« フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来!? | トップページ | 安倍操縦に失敗・国際孤立で日本財閥失墜 »

福島原発がいよいよ危機的状況になれば海外への民族大移動も有りか

-直前記事も飯山一郎氏サイトの転載記事だったが、飯山氏のお名前を間違えてしまいお詫びと訂正をさせていただいた。今回はさらなるお詫びの意をこめて再度飯山一郎氏サイトの2記事を転載させていただく。と言うことばかりではなく、私自身が福島原発から300キロの首都圏周縁部に居住しており、放射能汚染を直接間接に受けやすい地域であることから無関心では済まされないのである。一方では「まだ地下再臨界には至っていない」と主張するサイトもある中、飯山氏の主張はやや極端すぎると捉えられるかとも思うが、いずれにせよ福一では今ただならぬ事態が進行中であることは間違いないようである。そしてこの深刻な事態を食い止める能力・英知は、日本政府や原子力専門機関を初めとした国内のどこにもなさそうだ。それのみか彼らは国民に福一の真相すらロクに知らせようともしないのだ。ならば私たちは余計、より「危険側」の情報も視野に入れて自己判断していくことが賢明な対応と言えるのではないだろうか。以下転載記事の中には海外への民族大移動の話も出てくるが、私自身はどんな事態に立ち至ってもこの「黄金龍神列島」の磁場は立ち去りがたく、いっそ真下の空洞地球内部に入りたい希望なのだが・・・。 (大場光太郎・記)-

関連記事
『フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来!?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-096c.html
『3号機が即発臨界による低レベル核爆発というのは今や常識~それが地下で起こる可能性も!?(wantonのブログ)』
http://ameblo.jp/64152966/entry-12015254966.html
『日本列島御神体論』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-e2a8.html


(参考)ジョン・タイター予言に基づく「2020年日本地図」
874_3


飯山一郎LittleHP
http://grnba.com/iiyama/


2015/04/16(木)  日本:死を自覚できないゾンビ

引導を渡す導師がいない!

935


日本国は…、中央部の福島に4個の悪性ガン、周辺部にも50個の転移が見られ、末期症状を呈している。こうなると臨終が近い。

それなのに、
隣国と戦争しようとしたり、オリンピックを主催しようとしたり、選挙で政治を良くしよう!と妄想したり、不正選挙だ!と騒いでみたり…、臨終が近い末期患者であることを、まるで自覚できてない。

全身にガンが転移しているのに…、腹部にできたオデキを治そう! このオデキが治れば病気も良くなる!と、必死に軟膏を塗る…。

この愚かなオデキ治療と、不正選挙を告発する運動は似ている。

これで、「選挙運動などヤルな!」とか、「不正選挙を告発する運動などはヤっても無駄!」 などと鷲が言ってきた意味がお分かりと思う。

とにかく、今となっては全てが手遅れ!

こうなったら、一人ひとりが病気にならないように免疫力をつけて「自己保身」するっきゃない!

ブログサイトのアクセス数を上げるのは簡単だ。
安倍晋三や自民党の政治家を徹底的に叩けば…、ついでに中国や韓国の悪口を憎しみを込めて書けば…、アクセス数は上がる。

しかし鷲は、国内政治を論じたり、政治家批判をすることは、しない。
いま、日本の政治は完璧に無力だし、国会議員が総入れ替えになっても…、フクシマの地下での連日の水蒸気爆発は絶対に収束できないからだ。

最大問題は…、国家社会がどうなろうとも、一人一人が今後、どう生きていったら良いのか? である。

それには…、今後、日本列島がどうなるか? このことを、推測しておかねばならない。

よって、本日は、大胆な推測を書いておきたい。
(危機管理の法則上…、最悪の事態を想定して書く。)

先ず…、
現在において最悪の問題は、中性子線を出す核種が超微粒子(ホットパーティクル)となって日本列島全域に拡散していることだ。

この原因は地下に沈みつつある超高熱デブリだ。

そして、この最悪の問題は、今後ますます深刻化してゆく…。

この結末は…、
日本人の大量死が予想を超える早さで顕現してくることだ。

この4年間に何の対策もせずに脳天気な生活をしてきて、免疫力が落ちている人たちが大量に死んでゆく…。

この大量死は、東京オリンピックのはるか前に来る。死者は、早ければ今年末から一気に増えてくる。

このことは首都圏の諸所で不穏な騒ぎが起こったり…、異常な雰囲気になるので分かる。

死者が1ヶ月に数万人のオーダーを超えた段階で、国家の統治機能が極端に劣化する。統治・統率が効かなくなるのだ。

当然、社会機能(交通機関や流通や医療やライフライン)も麻痺しはじめる。

そうなった段階で、国際社会が動き始める。日本を国際管理下に置くアジェンダが決定され、発表される。

フクシマ発の凶悪な放射性水蒸気が、この夏の巻風で、韓国・北朝鮮や中国、ロシアにも到達するので、この4国、とくに中露の発言権が大きくなり、「日本・国際統治」の主導国は、中露になるだろう。

“日本”(=死を自覚できないゾンビ)に「臨終!」を告げ、引導を渡す導師役は、プーチンと習近平とオバマが引き受けるだろう。

そうして、「日本・国際統治」のスタートは、「人道的な見地から」ということで、「集団移民」から始まる。

第一次の移民先は、バイカル湖周辺と中国の砂漠都市・オルドスになるだろう。

天皇陛下が、
「堪え難きを堪え、忍び難きを忍びて、大陸への移住を…」と玉音放送で話されると、移住・移民の希望者が各地の空港に殺到し、中露が派遣してきた旅客機に乗り込んでゆく…。

われわれは、日本民族の先祖・ツングース族が、はるか古代に生息していた「故郷の地(シベリア)」に帰るのである。

さて…、
現在の最大の問題は、フクイチの地下で連発している水蒸気爆発と、放射性水蒸気の全国的な拡散だが…、現在は、風向きが悪い。悪すぎる。

偏西風が吹く時期まで、あと半年! 放射能ゼロ空間で出来るだけ長い時間を過ごしながら、外出時は必ずマスクを着用し…、なんとしても免疫力アップを最優先して、健康第一の生活を送って下さい!
飯山 一郎


2015/04/18(土)2  東京には空が無い

とうとう来たか? 「核の冬」


589
今朝、東京・港区に住む友人から電話があった。
「きょうの東京は快晴のはずなのに、どんよりと重い空です。」

文京区に住むファンからも電話があった。
「空間線量が、0.5マイクロを超えてます。」

ラインのメッセージには、
「埼玉県志木市の空間線量。.3.1マイクロ。平常時0.06マイクロ。5倍。高いです。」

志布志市も市街地は、0.13μSv/hから下がらなくなった。

日本だけではない。
アメリカ西海岸に設置されている有料の線量計でも、スパイク(突発的な異常に高い線量)が記録されたという。その線量計には、非常に高い値が3月後半から断続的に出ているという。

東電福島産の放射能雲(プルーム)や、濃密な放射性水蒸気塊は、アメリカだけなく、韓国・北朝鮮・ロシア・中国にも飛んで行った…。

とくに1ヶ月前からの異常線量と、その原因である地下のデブリの再臨界による超高熱の詳細な情報を、中・露・米の中枢部は正確に把握している。

問題は…、
急速に悪化する東電福島発の放射性水蒸気塊の降下(フォールアウト)によって、甚大な放射性障害が勃発する時期程度である。

もし、フォールアウト(放射性降下物、放射性物質を含んだ塵、死の灰)による死者が数十万/月を超えてくるなら、日本政府の統治能力は失墜し、日本のメデイアも混乱を招来する報道しかできず、医療も崩壊し…、日本という国家社会はカオス(無秩序)状態になる…。

こうなったとき、日本は国際的な管理下に置かれることになる。

この日本統治の主体と方法とアジェンダについては、すでに中・露・米・英・独・仏など主要国が、摺り合わせの方法も含め、幾通りかのシナリオを内密理に作成している。

もっと大きな問題は、地球の将来である。
すなわち、東電福島が噴出する放射性水蒸気塊が世界中に拡散すると、世界の人口資源の大損失になり…、さらに地下のデブリが大規模な核爆発を起こそうものなら、世界は壊滅的な大災厄に見舞われて…、破滅!

この「世界破滅」を招来しかねない大問題を、世界は絶対に放置できないし、しない!

さらに世界が放置できない大問題がある。

それは、日本列島の諸所の火山帯や活断層の近辺につくられた残り50基の老朽化した原発である。

この老朽化した50基の原発を放っておくと、20~30年後には障害が発生し、次々にメルトダウンしはじめ、日本列島全体がフクシマ化する!

この最悪事態も世界は絶対に解決しなければならない。
こうなった以上…
日本は…
日本国は…
日本民族は…
もてるもの全てを世界に差し出し…
日本統治者の指示を無条件で受け入れ…
ほそぼそと生を永らえていくほかはない…
百年後あたりには必ず“日本”を復興する!
という執念を ひそかに醸しながら…
飯山 一郎

|

« フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来!? | トップページ | 安倍操縦に失敗・国際孤立で日本財閥失墜 »

福島原発事故・原発問題」カテゴリの記事

コメント

福島第1原発では汚染水ダダ漏れどころか再臨界?かという昨今、“高レベル放射性廃棄物・廃液処理工場”“プルトニウム製造工場”の六ヶ所村再処理工場を巨大地震・津波が襲えば列島壊滅だ!
『第二のフクシマ、日本滅亡』(広瀬隆著、朝日新書)
「六ヶ所村再処理工場で立て続けに起こってきた危機一髪の事故 日本全土の原発から高レベル放射性廃棄物が集められてきた…工場内の巨大な3000トンプールが死の灰でほぼ満杯…死の灰とは別に高レベル放射性廃液がタンク貯蔵…この廃液は放射性物質とは危険性のレベルが全く違う…絶えず冷却し続けなければならない超危険な物体…津波による停電が起こればたちまち沸騰して爆発…世界で最も危険な工場…日本原燃は津波対策を全くとっていない…これほど危険な工場がなぜ閉鎖されないといえば、わが国唯一の高レベル放射性廃棄物の捨て場だからだ…以下略」

投稿: ただの通りすがり | 2015年4月24日 (金) 21時36分

ただの通りすがり 様

 貴重なコメントありがとうございます。

 直前の『マリリン・モンロー』記事へのコメントも拝読させていただきましたが、多方面において広範な情報に精通しておられるようで感服致しました。

 このネット時代、つい安直なネット情報の寄せ集めで事足れりとし、またその知識だけでつい知ったかぶりしてしまいがちですが、各分野においてしっかり体系だった正確な情報を得るには、やはり優れた書籍の読書が欠かせませんね。

 ご指摘の六ヶ所村再処理施設の件、確かにそうですよね。今なお激甚な被害をもたらし続けている福一原発関連から、つい54基の原発施設廃止だ、再稼動反対だとだけ声を挙げがちですが、実は高レベル廃棄物の最終処分の問題も大変深刻な問題だと思います。
 
 わらべ歌の「行きはよいよい帰りは恐い」ではないですが、原発導入は簡単でも、一朝このような事態に立ち至ってみますと、いざ廃炉しようにも高レベル放射性物質廃棄しようにも途方もない難事業となることを思い知らされます。

投稿: 時遊人 | 2015年4月24日 (金) 23時51分

時遊人 様
ただの通りすがり(ショボイ年金暮らしです)の、ただの“書籍の受け売り”に対し過分なるお褒めの言葉を頂戴いたし、恐縮します。
本サイト主催者を筆頭に各投稿人の、「自分の言葉」で自由自在に論陣を張る博識・博学に比べれば、この本にはこう書いてあった、あの本にはこう書いてあった・・・ただの“書籍の受け売り”など屁みたいなもんです(単なる乱読、雑読です)。

投稿: ただの通りすがり | 2015年4月25日 (土) 08時43分

 いやいや、「ショボイ年金暮らしです」とはご謙遜を。私のようにとうに年金該当者でありながら、事情により年金受給されない者からすれば、私の憧れる「高等遊民」で充分いらっしゃいます。

 今もっとも困ることの一つが、タイムリーに読みたい本がなかなか買えないことです。そこで仕方なく市立図書館を利用したり、今まで買い置きして積読状態の本を引っ張り出して読んでいます。今はプラトンの『饗宴』を、初めて、最後まで読むつもりで読み進めています。

 というわけで、「しがない生活者」の私は、これから横浜の会社に行かなければなりません。またお気軽にコメントされ、私及び読者の方々を啓蒙してください。

投稿: 時遊人 | 2015年4月25日 (土) 14時03分

カミサンの年金を合わせてもカツカツのショボクレにとって、“高等遊民”とはとんでもございやせん。マジで生保受けたい今日この頃です。“高等遊民”とは、公務員でも民間企業でも(自営業でも)定年まで全うしてソコソコの退職金もらって年金もソコソコもらって、生活にある程度余裕がある人種です。人生失敗者敗残者としては、残り少ない人生だけど、どうやってヤリクリして暮らすかという今日この頃です。
それより、単なる投稿屋から見れば、ブログ開設者は“自分の頭と言葉”を使って毎日ブログ更新という非常に手間がかかる地道な作業を何年も継続しているわけでして、凡人から見ると想像を絶するものがあります。しかも時遊人様のブログは、ギリシャ神話、名句、名曲、名詩、和歌、イルミナティ、所感、日本霊学、時事問題、近現代史、自然、遠野物語…とカテゴリーがビックリするほど多岐・多方面に渡り、凡人から見ると想像を絶するものがあります。
前置きが長くなり申し訳ありませんが、また投稿させて頂きます。何しろ“本の受け売り”というより“本(夕刊紙)の内容の転記・引用”しかできないもんですから、30年来購読中の日刊ゲンダイの記事を転記・引用して投稿とさせて頂きます。
日刊ゲンダイ4/25付
「GWは“旅行気分”安倍内閣13大臣が外遊に使う「血税7億円」 下村がフランス、トルコ、塩崎がドイツ、スイス、林がイタリア、イギリス…まるで“いい旅夢気分 欧州ツアー”だ…」→消費増税、復興増税、各種負担増、介護保険料強制天引き、アホノミクス(イカサマ異次元金融緩和で輸入物価高騰、大企業・富裕層優遇、庶民見殺し)で、“庶民はカツカツだんべな(またはカツカツだっぺよ)、これじゃ暮らしていげながんべな”(当方の地元の方言)という今日この頃です。
一方、安倍は手土産(TPP大幅譲歩、安保法制整備、辺野古移設強行)持参で宗主国に参勤交代外遊というふざけた話で、植草一秀ブログには「巨大国民犠牲で議会スピーチ券買い求める愚」と出てましたが、亡国、売国、国賊の最たるもんです。ところが支持率は相変わらず50%前後の高止まりでは、つまり愚民有権者がゴマンといる現状では、“どうしようもあんめな”(当方の地元の方言)という今日この頃です。
(以上だらだら長くて失礼しました)

投稿: ただの通りすがり | 2015年4月25日 (土) 21時29分

 たびたびのコメントありがとうございます。

 例の小泉・竹中によるユダ金米国大従属政策による新自由主義という弱肉強食政策以来、庶民の暮らしは冗談でなく苦しくなる一方ですね。止めが安倍・黒田によるアベノ“マヤカシノ”ミクスです。これによって格差社会は、もはや中世封建時代のような階級社会化してきつつあります。(「階級社会」は、五木寛之がおととしの『日刊ゲンダイ』名物コラムで唱えたことでしたが。)

 小泉・安倍という2人の清和会巨悪政治屋によって、かつての一億総中流など木っ端微塵に吹き飛ばされ、「我が家は豊かだ」と胸を張って言える人や家庭はほんの一握りになってしまいました。

 厚生労働省の幹部連中など霞ヶ関トップグループは、米ユダ金・イルミナティの意向を受けて「日本人口大削減」に同意し、国民に見えずらいところでそのための諸政策を密かに実行していると言います。それが事実なら、「日本がどんなことになっても自分たちは生き延びられる」という、鬼畜さながらの大基地外連中です。

 しかし、最近の当ブログ記事でもたびたび取り上げていますが、日本&世界を苦しめてきた米英イを中心とした、ユダ金、イルミナティ、ハザールなどと呼ばれる闇の勢力のパワーが衰えているとみられます。

 今は「光と闇の戦い」の最終局面なのかもしれません。「夜明け前が一番暗い」と言いますが、夜明けを信じて明るい時代の到来を心待ちにしたいものです。

 とついエラそうなことを述べましたが、今はまだ、まこと生き残りをかけたような過酷なサバイバル的社会状況ですから、ブログ更新もままならず、心苦しいながら、つい自前の記事ではなく安直によそ様の記事を転載し、それにちょろっと私のコメントを付すと言う形でお茶を濁しています。

 B・フルフォード情報などによりますと、「イルミナティ大量犯罪者リスト」に、ブッシュ、オバマ、ヒラリーなどとともに安倍晋三の名前も挙がっていると言いますから、これらの連中が一刻も早く逮捕されて、真性で全うに富が配分される日本&世界に早くなってもらいたいものです。

投稿: 時遊人 | 2015年4月26日 (日) 01時44分

安倍とか、本当学歴どうりのバカだよねw
アンダーアチーバーかとも考えたけど、スパイとしての演技でも無く、本当にパーなだけだったわwww

現在もそのパーが戦争向け国民招集に励んでるのに、ヤフコメとか、賛美の声でいっぱいで受けたわw
衆愚に対応するには、バカじゃないといけないのかもねw


>「イルミナティ大量犯罪者リスト」
これ読んで更に納得w 色々ウケるw それとも本当にみんなドンパチやりたいのだろうか???謎すぎw

投稿: R.R | 2015年5月 6日 (水) 15時11分

それから、青森は米軍基地ある上、原発廃棄物処分場の場所なので、東北〜関東一帯は全滅なので、その地図はちょっと甘いですね。あれでも甘い予測。

残るのは、北海道と沖縄だけになると思ってますよ。

ちなみに、原発汚染水は4年経過後の現在でも垂れ流し状態なので、太平洋全体が終了してますね。。。。

最近は魚介類も食べ無くなりました。まあ、水銀避けと思えばいいのかなあ。。。。苦笑

投稿: R.R | 2015年5月 6日 (水) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フクイチ発「トリチウム水蒸気雲」が東京に襲来!? | トップページ | 安倍操縦に失敗・国際孤立で日本財閥失墜 »