« 「平和の党」公明党の真価が問われている | トップページ | 小泉亜流の曲芸師的な安倍「拉致再調査」緊急会見 »

昭恵夫人がぶちまけた「仮面の夫」安倍晋三の正体

-「修身斉家治国平天下」(『論語』)が為政者の基本原理。家庭に深刻な事情を抱える仮面の男が、「美しい日本」などとよく言えたものよ。昭恵夫人には、「戦前日本トリモロフ症候群」のイカレポンチとはさっさと別れることを強くお勧めする-

 安倍晋三「仮面夫婦」の実態を暴露した、興味深い阿修羅掲示板投稿記事を以下に転載します。

                       *
「『週刊現代6/7号』「昭恵夫人がぶちまけた『仮面の夫』安倍晋三の正体」:川本哲也氏」http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/195.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 5 月 30 日

http://sun.ap.teacup.com/souun/14316.html(元記事)
2014/5/30 晴耕雨読

https://twitter.com/xxcalmo

発売中の『週刊現代6/7号』に、「昭恵夫人がぶちまけた『仮面の夫』安倍晋三の正体」という巻頭記事がでている。

本来他人の家庭事情になど興味はないが、この記事では、政治ばかりか家庭でも欺瞞を押し通す、安倍晋三の偽りの人生がよく表現されている。

よってあらましを紹介したい。

『週刊現代6/7号』「昭恵夫人がぶちまけた『仮面の夫』安倍晋三の正体」。

安倍は妻について、周囲に「うちは仮面夫婦だから、今の(総理という)立場では、それでも良い夫婦を演じなければならない。休みには手を繋いで買い物に行かねばならないし‥」といった愚痴をこぼしているという。

「安部総理は、昭恵夫人もはや何も期待していないという。とは言え、国民の前で夫婦仲の悪さを露骨に見せる訳にもいかない。そのため仕方なく、仮面夫婦を続けているのである」。

このざまで、よくぞ復古的な家制度回帰を強弁できるものよ。

対して昭恵夫人は、「夫は、何人も女中さんがいるような家庭で育ってきたんで、私とは考え方が全然違うんです‥彼は、言わばずっと演技をしているんですよ‥(TVに出て)ソフトな政治家を演じることで、(改憲を狙うようなタカ派で)保守的なイメージを隠そうとしているんです」と語る。

集団的自衛権についての憲法解釈や、消費増税、原発推進など、「国民に見せる『仮面』に隠された夫の素顔に、昭恵夫人は呆れ、開き直ったように『反安倍的』な言動を加速させているわけだ」。

安倍は日本の成員と自らの家庭、さらには自分の人生まで欺いて生きているようだ。

昭恵夫人「安部はズルいんです。私の方が(ゴルフの)スコアがいいと、アドレスが悪意とかいろいろ言い出して、ペースを乱そうとしてくるんです」。

安倍の虚言癖や狡猾さはもはや周知されているが、晋三の働く欺瞞が、この男の本質に根ざしていることがよくわかる。

菅元首相に対するデマや汚染水の完全制御発言に明らかなように、安倍は悪びれもせずに平然と嘘をつく。

どうやらこの虚言癖は政治的方便などではなく、他者ばかりか自らをも欺いてきた、彼の本質的な病理にもとづくかのようだ。

ここに至って騙されてきた国民もまた、騙された責任を自覚せねばならない。

> 自分の事は棚に上げは、女性は家を守れといいつつ自身は大学教授をして社会参画してる、お友達の長谷川三千子にも言えますね。

> 事実関係を御存知ないのでしょうか?→安部首相「イラク戦争は証明出来なかったイラクが悪い」 - NAVER まとめ http://t.co/pLcAga2X5S

イラク侵攻の大義名分となった「大量破壊兵器備蓄」については、今日では英国のインテリジェンス・オフィサーが誤情報を拡散した、根拠のない完全なデマであったことが周知されている。

そんなデマの被害者に潔白さの立証責任を要求するとは、さすが希代のデマゴーグ、安倍晋三の面目躍如よの。

> つい10年前の事実関係も知らないのが日本の首相なのか。イラクはちゃんと国連の査察を受け入れ、WMD(大量破壊兵器)は発見されなかった。CIAも調査の結果、WMDは無いと結論した。それを無視してブッシュはイラクに侵攻したのだ。 http://t.co/k5A1bsnsE1(以下省略)(転載終り)

|

« 「平和の党」公明党の真価が問われている | トップページ | 小泉亜流の曲芸師的な安倍「拉致再調査」緊急会見 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

安倍晋三の根底にあるものは、黒い。
漆黒の闇だと言える。

投稿: whos | 2014年12月28日 (日) 17時09分

 コメントありがとうございます。

 おっしゃるとおり、安倍晋三は(明恵夫人も語っているように)外面はソフトでも、内面はどす黒いものを隠しています。それはネット市民を中心にかなり暴かれてきているわけですが、まだ多くの国民が騙されているのが実情で、大変遺憾なことです。

投稿: 時遊人 | 2014年12月28日 (日) 19時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「平和の党」公明党の真価が問われている | トップページ | 小泉亜流の曲芸師的な安倍「拉致再調査」緊急会見 »