« 「戦地へ行くのは安倍さんではない。若者が行く」(村上誠一郎自民党衆院議員) | トップページ | 【戦争法案】 安倍官邸の工作失敗 民主・維新、一転共同提出 »

折り折りの短歌(6)

799_2


(薔薇4首)

薔薇などはどこかつれない花なるに心惹かれて凝(じ)っと見ている  (※1)


茫々の草の川辺にただ一つ真っ赤なバラが立ちて咲きをり


垣根よりふいに顔出す紅きバラ我に何かを告げしごとくに


ギリシアの野に咲くバラと戯(たわむ)れるニンフの姿幻視してみる  (※2)


7910


晩春か初夏かと惑うきょうの日の街にさやかな風と緑と


生温(なまぬく)き夜の車道の下潜(くぐ)る下水の管の涼し水音


街中(まちなか)の水路につがいの鴨がいて離れつ寄りつ遊びてをりぬ


用水の両に草々連なりて街ささやかなビオトープなり  (※4)


嵐来る予兆の風に吹かれつつ震える木々にじっと目を遣(や)る


鳥が啼き風吹きつのる午後でした青葉の中の病葉(わくらば)落ちしは


「5・11」知ったこっちゃない子供らは元気な声で遊び回れり


民草と青人草と古語にあり名もなき草にも心はあるか


遊歩道の野良愛猫(のらあいびょう)と遊びつつ西の彼方の美し夕焼け


街中のわずか残りし早苗田のここだにしげき夜の蛙音(かわずね)


仄暗き駅構内で外見れば街に溢るる初夏の光よ


昼顔が所在なさげに咲いている午後二時過ぎのとある片町


青葉せし木の下闇(このしたやみ)がかもし出す小幽玄にしばし憩える


 (大場光太郎)


【注】
※1 この短歌は『ギリシャ神話の中の薔薇(1)』冒頭に掲げたものですが、今回こちらに借用しました。
※2 「ニンフ」とはギリシャ神話中の妖精的存在(複数)。女性として現われる。
※3 「ビオトープ」とは、生物の住息環境を意味する生物学の用語でドイツで生まれた概念。私自身は水辺の環境と捉えています。  

|

« 「戦地へ行くのは安倍さんではない。若者が行く」(村上誠一郎自民党衆院議員) | トップページ | 【戦争法案】 安倍官邸の工作失敗 民主・維新、一転共同提出 »

折り折りの短歌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。