« 五輪招致に血道を上げている場合か | トップページ | フォレスタの「街の灯り」 »

東京五輪開催決定に物申す

  •  -とり急ぎ、東京開催決定の報と、それを受けて私のよけいな独り言を-

    2020年五輪::東京開催が決定 56年ぶり2回目
    毎日新聞 2013年09月08日 05時24分

     【ブエノスアイレス藤野智成】国際オリンピック委員会(IOC)は7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市に東京を選んだ。東京では1964年以来56年ぶり2回目の五輪開催。72年札幌、98年長野の冬季五輪を含めれば、日本で4回目の五輪開催となる。

     20年五輪の開催には東京、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)の3都市が立候補。7日の総会で、各都市がプレゼンテーション(最終演説)を行った後に、約100人のIOC委員による投票が行われた。1回目の投票で東京は1位で通過。イスタンブールとマドリードが最下位で並び、再投票でマドリードが脱落した。続いて東京とイスタンブールによる決選投票が行われ、午後5時(日本時間8日午前5時)からの発表セレモニーで、ジャック・ロゲ会長が「東京」の名を告げた。

     五輪の会期は20年7月24日から8月9日。パラリンピックは8月25日から9月6日まで。新たに建て替えられる国立競技場をメインスタジアムとし、大半の競技施設が中央区晴海に造られる選手村から8キロ以内に配置される。日本武道館など64年五輪と同じ会場で行う競技もある。

     東京は前回の16年五輪招致にも立候補していたが落選。当時の石原慎太郎・東京都知事が20年五輪への再挑戦を決め、後任の猪瀬直樹知事が招致活動をリードした。各界の連携が希薄だった前回の反省から、都とスポーツ界だけでなく国や経済界も早くから招致活動に加わり、各界が連携して東京をアピールしていた。 (転載終り)

                          *
    【時遊人の独り言】

     それはそれは、おめでとうございます。
     関係各位のご尽力の賜物、と言うより、豊富なジャパンマネーの賜物によって、「福島原発の汚染水」についてうるさくわめき立てた世界中のメディアを黙らせ、各IOC委員の心をわしずかみにしましたね。

     決選投票でも、「イスラム圏で初のオリンピックを」と息巻くイスタンブールを寄せつけぬ威力を発揮した源こそが偉大なるジャパンマネーなのですね。
     「アラー、アクバル」(アラーは偉大なり)よりも我が「ジャパンマネー、アクバル」と、あらためて痛感致しました。

     これでG20を途中退席してIOC総会に臨み、「福島原発の安全性」を強くアピールした安倍首相のメンツも立ちましたね。すぐハイになる安倍首相、さぞ高揚した勝利感に包まれたことでしょう。
     ただ「2期10年間」を目指している貴殿ですから、世界に向けて発した今回の「福島安全宣言」から逃げることは出来ませんぞ。福島原発収束に関して何か起死回生の秘策をお持ちなのかな?(だったら、さっさと出して早く収束させろや・怒)

     この7年は日本と国民にとって長く険しい道のりになるのざぞ。今後この国に何が待ち受けているか誰れにも分かるまいがな。まして明き盲の三等星の番頭殿に分かるわけないのざぞ。 (「日月の神」を代弁して)

     東京都猪瀬直樹知事さん。私は貴殿の出世作『ミカドの肖像』の単行本を読み今でも持っている。また貴殿のマスコミデビューとなったテレ朝『朝まで生テレビ』でのだいたいの出演経過も知っている。同番組途中で「アンタらとはやってらんねえや」と、ケツまくって退席した次第も見ていた。

     アンタずい分変節したねぇ。今のアンタが地なのかもしれないけど。小泉にすり寄り石原にすり寄り、あげ句は不正に枽っかっての430万票かよ。今回の招玫成功はその延長線上にあるっつうわけだ。
     まあ何でもいいけど、アンタずい分相が悪くなったねぇ。曲学阿世、成り上りエセ文化人の品性の卑しさがモロに出ているぞ。

     最後に、もっと早く紹介すべきでしたが―。
     「東京ウランピック」の秀逸な図案をご紹介します。これはツイッターで拡散されて、最近話題になっていたものです。

                          *

    オリジナルよりよく見える。  (←ツイッターここから)

  •  (大場光太郎・記)

    関連記事
  • 『五輪招致に血道を上げている場合か』
    http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-758e.html
    『亡国過程にある国は三等星リーダーしか持てない』
    http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-459c.html
    『福島原発と間もなく心中必至』
    http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-6165.html
  • |

    « 五輪招致に血道を上げている場合か | トップページ | フォレスタの「街の灯り」 »

    時事問題」カテゴリの記事

    コメント

    もういらない

    五輪招致に投じる資金とか資材とかあるならば東北の被災地及び被災者の為に少しでも活用していただきたいです。
    福島の復興なくして日本の復興はなし

    果たして「こんな」五輪に参加する国・地域はいくつ位になるだろう?

    投稿: 我欲都民 | 2013年9月 8日 (日) 17時18分

    こんな実のないバカ騒ぎの裏で
    諸々の懸案事項が
    うやむやに進められていく
    もしくは捨て去られていく。
    1933年のベルリンみたい。
    なぜ人々は(マスコミは?)突然招致に飛びついたのでしょう。
    こんな無責任な国に開催決定したIOCはもとより
    オリンピックそのものへの疑心が確信となりました。
    これはもう、嫌だけど天災を待つしかないのか…

    投稿: 都民ですが | 2013年9月 8日 (日) 19時44分

    両都民様
     コメントどうもありがとうございます。言ってみれば「2020東京オリンピック」は東京都民が主役となる大会ですから、ぜひ都民の方の感想をお聞きしたいと思っていました。
     結果的にお二人からコメントいただき、大いに参考になりました。都民全体としては東京開催賛成が多数としても、強い疑問をお持ちの方がおられることを知り安心しました。マスコミ操作によって全員同じ方向では、戦前や北朝鮮と変わらぬうす気味悪い社会ですから。

    我欲都民様のご意見に、激しく同意します。安倍首相以下「福島の安全」を力説しているわけですから、いっそのこと「福島開催」にしてもらいたいくらいです。

    都民ですが様。本当ですね。最重要な福島原発収束、原発再稼働、TPPなどがウヤムヤにされる懸念がありますね。直前記事でも触れましたが、「幻のオリンピック」になる可能性も大有りだと思います。

    投稿: 時遊人 | 2013年9月 9日 (月) 00時26分

    この記事へのコメントは終了しました。

    « 五輪招致に血道を上げている場合か | トップページ | フォレスタの「街の灯り」 »