« 【自民党ダッチロールの始まり】~安倍首相、夏前退陣の声も~ | トップページ | 例の記事で『宇宙への旅立ち』サイトを英情報機関「M15」がマークか? »

爬虫類英国王族から喰われる前にバッキンガム宮殿から裸で逃げる若い男

-今噂の『宇宙への旅立ち』さんサイトで興味深い記事を見つけたので転載する。英ウィリアム王子が来日し、被災地福島などを視察し、レプティリアン同類の安倍晋三は人気便乗で同行したらしいが、共に白々しいパフォーマンスである。訪問した先々で愛想笑いをふりまく王子だが、宮殿に戻ると祖母のババザベスや父のチャールズなどと幼児・若者を生きたまま切り裂き、血をすすり合い、その肉を奪い合っているのだ。ところでババザベスはローマ前法王と共に、カナダ人原住民児童数万人虐殺容疑で国際慣習法裁判所から逮捕状が出ているのに、性懲りもなく今でもおぞましいサバト(魔宴)を続けているらしい。というか、やめられないのだ。アル・ゴアが文末に出てくるが、そのほかにもキッシンジャー、ブレジンスキーらも若い頃血と肉のとりこになり病みつき常習者となったように。しかし光が強まっている今、つい最近アノニマスが英国の幼児性愛者リストを公開したように、悪事はどんどん暴かれ、「奴ら」は遅かれ早かれ地球から去って行かざるを得なくなることだろう。手下の安倍晋三一派よ、お前たちだって無傷では済まされないが、さあどうする!? (大場光太郎・記)-


イギリス 爬虫類王族から喰われる前にバッキンガム宮殿から裸で逃げる若い男
『宇宙への旅立ち』
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/02/blog-post_26.html

 

0_1c


バッキングハム宮殿の最上階から裸で脱出しようとしている若者。そして転落。よっぽど命がけで宮殿から脱出しようとしているのが分かる。

人喰いレプティリアンであるイギリス王族にレイプされ、殺され、食べられるか
それとも転落してでも、命がけで宮殿の最上階から脱出するか。
彼の選択は、この2つだけだった。そして、彼は命がけで脱出を試みたが転落してしまった。
彼の転落した場所は、見たところ、かなりの高所みたいなので、死んだか、重傷を負ったか、無傷だったかは定かでは無い。
彼の居たバッキングハム宮殿の最上階は、王族達の食料となる若者達の拉致されているフロアになっている模様だ。
ディビッド・アイクなどにより、最近、イギリス爬虫類王族の正体がバレてきている。彼等は子供達や青少年達を拉致し、彼等の城でレイプし、拷問し、食べている事が、明るみに成ってきている。きっと、この青年も裸にされ、レイプされ、食べられてしまうところだったのだろう。

この青年の無事を祈るばかりである。


イギリス王族は、世界中の孤児院のビジネスを幅広くしており、そういった孤児院から、彼等の食料となる子供達や青少年を、彼等の城に連れてきて、レイプ、拷問、殺人、そして生血を飲んで人肉を貪っているらしい。

ダイアナ妃が、彼女のカウンセラーに語ったイギリス王族の実態は、残酷そのものだったらしい。ダイアナ妃は、エリザベス女王と、彼女の息子達が、2人の青年達を食べたのを目撃したという。彼等は体のどのパーツを食べるかで、猛獣の様に争って食べていたという。
殺す前に、レイプそして拷問をするのは、そうする事により、犠牲者が恐怖を感じ、犠牲者の血にアドレナリンが放出されるのである。そのアドレナリンがレプティリアン達をクレージーにするらしい。
アレックス・ジョーンズによると、米国副大統領だったアル・ゴアは、常時、アドレナリン入りの血が入った水筒を持ち歩いていたという。 (転載終り)

関連記事
『エリザベス女王・ローマ法王ら、子供数万人虐殺罪で実刑判決』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-8254.html

|
|

« 【自民党ダッチロールの始まり】~安倍首相、夏前退陣の声も~ | トップページ | 例の記事で『宇宙への旅立ち』サイトを英情報機関「M15」がマークか? »

レプティリアン&ドラコニアン」カテゴリの記事

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつもブログありがとうございます。
あの、私誰かに聞こうと思ってたんですが、宇宙への旅立ちさんてどうなんでしょうか笑

私も前見てたんですが、日月神示否定、ヒカルランド否定、天下泰平さんのブログあっち系とか、天皇陛下も否定、テレビの芸能人も色々書いてたり。
見てて。?????????ってなりません?笑
じゃあ何ならいいの?ってのは書いてない。
江原さんは褒めてた。

でも黄金の金球しらないかってブログの方がキチガイって書いてて、
確かにそうだよなと思って見るの止めたんですよね。CIAの工作員だとか。

でもその映像見ると、ああ本当なんだな怖いと思いました。
その映像ヤバイですね。裸で逃げてる(((・・;)

私どっかでエリザベス女王、人間食べてるとか本当かよ?って思ってたんですが、本当なんですね。

でもその宇宙への旅立ちさん、美智子様もとか書いてなかったですか?
だから、は?とか思って。


この宇宙への旅立ちさんていったいどうやってみればいいんでしょうかね。
あんまり信じすぎてもいけないけど、たまにはいいこと言ってるって見ればいいんでしょうかね。

なんかヒカルランドの本せっかくいっぱい集めたのになーとか思いまして。

投稿: 海 | 2015年3月 2日 (月) 18時28分

海さん。こんばんわ。

 早速本題ですがー。

『宇宙への旅立ち』さんは、後藤さん殺害関連記事で述べたとおり、その関連で初めて知ったブログであり、以前のは全削除されてしまったわけなので、私としては良し悪しの判断のしようがありません。

 ただ人質事件やレプティリアンに対する捉え方は私としては大いに共感でき(追求がなにせ半端ない!)、それにもう一つ共鳴しているのは、『宇宙への旅立ち』さんは、「銀河連邦」情報に立脚しているように思われるところです。これについては、いずれ同情報を当ブログでも取り上げたいと考えています。

 海さんは多分『黄金の金玉』さん読んでるな、と踏んでいましたが、やっぱり。私は時折りのぞくくらいですが・・・。ヒカルの対談本も買って読みましたが、あちらはかなり「神がかり」系のお人ですから、取捨選択は余計に難しいですよね。読者はともすれば信者のように、「神のお告げ」と捉えかねないと思いますから。

 私もかつてはスピリチュアル関係の本をどっさり買い込み、都内など、あっちこっちのセミナーなどにも高い金出して出席しましたよ。しかしウン百万投資した割には(今思えばずいぶん余裕があったものだ)、結局「オレが求めているのはこれだ!」という人や組織はなかなか見つからず、かえって頭と心と魂が混乱するような事もなきにしもあらずでした。

『日月神示』否定は意外ですね。日月と銀河連邦は親和力があると思うのですが。ただ天皇家は選択が難しいです。いずれ記事にしますが、特に明治天皇以降は。知らない人が読んだら「えっ!」とびっくりするような驚愕の事実があるんですよ、これが。

 いずれにせよ、旺盛な探究心は必要で、無駄にはならないと思います。試行錯誤して、少しずつ自分なりの価値基準や尺度が見えてきますから。結局、神や人やある宇宙存在がどう言ってたではなく、自分にとってその情報・メッセージが有用か否か、だと思います。

 今生きている現実にとって、それが生きた知恵として役立つかどうか、ということですね。今の自分にとって役に立たなければ、どんな立派な聖典でも今の時点では必要のないものなのです。

 なお、これは最近コメントされる方どなたにも言っていることですが、諸般の都合により、今後は原則私の返信はしない方向に致しましたので、あしからずご了承ください。

投稿: 時遊人 | 2015年3月 3日 (火) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【自民党ダッチロールの始まり】~安倍首相、夏前退陣の声も~ | トップページ | 例の記事で『宇宙への旅立ち』サイトを英情報機関「M15」がマークか? »