« 「私は総理大臣なんですから」。これ「私はバカなんですから」とどこが違うのか。 | トップページ | あと一突きで安倍政権は頓挫する! »

国会で憲法学者3氏が「集団的自衛権は違憲」と表明!何と自民推薦の長谷部氏も反対!

-4日の国会の衆院憲法審査会に招致された3人の憲法学者がそろって、「集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案は違憲」と表明した。何と自民・公明推薦の長谷部早大教授までがはっきりそう断言したのだ。想定外のことに自民党内は蜂の巣をつついたような大騒ぎらしい。しかしいやしくも憲法学を専門とする学者であれば、誰が呼ばれてもそう表明するのが憲法の精神に照らして当然なのだ。安倍政権の、昨年の解釈改憲閣議決定から今国会への安保関連法案提出まで、どこからどう判断しても百パーセント違憲ということである。(二流私大卒の)菅官房長官は翌日の記者会見で、「違憲と思わない学者もたくさんいる」「違憲には当たらない」というような、憲法学の権威以上の権威らしきことを述べたらしいが噴飯ものである。それに憲法学者は190人ほどいるそうだが、そのうち「違憲ではない」とするのは、西修、百地章、八木秀次という札付きのたった3人だけらしいのだ。「たくさんいる」などという言い草はとんだペテン師と言うべきである。 (大場光太郎・記)-

国会で憲法学者3氏が「集団的自衛権は違憲」と表明!自民推薦の長谷部氏も反対!「憲法違反だ。従来の政府見解では説明がつかない」
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/183.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 04 日 20:26:05
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6714.html (元記事)
2015.06.04 20:00 真実を探すブログ

☆「集団的自衛権の行使容認を柱とする安全保障関連法案は違憲である」憲法審査会参考人【長谷部恭男(早大教授)、小林節(慶應教授)、笹田栄司(早大教授)】20150604

20150604180656sdpfo4

6月4日に開かれた国会の衆院憲法審査会で、参考人として招かれた憲法学者3名が安保法制や集団的自衛権の行使について、反対を表明しました。招かれたのは早大教授の長谷部恭男氏と笹田栄司氏、慶大名誉教授の小林節氏の3名で、長谷部氏は特定秘密保護法等に賛成していたことから自民党や次世代の党が推薦した方です。

民主党の中川正春議員が「今の安保法制は憲法違反だと思われますか?」と質問したところ、全員が「憲法違反」と回答しました。
長谷部氏は「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかないし、法的な安定性を大きく揺るがすものだ」と述べ、小林氏も「憲法9条2項で軍隊と交戦権が与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くことは憲法9条違反だ」と指摘しています。
笹田氏は従来の憲法解釈を「ガラス細工で、ぎりぎりのところで保ってきていた」と指摘した上で、集団的自衛権行使を違憲と批判しました。

20150604180605spdfo1

20150604180629spod3

20150604180704asdpo5

☆集団的自衛権行使「違憲」=憲法学者3氏が表明-衆院審査会
URL http://www.jiji.com/jc/c?k=2015060400318
引用: 
 衆院憲法審査会は4日午前、憲法学者3氏を参考人として招き、立憲主義などをテーマに意見聴取と質疑を行った。民主党委員から集団的自衛権の行使容認について見解を問われた3氏全員が「憲法違反だ」と明言した。

 招かれたのは早大教授の長谷部恭男氏と笹田栄司氏、慶大名誉教授の小林節氏。長谷部氏は、安倍政権が進める安全保障法制整備について「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかないし、法的な安定性を大きく揺るがすものだ」と批判した。
 小林氏も「憲法9条2項で軍隊と交戦権が与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くことは憲法9条違反だ」と強調し、9条改正を訴えた。笹田氏は、従来の憲法解釈に関し「ガラス細工で、ぎりぎりのところで保ってきていた」とした上で、集団的自衛権行使については「違憲だ」と述べた。 (2015/06/04-11:09)
:引用終了

☆2015年6月4日 衆議院憲法審査会 集団的自衛権の行使は違憲

☆憲法審査会が専門家から意見聴取 “安保法制は違憲”
削除

更新記事
☆参考人全員が新安保法制は「憲法違反」、衆院・審査会 (JNNニュース)

 政府与党にとって想定外の反応でしょう。衆議院の憲法審査会に参考人として出席した憲法の専門家3人が、いずれも今の国会で審議中の新たな安全保障法制について「憲法違反」との考えを示しました。

 衆議院の憲法審査会に出席した憲法の専門家3人。早稲田大学の長谷部教授は自民、公明など。同じく早稲田の笹田教授は維新。そして慶応大学の小林名誉教授は民主と、与野党それぞれの推薦で選ばれましたが、この質問には・・・

 「今の(国会で審議中の)安保法制、憲法違反だと思われますか」(民主党 中川正春 衆院議員)

 「集団的自衛権の行使が許されるという、その点については、私は憲法違反であると考えております」(長谷部恭男 早稲田大学・法学学術院教授)

 「私も違憲と考えます。憲法9条に違反します」(小林 節 慶応義塾大学名誉教授・弁護士)

 「定義では踏み越えてしまったということで、違憲の考えでたっていると思います」(笹田栄司 早稲田大学・政治経済学術院教授)

 自民党が推薦した参考人も含めて3人すべてが国会で審議中の新たな安保法制は「違憲」との考えを示したのです。

 「ちょっと予想を超えたところがあったと思っている」(自民党 船田 元 憲法改正推進本部長)

 想定外の反応に、自民党の船田憲法改正推進本部長は、佐藤国対委員長に事情を説明しましたが、佐藤氏からは「安保法制の審議に十分配慮を」と釘を刺される事態に。また、野党は・・・

 「議事録を精査して、明日も我が党の議員が本日の憲法審査会での議論を踏まえた質疑をする予定にしている」(民主党 長妻 昭 代表代行)

 政府与党内から法案審議への影響を懸念する声もあがる中、5日の特別委員会での議論が注目されます。(04日16:51)


安倍政権が推薦した憲法学者ですら「違憲」と言っているわけで、これは非常に重大なことだと言えるでしょう。仮に法案が成立したとしても、後に司法判断で引っくり返ることになるかもしれません。
まあ、安倍政権のことなので、その判断も無視して強引に進めそうですが・・・(苦笑)。 (転載終わり)

0_1e
(「違憲ではない」と、アンタいつから憲法学の大権威になったんだ!陰険な「トカゲのたて目」で、最近とみに爬虫類人の本性むき出しにしてきている菅官房長官)


憲法9条が安倍首相に退陣を迫る時が来たということだ―(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/214.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 05 日 13:20:05
http://www.twitlonger.com/show/n_1smhbks
4th Jun 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks

国会で参考人招致された3人の憲法学者が、そろって安保法制案は憲法違反だと証言した。

 なかでも政府・自民党から推薦された長谷部恭男早大教授が、

戦争法だとまで形容してその違憲性を断じたのは衝撃的だった。

 このハプニングは、間違いなく今後の安保法制案の行方に大きな影響を与えざるを得ないだろう。

 ひょっとすると今度の国会での法案成立は困難になるかもしれない。

 そうなると安倍政権は終わりだ。

 それをおそれて安倍首相は強行採決を急ぐかもしれない。

 そして国会が止まれば解散・総選挙だ。

 いまなら選挙に勝てると思って解散・総選挙をし、

そして勝った、あの再現を安倍首相が夢想してもおかしくはない。

 たとえそこまでの極端な動きにならないとしても、

今度のハプニングは、多くの問題を提起してくれた。

 私は長谷部恭男という憲法学者のこれまでの立ち位置をよく知らないのだが、

政府・自民党に推薦され、それを引き受けておきながら、なぜあそこまで言い切ったのか。

 もし安保法制案が廃案・もしくは修正という事になれば、彼こそ最大のヒーローである。

 なぜ政府・自民党はそのような人選をしたのか。

もっとゴリゴリの御用学者は山ほどいたはずなのに。油断があったに違いない。

 野党はこの敵失をどう活かせるか。これで廃案に追い込めなければ、それこそ国会なんて不要だ。

 万が一安保法制案が整理しても、違憲訴訟に弾みがつく。

そして違憲訴訟は今度は勝てる。

なぜなら、それでも最高裁が違憲判決を退けるなら、その時こそこの国の司法は終わるからだ。

 ただでさえ最高裁は砂川判決再審請求訴訟によって追い込まれているのだ。

 このように考えて行くと、

今度の三人の憲法学者の国会証言が如何に大きな意味を持つものであったかがわかる。

 しかし、私がこのメルマガで最も大きな声で強調したい事は、

この国会証言を知った後で開かれた菅官房長官の記者会見での言葉だ。

 「違憲という指摘は全くあたらない」と言い切った。

 いつから彼は憲法学者の権威になったというのか。

 もちろん、これは憲法学者としての菅官房長官の言葉ではない。

 安倍政権に不利な事はすべて否定する安倍政権の守護者を気取る政治家としての言葉だ。

 これまで、あらゆる場面で見て来た、菅官房長官の政治的ウソ発言だ。

 しかし憲法9条を否定してはお終いだ。

 今度こそ菅官房長官を吊し上げなければいけない。

 それは、とりもなおさず、驕り高ぶった安倍政権を権力の座から降ろす事である。

 今の政治にできない事を、憲法9条がついに我々に命じたということである。 (転載終わり)

|

« 「私は総理大臣なんですから」。これ「私はバカなんですから」とどこが違うのか。 | トップページ | あと一突きで安倍政権は頓挫する! »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

憲法学者は集団的自衛権行使容認、日米安保、自衛隊の存在も共に憲法違反という見解です!

で、日米安保解消と自衛隊解散をしてもいいのか?を問うて解散総選挙をするべきだねw
国民の審判を仰げばよろしい!

投稿: 通りすがり | 2015年6月24日 (水) 16時50分

>憲法学者は集団的自衛権行使容認、日米安保、自衛隊の存在も共に憲法違反という見解です!

 言われている「憲法学者」とは、「圧倒的多数の憲法学者は」ということだと思います。私は確かに、多くの憲法学者が「集団的自衛権行使容認は違憲」とは確認しています。が、「日米安保、自衛隊の存在も共に憲法違反という見解」というのは寡聞にして知りません。その根拠となるものをお示しください。

投稿: 時遊人 | 2015年6月24日 (水) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「私は総理大臣なんですから」。これ「私はバカなんですから」とどこが違うのか。 | トップページ | あと一突きで安倍政権は頓挫する! »