« ドイツ旅客機墜落は追い込まれた闇勢力による悪あがきテロである | トップページ | AIIB参加50カ国超。米国の退潮露呈し、中国完勝、アベノニッポン完敗 »

折り折りの短歌(4)

0392
(@niftyココログ提供ブログパーツ「日替わりにゃんこ」より)


大山の方辺(かたえ)に今し(いまし)沈む日の強く生きよとばかりの光


陽光にあまたの人ら行き交うもピカと光れる人やあるらん


夕刊紙一面「衆愚」の文字躍りホワイトデーチョコ店頭販売


「春ですよ」周りのすべてが告げているそんなうららの昼下がりかな


午後の空にわかに曇り春雷(しゅんらい)が轟(とどろ)き激し雨となりたる


小雀の群れがフェンスの上などで早春の舞い踊りたるかや


一本の大き桜にただ一つぱっと開ける蕾ありけり


わが心研ぎ澄まさせてさえおれば巷でさえも詩を汲まざらん


西方(にしかた)の大山影絵の如く在る夕べに近き春の刻(とき)かな


二三分は咲いていたるか遠近(おちこち)の桜眺めて遠く歩めり


大川の川州(かわす)の際(きわ)の鴨数羽何も想わずただ在りしのみ


哀愁の街かどうかは知らないが夜更けの街に霧が降るのだ  (※1)


「米国と世界激動の3月か」予測どおりのこの月終わる


満開の桜の間(ま)より仰ぐ月「♪私は一人になりました」 (※2)


咲き満ちし桜を愛(め)でる暇(いとま)なく少しの風に散り初(そ)むるとは


 (大場光太郎)


【注記】
※1 昭和30年代初めに『哀愁の街に霧が降る』という歌謡曲あり。そのもじりか、椎名誠に『哀愁の街に霧が降るのだ』というタイトルの小説あり。それをさらにもじったのが、この短歌です。ただし夜霧が出ていたのは事実です。
※2 唱歌『花かげ』の一節です。多くの人が歌っていて動画にもアップされています。中でも『島田祐子の「花かげ」』が私のもっとも“お気に入り”で、最近頻繁に聴いています。この名曲にこの名唱!
http://www.dailymotion.com/video/x2jh1v6

|

« ドイツ旅客機墜落は追い込まれた闇勢力による悪あがきテロである | トップページ | AIIB参加50カ国超。米国の退潮露呈し、中国完勝、アベノニッポン完敗 »

折り折りの短歌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。