« 安倍晋三は日本国民にとって「アンゴルモアの恐怖の大王」ではないだろうか | トップページ | 「安倍首相のやってることは人類への、先人への侮辱です」シールズ宣伝での大学4年生の訴え »

日本は主権国家でないことを自覚せよ!(内田樹氏)

-以下の転載文をお読みいただき、「真の主権国家」「真の独立国」とは何か、を各自じっくりお考えいただきたい。-

(注 文中に適宜画像を挿入させていただきました。また、読みやすくするため、適宜段替えを行いました。)

6268_2
(こんな重大事を、主権者たる国民に何の断りもなくよその国で勝手に約束してくるなよ。これだけで戦争法案は無効だ-怒!)

日本は主権国家でないことを自覚せよ! 内田樹
http://www.asyura2.com/15/senkyo187/msg/423.html
投稿者 世界精神 日時 2015 年 6 月 25 日 12:52:03

 かつて「戦後レジームからの脱却」を掲げた安倍総理は、今では対米従属へ突き進んでいる。しかもタチが悪いのは、自分では対米従属しているという自覚がないことだ。安倍総理としては、集団的自衛権の解釈改憲や日米ガイドラインの改定によってアメリカから独立できると考えているようだ。なぜこのような倒錯した認識を持ってしまうのか、我々は改めて考えてみる必要がある。
 ここでは、内田樹氏の「日本は主権国家でないことを自覚せよ!」を紹介したい。

6265
(と、明治天皇玄孫の中丸薫さんは説く。)

『月刊日本』7月号
内田樹「日本は主権国家でないことを自覚せよ!」より
http://gekkan-nippon.com/?p=6874

誰が何と言おうと日本は米国の従属国だ

── 安倍政権は対米従属を深めていますね。

【内田】 先日、ある新聞社から安倍政権と日米同盟と村山談話のそれぞれについて、100点満点で点をつけてくれという依頼がありました。私は「日米同盟に関する評点はつけられない」と回答しました。日米同盟は日本の政治にとって所与の自然環境のようなものです。私たちはその「枠内」で思考することをつねに強いられている。「井の中の蛙」に向かって「お前の住んでいる井戸の適否について評点をつけろ」と言われても無理です。「大海」がどんなものだか誰も知らないんですから。

 日米が「同盟関係」にあるというのは不正確な言い方です。誰が何を言おうが、日本はアメリカの従属国です。日米関係は双務的な関係ではなく、宗主国と従属国の関係です。日本政府は、外交についても国防についても、エネルギーや食糧や医療についてさえ重要政策を自己決定する権限を持たされていない。年次改革要望書や日米合同委員会やアーミテージ・ナイ・レポートなどを通じてアメリカが要求してくる政策を日本の統治者たちはひたすら忠実に実行してきた。その速度と効率が日本国内におけるキャリア形成と同期している。つまり、アメリカの要求をできる限り迅速かつ忠実に物質化できる政治家、官僚、学者、企業人、ジャーナリストたちだけが国内の位階制の上位に就ける、そういう構造が70年かけて出来上がってしまった。アメリカの国益を最優先的に配慮できる人間しか日本の統治システムの管理運営にかかわれない。そこまでこの構造は硬直化してしまった。

安倍の最終ゴールは「戦争できる国」

6263
(ここに来て戦争法案廃案、安倍退陣の流れが出だしたが、得てしてこういう時はそれを一気に覆すような(予め仕組まれた)大突発事が起きやすい。要警戒である。)

── 対米従属構造から脱却できるのでしょうか。

【内田】 まず私たちは、「日本は主権国家でなく、政策決定のフリーハンドを持っていない従属国だ」という現実をストレートに認識するところから始めなければなりません。国家主権を回復するためには「今は主権が奪われている」という事実を認めるしかない。病気を治すには、しっかりと病識を持つ必要がある。「日本は主権国家であり、すべての政策を自己決定している」という妄想からまず覚める必要がある。

 戦後70年、日本の国家戦略は「対米従属を通じての対米自立」というものでした。敗戦国、日占領国としては必至の選択でした。ことの良否をあげつらっても始まらない。それしか生きる道がなかったのです。でも、対米従属はあくまで一時的な迂回であって、最終目標は対米自立であるということは統治にかかわる全員が了解していた。「面従腹背」を演じていたのです。けれども、70年にわたって「一時的迂回としての対米従属」を続けているうちに、「対米従属技術に長けた人間たち」だけがエリート層を形成するようになってしまった。彼らにとっては「対米自立」という長期的な国家目標はすでにどうでもよいものになっている。彼らはただ国内的なヒエラルヒーの上位を占めて権力や威信や資産を増大させるという個人的目標のために日々立ち働いている。「対米従属を通じて自己利益を増大させようとする」人たちが現代日本の統治システムを制御している。

 安倍首相が採択をめざす安保法制がアメリカの戦争に日本が全面的にコミットすることを通じて対米自立を果すための戦術的迂回であるというのなら、その理路はわからないではありません。アメリカ兵士の代わりに自衛隊員の命を差し出す。その代わりにアメリカは日本に対する支配を緩和しろ、日本の政策決定権を認めろ、基地を返還して国土を返せというのなら、良否は別として話の筋目は通っている。でも、安倍首相はそんなことをまったく要求する気はありません。彼の最終ゴールは「戦争ができる国になる」というところです。それが最終目標です。「国家主権の回復」という戦後日本の悲願は彼においては「戦争ができる国になること」にまで矮小化されてしまっている。「戦争ができる国=主権国家」という等式しか彼らの脳内にはない。

6266
(「戻らねえよ!」と若者たちもすべての世代も口をそろえて言ってるぞ。「戻りたいなら戦前サイコパスのお前らだけ勝手に戻れや」とも。)

 アメリカの軍事行動に無批判に追随してゆくという誓約さえすればアメリカは日本が「戦争ができる国」になることを認めてくれる。それが政府の言う「安全保障環境の変化」という言葉の実質的な意味です。そこまでアメリカは国力が低下しているということです。軍事関係の「汚れ仕事」を誰かに押しつけたいと思っている。だから、アメリカの「下請け仕事」を引き受けるから、それを引き替えに「戦争ができる国」になることを許可してくれ、安倍政権はアメリカにそう懇願しているのです。

 もちろん、アメリカは日本に軍事的フリーハンドを与える気はありません。アメリカの許諾の下での武力行使しか認めない。これまでの対米従属に加えて、軍事的にも対米追随する「完全な従属国」になった日本にのみアメリカは「戦争ができる国」になることを許すつもりでいます。安倍首相は「戦争ができる国こそが主権国家だ」「戦争ができる国になれば国家主権は回復されたと同じである」という奇怪な命題を媒介させることによって、実際には「対米従属を徹底させることによって、対米従属を達成する」という倒錯的な無限ループの中にはまりこんでしまったのです。これは「対米自立」を悲願としてきた戦後70年間の日本の国家目標を放棄したに等しいことです。(以下略)  (転載終わり)

626
(チェイニー首謀者はじめ連中による「911」が今日の世界大混乱のきっかけだった。)

|

« 安倍晋三は日本国民にとって「アンゴルモアの恐怖の大王」ではないだろうか | トップページ | 「安倍首相のやってることは人類への、先人への侮辱です」シールズ宣伝での大学4年生の訴え »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍晋三は日本国民にとって「アンゴルモアの恐怖の大王」ではないだろうか | トップページ | 「安倍首相のやってることは人類への、先人への侮辱です」シールズ宣伝での大学4年生の訴え »