« 『エコノミスト誌表紙の謎』記事をめぐる読者コメントなど | トップページ | 憲法記念日にあたって(小沢一郎氏談話) ~「憲法改正」を超えて復古的体制をめざす安倍政権~ »

国内メディア絶賛、その実笑いモノだった安倍米議会演説

-単なる儀礼に過ぎないスタンディングオベーションを捉えて、国内メディアは「大成功」一色報道のようだ。しかし実際たどたどしいアベノイングリッシュを聴かされた米議員の多くは内心失笑したのではないか。それに大騒ぎの国内メディアをよそに米国メディアは無関心状態である。そんな中アベノスピーチは変な意味で注目されることになった。ウォールストリートジャーナル紙が、議会演説時の原稿画像をスッパ抜いたのだ。そこには日本語で「顔を上げ、拍手促す」「次を強く」などと、官僚によるあんちょこが書き込まれていたから、さあ大変だ。国会あんちょこ答弁を米議会にそのまま持ち込み、それを国際配信されたのだ。国辱ものの安倍晋三ではないか!だから言わんこっちゃない。数兆円をばら撒いたATM外交、今年1月の人質殺害に直結した中東訪問そして今回の米国訪問。安倍を外に出すとロクなことはない。もういい加減、コヤツを座敷牢にでも閉じ込める必要があるのではないか。 (大場光太郎・記)-

101050
あんちょこペーパーも米メディアに報じられた(C)AP

安倍首相の演説が笑いモノに「8割の米議員わからず」の声も(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo184/msg/233.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 5 月 01 日 17:35:06
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159518
2015年5月1日 日刊ゲンダイ

 米上下両院合同会議で演説した安倍首相。日本のメディアは安倍首相の訪米を“大成功”と絶賛しているが、残念ながら、米メディアは、ほとんど関心を示していない。

 日米首脳会談が行われたのに、米主要紙の1面は、警察に拘束された黒人男性が死亡したボルティモア問題に充てられた。オバマ大統領との共同会見も、記者の質問はボルティモア情勢に集中。会見の約4分の1の時間が割かれ、オバマ大統領が「重要な問題なので」と安倍首相に釈明する場面もあった。

 日本メディアが「10回以上のスタンディングオベーションが起きた」と持ち上げている米上下両院での演説も、失笑の対象になっている。

 米メディアが安倍首相を笑いモノにしているのは、安倍首相が英語で書かれた原稿をひたすら棒読みしただけでなく、原稿に日本語で「顔を上げ、拍手促す」「次を強く」などと、あんちょこが書かれていたからだ。「ウォールストリート・ジャーナル」などが、あんちょこペーパーを大きく報じている。アメリカ人記者たちは、「まるで中学生の英語スピーチ大会だ」と笑い合っているそうだ。素直に日本語でやればよかったのだ。

 国際ジャーナリストの堀田佳男氏は言う。

「テレビで見ていましたが、リズムが悪すぎて意味がわかりませんでした。米議員の半分以上がスピーチを聞かずに、紙を見ていた。文節の切り方がおかしいし、リズムもない。単語ひとつひとつを明確にしようということなんでしょうが、8割の議員がわからなかったでしょう。安倍首相は演説で自らの留学のエピソードも入れていましたが、ただ恥ずかしいだけです」

 議員の中には途中退席する者もいたという。米議会では、スタンディングオベーションは習慣で、タイミングもあらかじめ決まっている。ありがたがっているのは、何も知らない日本のメディアと、おめでたい安倍首相だけだ。

 税金約1億円も使って、一体何をしに行ったのか。まだ、日本でおとなしくしてくれていたほうが、よっぽど国益のためになったのではないか。

Cd58ex_usaebojk

  fareast @psk337 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159518
原稿に日本語で「顔を上げ、拍手促す」「次を強く」などと、あんちょこが書かれていたからだ。WSJなどが、あんちょこペーパーを大きく報じている、税金約1億円も使って、一体何をしに行ったのか

|

« 『エコノミスト誌表紙の謎』記事をめぐる読者コメントなど | トップページ | 憲法記念日にあたって(小沢一郎氏談話) ~「憲法改正」を超えて復古的体制をめざす安倍政権~ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

>国内メディア絶賛、その実笑いモノだった安倍米議会演説・・・コヤツを座敷牢にでも閉じ込める必要があるのではないか。

まったく同感です。今回の訪米も税金湯水のように使った大名旅行で物見遊山見物の後、官僚作成あんちょこ演説、国会論争前に安保法制成立を他国で公約とは、世襲三代目GAKIゾー!オメーは何様のつもりだ!です。大体、世襲三代目GAKIゾーは税金使ったバラマキやって中国包囲網のつもりが、AIIB大盛況で逆包囲か?というアホぶりです。今度の訪米も、自衛隊を米軍下請けに差し出し、TPPで農業医療保険自動車…日本市場を国際ユダヤ資本に差し出し…と、売国の最たるもんです。
日刊ゲンダイ5/2付記事「こんな悪政のままでホントにいいのか、自分たちへの批判には異常なほど過剰反応し、庶民への増税や物価高には知らん顔、封建時代の王も驚く傲慢思い上がり悪辣さ、資産家は濡れてで粟という格差、防衛費を世界中にバラまいて自分(晋三)がデカい顔する、国民より自分のための政治…」
我々庶民からすれば、“この世襲三代目GAKIゾー!座敷牢にでも閉ずごめでやっかい?座敷牢からヌ度と出らんなぐすてやっぺな”(茨城栃木方面方言)という今日この頃です。

投稿: ただの通りすがり | 2015年5月 4日 (月) 10時03分

 おっしゃるとおりです。憲法否定、国民主権否定、議会制民主主義否定のこんな男の再登場を、事前に誰が予測できたでしょうか。再登場後のこの3年間で、この国の空気が一気に嫌な方向に変わってしまいました。戦後70年近くかけて築いてきた尊いものが音を立てて崩れていっている感じがします。

 岸家、安倍家は今や知る人ぞ知る長州「田布施システム」の出身です。これについてはいずれ取り上げるつもりですが、ここは悪名高い朝鮮出身者部落なのです。とは言っても、松岡洋右、川上肇、岸信介、宮本賢治、安倍晋太郎などそれなりに優秀な人材を輩出して来ましたが、三代目・晋三に至って出がらしのカスになってしまったということなのでしょう。

 毎度言うことですが、こんなノータリンがでかい面できるのも、旧財閥系を中心とした財界、そこを天下り先としている中央官僚群、そこから広告料を貰っている電通・大マスコミ+神社本庁、創価学会という巨大宗教組織がこぞってノータリンを支えているからですよね。

 それに今回ご機嫌取りにお伺いしたように、米国の後ろ盾が加わり磐石となるわけです。

 常識で判断すればかくも強大な安倍政権が簡単に倒れるはずはなく、かなりの長期政権となり、その間国民の願いとは真逆のヤバイ方向にこの国をどんどん持って行きそうな気配濃厚です。

 唯一の希望は、白龍会のB・フルフォードが、「安倍、お前はもう終わりだ。早く降参した方がいいよ。でないと、売国奴として逮捕され終身刑だよ」と言っていることです。

投稿: 時遊人 | 2015年5月 4日 (月) 13時42分

時遊人様は「田布施システム」についていずれ取り上げるつもりだそうだですが(今まで「田布施システム」という言葉は耳にしたことがあったんですが)、今回ネット検索(サイト名“田布施システムという闇”等多数)で驚愕事実がボロボロ出てきたのでビックリしている今日この頃です。
明治維新のドサクサ?に紛れた“明治天皇替え玉事件”、日本国内各層(政治経済社会)における在日朝鮮人の凄まじい増殖(在日朝鮮人支配)、小泉竹中改革下で起きた怪死事件など、「田布施システム」の解明なしでは、世襲三代目下痢ゾーの史上最悪独裁政治を含む混迷は解明できないのではないかと“独断”する今日この頃です。

投稿: ただの通りすがり | 2015年5月 5日 (火) 19時06分

 田布施システムは確かに、明治維新以降今日までこの日本を動かしてきた「陰の力」の一つと言えそうです。当時の田布施部落の下忍・伊藤博文や土佐脱藩浪士の坂本龍馬らに活動の場を与えたのはロスチャイルドマセソン商会、そして戦後背乗り朝鮮人の日本での暗躍を黙認したのはロックフェラーが権勢を奮いつつあった米国、すべて偽ユダヤの意図によるものと思われます。なお「田布施システム」についてこれ以上踏み込むのは今回は遠慮させていただきます。

投稿: 時遊人 | 2015年5月 5日 (火) 23時28分

ロックフェラー家はマラノだって話があるから、結局ロスチャイルドとのマッチポンプだったのかとおもったけどね。
だって、買収されたわけだし。

安倍とか本当パーだねwカンペ受けたわwブログ記事GJ!

ヤフコメの安倍絶賛がどうしても納得いかず、ここで漸く「常識」の中で一息つける感じW
それともみんな戦争参加したくて堪らないのかな?

投稿: R.R | 2015年5月 6日 (水) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『エコノミスト誌表紙の謎』記事をめぐる読者コメントなど | トップページ | 憲法記念日にあたって(小沢一郎氏談話) ~「憲法改正」を超えて復古的体制をめざす安倍政権~ »