« あと一突きで安倍政権は頓挫する! | トップページ | あれれれっ、安倍首相がいないゾ・・・第二弾 (ドイツエルマウG7サミット篇) »

世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り

-しょせんこの戦争法案は「米国の米国による米国のための法案」であり、さらに言えば「安倍政権維持の安倍政権維持による安倍政権維持のための法案」なのである。安倍政権維持のため米国・米軍に若い自衛隊員の命を差し出し、徴兵制に道を開ことになりかねない超ヤバイ法案なのだ。もう二度と世界一に返り咲くことのない没落米国に、その損失補てんにわが国は膨大な金を貢ぎ続け、その上尊い人命まで差し出す必要がどこにあるのか。さすがに今月24日までの衆院通過は断念したらしいが、安倍一派はその分会期を大幅延長して何としてでも成立させる構えだ。が、国民主権者にとっては百害あって一利なしの戦後最悪の法案なのだから、廃案になるまで国民は大きな声を挙げ続けなければダメである。 (大場光太郎・記)-

103158_2
剛腕・小沢一郎氏も動きだした(C)日刊ゲンダイ

世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo186/msg/395.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 6 月 09 日 07:27:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160573  (元記事)
2015年6月9日 日刊ゲンダイ

 安保法案の成立を確信していた安倍自民党が焦りだしている。憲法学者3人が「憲法違反」と揃って明言したことで、世論のムードが一変してきたからだ。「自衛隊員のリスク」や「事態の具体的要件」といった各論ばかりで、チンプンカンプンだった国民も、「そもそも違憲の法律を作っていいのか」という本質に気づき始めた。国民をケムに巻いて、数の力で押し切ろうとした安倍シナリオが狂ってきた。

 この週末、安保法案に対する批判が各地で一気に広がった。

 6日、都内で開かれた「立憲主義の危機」シンポジウムは700人収容の会場から人があふれ、1400人が詰めかけた。7日に大阪弁護士会が開いた野外集会には4000人が参加、「集団的自衛権はアカン」と訴えた。

 一方、自民党も7日、国民の法案への理解を深めようと谷垣幹事長が都内で街頭演説したが、「戦争反対」「帰れ」の怒号に演説がかき消される事態に。

 衆院での法案審議のスケジュールも自民のもくろみから大きくズレ始めている。当初は週3回、1日7時間の審議で6月第3週までには80時間を超える計算だった。ところが、安倍首相のヤジや閣僚の曖昧答弁、委員長の強行運営に野党が反発。委員会が空転したうえ、8日も開けず、安倍官邸が想定していた今月24日までの会期内の衆院通過は絶望的だ。

 会期延長は既定路線だが、とうとう自民党内からは「6月中に衆院を通過させられなければ、法案成立は危うくなる」(ベテラン議員)という声まで出始めた。

 こうなると数の論理で諦めムードだった野党も本気を出さざるを得ない。剛腕の小沢一郎氏も動きだした。

 すでに維新の党の松野頼久代表は小沢氏と会ってアドバイスをもらい、民主党の岡田克也代表も小沢氏と急接近している。9月に予定される小沢氏の地元の岩手県知事選で、現職の達増知事を野党共闘で推す計画も進んでいる。

 民主や維新内部では、「安倍政権の倒閣をめざして野党共闘を強める必要がある。2度の政権交代を実現した小沢一郎さんの知恵を借りるべきだ」という意見も広がっている。

「小沢さんはいろんな人から相談を受け、『じゃあ会ってみようか』という感じで、かなり元気です。昔と違うのは自分がプレーヤーとして中心になるのではなく、裏方に回って支えようとしていることです。そこに野党再編に向けた小沢さんの覚悟が見えます」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 小沢氏は本紙のインタビューで、「安保法制だって、委員会で机を突き飛ばしてでも反対する、っていう騒ぎになったら、そう簡単にいかない。マスコミも報道するし、国民の関心も高まる」と語っていた。安保法案が成立しなかったら、安倍政権は一気に瓦解していく可能性が高い。 (転載終わり)

|

« あと一突きで安倍政権は頓挫する! | トップページ | あれれれっ、安倍首相がいないゾ・・・第二弾 (ドイツエルマウG7サミット篇) »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。