« フォレスタの「庭の千草」 | トップページ | 自公圧勝とは言っても改憲勢力後退で安倍は不機嫌らしい »

「アベノコノミチ」(「この道しかない」)への反論

-「この道はいつか来た道」 ああそうだよぉ。安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから。
 (以前の当ブログ記事への、寺嶋眞一元琉球大学教授のコメントより)-

 安倍晋三率いる現極右自民党は今衆院選を「この道しかない」と言うスローガンを掲げて戦いました。問題の「この道しかない」スローガンについて、疑問を投げかける二つの論考を以下に紹介します。(阿修羅掲示板投稿記事の転載)

                       *
室井佑月 「この道しかない」に従うのは楽かもしれないけど〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/633.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 19 日 16:21:05:
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141219-00000012-sasahi-pol(元記事)
週刊朝日  2014年12月26日号

 作家の室井佑月氏は、「この道しかない」という言葉に恐怖心を抱くという。

*  *  * 
 この言葉を聞いて、怖いと思うのはあたしだけだろうか。

「この道しかない」というからには、別の道はない、もしくは考えないってことだろう。引き返せないって意味もあるかもしれないな。

 主語が不確かである人間の言葉ならば、絶対的な100パーセントの正解はないのではないか。なのに、「この道しかない」、そう言い切ることに恐怖を感じる。

 たとえば、戦争時、命をかけて敵の中に飛び込むとき、飛び込む人は「この道しかない」と思っていたかもしれない。思っていたかもというより、思わされていたかも。

「この道しかない」、この言葉には、思わされる側と思わせる側がいるのだろうか。

 先程の例でいうと、「この道しかない」と思わせた側は、戦後、上手く立ち回って生き残り、偉くなっていたりして。

 いいや、それだけじゃないか。自らそう思い込む人もいるな。自らの人生において「この道しかない」と思い込むのは、その人の勝手だ。自分の人生をかけてその言葉を発するのなら。

 けど、この言葉を多くの人間への呼びかけとして使うのはどういうことなのか。

 公的年金の積立金約130兆円の半分を、リスクの高い株式市場に投じる。株だもの、失敗し大損することだってある。

 そのとき「この道しかない」といっていた人たちは、我が身を削ってあたしたちになにかをしてくれるんだろうか。

 この国のエネルギーは原発しかないといっている人たちは、ふたたび福島第一原発のような事故が起きてしまったとき、あたしたちの財産である、事故前の綺麗な国土に戻せるんだろうか。健康被害にあってしまった人たちに、どう責任を取るつもりなのか。

 結局、少子高齢化のこの国において、今後、年金制度を維持してゆくのは難しいのだし、絶対に安全である原発もこの世にはない。

 原発のコストが安いというのも嘘だし、製造業が海外に逃げてしまうというのも嘘だ(日本の電気代は高い。それがイヤな企業はもう逃げていっている)。

 ならば、人間の知恵でその先を考えればいい。

 社会福祉に金がまわらないというなら、さっさと予算の組み替えをしたらいい。議員の数を大幅に減らすなどしたらいいじゃん。

 原発に代わるエネルギーの開発をしたらいい。けれど、そうはならない。

 世の中の流れを大幅に変えると、損をする人がいる。今の流れで、地位を得て、金儲けをしている人たちだ。

 そういった人たちは、あたしたちに「この道しかない」という。世の中の流れが変わってなるものか、ってところだろう。

 彼らが提示する「この道」、なにも考えず従うのは今、楽かもしれない。が、その先が地獄であっても、命を失うことがあっても、「自己責任」といわれておしまい。 (転載終り)

                       *
安倍首相をゴルバチョフになぞらえて批判した佐藤優(天木直人)
http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/613.html
投稿者 SOBA 日時 2014 年 12 月 19 日 07:30:13:
 
http://www.amakiblog.com/archives/2014/12/19/#003045(元記事)

 きょう12月19日の東京新聞を見て驚いた。

 佐藤優氏が「本音のコラム」で次のように書いている。

 みずからがモスクワ研修時代の1988年に目撃した事だという。

 ゴルバチョフがソ連共産党総書記の座について3年たっていた時の事だという。

 ペレストロイカ(改革)について「どうもこのままではソ連経済は向上しないのではないか」という不安が国民の間にし生まれ始めていたという。

 その時ゴルバチョフが「この道しかない」というスロ-ガンを掲げ、テレビ・ラジオは「この道しかない」とがなりたてたという。

 ゴルバチョフ政権を支持する有識者たちが「この道しかない」と書きたて、その本が町中にあふれたという。

 そして佐藤氏はいう。

 今になって振り返ると、このあたりからソ連のペレストロイカ路線はおかしくなって来たと。

 なぜなら、複数の考え方、複数の選択を認め、社会を活性化していこうとすることでソ連社会を活性化するという発想と、「この道しかない」という路線を押し付けることが、矛盾していたからだと。
 
 賢明な読者ならもうお分かりだろう。

 いや、賢明でなくても誰でもわかる。

 これは先の総選挙で「この道しかない」と叫んで大勝した安倍首相への強烈な批判である。

 そして佐藤氏はその投稿を次のように締めくくっている。

 「・・・『この道しかない』というスローガンが掲げられてから三年後の1991年12月にソ連国家は崩壊した」と。

 安倍首相はこの佐藤氏の批判をどういう思いで読む事だろう。

 佐藤氏がこんな安倍批判をした真意はどこにあるのだろう。

 もっとも、そんなことはどうでもいい。

 これを読んだ私の感想はこうだ。

 あと三年も安倍政権が続くなど、ゴマすりもいいところだ。勘弁してくれ。

 愚かな指導者のために日本国家を破綻させられることなど許してたまるか。

 佐藤氏の書くものは、いつも悪い冗談ばかりである(了) (転載終り)  

|

« フォレスタの「庭の千草」 | トップページ | 自公圧勝とは言っても改憲勢力後退で安倍は不機嫌らしい »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪いつもありがとうございます。
前にコメントしたことあるものです。
新聞のデータ見てると、自民党が多いんですよね。あーいやだいやだ。もう世の中が気持ち悪い。もちろん自分も気持ち悪いですが笑
私も生活の党にしました。でもうちの町内だと自民党が、5500くらいで、生活の党は289で、少なくてびっくりでした。
今年2014年骨抜き脱出したいと思ったんですが、多分出来なかったかなぁ。と笑。
でもそれ以上に辛いのが、周りも結構何も考えてない感じ?早い話、このブログの方のように専門に勉強してる人じゃないと話が出来なかったんですよね。だから寂しく勉強してました笑

早く本物になりたい。笑
2015年価値の大逆転みたいな時代きますかね?早く無駄にありふれた骨抜きな世の中終わって欲しいです。でももう、地震とかきて物壊して学ぶしかないのかな?とか、もう人間じゃどうしようもないから、自然が壊してくれるまで待つしかないのかな?とか思います。
地震が自然が憎いとか言えないですよね?

世の中が気持ち悪くて、そして自分もアホだから苦しくて、でも何も考えず生きれない。
ずっと2015年楽しみにしてました。新しい時代始まらないかな?って。

確か時遊人さんはこういうこと学んで、30年くらいといってましたがこの時代にこういうこと勉強する人、極僅かだと思うし、ああ凄いと思います。孤独じゃなかったのかなぁ?とか。
自分が今、65歳くらいなら完全に骨抜きの人になってたと思います。笑

なんか久しぶり絡んでみたくて、コメントして見ました。何を聞きたいのかよく分かりませんが。2014年やっと終わるぞーと笑
いや、来年はもっとヤバイのか(;゜∇゜)

早く本物時代来て欲しいです。
ま、自分をなんとかせよですね。

いつもブログありがとうございます。感謝です。

投稿: 海 | 2014年12月22日 (月) 02時45分

海さん こんばんわ !

 お久しぶり。でも、お元気そうで何よりです。

 当ブログ、既にお分かりのとおり、コメントが来ない時は1ヵ月以上来ないこともざらですし、今回は管理ページのコメント表示がどういうわけか「ゼロ」になっていて発見が遅れ、返信も遅れてしまいました。

 さて、今回の選挙は「生活の党」に投票との事、至極まっとうで賢明な投票行動と敬意を表させていただきます。みすみす国民の権利を放棄したり、もはや安倍自民党と一体のマスコミ(ダマスゴミ)詐欺報道にまんまと乗せられて自民党に投票、などというのは最悪のパターンですから。

 今総選挙は、バレバレの各社横並び「自民圧勝」報道、そして選挙前の例の小渕・ドリル・優子事件隠し(各マスコミはその事実を2ヶ月前に知っていながら報道しなかった)など、実際ムサシなどの不正がなかったとしても、これだけでレッキとしたマスコミによる犯罪的大不正です。

 生活の党の比例票だってどう操作されるかわかったものではない、と私は投票前から思っていました(実際操作されたな、と思っています)。しかしそれでも比例は「生活」としっかり書いたのです。まったく悔いはありません。

 「悪盛んにして天に勝つ」(日月神示}。この国のサタン勢力がすべて結集して安倍政権を支えているような状況ですから、今後とも何が飛び出してもおかしくありません。私たちは、「ライト・ウォーリアー(光の戦士)」との気構えを心のどこかに持ちながら、日々押し寄せる政治的・社会的出来事について「正か邪か」厳しく審神(さにわ)しつつ、賢明に対処していくべきだと思われます。

「夜明け前が一番暗い」とよく言われますが、今は本当にその夜明け前だと思います。

 これはそのうち記事にもしようかな?と考えていたところですが、来年2015年は非常に厳しい年、激動の変化の年になりそうだと予測しています。

 世界が、日本が厳しいということは私たちの生活・生存が一段と厳しくなる、ということに他なりません。がしかし、そこを「必ず良くなる」とポジティブに前向きに明るく捉えて来年1年を無事クリアーしていければ、と念願している年の瀬の今日この頃です。

投稿: 時遊人 | 2014年12月23日 (火) 00時35分

こんばんは♪お返事ありがとうございます。質問したいことあるかなーってちょっと考えてました。自遊人さん
なんていい人なんだと、本当コメント読んで思います(^o^)/
操作されてたとか。最悪な国ですね。
最近、船瀬さんのYouTubeで、ムサシ不正選挙
って言葉を知りました。
あの話飛ぶんですが、聞いてもいいですか?オカルト話なのかな?
あの何でこんなその悪い奴らがそんなことするかって、ロックフェラーとかも使われてるだけなんですよね?
前回のアトランティスが滅びた時に奇跡的に
生き残った人がいて、その人たちが神様に裏切られたとかで、恨みで自分たちが世界を世界するまで諦めないとかで、それに付き合わされてるってことなんでしょうか?
いや、こんなこと知ってもしょうがないのかも知れないけど、根本は何だろう?と思って。笑
世の中、くだらないじゃないですか。笑
馬鹿にするのはよくないけど、馬鹿げてるじゃないですか。

2015年恐いなー。私、東海でも東京でも巻き込まれます笑(((・・;)来なかったら感謝しなきゃ。
にしても、いつ来てもおかしくないしか考えてない人はどうしたらいいんだろう笑。見捨てたら、薄情何でしょうかね笑
もし地震きてもいつ来てもおかしくないしか言わなかったら、相当なアホじゃないですか。

最近、インディゴチルドレンって言葉を知って、結構当てはまるのでそうかな?なんて思ったりするんですよね。ま、そんなことはどうでもいいんですが、そう思うと楽しいんですよね(^o^)/でもカルマはそれなりに持ってると。
妬みがましかったり恨みがましかったので、魂レベルは高くないかと思います笑
そういえば子供の頃から、宇宙はどうなってるのか考えてたな(^-^ゞあと、自給自足憧れてたんですよね。日本じゃ無理と思ってましたが、これからはそういう方向で日本がなるなんて夢みたいです。
もう我慢の限界で、やりたいことやりたい。


こういう話が、出来るってホントありがたい。ありがとうございます。

キリストって伊勢神宮にいるんでしたっけ?あれ?日本人?ていうのは、びっくりでした。

投稿: 海 | 2014年12月29日 (月) 02時45分

海さん どうも!

>不正選挙など
 安倍自公政権が奪取したおととしの「12・16総選挙」以来、国政選挙では毎回大規模不正が行われてきたと見ていいようです。民主主義の根幹が腐っています。これで独裁体制を築いてきた安倍政権のすべての政策は無効であるはずですが、「1%富裕層」によってしっかり守られているため、どうしようもないのが現状です。
(参考)
『史上空前の大規模不正選挙』(これは、阿修羅掲示板に投稿され、珍しく各ランキングの1位を独占した記事)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-56a3.html

>アトランティスが滅びた時
 約1万2千年前のアトランティス滅亡に導いた邪悪な魂が、今の時代に大挙して転生してきているようです。彼らは世界中にいますが、特にアメリカに多くいるようです。
(参考)
『アトランティス文明とアメリカ』(2010年3月の記事ですが、手前味噌ながら当時はこんな良い記事を書いていたのか、と)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6d85.html

>2015年恐いな
 前回も触れたとおり、来年は、金融面、米ロなどの国際的緊張面、自然災害面などで世界的、国内的に相当深刻なダメージとなる出来事があるのかもしれません。そう予測している人もけっこういるようです。

 しかし、いたずらに恐がっていても仕方ありません。「良い事を思えば良い事が現われ、悪い事を思えば悪い言が現われる」のが、「引き寄せの法則」です。「明るくていい気分以上に大切なことはなにもない」とは、「引き寄せの法則」シリーズ中の一冊を貫くテーマです。これは日常のどんな場面にも当てはまることで、大変と思われる来年こそ、努めてポジティブな生き方を目指すべきだと思います。

>インディゴチルドレン
 と言うことは、海さん、けっこう若い方ですね(今度だいたいの年代でも教えていただければ・・・)。インディゴチルドレン、クリスタルチルドレン、スターチルドレンなどと言うことは別にしても。総じて今の若い人たちは、魂の格がだいぶ高そうです。

 中には、生まれた時からDNAが、現人類の二重螺旋ではなく、三重、四重螺旋という人たちもけっこういるといいます(ある程度年配の人にもいる)。こういう人たちはほとんど病気をしないか、してもすぐ直るそうです。

「闇の勢力」もそれらの人の強いパワーを知っていて、この人たちが本来の力を発揮できないようにあの手この手で封じ込めようとしています。各種ワクチンなどはその典型でしょうね。

 インディゴチルドレンと呼ばれるような人たちは、この地球世界のステージを上げるという特別な使命を帯びて転生してきているわけですから、この三次元世界の重い呪縛を振り切って本来の活躍をしていただきたいものですね。

 目覚めよ、若者たち。海さん、がんばれ!

と言うことで、今回の返信の終りとします。

投稿: 時遊人 | 2014年12月29日 (月) 14時41分

いつも丁寧なお返事すいません。
2年前から、大規模不正(((・・;)えぇぇぇ。汚いなぁ。バレたらとんでもない話ですが、くるってるんですね。
自分のコメント詠むと、なんか幼い文章に見えたりするんですが、若くないですね。
今年20代最後です笑(T_T)6カ月くらいしたら、30代に突入で恐ろしいです。結婚はまだです。

でも22くらいから、スピ系みたいなの勉強したいと思ってたんですが、周りもそんな人いないし、まだ若いのかな?とか思ってたんですが、30近くなったし思い切りやるぞーと(^-^ゞでも去年まで、何が分からないのかも分からなくて笑。困ってたんですが、こうやってブログで教えてくれる方がいて、本当にきっかけを貰いました(*^o^)/\(^-^*)

でもなんとか30迄に、なんとか賢くなって生きて生きたいんですが、ちょっと間に合わなそうですね笑。22くらいで、本物の教養も入ってたら最強ですけどね。自分は、若くても抜けてたら意味ないなーと思って生きてました。これからの方は出てくるんですかね。

何回もコメントすいません。しつこいですよね笑。でもやっと来年から、思い切り出来るかな?とワクワクしてます。が、自分がアホならどうしようもない。でも、頭の中はくそ真面目なところがあるので、これからは適当になろうと思います。

今年はどうもありがとうございました!
本当に感謝してます(*^^*)
とりあえずブログ何回も読み返して、勉強します。

投稿: 海 | 2014年12月30日 (火) 19時39分

海さん こんばんわ!

 いつも過分なお褒めに預かり、恐縮です。でも、真剣に求めている人には、こちらも真剣にお答えしないとと思い返信させていただいております。何か参考になることがあれば、幸いです。

 海さん、いわゆる「アラサー」ですか。なんとなくだいたいその年代くらい、いっても30代では?と思っていました。私などから見れば、十分お若いですよ。だって私の半分もまだ生きていないんですよ。うらやましいかぎりです(笑)。

「知恵の寺院」の扉は、忍耐とあくなき探求なくしては決して開かれることはない。

真理はくり返しによってのみ心の中に根づき、生長し成熟する。

 これらは十年近く前、ネットで見かけた言葉で、強く印象に残り、(「豊かさ」を目指しているわたくしめが)現在座右にしている『思考は現実化する』(きこ書房)の余白に書き込んでいるものです。

 本当に、スピリチュアルな英知(真理)というのは、おいそれとは自分の中にしっかりと根付いてはくれないんですよ。私の場合、今でも、頭でわかったつもりでもまったく実行・実践が伴っていない、などと反省することはざらですから。

 しかし「スピリチュアルな英知(真理)」こそは、すべてのすべてです。若い頃から学んでおけば、その時は理解できなくても、いずれ熟成して、「大空を飛ぶ鳥の眼」のような広い視野から理解できる時が必ず来ます。

「のろくても着実なのがレースに勝つ」と言う西洋の格言もありますが、うまずたゆまず、そして焦らず、自分の理解力のペースで一歩一歩着実に!

投稿: 時遊人 | 2014年12月31日 (水) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォレスタの「庭の千草」 | トップページ | 自公圧勝とは言っても改憲勢力後退で安倍は不機嫌らしい »