« アベノバカトノ欧州漫遊記 | トップページ | 「美味しんぼ」批判の自民党、野党時は鼻血問題を追求 »

あのお、私は「後期青年者」のつもりなんですけど。

 年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱(いだ)き得るものは何か。
 曰(いわ)く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰(せいしん)
  その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)、
 事に處(しょ)する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、
  人生への歓喜と興味。
   人は信念と共に若く
   疑惑と共に老ゆる。
   人は自信と共に若く
   恐怖と共に老ゆる。
   希望ある限り若く
   失望と共に老い朽ちる。

    (サミュエル・ウルマン、岡田義夫訳の詩『青春』より)

 私は先月のある日、満65歳を迎えました。この国では最近、65歳から75歳未満を「前期高齡者」と呼ぶようにしているようです。ありていに言えば、国として行政としてもろもろの都合上、この年をもってはっきりと「年寄り扱いしますよ」と言うことなのでしょう。その一つの徴(しる)しのように、今回の誕生日を迎えてすぐに当市から「介護保健何たら」という通知が届きました。気色悪いので、中身も見ずにどこかに紛れ込ませてしまいましたが。

 私は年齡という概念を放棄します。「わたし」は年齡のない永遠の存在なのです。 (注 「わたし」とは「聖なる自己」-『アセンションするDNA』より)

 当ブログに『不死の探求』カテゴリーがあるように、私はだいぶ前から「年齡は幻想」という考えを受容してきました。しかしそんなふうに考えるのはごく一部で、世の中全体はいまだ「人間は年とともに老化していくもの」そして「やがて寿命を迎えて死ぬもの」という強固な固定観念を張り巡らせています。

 それこそ「死の観念」はこの社会のすみずみにまで行き渡っています。これは人類の集合無意識層に強固に根を張っている最も厄介な観念体系ですから、一人の人間の力でそれをはね返し、不死を逹成するのは至難の技です。また各個人レベルでも、先祖代々からの「死の観念」をDNAが受け継いでいるのです。

 しかし「今この時」はあらゆる意味でエポックメーキングな時代です。「光の時代」を迎えつつあります。意識(思考)の選択次第で、先祖代々の負のDNAを変えることも出来れば、一人ひとりの「不死の信念」が集合無意識層に風穴を開けることにもなるのです。

 それかあらぬか、世界でも類を見ないようなスピードで超高齡化しつつある我が国では、お年寄りがとにかく元気です。80歳以上でもバリバリ仕事をこなしたり、新たなスポーツにトライしたりと・・・。そして100歳以上の人が何万人といます(ただそのうちの8割以上が寝たきり状態)。

 これを見ると、仏教などが説いている「寿命」などあまり当てにならないことが明らかです。確かに人はこの世に生まれるに当って、ガイド(守護霊)と「どんなコースを歩むか」や「この世から引き上げる時期」など大まかなことを予め取り決めて出てくるようです。しかしその人間が成長・進化すればするほど、生前の取り決めは変更可能のようなのです。生存年数についても自由度がうんと広がるわけです。

 愛する人たちよ。停滞と無力感は死に至る公式です。 (『黄金の約束・下』より)

 ただ注意すべきは、「官主主義日本」にあって、根っこのところですべてを牛耳っている霞ヶ関官僚群です。既に国の借金が1000兆円超なのに(ただしこれは財務省のプロパガンダで、実際はずっと少ないとの説あり)、さらに襲いかかる少子高齡化社会に打つ手なしです。以前の『霞ヶ関官庁街訪問記(3)』でも述べましたが、「今の日本の難題を解決する能力は霞ヶ関官僚群にはない」ということはともかく。介護医療など社会福祉費の増大で、「年寄りはとっとっと死んでくれ」が彼らの本音です。

 さらに米国従属を旨とする霞ヶ関官僚群は、世界を支配するスーパーエリートたちの「世界人口大削減」にも進んで協力しようとしています。出来れば70億人を30億人以下くらいまで減らしたいのではないか?戦争、人工地震、鳥インフルエンザなどの細菌兵器、電磁波、ケムトレイル、食品・食品添加物、飲料水・・・。厚労省が推奬する薬品の服用や各種ワクチンの接種などはよほど慎重にした方がよさそうです。

 TPPによる国民皆保険崩壊や食の安全の問題、新自由主義による貧困層の増大、福島原発汚染の広範な顕在化、戦争の当事国となる可能性・・・。
 世界に誇る「長寿大国日本」は、今がピークなのかもしれません。

 先日の『2極分化しつつあるパラレルワールド地球』において、ポジティブ、ネガティブのどちらを選択するのかと言えば、当然私は「ポジティブ」の方です。ただだからと言って、ネガティブは目をつぶって見ないようにする、ということではありません。
 それでは「愚者の天国」であり、スピリチュアルの批判者たちから「だからお花畑系なんだよ」と笑われかねません。

 現実問題として、ネガティブはネガティブとしてしっかり認識、理解しながら、ポジティブの方向性だけは決して見失わないことが大切なのだろうと思います。

 かようにネガティブ勢力(闇の勢力)は、ありとあらゆる方法で人類全体のアセンションを阻もうとしています。そして多くの人類を死に追いやり、現地球の低位アストラル界(闇の領域)に封じ込めようとしているのです。「光と闇の戦い」ですから、生やさしいことではないのです。「お花畑」という言い種などとんでもないことです。

 「生きよう」とする意志をもった人は決して死ぬことはない。 (出典忘失))

 いかなネガティブ勢力といえども、個人の「生きよう」という強い意志を阻むことはできません。自らの「意志の力」(思考の力)を侮ってはいけません。と言うことで、私自身は「生きよう」という意志を日々更新しているつもりです。

 「新しさ」が生の原理である。 (コリン・ウィルソン『賢者の石』より)

 せっかく生きるのなら、「ポジティブに」「ワクワクしながら」「明るくていい気分で」・・・生きたほうがいいわけです。そしてそのような生き方こそが、「アセンションの流れ」(「本当の幸せの流れ」)に乗っていることになるのです。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『霞ヶ関官庁街訪問記(3)』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-fbb5.html
『2極分化しつつあるパラレルワールド地球』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-9c43.html

|
|

« アベノバカトノ欧州漫遊記 | トップページ | 「美味しんぼ」批判の自民党、野党時は鼻血問題を追求 »

不死の探求」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アベノバカトノ欧州漫遊記 | トップページ | 「美味しんぼ」批判の自民党、野党時は鼻血問題を追求 »