« 1944年、世界の戦後体制を決めるブレトンウッズ会議に敵国の昭和天皇出席の怪 | トップページ | 国内メディア絶賛、その実笑いモノだった安倍米議会演説 »

『エコノミスト誌表紙の謎』記事をめぐる読者コメントなど

Economist_magazine_jan2015


 今回、『「2015エコノミスト誌」表紙の謎-「3・11」「5・11」に何かが起きる?』記事に、ハッピーポール様 、忍法無名様から貴重なコメントをいただきました。「問題の5月に突入」(?)したことでもあり、私のハッピーポール様 への返信も含めて以下に転載させていただき、末尾に私の総括的コメントを付させていただきます。

                       *
エコノミスト2015にマジシャンのDavid Blaineが居ますね。
彼は有名な魔術師です。
悪魔崇拝、黒魔術、悪魔召喚などに熱心な魔法使いであると睨んでいましたがこの並びの面子に起用されるところを見ると影響力はあながちまんざらでもありません。
他にも不明な人物がいますので気付いた人で共有していきたいですね。

投稿: ハッピーポール | 2015年4月29日 (水) 03時49分

ハッピーポール様

 貴重なコメントありがとうございます。なお、貴コメント投稿の発見が遅れましたことお詫び申し上げます。

 ご指摘の「マジシャンのDavid Blaine」、私は今まで知りませんでした。早速画像で調べましたが、エコノ誌画像で言えばプーチンのすぐ後ろの人物がそうでしょうか?悪魔崇拝の黒魔術師とのことですので、私も今後注視していきたいと思います。ありがとうございました。

投稿: 時遊人 | 2015年4月30日 (木) 01時46分

はい、仰る通りプーチンの後ろ辺りにいる人物です。
彼のパフォーマンスはYouTube等で見る事ができますがまず間違い無くサタニストだと思われます。
トップマジシャンは統べからく悪魔崇拝による魔術師であると思います。
彼等はタネのあるマジック、いわゆる手品とそうではない魔法的マジックを織り交ぜてパフォーマンスをします。
それ等魔法的マジックは異次元の力を利用したものや、秘術とされる魔術を利用したものです。
これは魔術師自身の何らかの部分を犠牲にする事で体得するとの事です。
悪魔と契約する、という言い方もされます。
そうすることで一般常識による不可能を可能にさせますので、とてつもないパワー、影響力を持ちます。
この裏パワーとも言える力がマジシャンの世界だけで利用されているならまだ可愛いものですが、同じ様な悪魔的な秘術は芸術界や経済界、政治の世界や法律の分野にまで渡って利用されているので、連中はあまりにも強大ですね。
はっきり言って現段階では勝ち目は無いだろうと思う程です。
こちらのブロクで発信されている様な情報がもっと浸透されることを祈るばかりです。

投稿: ハッピーポール | 2015年4月30日 (木) 07時47分

5.11警報動画が出来ました。

初めまして。
5.11警報動画が出来ました。
これは予め『デマ』だと前置きしているところがミソです。
下記に例文を示します。
是非、拡散宜しくお願いします。

★☆★☆【 緊急デマ情報・警報! 】★☆★☆
この情報はデマです。
デマ情報に惑わされないように、あらかじめ「デマ」だと
皆さんで知っておいて下さい!!

(エコノミスト日本語版表紙;日経BP社発行)
『9.11』、『3.11』。次は、『5.11』(5.11南海トラフ超巨大地震?)
http://youtu.be/zJ5fxNlhCIQ
首都圏巨大地震?安倍総理が失脚(または暗殺?)

以上の情報はデマです。

『9.11』,『3.11』,次は『5.11』?緊急デマ警報(Ver. 1)
http://youtu.be/zJ5fxNlhCIQ

投稿: 忍法無名 | 2015年4月30日 (木) 16時14分 (転載終わり)


【私のコメント】
 今回ハッピーポール様のご指摘があるまで、魔術師David Blaineのことも、ましてやこの人物がエコノ誌表紙に紛れ込んでいることも知りませんでした。David Blaine(以下「デビット・ブレイン」と表記)は米国の魔術師・奇術師とのことですが、おっしゃるとおりかなり有名であるようです。

Iuliwyu
(プーチンの後ろの男がデビット・ブレイン。右画像も?)

 それより何より、イルミナティ・エコノ誌が主要各国首脳の間にわざわざ忍ばせるくらいですから、ご指摘どおり「悪魔崇拝、黒魔術、悪魔召喚などに熱心な魔法使いである」に違いありません。

 実は私の最大の憧れの職業(?)が「魔術師」「錬金術師」なのです(永遠にムリムリ-笑)。

 無から有を生じさせるのが魔術だとすれば、空無(ボイド)から天地を創り宇宙や地上の自然万物をかく在らしめている「神こそ最大の魔術師」であり、本来の自然法則に則った魔法使いは善なる存在だと思われます。フリーメイソンやイルミナティにも「ホワイト」と「ブラック」の両方あると言われるとおり、要は目指すベクトルによって天と地ほどの違いとなるのでしょう。

 それでいけばモーセ、イエス、マーリン、アグリッパ、パラケルスス、ローゼンクロイツ、サンジェルマン伯爵などは自然魔術を超高度に極めた「白魔術師」なのでしょう。方や、黒イルミナティの創始者アダム・ヴァイスハウプト、「666の獣」を自称したアレスター・クローリー、ヒットラーそしてデビット・ブレインなどは「悪魔と契約する」ことによって邪悪なマジックパワーを得た「黒魔術師」ということになるのでしょうか。

 今回ハッピーポール様によってデビット・ブレインという黒魔術師の存在を知りました。が、現世界システムの頂点に君臨しているごく少数のスーパーエリートたちは全員、ロスチャイルドもエリザベスもローマ法王もベルンハルトも・・・、突き詰めれば人食い悪魔崇拝者たちであり、邪悪なオカルティストたちであり、黒魔術師たちであると言えそうです。

 この連中がNWO(New Wrold Order-新世界秩序)という美名のもと、その実は72億世界人類の大削減&家畜的人類最終支配を完成しようと企んでいるのです。そのアジェンダの一環が今年初示された「2015エコノミスト誌表紙」だというわけです。

 「ヤツら」は余裕綽々なのか、逆に追い詰められているのか。これについては両論あり予断を許しませんが、私としては「追い詰められている」と取りたいところです。つい最近のネパール地震も中国とインド急接近に楔を打ち込むために両国の緩衝地帯を狙った人工地震だという説がありますが、911や311以降とにかくヤツらの仕業はなりふり構わぬ荒っぽさで、ミエミエというかバレバレというか99%側の素人の私が見ても「またお前らだろ」の痛い感大有りです。

 ということでエコノミスト誌表紙についてです。
 これを元に自前の動画をYouTubeにアップされたのが、忍法無名様です。「是非、拡散宜しくお願いします。」とのことですが、当ブログにはあまり拡散力がないことをお断りした上で、せっかくですから当該動画を以下にアップさせていただきました。



 早速私も何度か視聴させていただきましたが、エコノ誌内容分析&イルミナティの概要がコンパクトにまとまっていて大変分かりやすい動画です。2分30秒ほどですから、これをお読みの方、何度もご視聴くださるよう私からもお勧めします。(※ その後忍法無名様から追伸で「増補改訂版」を出した旨のお知らせがありましたので、掲示動画はそちらに切り替えさせていただきました。動画時間;5分強)

Images4rrbt19a_2

 これに関連して、最近「5・22ぐちゃぐちゃ」説を紹介しましたが、私は知りませんでしたが、この説は既に3年前ネットで大騒ぎになったようで、今飛び出したものではないようです。『黄金の金玉を知らないか』という有名ブログに最近載ったのでつい飛びついてしまいましたが、その点「5・22関東大震災説」は割り引いて考えた方がいいのかもしれません。

 話は違いますが、あのロックフェラーのネットサイトというのがあり、その中に近未来に起きることを予測した内容が載っていました。その中に「2012年、パンデミックが世界的に広がる」と書かれてありました。これも「この年に鳥インフルエンザかの生物兵器によってパンデミックを起こして大勢の人類を死滅させるぞ」という彼らのアジェンダだったと思われますが、結果としてこの年パンデミックは起きませんでした。

 以前何かの記事で触れましたが、3・11は(もちろん激甚な被害でしたが)あんな被害で済まず、本当は続いて首都直下型大地震、富士山大噴火を起こして日本を壊滅させるのが彼らの当初の目論見だったと言われています。つまり彼らはしくじったのです。

 「悪魔の13血流」だか「レプティリアン」だか奥の院の実態はよく分からないものの、所詮彼らとて全能ではないのです。というより、シリア攻撃、ウクライナ攻撃、ISIL詐欺などなど、最近はズッコケてボロ出しまくりです。かと言って決して侮っていい相手ではありませんが、「5・11」も「ほれ見ろ、ヤツらまたズッコケたぞ」と、何事もなく過ぎてくれることが一番です。

 あっ、つい忘れるところでした。「安倍失脚または暗殺」の件。安倍晋三は所詮「彼ら」のパペットでパシリに過ぎません。失脚は大歓迎ですが、(どの組織の誰なのか?)暗殺して犬養毅のような美名を後世に残させるより、ノータリンの汚名のままボケ老人としてダラダラ余生を送らせる方がいいと思うんですがねぇ。 (大場光太郎・記)


関連記事
『「2015エコノミスト誌」表紙の謎-「3・11」「5・11」に何かが起きる?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-e425.html
『「5.22ぐちゃぐちゃ」 3.11前にそっくりになってきた?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/522-311-1f58.html

|

« 1944年、世界の戦後体制を決めるブレトンウッズ会議に敵国の昭和天皇出席の怪 | トップページ | 国内メディア絶賛、その実笑いモノだった安倍米議会演説 »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。早速ですが、
5.11警報動画の(官邸ドローン山本容疑者の帽子、
イルミナティの紹介など)情報追加版が出来ました。
これは予め『デマ』だと前置きしているところがミソです。
下記に例文を示します。
是非、拡散宜しくお願いします。


★☆★☆【 緊急デマ情報・警報! 】★☆★☆

『9.11』、『3.11』。次は、『5.11』
(5.11南海トラフ超巨大地震?が起こる)
https://youtu.be/bNZcjb_RcPI

というデマ情報に惑わされないように、あらかじめ「デマ」だと
皆さんで知っておいて下さい!
『9.11』,『3.11』,次は『5.11』?緊急デマ警報(Ver. 3)
https://youtu.be/bNZcjb_RcPI

投稿: 忍法無名 | 2015年5月 2日 (土) 14時35分

忍法無名様 追加版情報ありがとう御座います。先ほど視聴させていただきましたが、官邸ドローン事件容疑者の帽子に刻まれた「5・11」やビル・ケーツによるワクチン情報など、より具体的になっていますね。本記事にての掲示を新動画と差換えさせていただきましたのでご了承ください。

投稿: 時遊人 | 2015年5月 3日 (日) 00時09分

>ロックフェラーのネットサイトというのがあり、その中に近未来に起きることを予測した内容が載っていました。その中に「2012年、パンデミックが世界的に広がる」と書かれてありました

私もこれを所謂テレパシーで受診していたのですが、んー「鳥」じゃなくて「豚」だって見えたんですけどね。。。。
これだとユダヤっぽい(豚は不浄なので食べれない、食べる奴は豚だ、みたいな警告っぽいでしょ?)。

一方でロックフェラー家が首謀者だと見せかける為の騙し討ちかとも思うけど、ロスチャイルド家に買収されてるからね。。。
ただ、ロック系はマラノだって考えた方がしっくりくるかも。

それで、結局はWASPでもジューでもなくて「白人至上主義」なのかなって思うんですね。。。
頑張って追憶したり、熟考したけど、ロスチャイルド家でも女性陣は平然とコマになってる事や、正統派有色ジューが追いやられてるので(ロスチャイルド家の女性陣も正統派なのでコマにされて雑巾みたいにされてるのかなと。。。)、やっぱり宗教は隠れ蓑でしかないのかなって思うわけです。

あるいは、もっとシンプルな感じかもしれない。
例えば、まあ嘘だと思うけど宇宙人が背後にいて、何故か一家系だけに、全ての地球侵略を委任しているとかか、、、(宇宙人歴は、日本でも羽衣伝説や竹取物語等、古くから言い伝えられているので本当としかやっぱり思えない。内容がどれも宇宙に帰っていくって内容の上、空飛ぶ機械、現在でいう電磁波兵器に似た作用等。。。。古来の方が宇宙人との接触機会多かったのかもなって。じゃあ今宇宙人たちはどこ行ったのかって疑問が生じてくるわけで、それはもしかしたら太陽フレアとかで全滅したとか色々考えが及びます。)

やっぱり白人至上主義が真実かな。。。

投稿: R.R | 2015年5月 6日 (水) 14時33分

 例のロックフェラーサイトには鳥か豚かは示されておらず、ただ「パンディミックが起きる」だったかと思います。なるほど豚の方がぴったりだったかもしれませんね。

 ロス茶とロクフェとの関係で言えば、18世紀にはヨーロッパの金融王となっていたロス茶が主、当時フランスにいたロクフェが従の関係、言ってみればロス茶の米国支店長がロクフェと言ったところではないでしょうか?

 「ロクフェ・マラノ説」は、ロックフェラービル前広場で盛大なクリスマスツリーが繰り広げられるのに、同ビル最上階壁面には「666」がこれ見よがしに掲げられている事からも明らかです。

 ロス茶、ロクフェともにユダヤ系となっていますが、アブラハムを始祖とするいわゆる「セム族」の真性ユダヤではありません。「ハム族」のヒッタイトが源流のようで、途中には例の「悪魔の一つ目」の元祖とされるバビロニアの「ニムロド王」がこの流れから出ています。時代が下って地中海南岸沿岸に栄えたフェニキア、また中世に中央アジアに興ったハザール王国がその流れと言われています。

 私はこの血流こそ、元は地球外生命体の(古代シュメール神話中の)レプティリアン・アヌンナキの「悪魔の13血流」として世界に散らばっていったのではないかと考えます。

【注記】今後連続投稿は厳にお慎みください。仮に投稿されても公開せず削除させていただきますので、あしからずご了承ください。

投稿: 時遊人 | 2015年5月 6日 (水) 23時52分


日本はアメリカの属国、つまり家来国家である! アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、マスコミを使った偏向報道による、見事な国民洗脳によって、思考が停止状態にある日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! さらにネット洗脳システムのツイッターやフェイスブックの利用、まとめサイトには注意が必要である。 我々はハッ、と気付いて、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!

投稿: 脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問道場 | 2015年10月30日 (金) 09時28分

 貴重なコメントありがとうございます。

 お説はいちいちそのとおりかと存じます。私は当ブログでもたびたび言及していますが現在大新聞無購読、無テレビ生活です。その点電通による洗脳は比較的少ないかもしれませんが、一方ではその分ネット情報に頼りきりのところがあります。しっかり峻別していかなければなりませんね。

投稿: 時遊人 | 2015年10月30日 (金) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1944年、世界の戦後体制を決めるブレトンウッズ会議に敵国の昭和天皇出席の怪 | トップページ | 国内メディア絶賛、その実笑いモノだった安倍米議会演説 »