« フォレスタの「冬の星座」 | トップページ | 雪害時安倍は高級料亭で会食「天ぷら野郎」と呼ばれている件 »

これは面白い。舛添都知事が自民憲法草案に噛みついたぞ!

-2.5億円不正流用、五輪有料バッチ進呈で有権者買収、女性軽視発言を海外有力各紙が問題視(これらの詳細は別記事で)。三重苦の舛添新都知事が、あろうことか、大変お世話になった安倍自民党の憲法草案にイチャモンをつけた。バッチ進呈の件は、公職選挙法違反事件として市民団体が警視庁に告発済み。2.5億円疑惑もいずれ火を噴くだろう。安倍自民党は裏切り者を守るのか?今後の展開が非常に興味深い-                                          
                                          
                     * 
官邸ジダンダ 舛添都知事「改憲草案は問題ある」の裏切り
http://gendai.net/articles/view/news/148001
2014年2月15日 日刊ゲンダイ

 こいつは傑作である。安倍官邸は、じだんだを踏んで悔しがっているのではないか。
 舛添都知事が14日の会見で、自民党の憲法改正草案について「さまざまな問題がある」とこき下ろしたのだ。

 その主張は理解できる。「国防軍はダメで、せめて自衛軍までだ」「天皇は元首でなく象徴であるべきだ」……至極まっとうな考え方だ。

 ただ、保守色を前面に出した自民党の改憲案をリードしているのは、安倍首相とその取り巻き連中だ。安倍にとって改憲は一丁目一番地である。そして舛添は、そんな改憲派右翼に支えられ、数日前に都知事になった。200万票は自民党と公明党の組織票があってこそ。本人も選挙の前と後に自民党本部まで出向き、頭を下げている。ところが、選挙が終わって1週間もたたないうちに、あっさりと“恩人”を裏切ったのだ。銀座の街頭で安倍の手を取り、「一緒になって東京を世界一にします」と訴えていたのがウソのようである。本当に信用できない男だ。

 前妻の片山さつき参院議員は週刊誌で、「人は利用するためだけのものと思っているのでしょう」と指摘していた。さすが、2年3カ月で別れたとはいえ、本性を知る人物の見立ては確かだ。

 政治評論家の有馬晴海氏が言う。

「除名された党に頭を下げて選挙を助けてもらったのです。普通だったら勝手な振る舞いはできません。周囲も、<舛添さんは自公両党の言いなりでしょ>と考える。本人は、それがイヤだったのでしょう。オレは頭を押さえつけられたりしないし、思うようにやれるんだとアピールしたかった。改革派を気取り、自分は偉いと威張りたい性分。だから安倍首相も、ギリギリまで別の候補者の擁立を目指したのです」

 思わぬ格好で恥をかかされた安倍はカンカンだろう。菅官房長官は「いろんな意見があるのは当然だ」と平静を装ったが、本当はハラワタが煮えくりかえっているのではないか。

 むろん、都知事が安倍の言いなりになる必要はない。だが、利用するだけ利用して手のひらを返すような破廉恥である必要もないのだ。

 安倍も都民も、片山の言葉に耳を傾けておくべきだった。                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

                     *                                                                                                                                                                                                                                                                         【関連記事】

<舛添都知事>「自民憲法改正草案、立憲主義の観点で問題」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000006-mai-pol 
毎日新聞 2月15日(土)1時15分配信

 東京都の舛添要一知事は14日、就任後初の定例記者会見で、選挙で支援を受けた自民党の憲法改正草案について「立憲主義の観点から問題がある。今のままの草案だったら、私は国民投票で反対する」と述べた。

 舛添氏は2005年に自民党がまとめた第1次憲法改正草案の取りまとめに関わった。会見で野党時代の12年に出された第2次草案について問われると「学問的に見た場合、はるかに1次草案の方が優れている」と指摘。2次草案の問題点として(1)天皇を国の「象徴」から「元首」に改めた(2)家族の条文を設け「家族は互いに助け合わなければならない」と規定した(3)「国防軍」の創設を盛り込んだ--点などを挙げた。

 また国民の権利に関し、1次草案の「個人として尊重される」を2次草案で「人として尊重」と変えたことに触れ「憲法は国家の対抗概念である個人を守るためにある。人の対抗概念は犬や猫だ」と厳しく批判した。

 舛添氏は19日に憲法改正の考えをまとめた新書を発行するが、内容について「都知事選に出るから自民党寄りに書き換えたことは全くない」と強調した。【清水健二】

|

« フォレスタの「冬の星座」 | トップページ | 雪害時安倍は高級料亭で会食「天ぷら野郎」と呼ばれている件 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォレスタの「冬の星座」 | トップページ | 雪害時安倍は高級料亭で会食「天ぷら野郎」と呼ばれている件 »