。

我々は世界に向けて声を大にしなければならない。

我々は首相が言っていることを嘘だと明確に認識している。

我々は既知と未知の原発事故由来の危険に意図的に外国人をさらしたくないと。

日本人がすべて日本政府、東電のような嘘つきではないと。

海外のブログにこんな記事も出ている。

日本のリーダーはオリンピックを確実にするために露骨な嘘をついた。 …http://t.co/Pq3h330RRn

オリンピック競技者と観客を放射能由来のリスクから守るために、現在確立している物理的手法でできる唯一の方法は、オリンピックを汚染地で開かないことだ。

あるいは1万年ぐらい先に開くことだ。

ドイツの有力新聞ツァイト 東電は嘘をついた。

福島の事故は隠され小さい規模に見せかけられた。

そのため発電所の作業員たちが危険にさらされている。 http://t.co/zBHdG9jGhW

ドイツの有力雑誌シュピーゲル。

福島原発の廃墟。

水のドラマは10年は続くだろう。

次から次へと起きる危機に東電の社員たちは立ち往生。

東電はどうしてよいかわからない。

外国の専門家が介入することになった。http://t.co/mTJDcwzXZX

(転載終り)

|

« フォレスタの「街の灯り」 | トップページ | 灘校「伝説の国語教師」橋本武先生、大往生 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。