« 日本、グループ最下位で2大会ぶりW杯GL敗退 | トップページ | 小沢代表「国民が真剣に怒らないと昭和史の繰り返しになる」 »

UFOの夢(2)

  明易(あけやす)の夢を象(かたど)る浮船よ  (拙句)

 
 (最近とみに不快感を増す出来事の多い)浮世離れしたお話です。
 以前『UFOの夢』(2012年5月1日)を出しましたが、今回またUFOの夢を見ましたので、忘備的にそのあらましを記しておくことにします。

                       *
 ある日の明け方、UFOの夢を見た。
 例によってその前段としてかなり長い夢を見ていたはずだが、まるで思い出せない。多分その夢の続きのシーンだと思われるが、私はどことも知れない丘の上にいる。そこの際(きわ)近くに立っているのだ。それから先は、傾斜が少しきつい崖になっている。

 周囲は真暗な感じではない。と言って明るくもない。おそらく夕暮れ時なのだろう。
 私はそこに立ちながら、前方に開けた空を見ている。と、斜め上空百メートルくらいの所に、ポッと円盤状の黒い物体が現われた。

 私はすぐに『UFOだ』と了解した。
 UFOはそんなに厚みがなく、底面が強調されて見えている。するうち、底面円周に沿って、一定間隔で赤いランプがいっぱい点いているのが確認された。

 私の『UFOはかくあるべし』という思いに応えるように、そこから猛スピードですぐ近くまでやってきたかとみるや、ほんの数メートル上空でピタッと静止した。そうだ、この超物理学的運動こそがUFOだ。およそ地球上の乗り物でこんな運きが出来るものはないのだから。

 すると、静止した円い底面から白くやわらかい光の帯が、私の足元近くまで静かに下りて来た。何やらずっと前に観たスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』のシーンのようだ。

『さあ、次に何が始まるのか?』
 遂にこの私も第一種遭遇の時を迎えたのだろうか。そんな期待感とは裏腹に、ふいに『恐い』という思いが湧き上ってきた。
 そこで夢は終ってしまった。

                       *
 以上は、今月10日の明け方に見た夢の概略です。多少読み物風に修飾していますが、骨子はこのとおりです。

 けっこう鮮明な夢でした。冒頭で触れたとおり、『UFOの夢』記事は2012年5月1日以来です。二つの夢は、状況こそ違え内容は似通っています。前記事の中で私は、「夢主(むしゅ)の心の成長に従って夢も成長する」と記しました。その意味では、例えば私がUFOの中に入るとか中から地球外生命体が降りてきたとか、期待したほどの進展はなかったのが残念です。

The number of UFO cases in 2013 is the second-highest number of sightings recorded in Canada during the last 25 years.
 
 
 しかし、「光の帯」が見えたのは一歩前進のように思われます。
 これが意味するものは、「向こうさん」はちゃんと、私とのコンタクトの道を開いてくれているということです。だが肝腎の私に、思いもよらず「恐さ」があったのでした。おそらくこれがある限り、(夢でも現実でも)コンタクトや中に入ること、ましてやUFOに同乗することなど無理でしょう。

 思い起せば、私がUFOに関心を持つようになってから30年余になります。しかしそんな私ですら、夢の中でであっても、いざコンタクトできそうだとなると恐れを感じてしまうのです。まして、UFOにあまり興味もなく、その存在すら疑ってかかっているようなレベルでは。

 多くの情報によれば、宇宙でも稀な今回の地球丸ごとの(第3密度から第4密度への)超変化にあたり、それこそ数多くの地球外生命体が地球に来ていて、上空から見守っているといいます。第4密度、第5密度以上の宇宙存在たちです。一部のネガティブを除いて多くがポジティブです。

 サラス(悲しみの星)からアレス(喜びの星)へ。いよいよ私たち地球人類も「銀河市民」の仲間入りをする時なのです。これまでの「恐れ」をベースとした地球から、「愛、喜び」をベースとした地球へのステージアッフです。個人として「愛、喜び」に質的に切り換っている人は、地球外生命体とのコンタクトもどんどん起きているようです。そんなことはイルミナティ・マスコミの二ュースでは伝えられないので、一般人が知らないだけです。

 「恐れ」をベースとしたネガティブ勢力は、大事な今この時に、「愛と平和」の憲法9条を骨抜きにし、集団的自衛権を行使できるようにして、自衛隊を海外に出して人殺しをさせようとしています。どんな屁理屈つけようと、以上見てきたことから宇宙潮流への逆行であることは明らかです。

 それにしても。この私にも、まだまだ心の中に「恐れ」があるということです。恐れがあるということは、「戦う心」があるということです。十分心して、愛へ、平和へ、喜びへと切り換えていかなければなりません。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『UFOの夢』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/ufo-1b25.html

|

« 日本、グループ最下位で2大会ぶりW杯GL敗退 | トップページ | 小沢代表「国民が真剣に怒らないと昭和史の繰り返しになる」 »

アセンション情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本、グループ最下位で2大会ぶりW杯GL敗退 | トップページ | 小沢代表「国民が真剣に怒らないと昭和史の繰り返しになる」 »