« 古賀茂明氏が発した「I am not Abe.」が大反響。亡国安倍一派を駆逐するまで言い続けよう。 | トップページ | いつから「有志連合」入り? まともに答えられない安倍政権 »

安倍を批判する者はテロリスト、とは恐れ入った。人間はそこまで退化できるのである。

-誰かの、「テロに屈しない」とオウム返しに言ってればいいんだから日本の総理はバカでも出来る、と言うようなツイートがあったがまったくそのとおりである。だが見逃してならないのは、安倍晋三のオウム返しによって2人の人質が処刑されたことである。さらに悪夢なのは、首切り魔ジハーディ・ジョンは後藤さん処刑動画で、安倍宛てに、「お前がこの戦争に参加するという愚かな決心をした。これから日本の悪夢が始まる」と話していることだ。(米国戦争屋ジャパンハンドラーによって不正選挙で再登板した)大迷惑野郎安倍によって、全国民が「テロの標的」にされてしまったのだ。「I am not Abe.」 、「安倍こそ日本最大のテロリストだ!」と叫ばなければおかしいのではないだろうか。 (大場光太郎・記)-


「安倍を批判する者はテロリスト、とは恐れ入った。人間はそこまで退化できるのである。:兵頭正俊氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo179/msg/401.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 2 月 04 日
http://sun.ap.teacup.com/souun/16560.html (元記事)
2015/2/5 晴耕雨読

https://twitter.com/hyodo_masatoshi

今回の安倍晋三の言動は、海外の日本を見る目を大きく変えた。

それはけっして、いいものではなかったようだ。

我を忘れる、というのが、安倍のキャラのひとつのようだ。

批判されると、相手が学生だろうとムキになる。

それがISISにたいしては、国益を損ね、邦人を危険に陥れることになった。

野党が(「生活の党と山本太郎となかまたち」を除いて)安倍批判を手控えたのも、安倍から真面目に救出する気を失わせ、政府の弛みを生んだ。

救出できなかった後で、いかに熱弁をふるっても後の祭りだ。

簡単に政府・メディアの作戦にだまされていた。

野党も、この国では特権階級なのだ。

安倍を批判する者はテロリスト、とは恐れ入った。

人間はそこまで退化できるのである。

問題は内容だ。

安倍批判の、何が、どのようにテロリズムなのか。

説明するがいい。

日本人は考えない民族である。

平時においても、わたしは様々な会議で、少しは考えろよ、という声が飛ぶ場面を多く見てきた。

戦争に向かう状況は、人間精神の退化する状況である。

そういう意味では、安倍晋三はふさわしいトップだ。

今回の事件では、自己責任だの、家族へのバッシングが、海外の耳目を集めた。

何と冷たい、異様な国かということだ。

そういえば、今の子どもたちは、「ごめん」という言葉を挨拶代わりに使う。

米国軍産複合体・イスラエル・国際金融資本・ISIS、パシリの安倍晋三。

これがセットになって、日本人の恐怖を煽る。

目的は日本を中東参戦に巻き込んでの金儲け。

「テロとの対決」の正体は「米国との対決」である。

それで、安倍にはメディア対策が重要になる。

せいぜいおバカ国民をだますしかない。

処刑の残酷動画・写真。

これの拡散こそ、米国軍産複合体・イスラエル・国際金融資本・ISIS・パシリの安倍の狙いだ。

恐怖の拡散が、ISISへの反発に繋がり、中東参戦を生む。

これはやめた方がいい。

それにご遺族の気持ちも考えるべきだ。

拡散された動画・写真は、子どものいじめに繋がる。

安倍晋三が早々と「身の代金は払わない」「テロリストとは交渉しない」と単純にいってしまったことが、ふたりの死を生んだ。

ヨーロッパのような知力が安倍にはなかった。

10億(交渉で数億になっただろう)で湯川遥菜を取り返せば、その後の悲劇はなかったのである。

しかもISISとルートができた。

日本はテロのターゲットになった。

これが安倍が中東歴訪でやったことである。

考えてもみよ。

かれが中東に行くまでは、湯川も後藤も処刑されることもなく、国民がターゲットにされることもなかったのである。

安倍は、中東参戦のためにISISの恐怖を作る必要があったのである。

後藤健二の細君は、12月2日(衆議院総選挙の告示日)に夫の拘束をISISからのメールで知った。

それを知った外務省は、後藤の細君に、卑劣にも公表の口止めをしていた。

投票(12月14日)に影響が出ることを怖れたためだ。

官僚が、支配下の自民党の勝利を願っていたことがわかる。 (転載終り)

|

« 古賀茂明氏が発した「I am not Abe.」が大反響。亡国安倍一派を駆逐するまで言い続けよう。 | トップページ | いつから「有志連合」入り? まともに答えられない安倍政権 »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。