« 世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り | トップページ | 【傑作】安倍総理架空会見「私はアベです。ボクはペテン師です」 »

あれれれっ、安倍首相がいないゾ・・・第二弾 (ドイツエルマウG7サミット篇)

-国民の一人として、安倍晋三自身の「恥ずかしい憲法ですよ」をもじって言えば、安倍晋三は国際舞台に出したくない「恥ずかしい総理ですよ」-

 安倍はG7サミット後の現地記者会見で、「私たちには共通の言葉があります。自由、民主主義、基本的人権、そして法の支配。基本的な価値を共有していることが、私たちが結束する基礎となっています。」と 例によって官僚レクチャー作文の美辞麗句を臆面もなく読み上げました。

 国内に帰れば、メディアへの度を越した圧力、戦争法案の国民へのごり押し、大企業優遇・弱者切捨て、憲法無視・・・、挙げれば切りがないほど「不自由、非民主主義、基本的人権の蹂躙、そして安倍一派による“法の歪曲”」政策のオンパレードです。まあよく言うよ。外面(そとづら)と内面(うちづら)がまるで違うと言うか、とんだ二枚舌外交と言うべきか、こんな言葉で国際社会を騙せるとでも思っているのでしょうか。

 かと思えば、サミット開催前の仏オランド大統領との会談では、今最大の懸案の戦争法案へのフランスの賛同を求めてもいました。

 国会に提出もしていない、国民に何の説明もしていない段階で、4月末の米国議会演説では「法案の夏までの成立」を約束してきたのだし。国内の反対がいかに強かろうと、国際公約とやらの外堀を埋める姑息な手段で、何が何でも「違憲」戦争法案を成立させるつもりなのです。

 と、そんなことはこの際置いといてー。

 『カレイドスコープ』さんによる、今回のエルマウG7サミットの一コマとしての安倍晋三がらみの面白い記事を以下に転載します。『安倍晋三首相だけが消えた・・・第二弾』というタイトルですが、「第一弾」はもちろん例の「2015エコノミスト誌表紙」に安倍の姿がどこにもなかったことです。

 国内における独裁手法が通用するはずもなく、また超優秀な人たちが集まる国際会議では無能・無教養な安倍などまともな会話や議論に加われるはずもなく、つんぼ桟敷の置いてけ堀、主要各国首脳や海外メディア間では安倍など「存在しないも同然」の影の薄さなのでしょう。

 ホップ・ステップ・ジャンプの第三弾として。次は安倍晋三本人が、政治の表舞台から本当に一日も早く姿を消してもらいたいものです。  

【参考】「法の支配」について

法の支配の原理は、中世の法優位の思想から生まれ、英米法の根幹として発展してきた基本原理である。それは、専断的な国家権力の支配(人の支配)を排斥し、権力を法で拘束することによって、国民の権利・自由を擁護することを目的とする原理である。~中略~法の支配の内容として重要なものは、現在、(1)憲法の最高法規性の観念、(2)権力によって犯されない個人の人権、(3)法の内容・手続の公正を要求する適正手続(due process of law)、(4)権力の恣意的行使をコントロールする裁判所の役割に対する尊重、などだと考えられている。
出典:芦部信喜『憲法 新版』(岩波書店 1997年)

 (常日頃の安倍の「私が最高権力者」独裁志向発言からして、安倍自身が知って理解しているとは到底思われない。こんな重要な基本原理を成蹊三流法学部では教えないのか、教えられてもアベノノータリンは理解できなかったのか。)

 (大場光太郎・記)
 

安倍晋三首相だけが消えた・・・第二弾
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3651.html
2015.06.10  カレイドスコープ

103197

6月7、8日、ドイツで開かれたG7サミット。
グローバリスト勢は、やはり安倍排除のようだ。喜んでいいのか、悲しんでいいのか。

「安倍さーん、またどっかへ行っちゃった」

103198
「安倍さーん、またどっかへ行っちゃった」https://twitter.com/aQupuntura17/status/608049249100668931

我らが安倍首相は、どこに・・・

いたいた、ここに。オバマの陰に隠れて「影も形もない」が。

プレスのフォトグラファーがあと30cm左に寄れば、かろうじて我らが安倍首相も入ったのだが、そうするとカナダのハーパー首相が、ドイツのメルケルの陰に隠れてしまう。

はいはい、仕方がなかったのだろう。「えいやっ!」で安倍首相をアングルからはずした??

さすが、グローバリズムの流れの中で、そろそろその役割を終えつつある読売は、アングルを変えた写真を掲載している。ちゃんと安倍首相が入っている。

つまりだ、海外メディアは、意図的に安倍外しをやっている、ということ。

では、こちらはどうだ・・・

103200
http://www.csmonitor.com/Photo-Galleries/Photos-of-the-Day/2015/Photos-of-the-weekend21#912339

い、いない・・・

やはり、メルケル、オバマがセンターに陣取っている。
こうした場の写真は、すごく重要なのだ。

西側(新世界秩序)世界の舵取りは、この二人を軸に動いている、という暗示なのである。

“G7会場に現れた“宙に浮かぶ安倍首相”   TBSニュースの見出しが象徴的
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150608/Tbs_news_35380.html

103201

そういえば、去年11月、オーストラリアのブリスベンで開かれたG20でも、ひとり浮いていた。

103202

34747_2

G7会場で、貧困撲滅を訴える各国の学生たち。世界の学生にまで・・・

この女子留学生には、“口先男”もかなわない。

ちなみに、この表紙のバーチャルスコープをつけている男は、安倍君ではないそうです。

やはり、安倍排除は確定的。
安倍君は何を言っているのか、まったく分からないのだから、仕方がない。 (転載終わり)

|
|

« 世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り | トップページ | 【傑作】安倍総理架空会見「私はアベです。ボクはペテン師です」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。題名忘れましたが、2年前くらいに立ち読みした本(預言みたいな?)で安倍総理はまた前と同じようになるだろうって書いてありました。2015年だったか2017年だったか。。。

私楽しみに待ってるんですが、あー焦れったい焦れったい。
そう言えば、止めようと思って見てしまうんですが黄金の金さんが今度は611を(((^_^;)
さっき犬が遠吠えしてましたが、多分来ても震度5ぐらいじゃないかなぁ。あの吠え方は。

夜中に30分色んなとこから、遠吠えしたらアウトだと思ってるんです。
ま、周りの人に言っても知らないよ、って言われるんですがね。

今、プリズムオブリラ読んでます。面白いですね。
でわ(*^^*)

投稿: 海 | 2015年6月12日 (金) 01時09分

 海さん、おはよう!

 今戦争法案が安倍本人並びに同政権にとっての「躓きの石」になりそうな気配で、大変けっこうなことです。国民大衆も覚醒して、ぜひそうしなければなりません。

 玉蔵さんブログ、例の佐野教授とのトラブル以来訪問する気が失(う)せました。今回海さんのご指摘で久しぶりのぞいてみましたが、相も変らぬ「狼少年」ぶり。1500万円着服の穴埋めに、目いっぱい恐怖心を煽って玉蔵村へ誘い込む「恐怖商法」をかんぐってしまいます。あまり真(ま)に受けない方がいいですね。

 『プリズム・オブ・リラ』 その後の各種宇宙チャネリング情報のベースとなった、大変貴重な情報です。私もまた読み返し、再度しっかり理解しようと思います!

投稿: 時遊人 | 2015年6月12日 (金) 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世論も「違憲」批判拡大…安保法案ムード一変で官邸に焦り | トップページ | 【傑作】安倍総理架空会見「私はアベです。ボクはペテン師です」 »