« 小沢代表インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない | トップページ | 社民党の秀逸ポスターに自民党が焦りのイチャモン »

読売新聞の部数減止まらず、昨年11月から72万部減

-時の政権へのチェックや批判がまるでできない新聞なんて存在意義がないばかりか、悪政権翼賛の片棒担ぎでは「百害あって一利なし」。読者から見放されるのも当然だ。-

                       *

読売の部数減とまらず、5月から6月で6万8000部、昨年11月から72万部減、東京新聞と神奈川新聞の2社分に相当
http://kuroyabu.sakura.ne.jp/%E8%AA%AD%E5%A3%B2%E3%81%AE%E9%83%A8%E6%95%B0%E6%B8%9B%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%9A%E3%80%81%EF%BC%95%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%96%E6%9C%88%E3%81%A7%EF%BC%96%E4%B8%87%EF%BC%98%EF%BC%90/
2014年07月24日  MEDIA KOKUSYO

 日本ABC協会が公表した新聞発行部数の6月データで、読売新聞が5月から6月にかけて、6万8394部を減らしていることが分かった。6月の実数は927万9755部だった。

 これにより昨年11月の1000万7440部から、7か月で72万7685万部を減らしたことになる。

読売新聞のここ数カ月の部数の変遷は次の通りである。

2013年10月 9,882,625

2013年11月 10,007,440

2013年12月 9,767,721

2014年1月 9,825,985

2014年2月 9,738,889

2014年3月 9,690,937

2014年4月 9,485,286

2014年5月 9,348,149

2014年6月 9,279,755

 72万7685万部という数字がいかに大きかを、読者は想像できるだろうか? ABC部数の5月データによると、東京新聞の発行部数は、52万2252部で、神奈川新聞は、20万3483部である。つまり首都圏の有力紙、東京新聞と神奈川新聞が消えたに等しい。

 今後、原発の再稼働に反対する運動や、解釈改憲に反対する運動が広がるにつれて、さらに読者離れを招く可能性が高い。

■参考記事:読売の販売部数が半年で66万部減 1千万部ビジネスモデルの崩壊、販売店「残紙整理が始まった」
http://www.mynewsjapan.com/reports/2039 (転載終り)

                       *
【私のコメント】
 上掲記事どうり、読売新聞の長期低落傾向に歯止めがかからないようです。

 そもそも、従前の読売の1千万部という公称部数からして危しいものです。
 読売に限らず大手新聞はどこでも、各戸宅配や駅売店、コンビニなどで売れる部数のほかに、まるで売れる見込みのない部数まで大量に増刷し、各販売店に強引に引き取らせる「押し紙」が問題になってきました。もちろん実際には売れていないその分まで販売部数としてカウントしているのです。

 だから元の公称1千万部というのは、かなりフカしたハッタリ部数だった可能性が大有りです。実際は「その6掛けくらい」というシビアな見方もあるほどです。読売は最近、ファミレスの各客席に同紙を置かせてもらったり、ディズニーランドで入場者に配ったりと、涙ぐましい営業努力をしているようですが、さしたる効果はなかったということです。

 新聞というメディア自体、もう耐用年数が尽きかけているのです。

 加えて読売新聞は、安倍政権応援団ダマスゴミの筆頭格です。そもそも安倍晋三が再登板して、マスコミ人として真っ先に“会食”したのが、読売のドンにして平成の大老害のナベツネ(渡邊恒雄)なのです。「オレの顔を立ててくれてウイヤツよのう」とナベツネが言ったかどうか定かではありません。が、TPP推進、原発再稼動、消費税増税、集団的自衛権行使・・・。読売は、安倍政権のやる事なす事何でも賛成論調です。もうこうなると、戦時中の大政翼賛新聞とドッコイドッコイです。

 以前の記事で見たとおり、今や新聞は「ジジババ・メディア」です。受験生が入試対策上チョロッと読むくらいで、スマホ世代の若者たちは新聞など見向きもしません。

 無理もありませんよ。ニュースソースとしての鮮度もなければ、記者クラブ制度ドップリの各社横並び記事でアッと驚くようなスクープなどまるでなし。挙句の果てに、時の政権ベッタリの偏向・丕曲・捏造では、今後とも「目覚めた国民」からどんどん新聞離れを起すことになるのは明らかです。 (大場光太郎・記)

|

« 小沢代表インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない | トップページ | 社民党の秀逸ポスターに自民党が焦りのイチャモン »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

近いうちに政府から押し紙への圧力がかかるから、その前に目ざとい読売が発行部数を発証部数にすり合わせているだけだよ。

夕刊の廃刊と押し紙の減少に最初に乗り出したのが産経。で、今読売がはじめた。
朝日も昨年当たりから同じようなこと言い始めたが実行には移していない、と言うか今そんなことしたら慰安婦の反日行為で叩かれまくっている朝日は社の清算につながる。

日経は朝日と同じぐらいのスタンス、毎日は我関せずで押し紙ばら撒き中。

投稿: q | 2014年9月 1日 (月) 01時00分

 貴重な情報ありがとうございます。貴情報が事実なら、読売はじめ各社とも切羽詰った事情があるわけですね。

投稿: 自遊人 | 2014年9月 2日 (火) 01時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 小沢代表インタビュー:安倍首相はピーク越えた、年内選挙ない | トップページ | 社民党の秀逸ポスターに自民党が焦りのイチャモン »