« 言論弾圧事件発生!安倍官邸がNHKを“土下座”させる | トップページ | 小沢代表インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない »

米国激怒に安倍マッ青、支持率切り札「9月訪朝」断念か

-安倍ら「戦前日本トリモロフ症候群」患者たちの本当の本音は、「アメリカともう一度戦争をして勝つこと」(長谷川三千子現NHK経営委員)である。しかし実情はアメリカ様の意向には何一つ逆えないのだ。しょせん「強い日本を取り戻す」などと言うのは出来の悪いボンボン総理らのボンクラ脳内でコネクリ回した妄想のたぐいということだ。しかるに集団的自衛権のように現実政治に妄想を持ち込むから国民は大迷惑なのである。-

 
米国激怒に安倍首相マッ青 支持率切り札「9月訪朝」断念か
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/152011
2014年7月20日 日刊ゲンダイ

 安倍首相が真っ青になっている。拉致問題に突っ走る安倍政権に、アメリカが激怒しているのだ。ケリー国務長官が直接、岸田外相に「日米韓の連携が乱れる」と首相の訪朝にストップをかける異例の事態になっている。

「安倍官邸は、9月に首相が“電撃訪朝”し、拉致被害者を連れ帰るというシナリオを描いています。状況によっては、そのまま9月解散、10月総選挙に突入するつもり。すでに北朝鮮からは、かなりの人数を帰国させるというシグナルも送られてきている。訪朝すれば、内閣支持率がハネ上がるのは間違いない。ところが、アメリカが横ヤリを入れてきた。首相周辺は困惑しています」(政界関係者)

 アメリカが強い不満を持っていることが分かり、岸田外相は来週、慌てて訪米する予定だ。

■ただでさえ安倍首相嫌い

  アメリカは北朝鮮の核開発を本気で警戒している。核開発を断念しない限り、いつでも経済制裁を強めるつもりだ。

 ところが、安倍首相は“拉致解決”の見返りに経済制裁を解除し、さらに経済援助までしようとしている。アメリカからしたら、「援助したカネが核開発に使われたらどうするのか」ということなのだろう。
 もし、アメリカの警告を無視して訪朝し、北朝鮮に経済援助をしたら、アメリカがカンカンになるのは間違いない。それでなくても、オバマ大統領は安倍首相を嫌っている。果たして、安倍首相は訪朝するのか。

「支持率が下落しはじめた安倍首相にとって、残された支持率アップのカードは拉致問題しかない。秋以降、安倍政権には逆風が吹き荒れる。景気の悪化は確実だし、苦戦必至の福島県知事選と沖縄県知事選が控えている。年末には、支持率と不支持率が逆転している可能性が高い。だから、どうしても9月に訪朝して、支持率を上げたい。北朝鮮も、安倍首相が訪朝せざるを得ないように、追いつめていくつもりです。拉致被害者の帰国情報をどんどん流して、日本国内の期待を高めていく。しかし、あの安倍首相がアメリカに逆らえるはずがない。いま、囁かれているのは、8月末に“訪朝せず”と宣言するシナリオです。北朝鮮は8月末に核実験をすると予想されている。そのタイミングで“核実験は許されない”と批判し、日朝交渉を中止するしかないとみられています」(自民党関係者)

 アメリカを本気で怒らせたら政権は持たない。かといって、9月訪朝のカードを手放したら、もう支持率アップは望めない。いまごろ、安倍首相は身もだえしているはずだ。   (転載終り)

|

« 言論弾圧事件発生!安倍官邸がNHKを“土下座”させる | トップページ | 小沢代表インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。