« NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」 | トップページ | オバマがロシアへの限定核攻撃を命令したもののキャプテン・コールが命がけで阻止したらしい »

三原じゅん子“スケバン”参院議員の「八紘一宇で夜露死苦」が大波紋

-そりゃあ、金八先生シリーズでの三原じゅん子のツッパリスケバンぶりはさまになっていて私もファンでしたよ。しかし彼女の半生もいろいろあったようで、かつてのツッパリ娘も齢50、今では自民党の参院議員で「三原先生」の立場だからねぇ。自分の発する言葉へのアセスメント(影響評価)を事前にしっかりしてもらわないと。八紘一宇は戦前戦時中の大東亜共栄圏という侵略行為を正当化するためにこぞって使われた言葉だったわけだから。健全な民主社会ならこの発言だけで議員辞職ものなのに、不健全極まりない今の国内では社民、共産もメディアもダンマリらしいが、海外には間違いなく発信されるわけで、「アベノニッポンはやっぱり戦前回帰分子ウジャウジャで危険だ」と受け取られ、また一つ国益を損なうわけである。それにしても山谷えり子国家公安委員長は在特会と深い関係、高市早苗総務相はネオナチ団体幹部とツーショット写真、稲田朋美政調会長は「安倍総理の言葉は神の言葉」発言、政権外に広げると長谷川三千子、金美齢、曽野綾子らの問題発言などなど、ノータリン安倍を取り巻く女たちは揃いも揃って「女愚連隊」の様相である。-

41096_2
【余談】
 上の画像は核心を衝いたなかなかいい風刺画で、各人つかの間でも眺めて自由に楽しまれればいいと思います。

 私はこれを見ながら、例の安倍総理の「にっきょうそ、にっきょうそ」ヤジの時の、民主党議員と安倍との後日の質疑応酬の動画を見た際、画面に閣僚たちの顔が何度か映し出されたのを思い出しました。それを見て感じたのですが、安倍はじめ麻生、菅、石破、大田、下村らの「面相」がとにかく良くないのです。良くないというより、はっきり言って気持ち悪くなるような悪相だと感じました。

 こんな連中に国政の中枢を任せていて本当にいいのだろうか。私と似たような感じを持つ国民視聴者もけっこういるのでしょう。2カ月ほど前の阿修羅記事に以下のようなコメント(一部)がありました。

安倍が映るといつも悪魔を感じて身震いする
ちょっと霊感が強い体質なので (引用終り)

 おそらく「悪魔憑き」は安倍ひとりじゃありませんね。閣僚全部、いや自民党・公明党議員全員の早急な大修祓、大除霊、大エクソシストが必要です。 (大場光太郎・記)


アメリカにすり寄る安倍政権に「八紘一宇」を説く愚 田中良紹
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/678.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 19 日 00:05:05
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tanakayoshitsugu/20150318-00043976/ (元記事)
2015年3月18日 22時12分 田中良紹 | ジャーナリスト

国会は参議院予算委員会の基本的質疑が終わったところだが、補助金交付企業から献金を受けて辞任した西川前農水大臣をはじめ、「税金の還流」を疑われる安倍総理以下閣僚の面々は「知らなければ違法ではない」と開き直り、いまだに全く「説明責任」は果たされていない。

アベノミクスや安保法制を巡る議論も堂々巡りを繰り返し、春めく季節のせいか眠気を誘う国会質疑が続いてきた。ところが16日に突如として眠気を吹き飛ばす発言があった。基本的質疑で自民党の三原じゅん子参議院議員が安倍総理に「八紘一宇」を世界に広めよと迫ったのである。

「八紘一宇」は戦前の日本がアジア侵略を正当化するために使ったスローガンとして、日本を占領したGHQが公文書に使用する事を禁じたいわくつきの言葉である。それを三原議員は「グローバル資本主義」に対抗するための「日本建国以来の大切な価値観」と紹介し、2年前「ナチスのやり口を学んだらどうかね」と発言した麻生副総理と安倍総理に考えを質した。

戦後70年に当たり安倍総理の歴史認識が問われる時期に、自民党の中から「八紘一宇」が肯定的に取り上げられた事で、背景に何があるのかを探りたい気持ちになった。しかしその後の展開はさっぱりだ。麻生副総理は戦争を知らない世代が「八紘一宇」を評価している事に「驚いた」と発言し、安倍総理は「八紘一宇」に全く言及しなかった。ウラがあるような話ではないようだ。

そもそも「八紘一宇」は軍部に利用された事で「侵略」を正当化するスローガンとみなされるが、元は大正期に日蓮宗の僧侶であった田中智学が創設した宗教団体「国柱会」のスローガンである。「世界を一つの家のようにする」意味だが、田中によれば「国家も民族も領土も人種もそれぞれがそのまま特色を発揮しながら世界が一つの生命体になること」と解説されている。「侵略」を肯定するものではない。

「国柱会」の信者には詩人の宮沢賢治や軍人の石原莞爾がいて、その石原が1931年に起こした満州事変が日本の侵略戦争の始まりとされる。では石原が満州事変を起こした理由とは何か。直前の1929年にアメリカ発の大恐慌で世界は失業と貧困に苦しんでいた。資本主義経済は破綻の危機に瀕していた。

その前の第一次大戦で日本は戦勝国となり英米と肩を並べる大国の地位を得た。しかし一方で日本は資源のない「持たざる国」である。大恐慌が起こると「持てる国」は経済をブロック化して自己の利益を守ろうとする。そして「持たざる国」日本はそこから締め出された。日本は「持てる国」を目指すようになる。それが満州事変を引き起こした理由だが、「国柱会」信者の石原は日本が満州国を支配するのではなく「五族協和(満州人、日本人、漢人、朝鮮人、蒙古人が共生する)」を目指した。

さらに石原は満州で資本主義に代わる経済体制を作ろうとした。ソ連留学の経験がある満鉄調査部の宮崎正義に計画経済の青写真づくりを委ねる。それが「革新官僚」と呼ばれる国内の官僚たちに引き継がれ、年功賃金や終身雇用など独特の制度を生み出した。そしてこの「日本株式会社」と呼ばれる経済構造が戦後に日本を高度経済成長させる原動力となる。

ちなみに「革新官僚」の中に戦後社会党の理論的支柱となる和田博雄や勝間田清一、また自民党の中心となる岸信介や椎名悦三郎がいる。つまり自民党と社会党にはルーツが同じ政治家がいて、それが対立と協調を繰り返しながら、アメリカの要求をかわす政治術を駆使してきた。

「八紘一宇」のスローガンを作った「国柱会」の田中智学は戦争に反対した。石原も日中戦争に反対して東条英機と衝突し軍の中枢から左遷された。そして日本は無謀な戦争に突入する。一方で「八紘一宇」は軍部に利用され日中戦争が始まる昭和12年に国民精神総動員のスローガンとして、また大東亜共栄圏の建設と結び付けられ、国民を戦争に駆り出す役目を果たした。

そのため戦後はGHQが軍国主義を連想させるとして公文書に使うことを禁じ、また自民党の政治家も日本を過ちに導いた言葉として批判してきた。それが戦後70年の節目の年に突如として「日本の大切な価値観」として国会の論戦に登場したのである。

三原議員がどれほど「八紘一宇」を理解しているのか知らないが、それを持ち出したのはグローバル企業の納税回避を批判するためであった。グローバル企業はある国で利益を上げてもその国に税金を支払わない仕組みを作る。それを阻止するために「八紘一宇」の精神を世界に提案しろと安倍総理に訴えたのだ。

弱肉強食の国際社会がそんな精神論に耳を貸すはずはなく、日本のイメージダウンになるだけの話だと思うが、それよりも安倍政権が何を目指し、何をやろうとしているのかを吟味すれば、この政権がグローバル資本主義を拒否できる政権と考える事の方がおかしい。

冷戦後、グローバル資本主義を推進してきたのはアメリカである。平等主義を排し「頑張る者が報われる社会」を理想として弱肉強食を是認してきた。競争こそがアメリカ的価値観の土台である。そのためには常に格差を創り出す。格差のない平等社会に競争心が生まれる筈はないからだ。

21世紀はその価値観を国際社会に広げ、さらに競争の場を宇宙にまで広げて、限りなき競争原理の追及をアメリカは考えている。そのためにそれぞれの国家や民族が持つ固有の価値観をアメリカ的価値観に転換させる事を「改革」と呼ばせるようにしている。宮沢政権から小泉政権を経て麻生政権まで日本は「年次改革要望書」を突きつけられて「改革」を迫られた。

そして今TPPによる国家改造が突き付けられている。三原議員が「八紘一宇」を「日本の大切な価値観」と考えるなら、それは「競争社会」ではなく「共生社会」を目指そうと考えている事になる。しかし安倍政権のどこに「共生社会」を目指す政策があるだろう。ひたすらアメリカにすり寄る事で延命しようとする安倍政権は「八紘一宇」とは真逆の価値観を目指している。

三原議員がやるべき事はアメリカの要求に屈しない手練手管を持ち、「競争社会」ではなく「共生社会」を目指す政治家を自民党の総裁選挙に擁立し、安倍総理を交代させる事ではないか。

田中良紹
ジャーナリスト
「1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、日米摩擦、自民党などを取材。89年 米国の政治専門テレビ局C-SPANの配給権を取得し(株)シー・ネットを設立。日本に米国議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年からCS放送で「国会TV」を放送。07年退職し現在はブログを執筆しながら政治塾を主宰」 (転載終り)


「八紘一宇」をブログで解説…三原議員に警戒強める国際社会(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/652.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 3 月 18 日 15:21:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158190 (元記事)
2015年3月18日 日刊ゲンダイ

41142
「教育勅語の復活」を言い出すのも時間の問題(C)日刊ゲンダイ

 こういうオソマツな議員ばかりだから、国際社会が安倍政権に警戒感を抱くのだ。参院予算委で、自民党女性局長の三原じゅん子議員(50)の口から出た「八紘一宇」発言。一昔前の国会なら大騒ぎだが、今は国会はもちろん、大新聞・テレビもなぜかスルーだ。

 三原議員は17日のブログでも〈八紘一宇というのは、「日本書紀」において、初代神武天皇が即位の折りに「掩八紘而爲宇」(あまのしたおおひていえとなさむ)とおっしゃったことに由来する言葉です〉と書いている。あくまで、日本が先の侵略戦争を正当化するために使ったスローガンと認めたくないのだろう。

 しかし、国際社会の見方は違う。日本と同様に戦争に突き進んだドイツが掲げた「ゲルマン民族の優越性」と並び、右傾化した国家主義を表す言葉だ。くしくも、7年ぶりに訪日したメルケル独首相が安倍政権の右傾化を牽制する発言をしていたが、三原議員の耳にはナ~ンも届いていなかったのだ。立正大教授の金子勝氏(憲法)もこう言う。

「戦前の軍国主義を肯定する言葉を国会で、しかも女性議員が発したことに驚きます。国際社会から見れば、日本の政権は首相だけでなく、女性議員も好戦的なのか、と映るでしょう。ますます世界から孤立しますよ」

 歴史修正主義のタカ派政権だから、過去を顧みないのだろうが、「八紘一宇」は過去の国会でも度々、取り上げられ、問題視されてきた。例えば、82年3月の参院文教委員会では、社会党の本岡昭次議員が三原議員のような見解に対し真っ向から反論していた。

〈八紘一宇なんていうのはね、字引を見ても「太平洋戦争期におけるわが国の海外進出を正当化するために用いた標語」だ。(略)八紘一字というようなものがどんどん前へ出ていってそれが真の平和主義だと、(略)民主主義とか、自由主義とか言ったら八紘一宇精神によって断罪された時代があったんですよね〉

 タダでさえ「戦前回帰」の動きが目立つ安倍政権だ。下村文科相が「道徳の教科化」を声高に叫ぶ姿を見ていると、三原議員は次に「教育勅語の復活」を口にするんじゃないか。 (転載終り)

|

« NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」 | トップページ | オバマがロシアへの限定核攻撃を命令したもののキャプテン・コールが命がけで阻止したらしい »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」 | トップページ | オバマがロシアへの限定核攻撃を命令したもののキャプテン・コールが命がけで阻止したらしい »