« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

「8・30国会10万人デモ」に参加して(1)

-かつての60安保時の6・15のように、ひょっとして歴史に刻まれる大集会となるのかもしれない「8・30国会10万人デモ」に参加できたことを嬉しく思う-


8302

 「8・30国会10万人デモ」、行ってきました!

 私が乗った東京メトロ千代田線車両の混み具合はさほどでもなく、『これならここで降りても何とかなるんじゃないか?』と、かつて懐かしい国会議事堂前駅で降り、「同志」と思しき人たちがゾロゾロ前を歩くのに付いていき、同駅の長い上りを上りきって地表に出たのが抗議集会が始まる午後2時頃でした。

 しかしそこからがいけません。
 やはり凄い大混雑らしく、要所要所に数人で警備している警官の指示で、私らはぐるっと裏手となる衆議院第二議員会館などのある上り下りの坂道を迂回させられ、『待てよ、いつぞやは国会からどんどん離されそのまま帰らされたらしいぞ』との疑念もよぎり、途中直行する上り坂がありそこを上って行けば国会議事堂に近いはずなのにそこにも警官たちがいて通せんぼ。

 別の年配者も食ってかかっていましたが、私も一人の警官をつかまえ、「何でこの道通れないの?」と尋ねてみました。「国会前が既にいっぱいでここを通してしまうと危険なんです」「じゃあ、今の道をどこまで行けば国会前にたどり着けるのよ?」「このまま進んでいただきますと246に行き当たりますから、そこをぐるっと右に回っていただければ行けます」

 といったことで、右手の高台に自由民主党と壁面にデカデカとあるケタクソ悪い自民党本部ビル側面をチラッと一瞥したりして、幸い雨は降ってないからいいようなものの、蒸し暑さの中をなおも黙々上り坂行進を続け、平らになった所をぐるっと回ってようやく議事堂側面の大通りに出てきました。

 先ほどから「戦争法案絶対反対!」「安倍は辞めろ!」といった派手でビートの利いた打楽器つきのシュプレヒコールが遠く聞こえていましたが、少しずつその音量が大きくなってきました。それもそのはずで、ポイントポイントに支柱付きのスピーカーが設置されており、そこから「SEALDs(シールズ)」リーダー奥田愛基(おくだ・あき)さんが進行役を務めているらしい抗議ステージの様子がダイレクトで届けられているのです。

 こんな大規模デモなのに何で一般車両を通行止めにしないんだ、車道をオープンにして参加者を車歩道自由に歩かせればこんな混雑にはならないじゃん、などと思いながらも現実は歩道しか歩けないわけで、仕方なしに牛歩のようにのろのろ歩を進めていくしかありません。

 と奥田君紹介に続いて、大音量スピーカーから志位和夫共産党委員長の挨拶の声が聞こえてきました。のろのろ歩きの合間に聞くものだから注意力散漫で仔細には把握できませんでしたが、志位氏独特の歯切れよい明晰なスピーチはいつ聞いても小気味よい説得力あるものです。

8314

 続いて吉田忠智社民党党首の挨拶。後で知ったのですが、今大集会には岡田克也民主党代表そして小沢一郎生活共同代表と4人の野党党首が勢ぞろいしたそうです。岡田代表は私が遠回りしていた時既に挨拶を終わり、小沢代表は私が帰路についてからの挨拶だったようで、特に小沢氏スピーチを聞き漏らしたのが残念です。

 さすがこの辺まで来るとデモそのものの雰囲気です。
 志位さんらの挨拶の節目節目に割れんばかりの拍手は起こるわ、スピーカーから流れてくるシールズ女性音頭による「戦争法案絶対反対!」「安倍は辞めろ!」などのよく透る声にいっせいに呼応はするわ。けっこうな人が「アベ政治を許さない」「憲法9条を守れ」などのプラカードを手にし、また背中に掲げていたりするわ・・・。

 流れに従い、国会図書館信号の所でそちら側に渡りました。いよいよ歩道から溢れんばかりの人の数です。この辺になると警備する警官も数が増えているようです。議事堂に平行した反対側に行きたいのに、なぜか横断禁止にしています。

 そこでも一人の若い警官に尋ねました。「あっち側に行けないの?」「あっちもご覧のとおりの混雑ですから、とても」「じゃあ、あっちに行くにはどうすればいいの?」「この道を下ると隼町信号に出ますから、そこを横断してまた上ってきてください」

 冗談じゃねえや、そんなまどろっこしいこと。内心そう思いながらも「あっ、そうなの」と受け流し、交差点から数メートルほど行った所で車道側が赤信号に変わり警官の動向も覗いつつ、車歩道を遮断しているカラーコーンの横バーを短い足でひょいと跨ぎ(笑)、さっさと向こう側に走って渡りました。それを見ていた70代男性も後に続こうとしましたが、さすがに私より動きが鈍かったらしく、途中で警官に取り押さえられ戻されてしまいました。

 直前記事では「流れに身を任せ」と述べ、おおむねそうしたつもりですが、元々妙な反骨心のあるらしい私のこと、ついこの時ばかりは流れに逆らってしまいました。

 ここで、警備警官について簡単にコメントしておきます。

 彼らは職務上とはいえ担当部署の警備を精一杯努めていたと思います。この後も3人ほどの警官に「抗議ステージの場所はどこか」とか帰りの道順などを聞いたりしましたが、皆丁寧に応対してくれました。表立って表明できなくても内心では彼らも反戦争法案、反安倍政権デモに共感しているのではないか?などと思ったりもしました。

 もっともつい先日、参加者逮捕までした過去の過剰警備是正のため、「8・30国会集会への過剰警備を監視する国会議員団」が結成されたことも大きかったのかもしれません。そのためか今回はかつてない大規模デモとなりましたが、大きな警備トラブルはなかったようです。

 ただ渡った先の反対側歩道(つまり議事堂側道がわ)で、年配参加者らと警官たちがもみ合いになっているのを目撃しました。その時はこちら側の参加者たちからも、「過剰警備はするな!」といった大声のシュプレヒコールが挙がりました。

(これから後半となりますが、それは「続編記事」と致します。あしからずご了承ください。)

 (大場光太郎・記)

関連記事
『「8・30国会10万人デモ」参加を前にして』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-ced8.html 
 

| | コメント (0)
|

「8・30国会10万人デモ」参加を前にして

-「♪明日は東京に出て行くからは何が何でも勝たねばならぬ」(村田英雄『王将』より) かつてない圧政・暴政に対して「何が何でも勝たねばならぬ」のは国民主権者一人ひとりだ!-


82910

(『王将』 唄:村田英雄 作詞:西條八十 作曲:船村徹 1961年)

 大変古い歌(昭和36年)で恐縮です。きょうの「国会前10万人デモ」参加を前にした未明、ふとこの歌の
「♪明日は東京に出て行くからは 何が何でも勝たねばならぬ」
の一節(3番)が思い出されました。

 とは言いましても、この歌の主人公の坂田三吉は大阪の天才的将棋指しで、東京でてぐすね引いて待っている升田名人(?)への対抗心から「明日は東京に出て行くからは何が何でも勝たねばならぬ」だったわけですが、それに比して私自身の「勝ち負け」などこの際どうでもいいです。

 「勝たねばならぬ」のは国民主権者です。何としても「守り抜かねばならぬ」のは戦争を「永久に放棄する」と定めた憲法9条です。

 「狙うは戦争法案廃案ただ一つ」です。

 そのための国会前10万人、全国100万人大結集です。

 そのための一しずくにでもなれればと思います。私一人が欠けたために、惜しくも99,999人、999,999人だった、ということもあるわけですから。

82911

 私自身「デモ」というものに参加するのは実は初めてです。ですからワクワク感があるとともに不安感、緊張感もあります。ただ変に気負うことなく、デモ参加者たちや周辺の流れに身を任せて自然体で臨めればと思います。

 以前の記事でも紹介しましたが、私はだいぶ前霞ヶ関近辺で1年ほど仕事をしていた事があります。それが東京体験しょっぱなでもう30年以上前、私が30代前半頃のことになります。

 その頃は毎日(地下鉄千代田線)国会議事堂前駅で降りていましたが、その後は滅多に行くことはなく、同駅で降り立ったのは10年ほど前現在の業務で文部科学省を訪問した時以来です。第一東京に行くのは3年ほど前の『霞ヶ関官庁街訪問記シリーズ』以来(国土交通省、経済産業省訪問)なのです。
 その面でも“おのぼりさん”よろしく緊張感いっぱいです。

82912


8299

 ただ「8月30日国会前10万人デモ案内」によりますと、「国会議事堂前駅は超大混雑が予想され、できれば霞ヶ関駅や永田町駅で降りて近くの集会にご参加ください」とのことです。お勧めに従い、私も千代田線で一つ先の霞ヶ関駅で降り状況を見て対応しようと思います。

8297

 俳人・金子兜太氏揮毫の「アベ政治を許さない」ポスター入りのA4クリアファイルをバックにしのばせ、それでは行ってきます!
(何やら小学校時代の遠足前夜のような気分です。)

 (大場光太郎・記)

関連記事
『戦争法案廃案!安倍政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動』(戦争させない・憲法壊すな!総がかり行動実行委員会)
http://sogakari.com/?p=633
PDF『戦争法案廃案!安倍政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動』ポスター
http://www.zenroren.gr.jp/jp/schedule/2015/150811_03.pdf
PDF『アベ政治を許さない』ポスター(A4版)
https://dad1ae5b-a-62cb3a1a-s-sites.googlegroups.com/site/hisaesawachi/test/sho_f.pdf?attachauth=ANoY7crZys2YXfK3C4rQvzC02TS0bOQT0zJ0-jN6tsL7npVQ5gFd0r-VVED6GPsFJt9aBht043fICCez0QNvBPE4fNuZjLMy_Aja_TjeGTu3sMWQa6T1JU_8sKmuiopYQpFfyDwhA_ZIcGeGCTtteRrgwtJc-K_HIav_LVbrdkGeh-LsoPrkyw1Drl3hIdejA86T8rWmEzpeSxyDaG57h1n7QHzAcB7gGg%3D%3D&attredirects=0
『【赤旗!】8月30日戦争法案反対100万人大行動全国で250カ所以上!各地の予定をしんぶん赤旗が掲載』(ただし上編で日本全体の北半分のみ。また29日現在全国370カ所に拡大)
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/573.html
『そうだっ! 8月30日は国会前に行こう!』(ブログ「みんな楽しくてHappy♡がいい♪」)http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=101301768&blog_id=1009266

| | コメント (0)
|

【これは酷い】中谷防衛大臣「米国の軍艦に日本人が居なくても防護対象」⇒野党から猛反発!「安倍首相の説明は何だったのか!」

-もはや“国会版お笑い芸人”に成り果てている中谷防衛相がまたまたちぐはぐ答弁である。大野民主党議員の質問に「米国の軍艦に日本人が居なくても防護対象」とやらかし野党から猛反発を食らったのだ。そもそも昨年の集団的自衛権行使容認閣議決定時安倍総理は「そんな事態は起こり得ない」という専門家の指摘をものともせず、例の日本人親子を乗せた米艦の絵をこれでもかと示し続けたのだった。根が正直な今回の中谷発言こそ米軍様御奉仕目的の今戦争法案の本旨の一つなのであり、安倍はこれまで変テコな絵を掲げて国民を騙し続けてきたということだ。安倍自公政権がいかに詐欺政権であるか、このたびの戦争法案衆参両院審議で白日の下に明らかになったのだ。詐術的手法を十一重の塔のように積み上げ極めて危なっかしい戦争法案は常識的に廃案以外あるまい。ただ安倍晋三&自公政権幹部らは常識が通用しないサイコパスカルト連中である。そこで国民の凄まじい怒りを思い知らせるためにも、明30日の「国会前10万人、全国100万人大デモ」の成功が強く望まれる。というわけで、室井祐月さんと同じく「いても立ってもおられず」、私も国会前に駆けつけるべくただ今鋭意スケジュール調整中である(←おいおい、あんたはそんな超多忙な何様なのか?・笑)。 (大場光太郎)-


【これは酷い】中谷防衛大臣「米国の軍艦に日本人が居なくても防護対象」⇒野党から猛反発!「安倍首相の説明は何だったのか!」
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/513.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 27 日 15:45:05
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7760.html
2015.08.27 13:30 真実を探すブログ

8291

8292

8293

8294

8295

8296

☆「邦人乗船が絶対ではない」 防衛相、米艦防護要件巡り
URL http://www.asahi.com/articles/ASH8V42CYH8VUTFK008.html
引用:
 安全保障関連法案を審議する参院特別委員会は26日、一般質疑を行った。集団的自衛権を行使する代表的事例として、安倍晋三首相らが再三強調してきた邦人輸送中の米艦防護について、中谷元・防衛相は「邦人が乗っているかは絶対的なものではない」と述べ、邦人保護が行使の理由にならないことを認めた。
:引用終了

“米艦防護に邦人存否は無関係”大臣答弁に野党反発(15/08/26)

総理の掲げたあの事例に中谷大臣は・・・

以下、ネットの反応

  (うまく貼り付けできないので省略)


これは酷い。あれだけ安倍首相が「米国の軍艦に日本人が乗っていたら、それを守るのが集団的自衛権です」と強調していたのに、その前提条件が大嘘だったということになります。

だったら、最初から米国の軍艦を自衛隊が守っている絵を使うべきです。民主党議員が言っているように、このような方法は本当に最低だと思います。
中谷防衛大臣の失言だけで終わらせて良い問題ではなく、安倍首相の説明や自民党の宣伝にも切り込むべきです。

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

もはや山本太郎の存在は党派を超えた。彼を軸に、超党派で連帯を!

-山本太郎生活共同代表は、過日「アメリカのアメリカによるアメリカのための戦争法案」とずばり指摘し、アーミテージ・ナイレポートどおりに動いている安倍政権の実態を国民に広く知らしめた。25日、今度は、安倍総理との直接対決で「米軍の戦争犯罪」の実態をイラクファルージャなどで例証し安倍総理の見解を質したのだ。対して安倍は例によって醜いはぐらかし答弁に終始し、ならばと「広島、長崎への原爆投下、東京など全国主要都市への無差別空爆は戦争犯罪ですよね?」と重ねてたたみ掛けると逃げて岸田外相に答えさせる始末である。途中から安倍は「山本議員」と3回も呼ぶなど山本太郎を手ごわい質問者とはっきり認識したようだ。というよりすっかり苦手意識を持ち始めたのかもしれない。それはそうだろう。米国の属国状態の現状の国会で、「米国と日本の恥部」にかかわる重大事を取り上げて追及するなど前代未聞だ。長崎平和式典では(安倍挨拶にはヤジが飛び拍手はまばらだったのに)山本太郎が献花で登場するとひときわ大きな拍手が起こり、阿修羅掲示板の拍手ランキングトップテンに山本関連記事がずらり並ぶなど、今や山本太郎はこの国にとって期待の星だ。少年とのホモ買春が週刊文春にすっぱ抜かれた度し難い武藤貴也安倍チルドレンとは天と地の違いではないか。 (大場光太郎・記)-


【必聴!】山本太郎8/25「総理との一騎打ち 」【全19分】



山本太郎議員が、国会で名指しで米国の戦争犯罪を糾弾しながら安倍首相を追及(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/411.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 25 日 22:42:05
http://31634308.at.webry.info/201508/article_25.html
2015/08/25 22:16 かっちの言い分


今日(8月25日)、午後5時台から6時まで、夕方の良い時間にNHKの中継を見ることが出来た。山本太郎氏は、今までも新人議員とは思えない鋭い追及を行っていたが、今回もクレバーな質門で安倍首相を追及した。

山本氏の最初の導入部は、戦争法案で自衛隊を海外に出した場合、戦争犯罪に加担するような活動には出さないですねという趣旨のものであった。これに対する安倍首相の答弁は、当然、そのような活動には出さないと言うことだった。これが、碁で言えば、一番基礎になる布石である。

それから山本氏は、ファルージャ、イラクでの米軍による住民への無差別殺戮についての例を、かなりの時間をかけて批判した。ファルージャでの民間人の殺戮、イラクに戦争を仕掛けた時、ウラン弾などの化学兵器を使った例などを出した。
これらの事態について、山本氏は安倍首相に、これは戦争犯罪と思うかどうか聞いた。安倍首相は、それが正しいか正しくないかの判断の情報がないので、答えられないとかわした。山本氏は、ここまでは想定通りの回答と計算していた。

次の質問は、第二次世界大戦において、米国における日本の各都市の無差別爆撃、広島、長崎への原爆投下は、戦争犯罪かどうか答えて下さいと追及した。これには安倍首相もどう答えていいか躊躇していたが、聞かれもしない岸田外相が助け船を出して、国際司法裁判所においては、そのような(戦争犯罪)ことが議論されていると答えた。これに対して山本氏は畳み掛けて、自衛隊派遣を判断する最高指揮官が、米軍による日本爆撃を戦争犯罪かどうかも判断できない。そういう人に、米軍と行動を共にする自衛隊派遣なんて出来ないだろうというロジックである。ここで放映の時間切れであったが、その時の安倍首相は完全に一本取られたという表情であった。

国会の場で、米国の戦争犯罪をこれほど強く批判した議員は、今までいなかっただろう。見ている方が、こんなことを言って大丈夫か?と心配になるぐらいであった。

山本氏の言いたいことは、200年間しょっちゅう戦争犯罪を犯して戦争している米国と一緒に戦うために自衛隊を派遣すれば、後方支援であろうが何であろうが、日本が戦争犯罪に加担することになると言いたかったのだ。

また昨日も書いたが、首相はかなり疲れて顔をしていた。本当にかなり健康状態が悪くなっていることが見てとれた。山本氏の質問中、安倍首相は不機嫌そうにかなりイラついていた。それだけ、山本氏の質問が、逃げ道を潰し、巧妙で本質をついていたということである。生活、山本太郎となかまたちは、今後支持層が増えると思われる。 (転載終わり)

8281
(女、子供も見境なく虐殺する。こんな悪魔的米軍に自衛隊を加担させ加害者にしようというのが戦争法案の本質だ。)


「もはや太郎議員の存在、党派を超えた。彼を軸に、超党派で連帯を:きむらとも氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/475.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 26 日 23:59:04
http://sun.ap.teacup.com/souun/18194.html
2015/8/26 晴耕雨読

https://twitter.com/kimuratomo

「もはや一国では守りきれない」との安倍の言葉を、「日本だけでは日本を守れないから集団的自衛権が必要」と勘違いしている人がいるが、今回の集団的自衛権は、日本を守るためでなくて米軍を守るためのもの。

「一国で守りきれない」とは米国の言い分。

米国の防衛費を「穴埋めせよ」との意味なのだが。

『川内原発1号機 細管5本に損傷見つかる』「5本の細い管に損傷が見つかり、ここから海水が漏れていたことが分かりました。

九州電力は、管に栓をして運転を続けるとしています」つまり壊れたまま運転し続けるということだが、政府はこれも九電任せか。http://t.co/vz93WRJXbn

中谷大臣も安倍首相も「核兵器を含む大量破壊兵器や劣化ウラン弾、クラスター弾を搭載した航空機への給油は想定していない」「当該国から要請が来た時点で問い合わせたり、調整したりする」とか答弁してるが、戦闘現場でイチイチそんなチェックが出来るものか。

どこまで「お花畑」なんだ、この二人は。

山本太郎議員VS 安倍首相。

イラク戦争で数々の民間人大量殺戮を行ってきた「戦争犯罪常習国」、その米国は過去日本の民間人も原爆、空襲で大量殺戮したが、これは戦争犯罪ではないのか。

と問われるも自ら答弁せずに逃げた、安倍首相。

日本人を殺されても米国を非難できない、@AbeShinzo。

国会を見ていて残念なこと。

反対で一致している野党間にまだ「壁」があることだ。

他党議員の質疑でも、ナイスプレー、ナイスアタックには党派を超えて皆で拍手、声出して盛り上げようぜ。

せっかくのTV入り、こういう共闘姿勢が国民へのアピールに重要かつ何より政権への打撃となる。

次から是非頼む。

『創価大生「太郎さんの質問を聞きに来た」』

「太郎さんの質問で法案の問題点が整理できる。普通の人が知りたいことを飾らない言葉で質問してくれる。太郎さんの質問を聞くために来た」

もはや太郎議員の存在、党派を超えた。

彼を軸に、超党派で連帯を。http://t.co/V56ZumxPs3 (転載終わり)

| | コメント (0)
|

銀河連邦メッセージ(6)

Screenshot20141231at4_41_48pm

シェルダン・ナイドルニュース 2015年8月25日   
宇宙への旅立ち
http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/08/blog-post_322.html

http://www12.plala.or.jp/gflservice/ShaeldanNidleNews150825.html


セラマト・バリ ク!現在の世界はまだ古いやり方が幅をきかせている世界です。経済的にも文化的イベントの面でも新しいものになる用意が出来ています。闇はこの表面世界を ほぼ13000年に亘って支配してきました。このような長い間の支配は今調整される必要がある数多くの文化的慣例を作り出しました。あなた方は終わりがな いように思える負債奴隷制度と生き残りのために常にあくせく働かなければならないと言う状況から解放されようとしています。これらは負債の解消と豊穣資金 の配布によって終わろうとしています。カバールは基本的な支えが変容し、あなた方から切り離されることを理解しています。これらの事は彼等にとっての呪い なのです。彼等の死を忌む戦いが物事を遅延させてきたのかも知れません。しかし彼等の運命は天によって本当に封じられています。闇は追い詰められていま す。闇は破産し、無用な不換通貨の山に埋まり、嘘や大規模な皮肉を続けることができません。手短に言えば、その消滅の舞台が急速にできあがりつつありま す。この全てを終わらせる数多くのシナリオが現在各勢力によって検討されています。これには逮捕、スキャンダル、第二次世界大戦以降起きた事についての真 実をあなた方に学ばせる統治改革が含まれます。

アメリカは世界 のパワーになり、南北戦争と言う内戦の終了以来従ってきた全てのシナリオを急速に反転させました。アメリカは人民と孤立主義者の取り込みに失敗し、急速に 新たな大英帝国を形成しました。このプロセスはアメリカの機能のあり方を深刻に変えてしまいました。アメリカはかつて抵抗を示した古い帝国という大きい保 護者として自らを確立させることを求める国になりました。私たちはアメリカが現在のUFO隠 蔽工作と言う一連の嘘をついた様子を見守ってきました。アメリカは不法な戦争を行い、多くの若者達の生命を全く変えてしまった徴兵制度を維持しました。ア メリカはただ如何に強力になったかを見せつけるための筋肉を盛り上げる専制国家への道をたどりました。アメリカは魂を失い、ジェファーソンとその多くの関 係者達が警告した事態へと突入して行きました。アメリカは富める者と強力な者を助けるための帝国を作り出しました。南北戦争後には強力な者たちが数多く成 長しました。第一次世界大戦の開始までには、この新しい徒党が権力の公式な位置を占めるようになりました。
20世紀の残り にアメリカが行ったことは大きい力としての地位を維持するために英国が行ったことの繰り返しでした。意図的に作り出された不景気は実際には第二次世界大戦 の準備だったのです。アメリカは戦争後主要勢力になり、その勢力の維持のために冷戦を作り出しました。このことは、アヌンナキの残酷な主導に従がうよう に、アメリカを闇が主な傘下の者として選択した主要国としての役割を与えたということを意味します。それにも関わらず、アンカラの布告と1990年代半ば におけるアヌンナキの立ち去りは最終的に911にまで高まった混乱を引き起こし、結果としてアフガニスタンとイラクでの戦争になりました。これらは彼等に 一時的に更なる10年間の権力掌握をさせ、私たちに現在のジレンマを起こさせました。今は必然のことが実際に起きる前の最後の時です。現在の世界は私たち の連合と私たちが仕組んだことの始動寸前の状態にあります。私たちは天と地球連合の両方にこれ以上多くの事は開示しないと約束しました。闇の者たちは多く の彼等に不利な裁定が下され、大きい法的な力が彼等にくだされようとしていることを知っています。
私たちは現在のところ瀬戸際にいます。数多くの行動が彼等のペースで進められています。私たちはその展開を黙ってながめているだけです。今はあなた方が子共の時から抱いてきた感覚によって自分に対して行う審判を止める時です。
闇の没落ととも に、あなた方はとうとう自由というものがどういうことかを知る事が出来ます。アヌンナキが20年前に立ち去っていった時、彼等はカバールに彼等のやり方を 捨て、その代わりに豊かさと新しい統治を開花させるよう、誠実に要請して行きました。カバールはこれに従わないと決定し、次の10年の間にアメリカのカ バールがその支配を確立しました。この支配は疲労し、世界はアメリカの行為から回復するに至りました。あなた方にはもう少しの辛抱をお願いし、閉ざされた 扉の向こう側で行われ、秘密にされていることがあることを分かって欲しいと思います。カバールはこれを何とかして挽回したいと思っています。カバールに再 び勝利をもたらす方法を賢明にも採っている者が多すぎます。それ故に、あなた方が勝利を収めたのであり、これが間もなく表に現れるということをハートの中 に抱き続けていて欲しいと思います。その後、あなた方は解放され、新しい領域が目前にひろがろうとしています!
祝福を!私たち は次元上昇したマスターです!この世界は今大きい変容を遂げつつあります。20年以上も前に、天はガイアの次元上昇したマスターにたいする命令からなる兄 弟、姉妹団による祝福の命令を発する大管理者であるファーストコンタクトチームを派遣しました。最初は私たちには闇の者達のプランに代わる、この聖なる現 実のための新しい光のプランの設定が要求されました。10年間の迷走の後に、潮は次第に21世紀の前半へと上がって行きました。私たちは種々の目標を達成 出来る数多くの適切な戦略を打ち立てました。この内の最も重要なものは多くの古代ファミリーにカバールの権力を改革し資源を無力化するために幾世紀にも 亘って蓄積された大いなる資源を如何に利用するか、を説明することでした。現在この説明はこれらの数多くの分派に十分に行われ、あるプランが有効に機能し ています。この秘密のプランの終結が視野の中にはいってきています。
表面領域を経済 的な災害に向けて引き戻すとの闇の脅しにも関わらず、このプランは成功に近づいています。ここで、私たちはあなた方に成功に向けて集中するようにお願いし ます。闇の者達にはこの領域をいかなる形にせよ混沌に落とし込むことを許されていません。経済的、哲学的、あるいは更なる戦争への見せかけであろうと、今 のところ、彼等の企みは失敗に終わっています。闇の者たちは選ばれた運命から逃れることは出来ません。彼等の狂気とあなた方を闇に封じ込めておく時はつい に終わりに至ったのです。闇のプランの中に仕組まれている罠は明らかにされています。ですから、祝福の者たちよ、強くあり、創造主と、多くの者に天の大プ ランの結実のために任務を与えられていることを信頼していてください。私たちのプランの不可視部分が明らかになるまで情報の秘密を保持する必要がありま す。親愛なる皆さん、この時がほとんど目前にせまっているので、感謝して下さい。
私たちのメッセージを一杯の歓喜と全てのものの成功で締 めくくります。随分以前に、天は数千年の間この表面の土地を闇に委ねました。この”貸し出し”は今期限の終了を迎えています。光には秘密の指令が与えら れ、今闇を放逐し、あなた方を新しい自由と真の繁栄をもたらす新しい土地へと連れて行く準備ができています。あなた方のハートの真のゴールを得られる聖な る方法での行動を取らせる手段の実行の準備をして下さい。私たちも一緒になってこの領域の再生をし、スピリチュアルな内部地球と宇宙ファミリーとの再会を しましょう。この完全意識の時において、あなた方は自分達のスピリチュアル及び直感能力を学ぼうとしています。これらの力が立ち上がりつつあることに注意 を向け、最も大きい栄光の一連の時にたいする備えが出来ていることを知って下さい。
私たちはガイアが如何にこれに対して準備をしているか、あなた方が如何に光の兄弟、姉妹たちに会おうとしているかをも守っています!ハレルヤ!ハレルヤ!
今日は、もう一 つのメッセージを受け取りました。創造主の指令が下されました。喜びの中にあって、多くの贈り物を受け取って下さい。新しく、壮大な現実の実現にむけての 自分の能力の発揮について良い備えをしていて下さい。待っている者たちに良いことが起きます。親愛なる皆さん、天からの無限の供給と繁栄が実にあなた方の ものであることを知ってください!そうあれ!セラマト・ガジュン!セラマト・ジャ!(シリウスの言葉、一つのものであれ!喜びの中にあれ!)

| | コメント (0)
|

えっ、戦争は相模原から始まってます?

-中国天津大爆発以降東アジア全体が一気にきな臭くなってきた感じがする。中国では続いて山東省の化学工場、江蘇省蘇州市の化学工場、河南省鄭州市の化学工場などが相次いで大火災を起こしているし、韓国でも17日、麗水市鳳山洞(ポンサンドン)ナムヤン造船所内でガス爆発事故が発生している。それで終われば日本海を挟んだ対岸の火事とある程度余裕で見ていることもできたが、わが国もうかうかしていられない事態が。24日未明相模原市の米軍補給基地内で爆発火災が発生し、同日午前続いて川崎市内の日鉄住金鋼管川崎製造所コンビナートでも火災があったのだ。相模原といえばつい先日同市南区に校舎のある東海大相模が45年ぶりの全国制覇を成し遂げ同県民の一人として掛け値なしに喜んでいたのもつかの間、「ネットゲリラ」サイトは相模原基地爆発に関して『戦争は相模原から始まってます』という仰天タイトル記事を出し、北朝鮮工作員の仕業かというようなことを書いている。北朝鮮はともかく、デービッド・ロスチャイルドか、または百歳車椅子生活のくたばりぞこないデービッド・ロックフェラーくそじじいか、はたまたジョージがあまりにも出来が悪かったので次男のジェフをあわよくば次期大統領にのいつぞや老人性大転倒したらしい父ブッシュくそじじいの差し金によるものか。とにかく東アジアを大戦争に巻き込むべく、あっちこっちに火種をつけて回っているような気配が濃厚である。が、こういう準非常時こそ冷静さを保ち、間違っても「ほらね。だから戦争法案の一日も早い成立が必要なんだよ」という悪魔の唆(そそのか)しには決して乗らないことである。 (大場光太郎・記)-


824

(相模原基地の爆発現場にゴジラが現われた?この大きな黒い姿が何なのか不明だが、一連の爆発の暗示のようで大変興味深い。)


ドル詐欺の裏付けは暴力ですが、暴力の裏付けは経済であり、貿易で中国に負け、エネルギーでロシアに負けては、ただの紙屑です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/144.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 8 月 22 日 19:41:00

追い詰められたくそじじいは、とうとう神の杖兵器という、ハンカチ落としからヒントを得たと思われるハイテクを駆使した単純兵器を使ってしまったようですが、当然ながら宇宙人の仕業にする事はできません。
宇宙人も爬虫類人も未来人も地底人も救世主もその他ハリウッドキャラも元の切り下げや中国の金の保有量や米国債の売却など興味がなく、それに興味があるのはドル詐欺陣営のくそじじいだけだからです。
しかし、この頃のくそじじいは支離滅裂で、国家同士の戦争が難しく、できても黒幕がドル詐欺陣営だと思われてしまうからスティルス戦争やら対テロ戦争やらショックドクトリン詐欺に舵を切った筈なのに、抜いた瞬間意味を失う伝家の宝刀を抜いてしまい、人間がうじゃうじゃいて戦ったらいけない中国に喧嘩を売るとは焼きが回ったもので、セレモニーホールのセンターを狙うくそじじいらしいヘマです。
神の杖も所詮は電子制御のコンピューター制御で、重要なネジは日本製だし、サイバー戦争は質も大事ですが所詮は人数で、ハイテク戦争は蓋を開けてみたら人海戦術が全てで、イナゴの大群のような彼らを前には、くそじじいの精鋭部隊も無力です。
日本は311を食らってもヘラヘラしていますが、中国はそんなタマではなく、信長の鉄砲隊に例えると、三段逆スライド方式ではなく、大行列スライド方式で、原爆をボカンボカン落としても、元々核シェルターみたいな洞穴に住んでる者も億単位でおり、核も持っていますから、一発でカタをつけるなどというのは無理で、逆にイナゴの大群のような神風特攻隊がB29にパチンコ玉みたいな超小型核でくそじじいのアジトを絨毯爆撃したらひとたまりもないですが、おじさん知らねという感じです。


ドル詐欺陣営に都合よく南北朝鮮で撃ち合い、都合よく相模原基地で爆発、くそじいいのまたお前か詐欺の可能性大です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/145.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 8 月 24 日 09:34:32:  

そして、早速、空き缶世乗りでない方のポン大世乗りの方が、朝鮮戦争起きたらやばいじゃーん、シールズも戦争法案に賛成してよーと言い始めています。
だから、彼らがシロかくろか分かりませんが、安倍ここに来いだの全てを賭けて引き摺り降ろしますただしスピーチを丸暗記する事には全てを賭けられませんのでスマホを朗読させて頂きますとかどこかの国のマイナー競技の代表が資金集めに脱ぐみたいにヘソを出してスカウト狙いみたいな事をしている場合ではなく、学生なのだから通貨発行権の争奪戦が戦争詐欺を起こしている、勝つ国も負ける国もくそじじいがプロレスのように決めていて、日本の場合、米国が戦争法案を急がせている、従って名ばかり最高責任者の安倍の原稿を書かされている官僚に命令している米国に抗議しなければ廃案にできない、それには中露のプレッシャーを借りなければ、抗議すらできずに門前払いされる、じゃー沖縄知事と同じく頭越し作戦でいこうぐらいの事は考えて行動してくれないと、やっぱり米軍特殊部隊と同じでトロイのヘソ出しタレント志望ですかと疑いたくなる訳です。
相手は百戦錬磨のマッチポンプくそじじいであり、植草教授を覗きや痴漢に仕立てあげさせた食えないくそじじいであり、あの安倍ここに来い君が風俗の待合室にいたー、そこに来いという事かとかあの全てを賭ける娘が夜のバイトをしていたとかへそ出しが脱いでいたとか下ネタスキャンダルを仕立てるのが大好きなくそじじいであり、男女ともに喪服みたいなリクルートルックで参加しろとかお言葉少女みたいな丁寧語を使えとは言いませんが、学生らしい言動が必要で、ここに来いよりも理詰めで挑発するとか、中学生の弁論大会や台詞ではないのだからスマホに文章丸ごと記憶させて朗読するとか、リオのカーニバルじゃないのだからヘソを出すとか、本当に止めるのスローガンに相応しくない過激・手抜き・セクシーはやめて、トロイの木馬疑惑を払拭するか、潔く一歩下がる事です。
本当に止めるには、芸能人シールズや百大協シールズが先頭に立たないと、惜しくも敗れたが安倍を引き摺り降ろして気を吐いた準決勝進出校振り返りみたいになってしまいますので、敵は安倍の後ろにあり、狙うは人形使いの首一つー、とやらないと光秀にへそ出しって違くねと言われてしまう訳です。   

(以上転載終わり)

| | コメント (0)
|

下落止まらぬ日本株 GPIFの異変が安倍バブルにトドメ刺す

-株など一度もやったことのない身には東京株式市場の平均株価がどれだけ暴落しようがまるで関係ない話である。とは言え株価は国の経済状態を示す重要な指標であるからにはそうそう無視できるものでもない。私が思うにアベノミクス株価のピークは(待望久しかった2万円台を突破した)今年6月末頃だったのではないだろうか?それから一気に2万5千円から3万円台に行くはずが、2万円チョロチョロのところで行ったり来たり、そしてついに今回2万円割れの事態に逆戻りしてしまったのである。株価は世界経済と連動しているとはいえ、以前から囁かれていたアベノミクス破綻が誰の目にも明らかな形で顕在化したと見るべきなのだろう。この2年半以上アベクロコンビによる「トリクルダウン(富の滴り落ち)」とやらで庶民に富が還元されたことなどただの一度もなく、大儲けしたのは外国投資家、ハゲタカファンド、そして国内のごく一部の投資家、メガバンク、大企業などである。しかも政府と日銀が一体となって、GPIFという国民の大切な資産までつぎ込んだアベクロ鉄火場博打相場で何とかここまで誤魔化してきたが、アベノミクスバブル破綻の今後はその反動がモロに日本経済を直撃しかねないのだ。「一つ悪くなるとすべてが悪くなる」とはよく言ったもので、安倍内閣支持率急降下、出口の見えない戦争法案、辺野古基地建設一時中止、東京オリンピックロゴマーク盗作問題、安倍本人の体調悪化などなど悪材料が一気に噴き出し「安倍総理ご愁傷様」と言いつつ陰では「ざまあ見ろ」と言いたいところだが、事はアベノミクス大破綻=庶民の生活直撃だけに他人事では済まされないのである。 (大場光太郎・記)-

8231

GPIFは今月末に資産構成割合を公表する(C)日刊ゲンダイ

下落止まらぬ日本株 GPIFの異変が安倍バブルにトドメ刺す(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/hasan99/msg/862.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 22 日 15:30:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163002
2015年8月22日 日刊ゲンダイ

 日本株が下げ止まらない。21日も日経平均は前日から約600円も下落。下げ幅は今年2番目の大きさとなり、終値は1万9435円と1カ月半ぶりに2万円の大台を割り込んだ。米国株も530ドル安と大幅下落し、世界同時株安が止まらない。ところがこの一大事に、“官製相場”を支えるはずの公的マネーは、もはや形なし──それどころか安倍バブルの息の根を止めることになりそうだ。

 130兆円もの資産を誇り、市場関係者の間で「クジラ」と称されるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に、ある“異変”が起きている。

「GPIFは今月末に6月末時点での資産構成割合を公表する予定です。昨年6月に17%だった国内株比率が、上限の25%に迫っているといわれており、24%前後まで上昇している可能性も高い。そうなると、国内株の買い増し余地はほとんどなく、これ以上の買い支えは期待できません。投資家心理をいっそう冷え込ませ、株価下落に拍車をかける恐れがあります」(市場関係者)

■1万8000円台まで下落の可能性

 もう一頭の「クジラ」も、虫の息だ。日銀は21日、ETF(上場投資信託)を337億円購入。19、20日にも同額購入しているが、3日連続で株価下落に歯止めがかからなかった。一体、何が起こっているのか。

「今回の暴落は、中国の景気減速が引き金となり、欧州や米国など世界各国の市場に飛び火したものです。この日発表された中国の製造業に関する経済指標は、事前の予想を下回り、世界中に大きなインパクトを与えました。中国景気の足を引っ張っているのは、主に『過剰生産』。鋼材業界や自動車部品業界の生産能力は、国内外の需要を大幅に上回っている。その結果、減産を強いられ、景気が急速に悪化したのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 いったい、日本株はどこまで下落するのか。

「日経平均株価は、週明けに1万9000円を割り込む可能性もある。場合によっては、1万8000円台半ばまで下落することも考えられます。先行きは不透明で、中国の景気減速は長期化するとみられます」(倉多慎之助氏)

 ついにアベノミクスの官製相場も、メッキが剥がれてきたというわけだ。安倍政権の支持率は株価頼み。この状況が続けば、また支持率が下がり、9月頭に佳境を迎える安保法案の審議や、9月末の総裁選に悪影響を及ぼす可能性がある。安倍首相の体調悪化も、さらに拍車が掛かりそうだ。

 (転載終わり)

| | コメント (0)
|

安倍首相が文春の「吐血」報道に「訴える」とヒステリー抗議! この男に総理大臣という自覚はあるのか?

-以下に転載するリテラ記事を読むと、安倍晋三がいかにこの国のトップリーダーとしてふさわしくないかがよく分かる。とにかく自分たちにとって都合の悪い報道は片っ端からイチャモンをつけ、このケースのように法的措置までちらつかせて恫喝するのだ。転載記事には、欧米が一国のトップリーダーの健康問題についていかに自由に報道しているかも示されているが、今春来日したメルケル独首相が「国家権力は報道の自由に対してできるだけ寛容であるべきだ」と、安倍政権の言論封殺姿勢を暗に講演で諭してくれたのに何の効き目もなかったらしい。ご案内のとおり、その後安倍&安倍一派らの言論圧力がますます強まっているのだ。一方読売、産経、NHKのように幹部らの安倍との定期的会食などにより、安倍政権に対して自ら進んでヨイショ報道に終始する報道機関があることもまた事実で、この国は急速に「戦前同様」翼賛体制化しつつあるのである。ところで安倍首相が最近深刻な健康不安を抱えているのは間違いないようだ。破れかぶれの戦争法案突破成立で、日本と国民が、「黄昏れ安倍晋三」の道連れにされては適わんのだ。 (大場光太郎・記)-

【注記】すぐ下の画像は本来の画像とは違います。

7211
(見よ、このしょぼくれて精気の失せたたるみ顔。健康面で何らかの深刻な異変を来たしているのは間違いなさそうだ。)


安倍首相が文春の「吐血」報道に「訴える」とヒステリー抗議! この男に総理大臣という自覚はあるのか?(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/194.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 21 日 22:40:05
http://lite-ra.com/2015/08/post-1412.html
2015.08.21. リテラ

 最近になって複数のマスコミが安倍首相の健康不安を報じているが、なかでも驚きをもって受け止められたのが「週刊文春」(文藝春秋)8月27日号の報じた「安倍首相の『吐血』証言の衝撃」と題された記事だ。

 記事によると、安倍首相は6月30日、東京ステーションホテルの客室で会食をしていたが、突然気分が悪くなり、トイレに駆け込み、吐血。控えていた今井尚哉秘書官が慌てて慶応大学病院の医師を呼び、診察を受けたのだという。

 安倍首相といえば、潰瘍性大腸炎という持病をもっていることが知られているが、この病気で一般的に起きるのは吐血でなく下血だ。そのため、「文春」は別の内蔵疾患と、潰瘍性大腸炎が悪化して薬を強くしたための副作用という可能性を指摘していた。

 しかし、この報道では、安倍首相の体調以上に驚いたことがある。それは、「文春」発売日の翌20日、安倍首相の事務所が、文藝春秋に記事の撤回と訂正を求める抗議文書を送ったことだ。

 この文書は、編集責任者の新谷編集長だけでなく松井清人社長にも宛てられ、「全く事実無根の内容が含まれており、個人を中傷し、読者に著しい誤解を与える、悪質極まりないものだ」としたうえで、法的措置を検討するとまで書かれていたという。

「個人を中傷」とは、いったいこの男は、自分がどういう立場にあるのかわかっているのだろうか。

 そもそも国家の最高権力者である大統領や首相の健康状態というのは、国民が「知る権利」を行使すべきもっとも重要な対象である。

 なぜなら、最高権力者が深刻な病気にかかっていれば、正常な判断能力を失っている可能性も十分考えられ、一国の命運が左右されかねないからだ。もっといえば、不治の病にかかって、国民を道連れに破滅的な政策を強行しようとする権力者もありえなくはない。

 安倍首相にも当然、その危険性はあるだろう。とくに日本の国のあり方を根本から変える安保法制を強行しようとしている裏で、安倍首相がなんらかの深刻な病気を抱えていたとしたら、その情報は絶対に明らかにし、政策との関連性を分析しなければならない。

 安倍首相は吐血を「事実無根」などといっているが、権力者の健康報道については事実認定の必要はない。健康不安が明らかになれば、為政者は政治的影響力を失うことにつながりかねないため、必ず箝口令をしいて、その事実を徹底的に隠蔽する。だからこそ、メディアは事実として認定されていない段階でも、積極的に報道すべきなのだ。
 
 実際、欧米諸国では常に、最高権力者の健康状態について憶測も含めたさまざまな報道がとびかっているが、その行為は報道の自由として尊重されている。

 ところが、我が国の総理大臣は自分の病状を「個人を中傷」などといって、メディアに対して法的手段に訴えるなどと脅しているのだ。現役の総理大臣がメディアを名誉毀損で訴えたのは、「噂の真相」に買春検挙歴を報道された森喜朗元首相が辞任必至の窮地に陥って訴えたくらいで、ほとんど前例がない。総理大臣が一メディアを相手取って訴訟を起こす行為は言論弾圧につながるとして、歴代の多くの総理は批判報道にも法的手段で対抗することを戒めてきた。

 これだけをとっても、いかに安倍晋三という政治家が、「言論の自由」「民主主義」を理解していないかがよくわかるだろう。

 しかも、「文春」の記事はけっして、「事実無根」などではない。6月20日にそれを疑わせるような事態が起きたのは明らかな事実だ。

「吐血があったとされる東京ステーションホテルの会食は、稲田朋美政調会長、JR東日本の富田哲郎社長、大塚陸毅相談役といっしょだったんですが、情報は同席者から漏れており、新聞記者もみんなその情報は知ってましたよ。一部の社は今井秘書官にあてたらしいですが、吐血は否定したものの、トイレにこもったことは否定しなかったようです」
(全国紙政治部記者)

 また、「文春」の記事は中傷どころか、明らかに安倍サイドに配慮していた。記事を読むと、「一連の取材を通して浮かび上がってきたのは、満身創痍となりながら、安保法案の成立、そして9月の総裁選にむけて、一人で苦闘を続ける安倍首相の姿だ」とまるでエールを送っているような記述も目立っており、永田町では一時、官邸と文春が国民の同情を引くために仕掛けたヤラセ記事じゃないか、という噂までとびかっていたほどだ。

「文春の新谷編集長は安倍首相の『美しい国へ』の担当編集者で、官邸リーク記事をしょっちゅうやってますからね。ただ、今回は記者がとってきた情報で、逆に新谷編集長ら編集幹部が安倍首相に配慮してかなりソフトにしたというのが真相らしいです」(週刊誌関係者)

 いずれにしても、こんな程度の記事に抗議したということは、むしろそれだけ体調不良が深刻な状態で、絶対に知られたくなかったからではないか、とも言われている。

 実際、体調不良は他のメディアでも報道されており、「週刊ポスト」(小学館)8月21・28合併号は「週刊文春」で「吐血」したとされる6月30日の1カ月後の7月30日に、昼食を摂るのを拒むほど身体の不調を訴え嘔吐し医師の応急処置を受けたと報道。「週刊現代」(講談社)8月29日号もまた安倍首相がトイレに駆け込む回数が増え、自宅に帰ると「起きていられない状態」などと健康不安を指摘している。

 これが事実だとしたら、安保法制は健康不安を抱える安倍首相が自分の名前を歴史に残すという個人的野望のためだけに強行しようとしている可能性も出てくる。メディアはこんな脅しに屈することなく、全力で安倍首相の病状を追及するべきだ。

(田部祥太)  (転載終わり)

関連記事
『(理由は?)安倍総理21日から予定していた別荘行きを取りやめ;「朝鮮半島情勢緊迫のため」or「山本太郎に指摘されたから」』
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/227.html
(一言 自分たちが最長期間延長したほどの「国家一大事の戦争法案審議」なのに、たびたび休養しなければならないほど体調がお悪いのなら、総理辞任の上、どうぞ心ゆくまで山梨別荘でご静養ください。)

| | コメント (0)
|

【必聴】山本太郎の「そこまで追及して委員会」的激ヤバ国会質問

-「永田町ではみんな知っているけれどもわざわざ言わない事を質問致します」で始まった、18日の山本太郎生活共同代表の参院質問。そうなのだ。永田町(つまり国会議員)+大マスコミ政治部記者たちなどは昔から知っていて、言わなかった、否「恐くて言えなかった」アメリカ絡みのタブー。これに山本太郎がただ一人敢然と挑み、18日の国会の場で堂々質問したのである。午前中は安倍政権が戦争法案、原発再稼動、TPPなどを、「第3次アーミテージ・ナイレポート」どおりに政策実行している事実を追及。午後は戦争法案合憲の根拠にこじつけている砂川判決(1959年)が米国側「合憲」指示を受け田中耕太郎最高裁長官らが裁判内容などを逐一漏らしていた次第を米国側公開文書の存在により追及した。これらの事はすべての国民が知る必要のある情報だが、毎度残念なことに「安倍さまの」NHKは中継せずニュースでもスルーその他新聞・民放もスルーだったらしい。ダマスゴミ全面依存国民はいつまでも肝心要のことについて情報弱者でい続けることになるのである。末尾ながら、米国ジャパンハンドラー筋が必至で隠したいことをここまで日本国民にオープンにする「革命児」山本太郎、「くれぐれも御身大切に」と思わずにはおられない。(大場光太郎・記)-


(18日午前のアーミテージ・ナイレポート追及編動画)

8213

 昨年7月1日の集団的自衛権行使容認閣議決定直後、ご褒美に官邸に安倍首相を表敬訪問時のアーミテージとナイの両氏。満面の笑みを浮かべながらガッチリと握手を交わすアーミテージと安倍のこのシーンから、安倍政権下で今進められている戦争法案のルーツが那辺にあるのか明瞭に分かろうというものだ。

8214


山本太郎議員、永田町最大のタブーを追及 シラを切る政府(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/915.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 19 日 22:35:16
http://tanakaryusaku.jp/2015/08/00011789
2015年8月19日 21:56 田中龍作ジャーナル

8218_2
「(アーミテージ報告の)リクエスト通りではないか」。追及する山本議員。=19日、参院安保特委 写真:山本太郎事務所=

 多くの人が知っているが誰も怖くて言えなかったことをあの男が口にしてしまった。それも国会という公の場で。

 山本太郎議員がきょうの参院安保特委で、この国の政策がアメリカの対日要求に沿って決められていることについて追及したのである。

 「永田町ではみんな知ってるけれど、わざわざ言わないことを質問していきたいと思います」。タブーに挑む山本議員らしい切り出しだった。

 山本議員は「第3次アーミテージリポート・日本への提言9項目(2012年8月)」を特大のフリップで掲示した。

 「原発再稼働」に始まり「TPP参加」「戦時の米軍と自衛隊の全面協力(今回の集団的自衛権)」「ホルムズ海峡の機雷掃海」「国家機密の保全(秘密保護法)」「PKOの法的警護の範囲拡大(今回の駆けつけ警護)」・・・

 日本の政策がすべて米国のリクエスト通りになっていることを山本議員は指摘したのである。

8214
日本の政策がアーミテージ報告の まんま であることに呆れる。

 安倍晋三首相が 何とかの一つ覚え のように「ホルムズ海峡」を連呼していた時期があった。アーミテージリポートに忠実だったのである。

 図星を突かれた政府側の答弁は見苦しい、いや聞き苦しかった。

 岸田文雄外相は「(アーミテージリポートは)あくまでも民間の報告書ですので政府の側から逐一コメントすることは控える」としながらも「ご指摘の報告書(アーミテージリポート)を念頭に作成したものではない」とシラを切った。

 中谷元防衛相はさすがにウソをつくのがヘタだ―「結果として重なっている部分もあるが、あくまでも我が国の主体的な取り組みとして検討、研究をして作った」。中谷大臣は少なくとも同一であることを認めたのである。

 日本が米国の言いなりになっていることが、天下にさらされたのだ。

8217_2
「いつまで没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですか?」。山本議員の質問は容赦がなかった。=19日、参院安保特委 写真:山本太郎事務所=

 山本議員はトドメを刺すことも忘れていなかった。質問の最後を次のように締めくくった―

 「これだけ宗主国様に尽くし続けているのにもかかわらず、その一方でアメリカは同盟国であるはずの日本政府の各部署、大企業などを盗聴し・・・いつまで(米国にとって)都合のいい存在で居続けるんですかってお聞きしたいんですよ。いつ植民地をやめるんですか?」

 「中国の脅威というなら自衛隊を世界の裏側まで行けるような状態を作り出すことは、この国の護りが薄くなるっていう事ですよ」。

 山本議員の追及に溜飲を下げる国民は少なくない。「目からウロコ」の人もいるだろう。

 しかし「対等なパートナーシップ」を掲げた鳩山政権は、米国と官僚と記者クラブメディアに潰された。庶民に寄り添う政治家は、権力にとって不都合なのである。

 ~終わり~  (転載終わり)

関連記事
2015.8.19安保特①「今回の安保法案は、第3次アーミテージ・ナイ・レポートの完コピだ!」 参議院議員 山本太郎
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/133.html
https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5047
2015年08月20日 参議院議員 山本太郎 国会活動

2015.8.19安保特②「政府が集団的自衛権行使容認のよりどころとする砂川判決こそ、米国からの指示だった!」 山本太郎
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/134.html
https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5050
2015年08月20日 参議院議員 山本太郎 国会活動

(同日午後の砂川判決追及編動画)

山本太郎が安倍首相の「ネタ元」リポートを暴露! 安保法制はすべて米国のリクエストだったという証拠が(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/162.html
http://lite-ra.com/2015/08/post-1410.html

戦争法案の最大の根拠にしている砂川最高裁判決の違法性を命懸けで暴露した山本太郎議員!(wantonのブログ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo191/msg/140.html
http://ameblo.jp/64152966/entry-12063688969.html
2015-08-20 05:51:04NEW ! wantonのブログ

| | コメント (0)
|

ロスチャイルドと中・露戦争が勃発&中国とアメリカの戦争ゲーム?

-「最後の悪がき」であることを切に望むばかりだが、地球での自分たちの支配時間が残り少ないことをよく認識している悪魔の13血流連中は、シャカリキになってなりふり構わず、世界中で悪さを仕掛けているようである。どうも連中は「NWO(悪魔の世界統一政府)」完成やその前提としての「人類大削減」をまだあきらめていないようだ。とにかく世界中のあちこちで紛争の種を蒔き、それを大きく膨らませては世界最終戦争化したくてうずうず状態なのだ。シリアなど中東ダメ、ウクライナもロシアプーチンに阻まれてダメ、彼らのただ今のターゲットは中国&東アジアのようである。幸い極東には「葱鴨(ねぎかも)」の、米国に絶対従属の家畜人国があるではないか。ヤプーつまり日本である。戦後米国は小競り合いはしてもただの一度も大国と直接戦争した事はない。すべて代理国に戦争させて自分たちは高みの見物、漁夫の利を得てきたのだ。日本を中国と戦わせるのだ。そのために戦争法案を売国奴安倍晋三に何としても成立させるよう奥の院指令を出してきたのだ。-

【追記】だいぶ前から、米国には、ロシアや中国などの工作部隊が侵入しているという情報がありました。また今回の天津大爆発や中国船爆破事件によって、米国と中国の全面戦争との見方もあります。戦争にはいい戦争も悪い戦争もなくすべての戦争は悪に決まっていますが、そんなに戦争がしたいのなら近隣国や関係国を巻き込まず、軍事大国同士勝手にドンパチやってもらいたいものです。 (大場光太郎・記)

8184
(デービッド・ロスチャイルド ロスチャイルド家も世代交代で若手のデービッドが新たに登場?イエス自ら「終末の時には偽キリストが多く現われるだろう」と預言したが、この者もキリストに似せているようだ。ただし手を合わせているのはサタンに対してだろう。先日たまたまこの者が話している動画を見たが、さほどカリスマ性は感じられなかった。)


ロスチャイルドと中・露戦争が勃発
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955617.html
大摩邇(おおまに) 15:54
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966197.html

<転載開始>
以下の記事はロスチャイルドと中・露戦争が勃発したと伝えています。通貨戦争が武力戦争になってしまったのでしょうか。
また、退役軍人とアメリカのエリートとの戦いも進行中だそうです。

どうやら、水面下では武力衝突が勃発しており、アメリカは中・露によるサイバー攻撃でコンピューターが破壊され、停電を起こされることを恐れているのではないでしょうか。そのため、ウォール街の金融エリート(ロスチャイルド配下)はパニックになり、みな代替エネルギー、食料、水などを大量に調達しているのでしょう。

ジム・ストーン氏は、天津市の爆発はヒラリー・クリントンが仕組んだと伝えていますが、ヒラリーもシオニストですから、ロスチャイルドと繋がっているはずです。
ロスチャイルドが中国を攻撃した理由は、人民元の切り下げということですが。。。私の勝手な推測ですが、このような米VS中・露の戦いの背後にはバチカンやイエズス会がいるのではないでしょうか。

http://beforeitsnews.com/politics/2015/08/china-strikes-back-dc-air-traffic-computers-down-2734790.html

(概要)
8月15日付け

デービッド・ロスチャイルド率いるアメリカのエリートらと露・中の武力戦争が勃発しました。

3日前に、ロスチャイルドは、中国が人民元を切り下げたことに対する報復として、2人の中国系アメリカ人の兵士らを使って中国のタジン港で弾薬を積んだ中国船を爆破しました。

そして今日、中国はワシントンDCの航空管制塔のコンピュータにサイバー攻撃を仕掛け、機能不全にさせました。アメリカが一時的に戦争を止めない限り、中国は他のコンピュータも攻撃するでしょう。
同時に、エリートらと退役軍人との戦いが進行中です。エリートらが退役軍人の軍事記録を全米に売り渡しており、それを阻止するための戦いです。彼らは国防総省から退役軍人のデータを不正に盗み取っています。

私は外国の大使として最高裁にてこの件を裁判沙汰にしようとしましたが、個人的に訴えることはできないとして拒否されました。
その対応として、一部の米軍がアメリカのアルゴリズム全て使い、アメリカに拠点を置く企業(中国を相手にビジネスを行っている)のコンピュータに侵入しました。また、英米のコンピューター、米軍地下基地用の自爆兵器などにアクセスしました。

アメリカ中の航空管制塔のコンピューターは、中国、ロシア、イラン及び他の8ヶ国からのサイバー攻撃により一瞬にして使用できなくなるでしょう。

キューバのトリニダードとミネラルを襲い、またワシントンDCを襲った地震は中国の仕業です。中国は地震を起こすテクノロジーをもっています。
しかし米軍地下基地の自爆核爆弾を爆発させてインターネットから遮断するのに失敗しました。

エリートらが軍事記録を世界中に売り渡すことを止めさせ、安全保障を侵害したとして彼らを逮捕すべきです。

BRICS諸国は組織的にアメリカを機能不全に陥らせ、アメリカの地下施設を爆破する可能性があります。
アメリカは3日以内に中・露に対して大規模な反撃を開始するでしょう。ロスチャイルドは中国やロシアがひどく嫌っている何かを仕組んでいます。

天津の核爆発と中国船の爆発は繋がりがあるのです。。

<転載終了>


中国とアメリカの戦争ゲーム
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955921.html#more
大摩邇(おおまに) 18:59
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966337.html
<転載開始>

やはり。。。ジム・ストーン氏に記事の通り、天津市の爆発はアメリカの攻撃によるものだったのでしょうね。
ジム・ストーン氏は、最初の爆発は核爆弾によるもので2回目の爆発は宇宙兵器によるものだと言っています。
現在、水面下では中国とアメリカの戦争ゲームが勃発しているようです。
米政府はアメリカに潜伏している中国工作員による核施設へのテロ攻撃を懸念しているようです。非常に敏感になっており、サウスカロライナの各施設も一時閉鎖したくらいです。

今日のニュースでタイでも爆発が起き多くの人が犠牲になりました。この事件と中国天津市の爆発にはつながりがあるのかないのか。。。分かりませんが。。。世界中で戦争を起こしたい連中の仕業ではないのでしょうか。

日本の原発も警備を強化した方がよいのでは??イスラエル、アメリカ、中国の工作員がいつまた日本の原発を狙うか分かりません。


http://beforeitsnews.com/alternative/2015/08/breaking-another-bombshell-potential-security-event-reported-at-south-carolina-nuclear-site-video-heads-way-the-hell-up-3200736.html

(概要)
8月17日付け:


既にアメリカは中国と戦争状態にあります。

米当局は月曜日に、安全を確保するためにサウスカロライナのサバンナ川沿いにある核施設への車両の立ち入りを禁止するなどの緊急対応を実施しました。

その1時間30分後に、サプライヤーのトラックの電子スキャンとケーナインスキャンが反応し、トラック内に爆発物がある可能性があることを示しました。
サウスカロライナとジョージアの当局は大至急、原発の警備会社(Centerra社)と共に緊急対応を実施しました。
警察の捜査の結果、トラック内には爆発物は見つからず、核施設に対する厳重な監体制は午後5時25分に解除されました。
ジョージア州にほど近いサウスカロライナ州のサバナ川沿いにある核施設は敷地面積が20万エーカーもあり、その大部分は松林で覆われています。
この施設ではアメリカが使用する(核兵器としての利用基準を満たす)プルトニウムとトリチウムの3分の1が製造されています。冷戦時代には核兵器製造のためにここで生産されたプルトニウムとトリチウムが主に使われていました。
他の核施設は既に閉鎖されたため、他の核物質もこの施設に運び込まれ、保管されています。また、使用済み核燃料も運び込まれており、防衛目的でトリチウムが製造されています。また、この施設では商用原子炉に転用するための高濃縮度ウランの研究開発が行われています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2015/08/bombshell-china-and-america-already-at-war-tianjin-explosion-carried-out-by-pentagon-space-weapon-in-retaliation-for-yuan-currency-devaluation-2457994.html
(概要)
8月17日付け:

中国天津市の爆発は、人民元の切り下げの報復としてペンタゴンが宇宙兵器で攻撃したためです。現在、軍のヘリが北京上空を巡回しています。
821

(NaturalNews)
中国の反体制活動家からNaturalNewsに以下の情報が提供されました。
天津市の爆発は、中国が人民元を切り下げたことに対する報復としてペンタゴンが中国を攻撃した可能性があります。
中国政府は爆発現場の警備をこれまでにないほど厳重にし、今回の事件に関する情報が外に漏れないように厳しい情報統制を行っています。

同時に米政府もメディアが天津の爆発に関しての報道を行う事を禁止しました。

中国は今後18日以内に人々の移動を禁止し情報を統制するために、爆発が起きた地域に限定して戒厳令を敷くことになるでしょう。
中国政府は、爆発現場に、記者が立ち入るのを禁止しました。また、今回の爆発原因に関して陰謀論を唱えているブロガーを逮捕しています。

米政府も中国政府も、都合の悪い情報が流れるのを阻止するためにメディアの記事を全て検閲しており、情報の独裁統制を行っています。
爆発直後に中国政府は、複数の黒いヘリを飛ばし北京上空から監視を行っています。
8211

中国の反体制活動家は、今回の爆発(攻撃)は、アメリカからの警告ではないかと推測しています。中国は、米国債を大量に売る一方で、人民元をゴールドに裏付けられる通貨とすることを発表しようとしていたのです。中国のこのような動きは米ドルと米経済を崩壊させることになります。
そのため、中国に強力なメッセージを送る目的でペンタゴンが宇宙兵器(棒型ミサイル=Rod of God)を使って天津を攻撃した可能性があります。しかし爆発の原因は倉庫に保管されていた化学物質が爆発したため、との報道を行うことで真実を隠しています。
8212

アメリカは戦時中も同じような手段で他国に強力なメッセージを送りつけました。それは広島と長崎に落とした核爆弾です。
アメリカは常に、他国を大量破壊兵器で攻撃し一般市民を大量虐殺する方法でアメリカの意思を伝えるのです。
アメリカが広島と長崎に核爆弾を落とした年(1945年)も、ユダヤ教のShemitah(聖なる年)だったのです。今年もShemitahです。

8月16日に、オバマは、アメリカに潜伏している中国政府のスパイがアメリカ国内で秘密作戦を実行しているとして、容赦ない警告を発しました。現在、アメリカと中国はいくつかの問題を巡り、両国間の緊張が高まっています。アメリカの数百万人にものぼる公務員の個人データが盗まれたのも中国の仕業と考えられます。

省略

<転載終了>

| | コメント (0)
|

中国天津大爆発は2回にわたる核爆弾によるものだった!?

-だとしたら下手人は、米国に籍を置くイルミナティ・レプティリアン一派しかいないわけである。と、国際情勢ズブの素人の私でもすぐ特定できてしまうようなことを、鼻つまみ連中は性懲りもなく繰り返し、「ガイア女神」と国際社会に多大な迷惑をかけどおしなのである。そして今回転載文の元NSA技術者ジム・ストーン氏推測によると、ヒラリー・クリントンが一枚大きく噛んでいるともいう。ヒラリ婆は民主党次期大統領候補、対抗する共和党候補の一人はIQ91とヤユされた(余談・おらが安倍閣下は「IQ89」と)あのブッシュ元大統領の弟ジェフ・ブッシュなのである。どちらもご存知、「悪魔のレプティリアン13血流」につながる家系であり、またぞろこんなのを担ぎ出さざるを得ないところに、地球維新による立替え・立直しから取り残されている没落米国の深刻さを見てしまうのである。これをきっかけに本格的な米中戦争に発展しないよう、「報復」は既に“宇宙潮流遅れ”のレプティリアン原理なのだから、「大人(たいじん)の国」中国は隠忍自重していただきたいものである。 (大場光太郎・記)-


中国天津市で起きた爆発・・・やはり核爆発?

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955616.html
大摩邇(おおまに)15:52   
(日本や世界や宇宙の動向 さんのサイトより)
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966180.html

<転載開始>
ジム・ストーン氏が自身のウェブサイトに掲載した記事です。何分、長い記事ですので、途中の説明は省略させていただきました。
どうやら。。。はやり。。。核爆弾が爆発した可能性があります。また、2回目の爆発には宇宙から棒型のミサイル?(どのように訳してよいやら。。。画像をご参考ください。)が使われた可能性もあるようです。

その目的は。。。ジム・ストーン氏の推測ですが、ヒラリー・クリントンのとんでもない犯罪行為を隠すためだそうです。
大統領候補のヒラリー・クリントンはメールの問題(国務長官在任中の公務に 私的な電子メールアカウントを使っていたことが明らかになったことが浮上しています。)が取沙汰されていますが、彼女が実際に行ってきたスパイ行為(反逆行為)が隠蔽されています。
まあ、特にアメリカの政治家はサイコパスが多いですし、イルミナティ(シオニスト、ハザールマフィア、カバラ、グローバリスト、金融エリートなど)のメンバーが殆どであり、彼らはイルミナティの命令通りに動いているので、ヒラリーだけが悪さをしているとは言えないと思います。
ただ、ヒラリーは人間の心を持っていないと思います。完全なサイコパスです。ベンガジのテロ事件で4人のアメリカ人が殺害された時、ヒラリーは笑っていたそうです。また、ヒラリーはレズビアンです。
まあ、誰が何の目的で爆発させたかは明らかになっていませんが、いつもの連中でしょうね。これで戦争でも始めようとしているのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/eu/2015/08/chinese-harbour-nuked-2588022.html

(概要)
8月15日付け:
rodfromgod

ジム・ストーン氏によると。。。
爆発後の様子を写した最新画像を見ると、爆発の跡地に広さ3エーカーほどの湖ができていました。爆発によってこのような湖ができたということは、この爆発は5キロトンの威力があったことを示しており、可能性としては核爆弾或いは宇宙往還機から棒状のミサイル?が撃ち込まれた可能性があります。
Jim Stone www.Jimstone.is

820

初めは、宇宙から棒型のミサイルが撃ち込まれた可能性は低いと思いました。なぜなら、軌道からミサイルが撃ち込まれても大気圏を通過して地上まで到達するのは不可能と思ったからです。しかしこのシステムは実際に機能する事を証明する証拠を見つけました。もし今回の爆発が核攻撃によるものであったなら、中国は容易に追跡できたことでしょう。

最新情報:
爆発は複数回起きましたが、それらはお互いに関連性はないようです。最初の爆発は小規模なものでコンテナが置いてあったエリアの西側で起きました。爆発によって大きな穴が開き、コンテナが穴に転がっていたのを多くの人々が目撃しました。
2回目の爆発は、コンテナが置いてあったエリアの東側で起きましたが、この爆発によって湖ができました。これは核爆弾タイプの爆発でした。その直後に爆発が起きた現場の南側で火災が起きました。2つの爆発現場の丁度中間あたりです。火災は爆発によるものではありません。しかも、最初の爆発現場と2回目の爆発現場は200ヤード(200m以上)も離れていますから、1回の攻撃で200m以上離れた場所を同時に爆発させることは考えにくいのです。
爆発現場の倉庫に保管されていた爆発物や周辺にあったあらゆる物が、今回の爆発(宇宙から撃ち落とした棒型ミサイル?或いは核爆弾による爆発)で完全に消滅してしまいました。

ネット上に投稿された大きなクレーターの画像は最初の小さな規模の爆発によってできたものです。そして2回目の大きな規模の爆発後にできた湖の画像が公表されましたが、これはソ連の核実験でできたものとよく似ていますが、ソ連のよりも遥かに大きいことが分かります。
天津の爆発でできた湖とソ連の核実験時にできた池を比べると、天津の方は、5キロトンの核爆弾がソ連のよりも少し深いところで爆発した可能性があります。

nuclake

(↑ ソ連時代の核実験でできた池)

(↓ 天津の爆発でできた湖。現場に置いてあった爆発物が爆発の原因だとは考えられません。)chinablast
今回の爆発は事故ではありません。最初の爆発でできたクレーターの周辺の割れ目を見ると、1m以上深い地中で爆発したことが分かります。これが核爆弾でなければ、すさまじい威力のある爆発物であったこよは確かです。ただしクレーターができたということは燃料気化爆弾でないことは確かです。

詳細の説明は省略

一体、誰が何の目的で天津を爆発させたのでしょうか。たぶん、何か大きな事件から注意をそらすためにこのような爆発事件を起こしたのでしょう。

・・・(詳しい説明は省略しますが。。。)
この記事では、大統領候補のヒラリー・クリントンが(自身のメール問題は彼女が行ってきた重大な裏切り行為から注意をそらすため)NSAと共謀してこのような事件を仕組んだのではないかと説明しています。・・・

ヒラリー・クリントンはNSAのスパイを使ってきたと、数十年前から噂されています。ヒラリーはアメリカの敵国に機密情報をフィードし続けています。

ヒラリー・クリントンは権力を振りかざしNSAを監視しながら、彼らにアメリカの機密情報を盗み出させ、それらをアメリカの敵国の中国、イスラエル、ロシアに手渡していたのです。NSAはNSA専用のサテライトを使って
ヒラリーに機密情報を送信していました。
ヒラリーは、ユダヤ人(シオニスト集団)にアメリカの機密情報を随時提供してきたため、ユダヤ人は欲しい情報を全て手に入れることができ、アメリカの殆どの企業はユダヤ人に乗っ取られてしまいました。
ヒラリーはユダヤ人と共にアメリカを乗っ取り、最終的にアメリカを破壊するつもりです。これ以上最悪な裏切り行為はありません。しかしゲームは終わりました。

中国でこのような爆発事故を起きたことで、ヒラリーはニュースに取り上げられることがなくなりました。このような偽旗事故や事件はいつもの彼らのやり口です。彼らは爆発の原因が何かについて報道内容が変わり続けています。
今回の爆発はブタノンが使われた可能性が高いと報道されました。ブタノンは飛行機のモデルの接着剤として使われましたが、20年前に子供たちがブタノンを吸引していたために使用禁止となりました。

ブタノンを爆発の原因とするには。。。ある人物が意図的に爆発現場でブタノンを数十分間燃やしていたのです。その光景が人々に目撃されるという設定のはずです。その後、小規模の爆発が何回か起こります。ブタノンも爆発すると破壊力があります。それを通りすがりの人々に撮影させたのです。
しかし実際はミサイルや核爆弾が使われました。

なぜこのようなことをしたかというと、ヒラリーがNSAの地下基地から直接、大量の機密文書を盗み出したり、NSAに潜伏しているヒラリーのスパイが機密情報を盗み出し、サテライトに送信し、ヒラリーはNSAのスパイからサテライトの暗号化キーを入手しているため、サテライトから機密情報を得ていました。

詳細は省略

このような非常に深刻な反逆行為を行ってきたヒラリー・クリントンが今後数週間以内に処刑されなければ、アメリカは終わってしまいます。

最新報道として、アンモニウムと硝酸カリウムが爆発した可能性が指摘されていますが、これは冗談以外のなにものでもありません。アンモニウムと硝酸カリウムは燃料と正しい割合で混ぜなければ爆発はしません。

<転載終了>

| | コメント (0)
|

【必見】日本は、もうダメです これが日本の現実 所かまわず眠りこける人が急増 社会崩壊の前兆か?

-興味深いというか、ある意味大変深刻で衝撃的な画像満載の記事を阿修羅掲示板で見つけたので、予定変更ながら急遽取り上げることにした。に、してもなんじゃ、一つ一つの光景は。所嫌わず、時間かまわず、男女の別なく、寝てる、寝てる、寝てる・・・。世界でもっとも勤勉で折り目正しいとされてきた国民性からして信じられない、信じたくない光景だが、これが現実に今都内など各地で起きているのだ。私はこういう現象に対して何の知見も持っていないが、この画像集はここ2年間のもののようだ。とすると福島原発による放射能による神経破壊、脳破壊以外考えようがないのではないか?「自分は鹿児島にいて高みの見物で放射能危機を煽らないでよ」と、最近は飯山一郎氏サイトを敬遠気味だったが、首都圏以北を中心に相当深刻な状況なのかもしれないとあらためて思わせられる。それにしても普段なら寝る場所ではない所でゴロンとなっているのに、回りの人たちの無関心ぶりはどうだ。これは村上誠一郎自民党衆院議員が凶暴な安倍首相&政権幹部らに対して涙を流して使った言葉のもじりだが、「(上も下も)日本人はいつからこんな惻隠の情のない国民になってしまったのだろう」。いや周りの人たちも実は放射脳になっているということなのか?いろんな意味で見たくない、この国の黙示録的な光景である。 (大場光太郎・記)-


日本は、もうだめです。これが日本の現実。駅で、道端で、乗り物の中で倒れている人がいるなんて、今まで見たことも聞いたこともない。
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/629.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2015 年 8 月 15 日 14:57:57
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/622.html#c32
http://ameblo.jp/kaito000777/entry-12031605335.html

これが日本の現実。

  駅で、道端で、乗り物の中で倒れている人がいるなんて、今まで見たことも聞いたこともない。

それにしても品川駅の方はひどい。

  写真を見る限り、夜遅い時間だろうか?

  酔っぱらって寝てしまったのなら本人が悪いが、この倒れ方は普通ではない。

8185

倒れている人がいても誰も介抱もしていない。

自分さえ良ければ他人がどうなろうが知ったこっちゃない。

ただ、私がこの現場にいたらどうだろうか?

声をかけるだろうか?

一人一人の無関心が大きな渦となって日本列島を地獄の底に引きずりこんでいくのだろう。

この衝撃的な写真は、私に「関西で倒れる人がいたら、必ず介抱しよう。」と心に誓わせた貴重な写真だった。

8186


8187


8188

8189

  腹痛だろうか?

81810

  寝てるらしい・・・

81811

81812

81813

81814

819

8191

吉祥寺↑

8192

山手線↑

8193

これは酔っ払いかな?↑

8194

埼玉に近い関東らしい↑

8195
学習院大生が撮影↑

8196

相模大野↑

8197

階段で寝てる人って3・11前も普通にいたよね?

いねーーよ!

8198

8199

81910

81911

戸塚↑

81912

81913

81914

81915

81916

81917

81918

81919

81920

81921

81922

81923

81924

81925

81926

学研都市線↑

81927

別府↑

81928

笹塚駅↑

81929

81930

81931

81932

81933

81934

81935

81936

(以上転載終わり)

| | コメント (0)
|

英タイムズ、仏ル・モンドなど欧米紙酷評 心のこもらない中途半端な談話など出さなければよかったのだ

-14日の「70年安倍談話」関連記事を少し長くなるが一挙4記事以下に転載する。2つくらいに絞ろうかとも考えたが、それぞれが独自の視点から斬り込んだ秀逸記事なのですべて紹介することとした(順不同)。安倍首相は村山談話を上書きし歴史的談話として後世に残したい野望を持っていたようだが、せいぜいのところ電通系の共同(37・7%→43・2%)が40%台に再び乗せてあげ、続いて大応援団の読売が50%超えの高ゲタを履かせるかもしれないが、すべては戦争法案アシストのための一過性現象であり、名実ともに「村山談話」の足元にも遠く及ばなかったのである。(大場光太郎・記)-

817

支持率さらに下落必至(C)日刊ゲンダイ

支持率さらに下落必至…安倍首相「戦後70年談話」の大誤算
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/691.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 15 日 15:20:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162774
2015年8月15日 日刊ゲンダイ

 国民の支持率回復という観点では、今回の「70年談話」は大失敗だったんじゃないか。

 スッタモンダの末、焦点だった4つのキーワード、「侵略」「植民地支配」「反省」「おわび」は全て盛り込まれた。とはいっても、いずれも過去の談話などからの“引用”という間接表現で、自分の言葉ではない。「村山首相談話を継承し発展させる会」の藤田高景理事長は、「4つの言葉を無理やり入れた姑息な作文」と言ったが、安保法案と同じで、ごまかしと逃げの談話だった。

 一方で、安倍応援団の右派にとっても不満が残る内容だった。4つの言葉が入ったうえ、「歴代内閣の立場は今後もゆるぎない」と表明して過去の談話を“引き継いだ”からだ。

「左派と右派の両方にとって、物足りない談話でした。安倍首相は本当は、談話で、『侵略を含めた歴史観を変えたい』と考えていたわけで、特に右派はそれを支持していた。しかし、安保法案で批判を浴びる中、いろんなことに気を使い過ぎて、文章のテクニックに走った結果、メッセージがぼけてしまいました」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

 安倍首相にとって痛いのは応援団の右派の離反だ。明治の産業革命遺産を「世界遺産」に登録する際に、「韓国に強制労働を認めさせられた」として右派から猛批判を浴びたことがトラウマになっている。70年談話をめぐっても、「おわび」を盛り込むことが事前に報じられていたからか、14日には、右翼の街宣車が大音量で自民党本部前に押し掛けていた。

 もっとも、そうした懸念があるため、談話には右派向けの配慮もあった。「子や孫に謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」というくだりだ。

 会見の質疑応答で、“身内”の産経新聞記者がわざわざこの部分を質問し、安倍首相が再び強調するというやりとりがあったのが象徴的だ。

 政治評論家の野上忠興氏はこう言う。

「どっちつかずの内容のうえ、それでも右派に気を使わざるを得ない。支持率が急落し、心身ともに追い込まれている今の安倍首相の苦境が、談話によく表れていますよ。支持率はさらに下落するでしょう。歴史に名を残したいと格好をつけた結果、自ら墓穴を掘りました」

 70年談話なんて出さなきゃよかったのに、ホント、バカな首相だ。 (転載終わり)


お粗末にして仰々しい70年談話
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/705.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 15 日 20:40:05
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1708
15年08月15日 永田町徒然草

8月15日の終戦記念日は、ほとんど暑い日が多い。昭和20年のその日も暑かったという。この日は、先の戦争で命を落とした人々に想いを致し、その冥福を祈り、平和を祈念する日である。多くの日本人がごく自然にそのようにしてきた。私もいつも特別な日として過ごしてきた。ところが、今年は違った。昨日の安倍首相の戦後70年談話を多くの人々がどのように評価しするのか、また関係諸国からどのような反応があるのか、それを確かめるのに忙しかった。

そもそも私の作業は、昨晩から始まった。まずは、昨日の午後6時から始まったテレビの記者会見を見て、何かおかしいぞと思った。安倍首相が焦点の定まらない、宙を仰いだような表情で、訳の分からないことを長々と喋っている。一体何が始まったのかと多くの人々が感じたと思う。確かプロンプターが左右にあった。安倍首相はプロンプターに映っている70年談話を読んでいたのだ。

4000字を超えるような談話(声明文)を何も諳(そらん)じる必要はない。一語一句が大切なのだから、心を込め、抑揚をつけてチャンと朗読すればよいのだ。その朗読を終えてから、国民に向かって言いたいことがあれば、説得力ある言葉と表現で語ればよいのである。プロンプターはそういう時に使うものだ。そうすればあの宙を仰いだような不自然な表情を国民に見せることはなかったのに…。

私は何を言っているのか分からなかったのでパソコンをみたら、既に70年談話の全文が載っているではないか。安倍首相はプロンプターに映っている70年談話をできるできるだけ説得力があるように読もうとしていたのだ。読み難いところがあったのだろう、目が宙に浮かんだり不自然な表情になってしまうのだ。4000字の談話を諳んじたからといって誰も安倍首相は頭がいい、などと言わない。格好いいとも思わない。周りにはいろいろな人物がいるようだが、今回の演出は一体誰なのだ。

さて70年談話の中味だが、私の評価はゼロ点である。その理由は、安倍首相が長々と述べた不幸な戦争や歴史をすべて踏まえて、わが国の憲法前文と9条は制定されたのだ。そのことを確認することが一番大切だし、諸外国に対しても重みのある談話となる。しかし、安倍首相はそこを認める気が全くないのであるからしょうがないないのだ。

私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

これは70年談話の結びの部分でる。積極的平和主義にわざわざカギ括弧が付けらている。積極的平和主義などという用語は、安倍首相が使う浅はかな政治用語に過ぎない。その積極的平和主義に基づいて、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を行い、そして多くの国民が反対している安保関連法案を国会に提出したのだ。安保関連法案は何としても成立させるぞと内外に言うために仰々しい70年談話をわざわざ出したのだ。何ともお粗末な話ではないか。

今日はこのくらいにしておこう。それでは、また。  (転載終わり)


安倍SOSに3人のお友達<本澤二郎の「日本の風景」(2088)<さすが英紙タイムズ社説><安倍談話を恥ずべき内容と断罪>
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/741.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 16 日 14:28:22
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52112840.html
2015年08月16日 「ジャーナリスト同盟」通信

<さすが英紙タイムズ社説>

 8月15日付の英紙タイムズは、社説で安倍談話を真っ向からこき下ろした。採点すればゼロ点である。8・14談話に登場した安倍の形相はよくなかった。最悪の体調ではないか。目の下のクマは膨れ上がって痛々しい印象を与えていた。さっそく隣国どころか、世界各国からの手厳しい批判の嵐に押しつぶされそうになり、あわてて夏休みの延長を決め、そこに友達を集めて再起を図ろうとしている?安倍SOSである。

<安倍談話を恥ずべき内容と断罪>

 「安倍談話は、恥ずべきほどまでに日本の罪ときちんと向き合おうとしなかった」とそれこそ、安倍が立ち上がれないほどの、最大級の手厳しい評価を下した。侵略や植民地支配など間接話法で逃避した手口を、根底からえぐられたものであろう。タイムズに脱帽である。
 日本の被害者神話にも切り込んだ。これでは隣国との関係や日本外交をゆがめるとも断じた。全く同感である。極右の人間以外は共鳴できるだろう。 

<3人組招待で切り抜ける?>

 意気消沈の安倍である。側近の知恵は、お友達に別荘に来てもらい、酒とゴルフでピンチを乗り切りさせるという趣向らしい。
 「別荘では、話題の女性議員に来てもらうわけには如何でしょう。15日は靖国参拝で彼女らも大忙しだったのだし」などの冗談も飛んでいる。
 自ら撒いた政治的危機を、3人のお友達で処理する?こんな芸当を耳にしたこともない。無理である。

<郷土入り・神社参拝も効果なし>

 座禅・3度の郷土入りも効果がなかったのだろう。地元では2箇所の神社参りもしていたのだが、むろん、効果があろうはずもない。
 創価学会をうまい具合に活用してきた太田も、いま内部から突き上げを食っている有様だ。太田の次期衆院選はない。婦人部が協力しない。これはほぼ確実である。

<アベノミクスで戦争法>

 南カリフォルニア大学の留学時代の友達も、酒とゴルフに参加したようだ。昔、安倍晋太郎のライバルの事務所で「息子はアメリカ留学中、麻薬を覚えた」という話を聞かされたものだ。ひょっとしてお友達が知っているのかどうか。
 もう一人の内閣官房参与は、米紙のインタビューで「アベノミクスは日本の軍事力を強くするための政策。(軍国主義で)中国と対抗する」という趣旨の発言をしていたということが、ネットに記録されている。
 目下の戦争法が、対中戦略に位置づけられているのも、この悪辣な人物のせいなのだろうか。
 アベノミクスによる急激な円安で財閥の懐は大きく膨らんだ。庶民と反対である。連中は知っていて強行したのである。日本国民からすると、どうみても売国奴である。
 安倍家と三菱の関係は長くて深い。日本最大の三井住友とは、この日の高橋精一郎ということになろうか。

<安倍も太田も総すかん>

 創価学会が覚醒すれば、戦争法の審議と強行採決は崩れることになろう。その可能性を否定できない。
 婦人部以外に創価大学生とOBも決起したのだから。政局の鍵は創価学会の動向で決まる。太田が恩師を裏切って、このまま突っ走ることが出来るのか。婦人部の決起が不発に終わってしまうのかどうか。
 国民から総すかんを食ってしまった安倍である。創価学会から太田が総すかんを食うことになれば、極右・日本会議の野望は挫折することになる。
 三井住友や三菱が奮戦しても1億2000万人の主権者を動かすことは出来ない。

 安倍ナショナリストのお友達のNHK会長のNHKにも、近く大きなデモが展開されることになっている。戦争法廃案を一番心配している自衛隊の家族も、国民の決起を喜んでいる。
 安倍と太田を包囲すれば、戦争法は廃案になる。特に太田を叩き潰すことが出来れば、流れは大きく変わる。戦争遺児が泉下で呻吟しながら叫んでいる。池田理念の真価も問われている。創価学会の再生を多数国民が願っている。

2015年8月16日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)  (転載終わり)

   
大山鳴動鼠零匹安倍談話と戦争法案の矛盾(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/690.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 15 日 15:15:52

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-b349.html
2015年8月15日

敗戦から70年の時間が経過した。

しかし、8月15日は昭和天皇による「大東亜戦争終結ノ詔書」朗読音声が放送された(玉音放送)日であって戦争が終結した日ではない。

日本がポツダム宣言を受諾して降伏することを決定したことが公表されただけである。

日本が降伏文書に署名したのは9月2日であり、戦争終結は9月2日とするのが正しい。

敗戦の日は9月2日とするのが正しい。

重要な歴史期日が粉飾されることは望ましいことではない。

敗戦70年に際して、安倍首相が談話を発表した。

閣議決定せず、首相談話として発表することが検討されたが、閣内不一致の批判を受ける可能性が高いことから、閣議決定する道が選ばれた。

「侵略」、「植民地支配」、「反省」、「おわび」

の言葉が盛り込まれたが、安倍首相の言葉として表出されるものにならなかった。

日本の過去の歴史を直視し、事実を認め、その事実に対する態度を示すものでなかった。

この意味での談話はすでに20年前に、村山富市首相にが発表している。

村山談話では、日本の過去の行為として

侵略

植民地支配

を認め、

このことについて、

痛切な反省

心からのお詫び

を述べたものである。

この村山談話によって、日本の戦争責任についての言及は総括されたのである。

安倍首相は村山談話を否定するために70年のこの年に談話を発表する意向を示したのだと考えられる。

村山富市元首相は

「村山談話を継承する」なら、基本的な事項を省くことはおかしいが、安倍氏は本音では、「侵略」や「反省」、「おわび」を認めたくないという心理をもっているのではないか」

との疑念を示していた。

ところが、安倍政権が戦争法案を推進するなどの暴走を繰り広げるなかで内閣支持率が急落し、いよいよ赤信号が灯る20%台に突入する様相が示されている。

安倍首相は当初の意向を撤回さざるを得ないところに追い込まれた。

安倍政権を支えているのは公明党である。

公明党は村山談話を継承する表現を盛り込まなければ談話を了承しない方針を明示した。

安倍首相は閣議決定ではなく首相個人の談話発表で意向を貫くことを検討したが、談話発表後に閣内不一致を追及されることは必定である。

公明党の連立離脱という事態さえ想定しなければならなくなる。

それは、安倍政権崩壊を意味することだ。

結局、追い込まれた安倍政権が、村山談話の四つのキーワードをそのまま用いるところにまで追い込まれたのである。

しかし、安倍談話は四つのキーワードを盛り込んだとはいえ、その言葉は安倍首相の認識、心を表現するものになっていない。

第三者が心も込めず、状況を記述するだけのもので、まったく意味のない談話になったと言える。

大山鳴動してネズミ一匹も出ず、ということになった。

安倍談話の最大の問題は、

「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。」

と述べておきながら、国際紛争を解決する手段として武力を行使する集団的自衛権の行使を容認する戦争法案を推進していることである。

こうした二枚舌、二律背反、言行不一致が、国民の不信感を増幅させているのである。

敗戦から70年を迎えるいま、日本がまずやるべきことは、戦争推進の戦争法案を完全廃案に追い込むことである。  (転載終わり) 

 

| | コメント (0)
|

70回目の終戦記念日に

   遺品あり岩波文庫『阿部一族』   鈴木六林男


 毎年述べることですが、私はブログ開設の2008年からこの日の回数を変えただけの同タイトル記事を毎年出して来ました。1年365日のうちでもこういう日は極めて稀です。以前からどうしても書かなければ気が済まない何かが私の中にあったようです。そこで今年も恒例のとおり自前の記事を出すことにします。

 というより、今年に限っては「出さないでどうする」という心持ちです。一つはこの終戦記念日が「70回目」という節目に当たること。そしてもう一つは、安倍政権が強引に成立させようとしている安保法制法案(以下「戦争法案」)により、国民の間でも「戦争か平和か」を問う機運がかつてないほど高まっていること、などが挙げられます。

 思えばわが国は、1945年(昭和20年)8月15日のこの日以来、「このような大惨禍をもたらす戦争はもう二度と起こしたくない」との固い決意のもとに、戦後日本の歩みをスタートさせたのでした。その国民共認の上に世界に類を見ない平和憲法である日本国憲法が制定され、戦後日本の骨格が明確に定められたのです。

 平和憲法の大きな柱は何と言っても「憲法9条」です。以前の終戦記念日記事でも掲げた記憶がありますが、何度掲げてももうこれで十分ということはありません。

日本国憲法

第2章 戦争の放棄

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

(引用終わり)

 永久に戦争をしない国、戦争を起こさない国という担保が世界各国の信用を呼び、結果として驚異的経済発展を遂げ今日に至ったのです。事実戦後70年日本はただの一度も戦禍に巻き込まれることも、他国の戦争に加わることもありませんでした。中には「それは日米安保のおかげ」と主張する向きもありますが、違いますよ。

「憲法9条のおかげ」なのです。

 1990代初頭、戦争に加わわされそうになったことがありました。戦争屋一族ブッシュ家の父ブッシュが大統領時代の湾岸戦争です。時の海部俊樹総理大臣に「日米安保による軍事同盟に基づき、多国籍軍の一員として日本も中東に自衛隊を派遣してもらえないだろうか」と、父ブッシュ大統領から要請があったそうです。

 対して海部総理は、「何言っているんですか。憲法9条により、わが国が海外に自衛隊を出せないことくらい百も承知のはずでしょう。第一日本に平和憲法を授けてくれたのはアメリカさん、貴国ですよ」 海部内閣が短命だったのはおそらくこれが原因だったのでしょうが、過去には米国大統領にも言うべき事はしっかり主張した総理がいたことは記憶しておいた方がいいと思います。

 ところが近年、憲法9条を中心に憲法改悪を企てる勢力がとみに増殖中です。それは現安倍政権下で特に顕著です。それが端的に現われたのが今焦眉の急となっている戦争法案です。

 安倍一派は憲法96条に規定する正規の憲法改正手続きが困難とみるや、かつて図らずも麻生副総理がポロッと漏らした「(ワイマール憲法をいつの間にか骨抜きにしていった)ナチスの手口に学べ」方式に切り替え、昨年7月1日の集団的自衛権行使容認閣議決定という超邪道、そして今回その総仕上げである戦争法案国会提出となっているわけです。

 この戦争法案は、小林節慶大名誉教授を筆頭に99%の憲法学者が強調しているように「違憲」法案です。そもそもこんな世紀の大悪法を正規の手続きを経ずにゴリ押ししてくる安倍総理&安倍一派そのものが、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」とした憲法99条違反に該当するのです。

 安倍晋三ら戦前軍国日本回帰願望の強い極右国民会議系自民党議員及びそれに同調する公明党カルト一派の数の力によって、今や戦争法案は成立目前です。同法案によって、海外派兵、集団的自衛権、武力行使を禁じた憲法9条が形骸化してしまうことになるのです。

 いったんこんな悪しき前例を作ってしまえば、「すべての基本的人権の享有」(第11条)「思想及び良心の自由」(第19条)「信教の自由」(第20条)「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由」(第21条)など国民の権利を、時の政権の都合次第でいくらでも制限してくるに決まっているのです。

 息苦しい戦前・戦時中のような暗黒国家の到来です。今を、次の大戦争の「戦前」にしてはならないのです。

 それにしても安倍一派の策謀で明らかになったのは、現在の米国闇勢力がかつてないほど日本を従属支配したがっていることです。「彼ら」自身がほど追いつめられているということなのか、およそ理不尽な要求を次々にしてきています。戦争法案、TPP、原発再稼動はすべて「第3次アーミテージ・ナイレポート」に沿ったものなのです。

 そして許せないのは、外務省、防衛省官僚幹部らが米軍首脳らと組織する「日米合同委員会」で向こうの要求どおりに動き、同委員会指令どおりに安倍自公政権幹部らがその実現化に動いていることです。

 いっぱしの国士気取りの安倍晋三以下の国民会議自民党幹部連中は、こんな対米隷属売国政策を次々と推し進めて何の良心の呵責も感じないのでしょうか。

 いずれにせよ、仮に戦争法案が成立してしまえば、同法案は将来的にこの国にさまざまな災厄をもたらすことになるでことでしょう。いったん成立してしまえば、米国という相手国がある以上、そう簡単に「政権交代して主張を大転換しましたからこの戦争法は無効とします」とは言えないのではないでしょうか。

 その意味で、今国会における法案成立or廃案は日本にとってかつてない重大な岐路となりそうです。私たちはさらに心して臨まなければなりません。

 (大場光太郎・記)

参考
『日本国憲法(全文)』
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s2
関連記事
『憲法第九条(戦争放棄)は日本人の発案だった!』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-1e95.html

| | コメント (0)
|

折り折りの短歌(7)

815


六十年安保小学五年生なれど悲しき樺美智子の死   (※1)


青木立その下陰のあじさいの花が多彩に連なる小径(こみち)


8151


小揺れせし未明の地震(ない)に鳥たちの異様なほどに鋭い啼き音(ね)


鬱陶(うっとう)し雨上がりたる夕間暮れ青葉くきりと立ち顕(あ)れにけり


おちこちにあざみの花を見かけしが「あざみの歌」記事今年も見送り


長雨止みアク久しぶり現われる「ニャンだニャンだニャンニャンだだ~」  (※2)


洋猫系で横着面(おうちゃくづら)のアクなれどげっそり痩せてよろよろとして


8152


横浜の柏尾川堤(かしおがわてい)野良子猫ほれこの餌でしばしの飢えを (※3)


瀟洒(しょうしゃ)なる住宅街の住人も人間家畜に変わりあるまい


いつもより少し早めか七月十八日朝ミンミンの遠き初鳴き


夕風がそよろに通う木立より分けても繁き蝉の声かな


小藪よりふと飛び出せし油蝉行きつ戻りつ次どこねまる


久しぶり驟雨襲いし町空の上がる兆しの南(みんなみ)の雲


相模川に注ぐ手前の荻野川水面(みなも)きららな日盛りの午後


シールズを私は支持をするけれど少し黙れやバスの学生


これもまた男女子化の表れか野郎が寄ればとかく姦(かしま)し


「長崎の鐘」の歌詞とメロディが今年は身に染む八月九日


(大場光太郎)


【注記】
※1 樺美智子(かんば・みちこ) 東大文学部の学生だった樺は、60年安保闘争クライマックスとなった1960年6月15日の国会乱入デモに参加し死亡しました。死因は圧死とされています。享年22

※2 アクニャンは私が日頃世話している野良愛猫の一匹です。上拙歌のように洋猫系でふてぶてしい顔(毛は長くありませんがチンチラ系の顔立ち)をしていますが、また一番べたべた甘えてくるのもアクなのです。全身グレー色なので「灰汁(あく)色」から「アクニャン」と名づけました。7月の長雨の時は珍しく一週間以上姿を見せず、『こりゃもうダメだ』とあきらめていました。昨年6月の2日続いた大雨以来オオクロシマが姿を見せなくなったことがあったからです。だから久しぶりで現われた時は驚き、実際拙歌のように語ったのです(←アホー!)。長く続いた雨に気落ちしたのか、暑気あたりだったのか。一週間ほどよろよろ病み上がり状態でしたが、お陰様で今では元気回復、食欲旺盛です。

※3 柏尾川(かしおがわ) JR東海道線戸塚駅近くを流れる川です。

| | コメント (0)
|

ツキが落ちている安倍晋三&安倍政権

-安倍晋三&安倍政権からツキが落ちているのは最早誰の目にも明らかである。沖縄慰霊祭、広島平和式典、長崎平和式典と三連ちゃんで安倍挨拶時会場内から「戦争屋帰れ!」などの怒号が飛び、長崎式典では田上市長挨拶への万来の拍手、生活の山本太郎が献花で登場するや割れんばかりの拍手が起きたのに安倍挨拶にはほとんど拍手なしと、米国要人も参列している中、人一倍見栄っ張り坊ちゃんの安倍にはよほど堪(こた)え持病の潰瘍性大腸炎にグサッときたことだろう。もっとも最近堪える材料には事欠かない。応援団の読売、産経、NHKでももう下駄を履かせ切れないほど惨憺たる支持率低下だし。「シールズは戦争行きたくないだけじゃん」「憲法の基本的人権が日本人をだめにした」滅茶苦茶ツイート大炎上で地元の滋賀選挙事務所で落選デモを起こされた安倍稚児武藤某の件といい、岩手県知事選で自公推薦の対抗馬を急遽降ろすという敵前逃亡の件といい。明日14日発表予定の「安倍70年談話」は既に国際マターとなっており村山談話を踏襲するにせよしないにせよ中韓にいい顔すれば国内極右の神社本庁&国民会議支持層の突き上げを食らい進むも地獄退くも地獄で、再稼動を決めた川内原発問題も支持率降下の要因である。小池議員の暴露で明らかになった防衛省内部文書問題も週明けどう収束させるのか。このように難解な連立方程式目白押しでエスカレーター大学出の低脳安倍は完全にお手上げ。やることなすこと裏目裏目で「恨めしや~」と四谷怪談お岩さんから祟られた伊右衛門状態なのが、今の安倍晋三を取り巻く状況なのである。呪いの元は「憲法9条」を亡きものにしようとしたこと。まこと憲法9条こそは未来永劫国家安泰の礎(いしずえ)として護持していかなければならないものである事が図らずも一連のアベノクーデター破綻で明らかになったのである。 (大場光太郎・記)-

821


ツキの落ちた安倍政権
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/546.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 13 日 00:00:05
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52729593.html
2015年08月12日 在野のアナリスト

中国が再び人民元を1.6%切り下げました。しかしそれと同時に、国有銀が人民銀行の委託でドル売り介入を行っています。基準値から2%前後の余裕をみているので、急激な動きに対処するため、ということもあるでしょうが、もう一つの見方として外貨準備を減らしたかったのではないか。人民銀の手元資金を厚くし、株価対策などで劣化した国有銀の自己資本を、人民銀から補填しようとの意図とも考えられます。同時に発表された各種経済指標は良好な数字もありますが、信憑性がないのは言うまでもありません。中国の人民元さえ、信用を失墜させつつあります。

アジア通貨危機の再現も懸念されていますが、アジア各国も通貨安に見舞われる中、円まで125円台をつける場面がありました。円の弱さを如実に示しますが、株式も大きく下落しています。原因は8月のマイナーSQに向け、コール市場で21000円の商いが活発化していたため、高いポジションでやり合っていたものの買い方が負けたことで、調整を大きくしたのでしょう。中国不安で、年後半に業績の急回復、というシナリオにも黄色信号が灯り、市場のメインシナリオが崩れてくると、さらに大きな調整にもつながります。中国の動向にはしばらく注視せざるを得ません。安倍政権では株価対策に躍起ですが、ここにきて中国が最大の懸念に浮上してきました。

菅官房長官、翁長沖縄県知事の会談が行われようとする矢先、沖縄沖の海上で、米軍ヘリが墜落しました。重要なのは自衛隊員も負傷している点です。昨日、国会で共産党が暴露した防衛省による、日米ガイドライン及び安保法制の改定にともなう対応、という話が真実だとすれば、この米軍ヘリに自衛隊員が搭乗し、合同訓練を実施していた可能性があります。これが個別的自衛権に基づく、自衛隊としての訓練に、指導員として米軍が立ち会う、という形なら問題はなかったのでしょう。しかし米軍の訓練に自衛隊員が搭乗し、訓練していたとなると、微妙な時期だけに集団的自衛権との兼ね合いから、国会で大きな問題になることも想定されます。

さらに沖縄では、米軍の危険が再び意識され、菅氏と翁長氏の会談にも影響します。普天間の危険性を訴えても、辺野古とて沖縄のリスクが下がるわけではありません。住宅地からは離れますが、沖縄の負担が減るでもなし、航空機が沖縄県内をとぶことに変わりがないからです。

ツキがなくなった安倍政権、まさに最近はそんな言葉がぴったりです。安倍首相は山口県入りし、節目では山口県出身の政治家が首相だった、として総裁選にも意欲をみせました。しかし自民内では、いつ病気退陣するか? が注目され、安倍氏を追いこんで恨みを買うようりは、総裁を続けさせ、来年の参院選直前で交代させ、新しい首相で参院選を戦う、がベストシナリオとも語られます。1年もあると、ここで新政権を誕生させても、支持率が下落している恐れもある。安倍ノミクスも限界で、これから景気がさらに下方へと推移していくと、ますます政権への風当たりが強まる。支持率下落と相反するように、安倍首相続投、の声が日増しに高まるのは、安倍氏を最期まで使い倒して退陣させたいから、そんなシナリオも透けるのです。

安倍首相が国民の声を理解していないことは、広島豪雨の際でも、一旦は官邸に戻ってもすぐ別荘にて休暇をつづけようとした点などに現れます。国民が苦しんでいても、気にならない。今回も、日航機墜落事故から30年、政府から何らかのコメントが出るかと思いきや、もしかしたら出ているのかもしれませんが、未だに報道はありません。それは首相も、官房長官も官邸に不在なのですから機能するはずもないのですが、多大な被害をだした事故の、節目の年に首相であることすら気にならないのかもしれません。自民の安倍政権退陣シナリオを崩すのは、安倍氏が突然、病気辞任してしまうことです。安倍氏は自らの態度、行動、言動でより自身を追いつめていく、ツキを落とすことを自らする。病気が悪化する原因は、他のことでは無責任を貫いても、ここだけは自己責任、という点で、自民党内をやきもきさせているのでしょうね。 (転載終わり)

B9msfpycmaajlfi


政界地獄耳 安倍政権決定的失態を露呈
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/570.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 13 日 10:25:05:
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1522214.html
2015年8月13日9時47分 日刊スポーツ

 ★昨年7月1日。安倍内閣は集団的自衛権の解釈変更を閣議決定した。それから約1年。外務、防衛、内閣法制局はこの歴代政権が死守してきた専守防衛という国防の在り方を根底から変える新たな戦争法案と野党から指摘されても仕方がないような強引な法律を安保法制として提出。自民党の、ことに首相・安倍晋三応援団の側近や若手議員らのひいきの引き倒しともいえる暴言や失言、または本音の吐露(?)などの失態をつくろいながら衆院では何とか可決させたものの、参院では決定的な失態を共産党副委員長・小池晃の質問で露呈させた。

 ★その前兆は5日の防衛相・中谷元の答弁にある。「化学兵器の輸送も条文上は排除されない」とし、核兵器を搭載した戦闘機への給油も「法律上は可能」と言い切った。まさに原爆投下から70年の節目に核廃絶の先頭を切るべき日本の防衛相の発言として過誤だったとできるものではない。国家安全保障担当首相補佐官・礒崎陽輔の「法的安定性は関係ない」と言い放った官邸の認識といい、自民党の勉強会で「マスコミは懲らしめるべき」とする価値観、同党衆院議員・武藤貴也が安保法制反対を掲げる若者に対して「『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく」とレッテルを貼ったことと比較できぬほどの暴言だ。

 ★5月の末に作成された統合幕僚監部資料のすっぱ抜きはこの安保法制審議の裏で防衛省の暴走が垣間見え、首相らの説明する隣の家の火事や、不良に絡まれたという例え話とは全く質の異なるものだ。中谷が知らずに進められていればシビリアンコントロールが機能しておらず、知っていたならばクーデターともいえる。しかし、防衛省は共産党が資料を入手した犯人捜しに明け暮れていると一言付け加えておく。(K)※敬称略

関連記事
「小池氏、やるなあ。小池晃氏、王手飛車取り:萩原 一彦氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/497.html

「「米国と合意した。それがすべてなんです。国会は関係ない、と」小池晃議員緊急インタビュー:岩上安身氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/545.html

「自衛隊内で情報を共産党に提供した犯人探しを始める気配だけど、問題は情報漏洩じゃない。:萩原 一彦氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/544.html  (転載終わり)

| | コメント (0)
|

小池晃参院議員、やるなあ。王手飛車取り追及で中谷防衛相答弁不能、散会へ

-共産党が命名した「戦争法案」(安保法制法案)ほど違憲で危険でデタラメな法案はないのだから、同法案の違憲性、危険性、デタラメぶりをいかに国民に見えやすい形で示す質問をするか、野党質問者の力量が問われるのである。それからすれば追及の鋭さ、論理の緻密さで共産党は他野党の追随を許さないものがある。衆院では志位和夫委員長そして参院では小池晃副委員長がその筆頭である。小池氏は独自で入手した防衛省極秘文書をもとに「まだ法案審議中にも拘らず、省内では法案成立を規定事実化し物事を先へ先へと進めている。これは大問題ではないか」と舌鋒鋭く斬り込んでいったのだ。そのやり取りの一部始終は転載文及び動画で把握していただくとして、こういう内部文書、国会審議無視の秘密プログラムの存在を担当の中谷大臣はまったく知らなかったようだ。もしこの文書の存在が事実なら(いや事実なのだが)、小池氏が述べたとおり「戦前の軍部の独走と同じ」で非常に由々しき問題で、答弁不可で散会は当然として、法案審議は打ち切り即廃案、安倍政権が倒れてもおかしくない大問題である。「引き続き国民に丁寧に説明していく」としていた安倍総理は、何と山梨の別荘で休暇中とか。どうも体調がすこぶるお悪いようだが、今回の審議の仔細は把握していることだろうに「18年までの続投に意欲」と、チルドレンの武藤某共々つける薬のない「うましか」である。なおこの超特定秘密文書を共産党に提供したのは同じ防衛省幹部だろう。身の危険を顧みず国民のためにあえて表に出してくれた人たちには深い敬意を払わせていただく。防衛省内部も必ずしも米軍従属で自衛隊員を海外に派兵したい血を見るのが大好きな爬虫類人系ばかりではなく、良識派も少なからず存在しているということなのだろう。 (大場光太郎・記)-


「小池氏、やるなあ。小池晃氏、王手飛車取り:萩原 一彦氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/497.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 12 日 00:22:05
http://sun.ap.teacup.com/souun/18077.html
2015/8/12 晴耕雨読

https://twitter.com/reservologic

>たつみコータロー参議院議員 小池晃さんまたも自衛隊内部文書で追及。統幕が法案が通過もしていない段階で法案可決を前提とした「今後の方向性」を検討したことが明らかに。大臣が文書の存在を「知ってた」と言っても大問題だし、「知らない」と言ってもシビリアンコントロールが問題に。答弁不能で今日は散会!

小池晃氏「ここに統合幕僚監部の資料がある。『地球規模で集団的自衛権を行使』という日米新ガイドラインの内容だ。国会に安保法案が提出される前にこんなこと勝手に米国に約束してきてる。日本の独立と主権をないがしろにしてる」 平和安全特別委員会 http://bit.ly/ijJ1AJ

>まアンジー 該当する国会の YouTube 映像 (共産党提供) をお知らせいたします。 https://t.co/czUenev2cv

新たな内部文書で重大問題発覚。審議ストップ、散会に

小池晃氏「法案が成立しなければ実施できないものを国会で議論もしないうちに発表したことになる。」

中谷防衛相「急にそんなのもってこられても本物か偽物かもわからない」

小池氏「じゃ、この文書の所在を今確認してほしい」

議長「速記止めて」

中谷氏「確認した。同じ名前の資料はある。内容が完全に同じかは今はわからない」

小池氏「日米ガイドラインと法案の内容を示す重大な文書を知らない?大問題だ。」

我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 

小池氏「問題なのは、国会審議を受けた今後の方向性と指針という部分。まだ国会審議中なのに『それを受けた今後の方向性を』統幕が議論してる。統合幕僚監部が新ガイドラインを受けた今後の方向性を検討していることを知ってるか」

中谷氏「法案審議中にそんなことしちゃダメだと思ってる」

小池晃氏「(統合幕僚監部で日米ガイドラインの今後の方向性について)議論してるかどうかぐらい答えられるでしょ」

中谷氏「国会審議が終了後に議論するべきだと思ってる」

小池晃氏「なら、実際検討してるって大問題でしょ。知らなかった?」

中谷氏「ガイドラインについては日米で合意されてるから検討してもいいんでは?」

小池氏「そんなこと聞いてない。今審議中のガイドライン関連法案を『受けての今後の方向性』について『法案成立前に』検討してるじゃないか。大臣は知らなかったの?」

小池晃氏の、自衛隊内で勝手に国会を無視して法案成立を前提とした方向性を議論して資料まで作ってることを、大臣が知らなきゃ自衛隊を大臣が掌握できてないってことだし、知っててやらせてるんなら政権自体が国会を無視していることになるという論点に、中谷氏はしどろもどろ。

小池氏、やるなあ。

小池晃氏、王手飛車取り。

政府は統合幕僚監部で法案成立前に法案成立を前提とした検討を行った関係者を処分するか、または中谷防衛大臣をクビにするかの選択しかなくなった。

どっちを残す? 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 中谷氏を更迭するなら、安倍首相も、現在提出中の法案もただでは済まない。

日米ガイドラインすらただではすまない。

どうする?

我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 

小池氏「中身を見て欲しい。同盟調整メカニズムが常設になると明記されている。そこには軍軍間の調整と書いてある。『軍軍間』て何だ。一方は米軍、もう一方は何?自衛隊?自衛隊はいつから『軍』になった?『軍軍間』なんて日米ガイドラインにも書いてない。法案成立を前提にしてるじゃないか。」

小池晃氏「端的なのは日程表。5月のところに『現時点』と書いてある。『8月に法案成立、2月から法施行』と書いてある。PKOについても『年明けの2月からは新法制に基づく運用をする』と書いてある。そんなこと(国会の)どこで議論した?統幕でこんな検討をしてるということが許されるの?」

中谷氏「実施は法案成立を待つと書いてあるし、隊員のために法案分析は必要でしょ」

小池氏「何言ってるの?法案の成立前に、法案成立を前提とした部隊の編成まで書いてあるじゃないか。まるで戦前の軍部の独走だ。こんなのが出て議論なんかできない。法案は撤回するしかない」

今日の小池氏の中谷防衛大臣を追い詰める決定的な質問は、2:19: 10 から。

→ 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 http://bit.ly/ijJ1AJ

>やせがえる NHK7時のニュース、小池さんがゴネて審議がストップしたように報じた。

いやはやたまげた。

NHKしか観ない年寄りはすっかりだまされる訳だ。

オレオレ詐欺もびっくり。

>小池晃 わたしもたまげました 最近のNHKは番組に反安倍と親安倍の顔がランダムに現れて、内部で相当葛藤してるんだろうなと思わせる。

NHKを一つの人格に例えると、精神分裂しかかってるように見える。

>布施祐仁 共産党の小池議員が国会で取り上げた統合幕僚監部の内部文書。安保法案が成立することを前提に「その後」のスケジュールが書かれている。文書には「取扱厳重注意」の赤印も。内部告発じゃないと出てこない文書。統幕という自衛隊中枢にも、この法案を止めなければと思う者が存在しているということだ。

>森修一 報ステ。文書を見せつつ詳しく報道。 古舘「何もかも順番が逆」 立野「そもそも首相が4月にアメリカで約束したことがおかしい。三権分立を完全にないがしろにしている」

8122

8123

8124

8125

>sheela 続)枝野氏は安倍晋三首相が夏休みで山梨県の別荘に滞在中であることにも言及。

「安全性を含め、再稼働の必要性について国民の前でコメントを出すなど覚悟と責任を示す必要があるにもかかわらず、休暇を取るなんて論外だ」と語った。

国会内で記者団の質問に答えた。

#エダノネロ、とツイッター上で騒がれても寝ないで原発事故対応した枝野氏には言う資格あると思う。

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

創価大学有志が安保法案反対表明&学会婦人部が公明三悪人ら突き上げの動き

-本能寺の変の明智光秀をもじって言えば「敵は米国に在り」となり、ついでに大坂夏の陣の真田幸村もパクってしまうが「狙うは米国奥の院くそじじいの首一つ」となるわけである。だから本当は米国に日本国民の反米感情を思い知らせるには5万人、10万人で米国大使館を取り囲み、くそじじいの取次ぎ嬢キャロライン・ケネディ大使を震えさせるのがもっとも手っ取り早いのである。しかし今や国民にとって希望の星となっている学生グループ「SEALDs(シールズ)」もなぜか米国大使館をターゲットにする気はないようである。国会議事堂前を右折し坂を下ってついでに途中反対側にある首相官邸に向かって「安倍引っ込め!」とひとしきり音吐を挙げ、下りきった文科省の信号を右折して少し歩けば米大使館なのに。SEALDsもしょせん香港デモいなわが国の60年安保闘争などと同根で、ずっと探れば米国指令で自分たちに怒りを向けさせず安倍退陣しかし法案成立という筋書きではないの?などと深読み、裏読みする人も出てくるわけである。とつい本筋からそれてしまったが、創価学会・公明党の動きについてである。米国大使館デモはこの国ではご法度らしいから、国内最大のターゲットとしてどうしても創価・公明に的を絞らざるを得ずその動向は要注目なのである。が、ここに来て幹部候補生養成機関の創価大学でも有志たちが反戦争法案声明を出し、一方「池田先生いのち」で平和への想いがどの部より強い婦人部たちも太田・山口・北側という「公明砦の三悪人」らを弾劾する動きが高まっているというのである。衆参両院の公明党が崩れれば廃案の可能性がぐんと高まるから乞うご期待なのである。なお高村副総裁や横畠法制局長官らと戦争法案を練り上げた北側副代表は創価大学卒で司法試験合格の学会エリートだが、後輩たちから「創大の名折れ」と厳しく指弾されたも同然で金輪際母校に錦を飾る事はできなくなったわけである。 (大場光太郎・記)ー


【ついに】創価学会名誉会長池田大作が創立した「創価大学」が安保法案に反対する声明!「英知を磨くは何のため 君よ それを忘るるな」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/479.html
投稿者 pochi 日時 2015 年 8 月 11 日 17:31:31
http://健康法.jp/archives/3692
健康になるためのブログ

8911


創価学会員が大半を占め・公明党議員の多くが卒業する創価大学・創価女子短期大学関係者有志が安保法案反対の声明を発表しました。創価学会によって自公は支えられていると言っても過言ではないですから、この動きは相当なインパクトがあります。

http://sokauniv-nowar.strikingly.com/

声明


 平和は自由な対話、すなわち人権の尊重からはじまります。

大学正門に掲げられた「創價大學」の文字は、教育と人権の勝利を信じつつ対話を貫き通し、軍部権力の弾圧により獄死した「創価教育の父」牧口常三郎先生の筆によるものです。いかなる圧迫にも屈せず、民衆のために声をあげること。これこそが創価教育の魂だと私たちは信じます。

現在、9割の憲法学者が「違憲」と判断している安全保障関連法案が、安倍政権により採決されようしています。私たちはガンジー、キングの人権闘争の流れに連なる創立者・池田大作先生の人間主義思想を社会に実現すべく学び続けてきました。そこで培った人権意識を持つ者なら、声を上げるべき時は、今です。

私たち関係者有志は、創立者・池田大作先生の理念を我が人生の根幹に据え、安全保障関連法案への「反対」を表明します。

「英知を磨くは何のため 君よ それを忘るるな」(創立者・池田大作)

この言葉を深く心に刻み、「人類の平和を守るフォートレスたれ」との建学の精神を生涯堅持することを、ここに誓います。

⇒安保法案に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者有志の会のホームページはこちらをクリック

(以下の「ネットの反応」は省略) (転載終わり)


公明党の動揺<本澤二郎の「日本の風景」(2078) <戦争法で支持率急落におびえる>
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/336.html
投稿者 笑坊 日時 2015 年 8 月 08 日 17:06:17
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52112112.html
2015年08月08日 「ジャーナリスト同盟」通信

<安倍・官邸の動揺>

 A級戦犯の孫が必死で実現したい安保法は、その実、明白な憲法違反の戦争法である。こうした認識が国民に拡大、安倍・自公内閣で動揺が広がっている。それもそうだろう、いかに中国脅威論なる騙しの情報を流しても、それだからといって戦争のための法律強行に納得する国民はいない。軍国主義復活に賛同するものはいない。女性・高校生までもが反対デモに立ち上がった。内閣支持率の急落に官邸はおびえている。それは連立を組む公明党も同様である。
 
<戦争法で支持率急落におびえる>

 読売の世論調査のいかがわしい手口が判明、意図的な内閣支持率であることが判明して、いま話題を提供している。ナベツネ言論の限界である。
 「日本人の平和主義は、いい加減なものではないよ」と泉下で宇都宮徳馬が、かつて面倒を見た子分にささやいている。安倍内閣の誕生で、読売の価値は急落した。新聞ではないということが。安倍新聞では、国民は見向きもしない。
 そこでホテルなどに格安でサービス、一人でも市民の目にさらそうと必死のようだ。
 彼らの目論みは失敗している。戦争法に驚愕して決起する無数の国民の台頭である。読売・産経がどうもがいても、内閣支持率を引き上げることは困難であろう。岩手県知事選は、敗北必死がわかり、急ぎ候補者を引き摺り下ろしたが、こんなことは前代未聞である。
 広島で非核3原則を口にしなかったが、長崎では付け加えるのだという。極右も国民の怒りに対して、折れるほかない。それは沖縄予算についても同様である。戦争法強行となれば、当事者である自衛隊からも反乱が出るかもしれない状況である。

<恩師裏切り表面化で揺らぐ太田・山口・井上ら>

 公明党も同様に動揺著しい。
 恩師池田大作氏への裏切りが判明、既に戦争法反対に立ち上がった会員が少なくない。そのことを、ようやく毎日新聞と週刊朝日が活字にした。
 木更津レイプ殺人事件の効果でもある。被害者の戦争遺児の遺言となった「太田を池田先生は決して許さない」に共鳴した婦人部が、決起しているのである。
 「恩師を仇で返す太田・山口・井上・北側を許すな」へと信濃町の流れが、それまでと違い逆転している。太田とつるむ社会委員会の佐藤ツトムの暴走も判明してきた。彼ら腐敗した政治屋と連携する会長候補も、今では非難にさらされている。

<学会婦人部におびえる公明党幹部>

 それにしても悪辣な公明党であろうか。こともあろうに、平成の治安維持法を強行した。3代にわたる会長への冒涜である。戦前の治安維持法で初代会長は獄死している。2代会長も入獄している。
 それを百も承知で、法律強行にのめりこんだ太田と公明執行部である。これらの恩師への裏切りは万死に値しよう。そのことに婦人部がようやく気付いてくれたのだ。戦争遺児の思いが通じたものかもしれない。

 そして今度は戦争法である。北側が自民党の高村と一緒になって、法案を作成、それは新聞テレビで大きく報じられてきている。
 今では公明党は、自民党よりも悪質な政党と見られている。それが支持率にも現れている。

<太田の口利きで安倍が夕食会>

 戦争法強行で、ようやく覚醒した婦人部である。選挙の主導権は婦人部が握っている。公明党ではない。同党の党員も蓋を開けると、婦人部が主流である。彼女らは、いかなる口実にも、それによって「戦争」を許すことはしない。池田氏の信念でもある平和主義が揺らぐことはない。
 婦人部決起に太田も驚愕、同時に安倍もぐらついている。太田の口利きで、急遽安倍は山口と井上を呼んで夕食会を開いた。
 昨日8月7日である。場所は国会議事堂の裏手にあるザ・キャピトル東急という変な名前のホテルである。

<安倍・自公崩壊も射程内>

 昔はヒルトンホテルと言った。72年7月の自民党総裁選では、毎日何回も通いつめた。田中派と連合を組んだ大平派の作戦本部が、ここヒルトンだったからである。田中派はニューオタニ、福田派は赤坂プリンスホテルだった。
 派閥全盛期で政治には活力があった。日中国交回復が田中ー大平連合の公約だった。こうして3ヵ月後に日中は正常化した。当時の財閥は各派に保険をかけていたが、大勢は中国との和解による経済効果に期待していた。
 いま財閥は結束して極右と連携して、軍国主義復活にかけている。これが新聞テレビがふらついてしまった原因である。

 安倍は軍資金に問題はないが、票に狂いが出てきた。創価学会の反乱である。学会が戦争法反対で決起すれば、安倍・国粋主義政権は崩壊する。
 池田氏を裏切った太田・山口らを婦人部は許さないだろう。婦人部は池田信者なのだから。安倍の夕食会で山口・井上が安心できるはずもない。安倍の工作資金もばれている。

2015年8月8日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

戦争狂米国、戦中・戦後米国と密約していた天皇ヒロヒト、戦争法案成立による日中戦争が米国戦争屋のシナリオ

-本記事は阿修羅掲示板投稿『安倍官邸が怯える8月30日「安保反対10万人デモ」の破壊力(日刊ゲンダイ)』記事のコメントの転載である。都合3コメントで互いに脈略はないのに無理してつけたので変てこなタイトルとなったが、コメント自体はそれぞれ示唆に富み考えさせられる内容である。「42」コメント氏が述べているとおり、(戦争法案をめぐる今進行中の)この戦いは、(安倍晋三&安倍政権 VS 国民 を通り越して)<米国戦争屋 VS 日本の民間人>の戦いなのだ。(大場光太郎・記)-

『安倍官邸が怯える8月30日「安保反対10万人デモ」の破壊力(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/318.html

 
38.  けろりん 2015年8月09日 15:34:36 : xfW5FN1G6ouU2 : duq0kWvUpk


(前略)


多くの米軍周辺諸国の今、
まさに殺されつつある国の人々の悲しい心を
思って見ると良いだろう。

今の平和を担保すると見せ掛け、
自作自演の謀略を使い回し、
21世紀のローマ帝国十字軍・米軍は・・・、

●朝鮮戦争で半島を南・北に分断し、
●ベトナムで民間人ジェノサイドをやり、
●イランvsイラク戦争で石油利権のツバをつけ、
●中東湾岸で劣化ウラン放射能を撒き散らし、
●アフガンをケシ栽培麻薬国家に改変し、
●イラクの石油&財宝をそっくりパクリ、
●中華反日工作員使い尖閣問題を煽り、
●中華とネパールで戦乱工作員使い戦争工作を煽り、
●ドル拒否のリビアを根こそぎ潰し、
●シリアの自由政見を打ち倒し、
●ガザの難民民間人殺しまくり、
●マレーシアの自国通貨を航空機事故で脅し、
●ウクライナ分割でロシアを煽り金塊詐欺泥棒を働き、
●フィリピン珊瑚島で飛行場を作りまくり、
 南シナ海に戦乱の火種を仕込み中の、
 ネオコン米軍の、これが実情だ・・

●人類史上、前代未聞の被曝爆殺の
 大量民間人瞬間殺戮の所業を、
 極東の黄色いサルの実験国家のこの国で、
 ご丁寧に二回も繰り返した・・・

まさに殺されきってきた国の人々の
悲しい心を
思って見ると良いだろう。

  (以下省略)


    
39.  けろりん 2015年8月09日 16:18:12 : xfW5FN1G6ouU2 : duq0kWvUpk


  (前略)

ヒロシマトナガサキへの原爆投下は
天皇ヒロヒトの、指定。

戦争末期、ドレイパーは、天皇が無条件降伏を申し出ると同時に、「 戦争犯罪人として自分を処刑しないで欲しい 」と命乞いをした事に対し、天皇の命の保証と戦後における天皇制度の維持を確約し、それと引き換えに、日本に原爆を投下し終えるまで無条件降伏を承認しない、という条件を出した。

天皇は広島・長崎への原爆投下を事前に承認し、それと引き換えに、自分の命と地位の延命を手に入れた。天皇は、自分1人が助かり、それと引き換えに、広島、長崎の市民の皆殺しを喜んで承諾した。

これが、「 同業者、兵器密売企業の共同経営者 」天皇とドレイパーの密約である。
__________________

皮肉にも自国そのもののハナシだ・・・

●第二次大戦中、ディロンの親会社が、現在のブッシュ大統領一族の経営する軍事産業専門投資会社カーライルであり、そのブッシュの経営するハリマン銀行の取締役ロバート・ ラヴェットが、戦争省次官として自分の経営する兵器会社から米軍に武器を納入していた。米軍の兵器と日本軍の兵器購入資金は、同一のハリマン=カーライル=ディロンから出ていた。

●日本軍と米軍が「 殺し合えば殺し合う程 」この銀行が儲かる「 仕組み 」になっていた。この銀行の私的利益のために日本と米国の軍人は「殺し合い」をした。

●この金儲けシステムの米国側にドレーパーがおり、
日本側に天皇ヒロヒトが居た。

●マンハッタン計画において、ディロンの社員として現場で核兵器開発を指揮したのがデイヴィッド・カーママンである。カーママンは、広島、長崎に投下する核兵器製造の専門家であると同時に、ニューヨークでディロン社の兵器を販売する商社カーママン&ウィットキンを経営していた。

●カーママン社は、カーママンと昭和天皇ヒロヒトが共同で設立した兵器商社である。天皇はこの商社を通じ、日本軍の使用する兵器を敵国・米国から密輸し、その販売利益を「天皇個人の財産」として、スイス銀行の口座に密かに蓄財し続けていた。

●天皇はディロン社の日本代理人であり、第二次世界大戦の武器密売で利益を蓄積した武器密売人であった。天皇と同じ会社ディロンで「働く」カーママン。商社カーママン社を天皇と共同経営する「天皇の同僚」カーママンが、広島、長崎へ投下された原爆の製造担当者であった。

●米軍が天皇の戦争責任を問題にせず、真っ先に銀行ディロンの代理人として借金の取り立てを行った事は、戦争の目的が金であった事、そして米軍が米国政府の代理人などでなく銀行ディロンという私的機関の「代理人」である事を良く示している。

●「 日本プラン 」は1941( 昭和16 )年12月、すなわち日本軍の真珠湾攻撃の直後に作成が開始されたもので、「 天皇を平和の象徴( シンボル )として利用する 」戦略が明記されていた。 

●すべての戦争責任を「 軍部 」に押しつけて天皇を免罪し、「 象徴天皇制 」のもとで日本を占領支配するという計画を立てていた。1942( 昭和17 )年5月には「  皇室に対するすべての攻撃は避けられなければならない  」とする「  英米共同指針計画  」を出し、皇居への爆撃の禁止命令を厳格に実施させた。戦後駐日大使となったライシャワーはその当時、「  日米戦争勝利後の“ヒロヒトを中心とした”傀儡(かいらい)政権” 」を提言し、「 天皇は100万の軍隊駐留に匹敵する 」と主張していた。

●第二次世界大戦中、米国と戦争する日本海軍の軍艦部品は、敵国アメリカのロックフェラー財団から密輸されていた。ロックフェラーは米軍へも兵器を納入し、日本と米国はロックフェラーの兵器販売促進のために戦争を行っていた。

●ロックフェラーと共に、日本海軍の軍艦部品密輸商社を経営していたのが昭和天皇ヒロヒトである。ヒロヒトの部下として、兵器密輸の実働部隊を担ったのが三菱財閥、日本水産=ニッスイ、天皇の右腕で皇室出身の外交官・白州次郎であった。密輸船は日本水産のものであった。

●戦後、白州次郎は天皇の命令を受け日本水産の社長に就任、兵器密輸仲間の三菱財閥から出資を受け、日本全国の暴力団、総会屋を結集し、ロックフェラーの原油輸入・販売業=業転を創立する。ロックフェラーのタンカーの操縦は、天皇=白州の日本水産が担当する事になった。

●業転が魚の先物取引という奇妙な金融商品を持つ理由は、原油輸入と日本の水産業との一体化という歴史から来ている。

●こうして日本全国の暴力団、総会屋を結集し、闇資金市場を創立し、そのボスに君臨したのが昭和天皇であり、業転は戦争中の兵器密輸企業=死の商人の戦後版であった。

●日本の昭和天皇ヒロヒトは、敵国であった米国の兵器を日本に輸入し日本軍部に売り付け、その利益を私的に「着服」し、スイス銀行に隠し蓄財していた。そのスイス銀行の口座はヒトラーと天皇ヒロヒトの「共同名義」の口座であった。

●ヒトラーと昭和天皇ヒロヒトは、戦争を起こし兵器を密売し、共に「私腹を太らせていた」。

●戦争末期、中国に残された日本人の多くは、日本に帰る船が無く中国、朝鮮で殺害され、女性は強姦され殺害され続けていた。天皇はその日本人を全員「見殺し」にし、船舶を「独占」し、武器密売の利益を金塊の形でアルゼンチンへ大量輸送し続けた。

______________________

●戦後、ドレイパーはダグラス・マッカーサーの上官として、日本の総支配者として来日し、日米安保条約を起草し、日本への米軍駐留を永久化し、自衛隊を創立させる。

●名目は、共産主義中国への防波堤として日本に軍隊を持たせる、つまり中国共産党軍と日本に、「 戦争を行わせる 」ためである。

●しかし、中国共産党軍は米軍が育てた軍隊であり、ドレイパーの目的は、米軍直結の中国軍と米軍直結の日本の自衛隊を戦わせ、アジア人同士を殺し合わせる事にあった。「 劣ったアジア人=有色人種を減らす 」ためである。

●●●この中国と日本に戦争を行わせ、有色人種を減らす政策は、現在も継続している。

42. 2015年8月09日 18:03:22 : gkoZzqIAWo

「アーミテージ・ナイレポート」は日中戦争を煽っている。
だが、その実現のためには、日本の「集団的自衛権成立」が不可欠だ。

そこで、昨年11月に「戦後70年目を迎えるために」として、
ジョセフ・ナイとアーミテージらが来日し、自民党系政治家らにカツを
入れる“富士山会合”が持たれ、「衆院電撃解散」が決められた。
(当然、ムサシが大活躍し、クーデター政権が3分の2議席を占めた)

その上で、安倍は5月に訪米し、宗主国に「集団的自衛権成立」を確約
させられた。
 ※「国際公約は憲法に優先する」という詭弁(砂川裁判)を弄するため。

すべてが、ジョセフ・ナイとアーミテージら戦争屋(ネオコンと軍産複合体)
のシナリオどおりに進んでいる。
それは、米国の無謀な戦争を、日本の若者や民間人に肩代わりさせるため。

この戦いは、<米国戦争屋 VS 日本の民間人>の戦いなのだ。

アーミテージ・ナイレポートってなぁに?
https://www.youtube.com/watch?v=YmP7DPpzBVo

秘密保護法も集団的自衛権もアーミテージ・ナイレポート通りに動いている
https://www.youtube.com/watch?v=hFajlgRVxO8

安倍政権は「第3次アーミテージ・ナイレポート」通りに動いている
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1851509.html

日中戦争を仕掛けるアメリカの陰謀!駐日大使ジョセフ・ナイ
https://www.youtube.com/watch?v=2OvNBdmKl0o

「衆院電撃解散」への流れを決めた「富士山会合」
http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/2014-11.html

富士山会合「戦後70年目にあたって」ジョセフ・ナイ、アーミテージ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H1I_R01C14A1MM0000/

なぜアメリカは安倍首相の議会演説を許可したのか? その裏にある巧妙な罠
http://www.mag2.com/p/news/15159/2

戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」 
(「戦争は儲かる!」by アメリカ)
https://www.youtube.com/watch?v=cR5zoW1W4ac

最悪な間違いだった...(目覚めはじめたアメリカ兵)
https://www.youtube.com/watch?v=R4Z1avRGWiU

奇妙な一致? 不可解な視差!!―911ビデオ画像捏造の証拠
https://www.youtube.com/watch?v=klAtO-tJG6A

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ
https://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo

(転載終わり)

| | コメント (0)
|

わずか10人の公明党前ママさんサイレントデモにこんな物々しい警官警備とは何事だ

-その答えは、「警視庁の警官たちの相当数が創価学会員だから」である。ツーカーなのだ。以前の『池田大作氏死去?』記事でも触れたが、池田はかつて日本を創価学会の支配下に置く野望を持っていた。そのために公明党という政教一致の違憲政党を創ったのだし、また若い学会人材を霞ヶ関各省にどんどん送り込んだのだ。一例として小沢事件の“主犯”だった大鶴基成検事や(大鶴の後輩)佐久間達哉特捜部長は学会員といわれている。学会員官僚は財務省、外務省、経産省、法務省などに一定数いるとみられるが、分けても多いのが警視庁職員である(もちろん泣く子も黙る公安警察にもいる)。学会警官が主要ポストを占めてしまえば、全警官が学会員でなくても警察行政全般を動かすのは容易だ。そうして、だいぶ前の学会員の犯行といわれた「東村山市女性市議怪死事件」など学会がらみの事件を迷宮化し闇に葬ってきたのだ。今回のママさんデモ、公明党からの要請で出動したのだろうがそれにしても仰々しすぎないか。裏を返せば、公明党・創価学会が市民の戦争法案反対デモの矛先が自分たちに向かうのをいかに恐れているかの証明でもある。よし、そうと分かったら話は早い。公明党前はおろか創価学会本部前でもどんどんデモを仕掛けるのだ! (大場光太郎・記)-

何を恐れる公明党!~ママたちが本部前で「サイレントデモ」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/307.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 07 日 23:20:05
http://www.labornetjp.org/news/2015/0807shasin
2015-08-07 23:11:04 レイバーネット日本

892

「平和の党と思っていたのに最近の行為は悲しい。平和主義を思い出してほしい!」と語るママデモの魚ずみちえこさん(写真上)。彼女たちが呼びかけた「公明党本部前サイレントデモ」が、8月7日夜行われた。わずか10名ほどのママデモに対して、公明党本部前の路上には20名を超える警官隊が配備され、行き先を阻んだ。赤色灯を点滅された警備車両が3台もあり、一体は異常な雰囲気だった。本部前にサイレントで立つだけの行動も許さない。公明党は何を恐れているのだろうか。ネットで知って初めて参加した女性は、「公明党には自民党を押さえる役割を期待していたのに残念だ。この警備状況を見ていると、なりふりかまわずごり押しする政府の姿勢を感じる。そういうクニが悲しい」とため息をついた。8日には「創価学会本部前」でもサイレントデモを予定している。(M)

→動画(5分26秒)
「平和主義を覚えてる?」公明党本部前サイレントデモ

↓公明党本部ビル前を封鎖する警察官
893

↓サイレントデモ
894


895

896

897

898

899

↓警備員に「党職員に渡してほしい」と要請ボードを託した
8910

(転載終わり)

関連記事
『<安保法案> 創価学会前デモでママデモ「公明党を平和に目覚めさせて」(田中龍作ジャーナル)』
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/430.html
『池田大作氏死去?』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-d3f9.html

| | コメント (0)
|

岩手知事選は敵前逃亡 安倍自民党のメルトダウンが始まった

-これも潮目が変わって安倍政権凋落を示す重要な指標となるのだろう。戦争法案の行方にも大きな影響を与えるとして注目された岩手県知事選(9月6日投開票)で、自公支援で出馬表明していた平野達男参院議員が、現職の達増拓也知事にダブルスコアで負けそうだとして出馬を取り止めたのだ。岩手県は長く小沢一郎(現・生活の党共同代表)の磐石な牙城だったが、(検察+マスコミの官報複合体による世紀の大謀略だった)一連の小沢事件以降県民有権者の小沢離れも目立っていた。安倍自民党は多弱野党にあって唯一目障りな小沢の息の根を今度こそ止めるべく、元は民主党震災復興大臣まで務めた平野を担ぎ出したのである。その時点では十分勝算があったのだろう。しかし“墓穴”となったのは他でもない戦争法案である。これが野党の結束を堅くしたのだ。達増知事は小沢一番の愛弟子で当初は生活の党だけの支援だったが、これに民主党や社民党が乗り何と共産党の志位委員長までも支持を表明、結局同知事選は与党対オール野党対決の図式となったのだ。そんな中での安倍官邸による平野降ろしである。第1次政権での政権分投げから始まって、都合が悪くなると普段の勇ましい言葉はどこへやら「敵前逃亡」が安倍の習い性なのだ。こんな野郎に「戦争時最高責任者」などとても任せられるまい。 (大場光太郎・記)-

881_2
2015年8月3日 日刊ゲンダイ

岩手知事選は敵前逃亡 安倍自民党のメルトダウンが始まった(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/332.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 08 日 15:45:30
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162560
2015年8月8日 日刊ゲンダイ

 岩手県知事選(20日告示、9月6日投票)に出馬表明していた平野達男参院議員(61=元復興相)が、7日になって立候補の取りやめを表明した。前代未聞の敵前逃亡である。野党統一候補の現職・達増拓也知事(51)に、ダブルスコアをつけられていたからだが、これでハッキリしたことがある。いよいよ、安倍官邸は死に体だということだ。

 民主党政権で復興大臣まで務めたくせに、自民党の支援で県知事選に挑んだ平野氏は今年4月、「県民に選択肢を示す」なんてイキがっていた。担ぎ出したのは自民党の二階俊博総務会長と、小沢一郎氏を裏切った元秘書・衆院議員だった高橋嘉信氏だ。小沢氏と決別した平野氏を知事選に擁立し、小沢王国の弱体化を図ろうとしたのだが、そのもくろみは、もろくも崩れた。

「民主党を裏切り参院でも無所属だった平野さんはその節操のなさが呆れられ、国会では居場所がありませんでした。県知事になれば一国一城の主になれるし、権限と予算も集中する。“自民党が全面支援する”という二階さんらの甘言にのせられ、知事選に手をあげたようです。動機が不純だったからか、地元支持が広がらず、そこに安保法案の逆風も重なり、気がつけばダブルスコアの劣勢に追い込まれてしまった。平野さんも出馬取りやめのタイミングを探っていたようです」(地元関係者)

 最終的に平野氏の首に鈴をつけたのは安倍官邸だ。安倍首相は今月5日、裏で糸を引いている二階氏を官邸に呼び、40分間にわたり会談をした。そこで平野氏の出馬断念を促したと永田町ではいわれている。

 安保法案への反発から安倍政権の支持率は急落している。9日投開票の埼玉県知事選は自民党候補の敗北が濃厚だし、平野氏辞任に伴う参院補選で負けたら3連敗を食らう。だから、“負け戦”がハッキリしている岩手県知事選で不戦敗を選び、とりあえず参院の味方の数を確保する道を選んだのである。

 安倍自民党は、面かじいっぱいで最悪の危機を回避したつもりかもしれないが、まったくの逆だ。メルトダウンがいよいよ始まった。政治評論家の山口朝雄氏が言う。

「岩手県知事選は安保法案の是非を問うまたとない機会だったのに、安倍首相はそれを奪ってしまいました。国民感情を逆なでし、ますます支持率が下がると思います。しかも“選挙に勝てない”と認めて不戦敗を選択した安倍首相は、もう解散総選挙なんてできっこない。解散カードを失った首相は求心力が急落し、身動きが取れなくなる。“安倍おろし”が始まるのは時間の問題でしょう。岩手県知事選のように野党が共闘態勢で追い込んでいけば、政権は瓦解する。それを不戦敗で認めてしまった」

 このところ、お仲間やチルドレンの放言が続く安倍首相は、ただでさえ防戦一方だ。負のスパイラルは今後、間違いなく加速していくことになる。 

(転載終わり)

関連記事
岩手知事選“大逆風”で…支援候補に「出馬断念」迫る安倍官邸(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/110.html

| | コメント (0)
|

アメリカ建国の父の一人、ベンジャミン・フランクリンは人食いサタニストだった!

-以下に『宇宙への旅立ち』さんの大変興味深い記事を転載します。-


食肉解体された子供達の骨が米国創立の父ベンジャミン・フランクリンの家の地下室から見つかった!

Butchered Children’s Bones Found In Ben Franklin’s Basement & the Truth Behind the Satanic Statue of Liberty

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2015/08/blog-post_77.html
宇宙への旅立ち  Monday, August 3, 2015

ベンジャミン・フランクリンはフリーメーソンのメンバーだという事は、彼自身、隠さずに認めていた。彼は、フィラデルフィアのフリーメーソンのマスターだった。彼は、イギリス、フランス、そして米国のフリーメーソンに属していた。そして、この3国が米国の独立革命に関与したのだ。
しかし、フリーメーソンは、彼の属するいくつかの秘密組織の1つにしか過ぎなかった。彼はイギリスでヘル(地獄)・ファイアー・クラブという秘密組織のメンバーでもあった。
タイム誌でも特集されたベンジャミン・フランクリンとヘル(地獄)・ファイアー・クラブ
ヘル・ファイアー・クラブは、ベンジャミン・フランクリンの友達が作ったメンバー制のクラブだった。そこでは、悪魔崇拝が行われた。
オカルト儀式、乱交パーティー、売春婦とのパーティーなども行われた
その流れは、現代の悪魔教の創始者のアレイスター・クロウリーにも受け継がれた。本らしきものにあるペンタグラムに注目!皆さんが、星の形と考えているものは、悪魔のペンタグラムなのだ。地球が丸いことを考えれば、星の形がペンタグラムでないことは明らかだ。この悪魔のシンボルのペンタグラムが、星の形などと言われて、あちらこちらで使われている事に関して、違和感を感じない事がおかしい。あなたの子供が、幼稚園や小学校で、この悪魔のペンタグラムを星の形として書く事を強制されたら、拒否する事をお勧めする。
ここから米国創立の父ベンジャミン・フランクリンの人肉食カニバリズムについての本題に入る。建設作業員が、元ベンジャミン・フランクリンの家の地下を掘ったところ、10人分の人骨がザックザック出てきた。
ベンジャミン・フランクリンの家の修復の際、4人分の大人と6人分の子供の骨が見つかった。
その骨は、約200年経っており、ベンジャミン・フランクリンの住んでいた頃と一致する。
それらの骨は、解体され、ノコギリで切られ、カットされた跡があった。そして、頭蓋骨にはドリルで5~6箇所、穴が開けてあった。これは何を意味するのか?もちろん、人間が殺され、食べやすい様に解体された。頭蓋骨にはドリルで穴をあけ、脳味噌の辺りのアドレナリン入りの血をすすり飲んだのだ。
アリゾナワイルダー、デイビッド・アイク、アレックス・ジョーンズによる証言では、爬虫類人レプタリアン達は、人間の若者や子供を誘拐し、レイプし、ソドマイズ(肛門引き裂くレイプ)をした後、頭蓋骨にドリルで穴を開け、そこにストローみたいなもので、アドレナリン入りの血をチュルチュル吸って飲むそうだ。この行為を米国創立の父ベンジャミン・フランクリンがしていたという真実が明るみに出た。つまり、米国創立の父ベンジャミン・フランクリンは、連続殺人鬼であり、人肉食の爬虫類人レプタリアンだったという、誰も否定できない事実だ。この殺人鬼が、アメリカ創立のファーザーとして崇められてきたのだ。これが本当の歴史だ。
「アメリカ創立の父と呼ばれる人は誰ですか?」
「はい、連続殺人鬼であり、カニバリストのベンジャミン・フランクリンです。」
これが正解の答え。
彼の肖像画を見れば分かるが、典型的なユダヤ爬虫類人の様に、目が窪み、目の下が黒ずんで、薄情者に多く見られる薄い唇。

| | コメント (0)
|

広島原爆の日にあたって

 本日6日は、広島に原爆が投下されてから70年の節目の日にあたります。

 そこでということばかりではなく、実はかなり前からこの日の前後に、広島原爆に被曝した実体験をもとにした原民喜(はら・たみき)の短編小説『夏の花』を紹介したいと考えてきました。そのつど「青空文庫」収録の同小説を印字し、読み返しということを繰り返してきました。

 今回の印字で3度目です。アベノミクスなるものがいかにマヤカシか、この私が生き証人の一人かと思いますが(苦笑)、ここ2、3年は特に「最低レベルの生活の維持が第一」の日々で、マイブログに自前で作成した記事を更新するというのが本当に難しくなりました。(そこで現在は心苦しいながら、阿修羅投稿記事などの転載文に私の短いコメントを付すという“苦肉の策”でお茶を濁している次第です。)

 というわけで、3日前に『夏の花』を印字し、折りを見て読み返し今年こそ「原爆文学の白眉」とも、発表直後「比類ない美しい短編」と評されたこの作品の鑑賞文をきちんと、と考えていましたがまたも叶いそうにありません。

 ですから、以前読んで『凄い描写だなあ』と唸らされた箇所のみ以下に引用してみます。

(引用開始)
 馬車はそれから国泰寺の方へ出、住吉橋を越して己斐の方へ出たので、私は殆ど目抜の焼跡を一覧することが出来た。ギラギラと炎天の下に横はつている銀色の虚無のひろがりの中に、路があり、川があり、橋があつた。そして、赤むけの膨れ上つた屍体がところどころに配置されてゐた。これは精密巧緻な方法で実現された新地獄に違ひなく、ここではすべて人間的なものは抹殺され、たとへば屍体の表情にしたところで、何か模型的な機械的なものに置換へられてゐるのであつた。苦悶の一瞬足掻いて硬直したらしい肢体は一種の妖しいリズムを含んでゐる。電線の乱れ落ちた線や、おびただしい破片で、虚無の中に痙攣的の図案が感じられる。だが、さつと転覆して焼けてしまつたらしい電車や、巨大な胴を投出して転倒してゐる馬を見ると、どうも、超現実派の画の世界ではないかと思へるのである。 (引用終わり)

 なお当初の題名はずばり『原子爆弾』でしたが、あまりにも直截すぎると思い直したのか、のちに『夏の花』と改題したという経緯があったようです。これはこの小説の冒頭、奇しくも8月15日に一周忌を迎える妻の墓前に「その日までこの町が持つかどうか分からないから」と早めに参り、その時供えた花を指しています。その翌々日「私」(原民喜)は実家の中にいて原爆の直撃を受けたのです。

青空文庫版『夏の花』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/1821_6672.html

865
(丸木美術館蔵「原爆の図」より)

 さて『夏の花』観賞文はまとめられませんでしたが、取りとめのない一文としてならきょうはその余裕がありそうです。広島原爆の日らしく、たまたま「原爆」「核」の話題もありそうですから、以下はそれに関連する雑文です。

 先ずは広島平和式典に参列した安倍首相挨拶から。



  「わが国は唯一の戦争被曝国として現実的で実践的な取組を着実に積み重ねていくことにより、「核兵器のない世界」を実現する重要な使命があります。また、核兵器の非人道性を世代と国境を越えて広める務めがあります。」(安倍首相挨拶の一部)
 
 平和式典で挨拶したこれまでのどの首相も必ず触れていた「非核三原則」に触れなかったことについて、民主党など野党は「三原則を変更するのでは」との批判が出ているようです。

 その懸念は大有りです。しかし全体的な印象として、「歯の浮くような内容」との感がします。これまで三百代言的嘘八百をさんざん聞かされてきた身として、どうせ官僚作成文の棒読みなのでしょうが、こういう美辞麗句を信じる気にはとてもなれません。

 過去にはこんな超大問題発言もしているのにー。
 
864
(2002年6月2日号「サンデー毎日」より)

 ねっ。こんな二枚舌の二重人格者の甘い言葉を鵜呑みにしてはいけないのです。信じれば後で必ず痛い目に遭います。

 と、戦争法案ですっかり旗色が悪くなった安倍首相は、国内外にさかんに「積極的平和姿勢」をアピールせざるを得なくなっています。いよいよ終戦の日前日の14日には、結局「閣議決定して」懸案の「安倍談話」を発表するそうですが、さて何が飛び出すのやら。国民はもとより中国・韓国など近隣国ひいては米国など世界中が注目する中、さあどんなものが出てくるのでしょうか。

 ところで参院安保法案審議で5日、中谷防衛相がトンデモ発言をしたようです。
 「核兵器は核弾頭を持っており、分類については、弾薬にあたる」「(後方支援では弾薬は運べるのだから)核兵器の運搬も法文上は排除しない」と明言したのです。

 中谷はこれまでも、ミサイル、手榴弾、クラスター弾、劣化ウラン弾などが弾薬であり、搬送できると答弁していました。クラスター弾や劣化ウラン弾などもレッキとした悪魔の兵器ですが、さらにその上「核兵器」ですら搬送可能というのです。安倍一派&戦争法案の正体見たり発言ではないでしょうか?

866
(丸木美術館蔵「原爆の図」より)

 話は変わってー。6日の当ブログアクセス解析では、恒例の『押尾事件の陰の主役-森裕喜氏死去』記事を差し置いて、『米国指令で「広島」原爆投下地決定したのは昭和天皇 !?』記事が全記事アクセストップとなりました。

 初の快挙(?)です。どうも今年は例年と違うようです。終戦から70年という節目の年ということもありますが、やはり安倍&安倍一派が国民に無理やり突きつけてきた戦争法案によって、「戦争か平和か」に超過敏になっている結果だと思われます。

 この記事、2、3週間前からアクセス上昇傾向にあり、私も注意してみてきました。一例として当時ツイート数150台だったのが、今現在では312にまで急増しています。

米国指令で「広島」原爆投下地決定したのは昭和天皇 !?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-ba5e.html

430

 「原爆投下地として広島に決定した」件も含めて、同記事などをお読みになれば分かりますが、昭和天皇が超A級戦争責任者だったことは動かせない事実です。

 また戦後占領政策がほぼ順調な成果を挙げ、米国は駐留米軍の日本引き上げを検討していたそうです。それを押しとどめ、「あと50年は駐留していただきたい」と昭和天皇が訴えたという証言まであります。

 昭和天皇は、国内クーデターや暴動、台頭著しいソ連(当時)の影響で日本が共産主義化することを恐れたためと言われています。あくまで天皇家の、いな天皇の自己保身目的だったのです。それにより日本はその後、基地問題や日米地位協定そして今回の戦争法案などで七転八倒しているのだ、とも言えるのです。

 イルミナティやレプティリアン(爬虫類人)の正体もそうですが、「平和天皇」の虚像で今まで隠されてきた昭和天皇の実像、あるいは先日公開した「田布施」記事のように「近代天皇家の真実」が容赦なく暴かれる時節到来ということなのだろうと思います。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『原民喜-原爆詩』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-ffd5.html

| | コメント (0)
|

戦争法案、NSAによる国家機関等への盗聴・・・この国の、国民の不幸の根源には米国が存在している

-戦争法案はもちろんこの国の根底を揺るがす大問題である。しかしウィキリークスによって暴露された米NSAのわが国国家各機関等への盗聴は、国家機密が他国に筒抜けだった可能性において別の意味で深刻な問題である。以前ドイツやフランスなどへのNSA盗聴が発覚した時には、メルケル独首相は即オバマに電話で猛抗議し謝罪させている。何年にもわたって国家機密が米国に漏れていたかもしれないのだから独立国家なら当然の抗議だ。しかるにわが国安倍政権の対応はどうだ。日ごろ国内では意気がっている安倍はオバマに何か抗議したのか。麻生副総理の「そういう事もあったのだろう。ムニャムニャ」がすべてである。麻生元政権下でも盗聴されていたのにこの発言、さすがは(米国スパイコードネーム)ヨハンセン吉田茂の孫である。盗聴にはわが国公安警察の協力も噂されているが、もうこうなると独立した主権国家などと言える代物ではない。白人ご主人様の排泄物も喜んでほうばるという沼正三のセンセーショナルSF・SM小説『家畜人ヤプー』(昭和31年~)さながらの世界である。-

(憤懣やる方ないので、長くなるが続きをー)
 当然今焦眉の急の戦争法案しかり。自公政権や官僚などの売国奴共に任せておいたら、宗主国米国様に国民の命を幾らでも差し出すことになるのであり、やはり国民が総決起して、米国大使館や横田幕府(米軍横田基地)などを取り囲み、日本国民の反米感情の強さを米国にはっきり思い知らせることである。

 この場合「米国」とはいっても一般的な米国人を指しているのではない。当ブログを継続してお読みの方は既にお分かりかと思うが、米国を陰でコントロールしてきた「闇の勢力」を指して言っているのだ。その意味で善良な99%米国民も日本国民同様犠牲者なのだと思う。

 ところで(右左を超えて戦後日本最大の予言者だったと私が評価している)三島由紀夫は、自決何ヶ月か前、
「日本の中枢には緑色の蛇が食らいついている。最早この呪いから逃れる術(すべ)はない」
と謎の言葉を吐いた。三島は知っていても当時ほとんどの国民は知らなかっただろうが、今なら米国奥の院闇勢力のイルミナティ、ハザールマフィア、ユダ金、人食いサタニスト集団、レプティリアンなどと特定できるわけである。

 「緑色の蛇の呪い」は、なるほどこの国の中枢である政官財はおろかマスコミ界、創価・統一の宗教界など隅々に及んでおり(天皇家がこれに絡んでいるのかどうかも問題)、三島の予言どおり「最早この呪いから逃れる術はない」と絶望的な気分にも襲われる。がしかし、唯一それから逃れる術がある。それは邪悪マスコミの仕掛けるマインドコントロールから抜け出した、ある一定数の国民の覚醒である。 (大場光太郎・記)

 
「この国の、国民の不幸の根源には米国が存在している。:兵頭正俊氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/160.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 05 日 00:00:10
http://sun.ap.teacup.com/souun/18020.html
2015/8/5 晴耕雨読

https://twitter.com/hyodo_masatoshi

この国の、国民の不幸の根源には米国が存在している。

政権与党のやることが、決まって国民の不幸につながることばかりなのは、米国益の政治をやらされているからだ。

http://t.co/05e5k1jp3U(「米国のダブルスタンダードは生きている」)

米国の軍事支出を日本に肩代わりさせる話。

そして米兵士の死を、自衛隊に肩替わりさせる話。

それが現在出されている戦争法案(安保法制)の本質なのである。

米軍を駐留させてくれたうえに、金までくれ(思いやり予算)、今度は米軍の代わりに自衛隊まで出してくれる。

自民党が裏切らないように米国監視のもとにおかれていることを、ウィキリークスが暴いた。

日本政府の「公」は米国なのだ。

だから、「公」への隷属のもとに、かりに戦争をやっても誰も総括しない。

総括は「公」がすればいいのである。

現在の劣化した官僚・政治家にとっては、米国とのフェイス・トゥ・フェイスのリアルの局面で、あらかた情報は米国に渡しているのだ。

米国にとってNSAは、その確認のためにあると思った方がいい。

(同阿修羅投稿記事コメントから)

7. 2015年8月05日 03:39:50 : YxpFguEt7k
独立のときは、今でしょ。

(1)日米地位協定25条の改定…日米合同委員会の廃止(官僚を操る糸を切る)
(2-1)日米地位協定2条の改定…基地返還を義務付ける(ドイツ型の米軍排除)
(2-2)憲法に『外国軍の駐留を禁止する』と書き込む(フィリピン型の米軍排除)

隷米はもういやだ。 (転載終わり)


政界地獄耳 米NSA盗聴で揺らぐ安倍政権(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/118.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 04 日 09:36:05
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1517601.html
2015年8月4日9時21分 日刊スポーツ

 ★この1週間で首相・安倍晋三の政策の根本がいくつも崩れ始めている。1つはTPPの先延ばし。このまま米国も及び腰になる可能性もあり、アベノミクスに危険信号がともる。先月31日、内部告発サイト「ウィキリークス」が米国家安全保障局(NSA)が、少なくとも07年以降、日本政府、内閣府の交換台や官房長官秘書官、財務省、経産省、日銀のほか、三菱商事や三井物産のエネルギー部門、日本銀行、日本企業など35の回線を盗聴していたと暴露した。日本政府VIPなどという表記もある。盗聴をベースにした報告書も公開され、気候変動など日本の温暖化防止政策や通商交渉に関する機密文書も公開された。

 ★もう1つの衝撃は、データは英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの各国政府間でも共有できるようになっていた。米国を含むこの5カ国は5アイズと呼ばれ米国が情報を共有する5大国だ。ちなみに日本、スペイン、ドイツ、韓国などは含まれない。

 ★第1次安倍政権から、米国は政府首脳周辺の盗聴をしていたことになり、日米同盟や集団的自衛権の解釈変更で、日米一体を安倍が訴えれば訴えるほど、米サイドは安倍政権を全く信用せず、議会報告書にナショナリストと表記したり、歴史修正主義者と扱う理由も理解できる。米国務省トナー副報道官は「日本とは多くの問題を乗り越えられる非常に強い関係を保っている」とコメントするのがやっとだが、3日、官房長官・菅義偉は会見で「仮に事実なら同盟国として極めて遺憾だと思う。クラッパー米国家情報長官と連絡を取り合い、事実関係の確認を強く求めている」としたが、米サイドがすんなり認めるとは思えず、また官邸が盗聴されていた事実を政府がどう受け止めるか興味深い。(K)※敬称略  (転載終わり)


盗聴された後の対応があまりにも情けないー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo190/msg/182.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 05 日 12:05:25
http://www.twitlonger.com/show/n_1sn70p3
4th Aug 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks

安倍政権の責任者たちは、よくも雁首を並べて、

ここまで愚にもつかない言い訳を重ねるものだ。

 安保法制法案の事ではない。

 ウィキリークスが暴露した米国による組織的な盗聴発覚の後の対応だ。

 菅官房長官が開き直ったらしい。

 国益を害するような重要な情報は盗聴されていなかったと。

 どこを根拠にそんな事を言えるのか。すべて調べあげた上での発言か。

 甘利大臣が胸を張ったと言う。

 TPP交渉に関しては盗聴される事を想定してやっている。

仮に盗聴されているなら、米国はとんでもない対応間違いをするということだ、と。

 完全な言い逃れだ。

どこの国が最初から盗聴されることを前提に仕事をしているというのか。

 安倍首相に至っては国会答弁でこう言ったらしい。

 仮に事実であれば同盟国として極めて遺憾だ。

米国に事実関係の確認を強く求めていきたいと。

 まだオバマ大統領に電話していなかったのか。

 メルケルやオランドはすぐ電話して文句を言ったではないか。

 オバマは平謝りしたではないか。

 盗聴問題一つをとってみても、

安倍政権は政権の体をなしていないということである。

 それを許すメディアも国民も甘すぎる。  (転載終わり)
 

関連記事
『日本の中枢には緑色の蛇が・・・』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-292e.html

| | コメント (0)
|

総理はどこで間違えたのか 「安倍退陣へ」これから起きること【緊急対談】(週刊現代)

-夕方当市役所1階に私個人の証明書を取りに行った。交付されるまでロビーで待ちながら少し大きなテレビ画面をちらちら見た。参院での国会審議だった。NHKもきょうは中継しているようだ。政府側からは安倍総理、岸田外相、中谷防衛相といつもの面子だったが、質問者は見慣れぬ議員で、声がうんと絞ってあったので何について論じ合っているのかよく分からなかった。私が気になったのは席に座っている安倍総理が何となく元気がない風だったことだ。心なしかうつむき加減で顔色も悪いようだった。衆院時のような「オレがオレが」のイケイケドンドンぶりは陰を潜め、覇気が感じられなかったのだ。いくら裸の王様とはいえ、支持率急降下は把握しているだろうし、戦争法案への凄まじいほどの国民の反対の声が伝わっていないはずはあるまい。加えて礒崎補佐官や武藤衆院議員ら親衛隊による舌禍事件も頭が痛いことだろう。安倍はしょせん「お坊ちゃま」だ。攻める時は強いかも知れないが、いったん守勢に転じると意外に脆いタイプなのかもしれない。やはり55年前とパラレルで祖父岸信介と同じく退陣の道をたどることになるのだろうか。しかし何度も言うが「戦争法案成立花道論」では意味がない。安倍の悪行三昧からして退陣は即議員辞職に直結するだろうからそれでいいのだが、凋落米国兵士肩代わりの法案を置き土産にされたら国民はたまったものではない。安倍退陣以上に重要なのは戦争法案廃案である。 (大場光太郎・記)-

Fjvqxuj
(一言「バアヤ、バカこくでねえ」 なおこの画像は以下の転載文本来のものとは違います。)


総理はどこで間違えたのか 「安倍退陣へ」これから起きること 【緊急対談】浅川博忠×鈴木哲夫(週刊現代)
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/883.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 03 日 09:02:05
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44457
2015年08月03日(月) 週刊現代 :現代ビジネス

■すべてがズレている

浅川博忠 私は今の安倍政権を「ダブル一強」と呼んでいます。つまり政党では自民党、その自民党内では安倍さんが突出している。安倍さんは非常に運がよくて民主党の失政3年3ヵ月のおかげで高い支持率を得たわけです。

ところが、そのことによる慢心から、世論を蔑ろにして今回の安保関連法案の強行採決に走り、一気に支持率が低下した。

これで石破さんや岸田(文雄外務相)さんなどをはじめとした党内のリベラル派の人たちがようやく「安保法制は国民の理解が足りていない」「総理のやり方はおかしいのではないか」と、政権に苦言を呈する動きを見せ始めた。それでもまだ谷垣幹事長なんかは声を上げきれてなくて、独裁体制を許してしまっている。

鈴木哲夫 まったく同感です。これまでは安倍一強の慢心、驕りがあり、党が緩んでいた。党内で議論がないというのは、与党として健全じゃない。

だから、今回、せっかくリベラル派から上がり始めた声を潰そうという動きがあるのは非常に残念。党は議員のテレビ出演をやめさせたり、街頭演説を禁止したりしています。こうした動きは、かえって自民党の活力をそぐと思います。

安倍さんは、朝日新聞や東京新聞の世論調査は気にしていないけれど、読売新聞と日テレ系のNNNの世論調査は気にしています。6月、国会を会期延長した際もNNNの世論調査の結果を知って決めたといわれている。当時は支持が41%で、不支持が39%でした。安倍さんはこんなに差が詰まったのかと側近に漏らしたそうです。

浅川 安倍さんなりに危機感はあり、その結果、抑圧が強くなっていると。

鈴木 はい。ただ、その対応がズレている。安倍さんが世論をつかむ感度に若干問題があると思うんです。

7月15日の強行採決の前に派閥の総会があって、それぞれのボスがいろんな発言をした。その中で石破さんが「なんか自民党、感じ悪いよね」と言った。私はこれがいちばん素直な世論に近いと思うんです。

安保法制そのものが悪いというよりも、国民への説明が足りないことや、法案審議の進め方が横暴に見えるというのが世間の批判でしょう。ですが、安倍さんは安保法制の中身についてばかり説明しています。これはピントが外れていると思う。党幹部もこれをわかっていない。

この状況は、第一次安倍内閣の時に雰囲気が似ています。'07年当時、支持率がどんどん下がってくる中で7月の参院選を迎えることになった。その時、ちょうど新潟県中越沖地震が起きて、安倍さんはチャンスとばかり、ツナギを着て被災地を回った。すると、支持率はさらに下がったんです。国民には、被災地訪問が人気取りだということが見え見えだった。

今回も強行採決をやったあとに新国立競技場のプラン見直しを発表したけれども、支持率は回復していない。安倍さんのやっていることは逆効果になっている可能性もある。危うさを感じます。

■どんどん増える不満分子

浅川 ポイントを外しているという点では、今回の安保関連法案を見てもわかるように、安倍さんの政治は外交防衛に偏りすぎです。なぜこうなるかというと、祖父である岸信介の影響を受けすぎているから。

来年7月には参院選挙がありますが、もっと福祉や経済など国民生活に密着した点を重視しなければ、自民党は勝つことができないでしょう。そのあたりもリスクは大きい。

鈴木 強行採決をした7月15日は、むかし岸信介内閣が総辞職した日だそうですね。浅川さんはかつて岸信介にも会っておられますよね。

浅川 '60年安保のとき安倍総理は5歳ですけど、おじいちゃんから、本当は憲法改正までやりたかった、それが心残りだと、何度も何度も聞かされているんです。彼は、いわば祖父の無念を晴らすために政治家になっている。その思いがあまりに強すぎて、バランスを欠いてしまっています。

鈴木 これからの政権にとって関門になるのは、参院の安保関連法案審議です。すでに参院からは選挙制度改革について不満の声が上がっている。

選挙制度改革の結果、参院の定数が、「10増10減」になる可能性が高い。議席が減る選挙区からはもちろん不満が出ますし、増える選挙区でも自民党有利になるとは限らない。定数が増えるのは都市部ですから、自民党は複数候補を立てるところが出てくる。もし安倍さんの支持率が高ければ2人当選する可能性もあるけれども、支持率が下がっていれば、票を食い合って共倒れになる可能性もある。

そもそも自民党の参院議員にしてみれば、今回の強行採決だって不満です。来年7月に選挙を控えているのに、なぜわざわざ支持率を下げるようなことをしてくれたんだ、来年の選挙で自分たちが危うくなるじゃないか、と。

こうした不満のガス抜きができなければ、もしかすると安保関連法案の参議院通過は、そうすんなりいかない可能性もあると思います。

浅川 もし60日ルール(法案が衆院通過後、60日以内に参院で採決されない場合、衆院で再議決できるようになる)を適用するなんてことになったら、さらに支持率は下がるでしょう。

かりに、こうした難局を乗り切って、9月の総裁選で再選したとして、安倍さんにとって難しいのは、そのあとの改造人事です。

いま自民党には入閣資格者が60人くらいいる。このうちの1人が、「地元で、いつ入閣するのかと突き上げを食っています」とため息をついていました。当然、大臣になれるのは、ひと握り。入閣待ちの議員で今度の改造人事の選に漏れた人たちが反安倍に走る可能性がある。二階さんのような「誰でも受け入れるタイプの人」のところに行くでしょう。そうすると、安倍政権にも不穏な空気が立ち込めます。

■最後はまた自爆

鈴木 そうですね。普通、改造人事は支持率の回復要因になります。次の改造でも、たとえば菅さんを幹事長にする、稲田さんを官房長官にして目玉にするなどいろいろ考えられる。実際、稲田待望論は総理の周囲から出ているようですから。

ただ、このまま支持率の下落傾向に歯止めがかからなければ、改造人事も「人気取りだ」と見られ、さらに支持率が落ち込む可能性がある。

第二次安倍政権の様子を見ていると、改造人事での支持率アップは難しいかもしれません。これまで、安倍政権でいったん落ちた支持率を上げてきたのはすべて外交なんです。現在もやはり、プーチン訪日に向けてのロシア外交や、安倍総理訪中を目指しての中国外交に力を入れています。逆にいえば、外交以外では点数が稼げない。

浅川 改造人事については、安倍さんがお友達を切れるか、という別の懸念もある。第一次政権の時は、塩崎恭久さんを切ることができなかった。そこにはこだわりがあったみたいですね。

祖父の岸さんは「カミソリ岸」と呼ばれたキレ者であると同時にケンカ上手。商工官僚時代、上司に不満をぶつける際、自分の部下の辞表を集め、上司に叩きつけていたそうです。そうした強かさがないと、安倍政権も長続きしないでしょう。

鈴木 彼は第一次政権で、いろんな人に気を遣い過ぎたあげく体調を崩してしまい、やめざるをえなくなった。だから今回は、自分の思ったようにやると決めて、実際にそうしてきたわけです。でも、それで独りよがりになり、負のスパイラルになりつつあることを本人が気づいていないのではないか。

総裁選の無投票再選にしても、むしろマイナスじゃないかと思うんです。ちゃんと選挙をやって議論をしたうえで、挙党一致を打ち出すべきでしょう。いろんな人の意見に耳を傾けるべきです。このままでは自爆してしまうのではないか。

浅川 先日会った自民党の幹部は、「総裁選が無投票ではあんまりだから、消化試合程度の総裁選があってもいいのではないか」と言っていました。幹部にそういった油断があると、足をすくわれるおそれがある。こういった状況で失言や暴言が出ると、状況は読めなくなります。

鈴木 同時に、国会の外の様子も気になります。

いま、国会前のデモが激しいですが、谷垣さんが今回の強行採決で「'60年安保のときより平穏だ」などと言っていましたが、とんでもない。なぜこんなに感度が鈍いのかと思います。

国会の中では、60日ルールで安保法案はもう決まったような空気になっていますが、国会の外へ出ればまったく違う。いま反対集会に出ている人たちは、原発再稼働反対の時よりもずっと普通の人たちですよ。組合の旗なんか、ほとんどない。

来年の春には、安保法制について、小林節慶大名誉教授や長谷部恭男早大教授が中心となって、違憲訴訟を行う予定もあります。国会の外の動きを蔑ろにするということは、国民の声を無視するということです。安倍政権はひどいしっぺ返しを食うことになります。

すずき・てつお/'58年、福岡県生まれ。政治ジャーナリスト。フジテレビなどを経てフリー。著作に、『政治報道のカラクリ』(イースト・プレス)など
あさかわ・ひろただ/'42年、東京都生まれ。政治評論家。民間シンクタンク・産業計画会議を経て独立。著作に、『政権交代狂騒曲』(講談社)など

「週刊現代」2015年8月8日号より  (転載終わり)

| | コメント (0)
|

「法的安定性は関係ない」発言の礒崎首相補佐官国会招致

-安倍を取り巻く日本会議系ならず者の失言が止まらない。礒崎首相補佐官の「(安保関連法案の)法的安定性は関係ない」発言が与野党で大問題となり、とうとう3日、国会に参考人招致された。しかしこれは与党の公明党からの予想外の反発のガス抜き招致だったようで、時間はたったの15分、例によって「安倍さまの」NHKはその模様を放送せず。礒崎は謝罪と共に発言撤回することとし、公明が折れたことにより野党の辞任要求などどこ吹く風の一件落着ということのようだ。「最高責任者」の安倍以下下村文科相など何か問題が起きてもきちんとした責任を取ったためしがない。テメエらはそれでいいだろうが、上がこうだと下々までモラルがどんどん根腐れして世相が荒んでいくのだ。そんなヤツラが学校に「押し付け道徳教育」だと、百年早いわ。ところでこの礒崎とやら、安倍を筆頭にMARCH以下の低偏差値大学出身者で脇を固めている(笑)安倍政権幹部らにあって、珍しく東大法学部出身なのだ。昔全共闘運動華やかなりし頃「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへいく行く」(末尾画像参照)という殺し文句入りのポスターが一世を風靡した。当時「東大は別格」という意識を世間誰しも持っていたのだ。しかし半世紀近くたった今はどうだ。近年東大信仰などもろくも崩れ、特にかつて「東大の東大」と言われた法学部はケチョンケチョンである。確かに政界、官界を見渡してもロクなのがいないのだ。中でも(以下のように10代の女の子に完膚なきまで論破されてしまう)礒崎などはその最たる見本だろう。 (大場光太郎・記)-

【注記】 転載文途中に適宜画像を挿入しました。

832_2


本日国会招致! 安倍首相の右腕、礒崎首相補佐官の安保法制論のデタラメぶりをおさらいする(リテラ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/892.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 03 日 12:45:10
http://lite-ra.com/2015/08/post-1351.html
2015.08.03. リテラ

 ついに、渦中のあの人が本日午後1時から国会に参考人として招致される。安倍晋三首相の右腕である礒崎陽輔首相補佐官だ。

 問題となっている礒崎首相補佐官の「(安保関連法案の)法的安定性は関係ない」発言は、先月7月26日に大分県で開かれた講演会で飛び出したもの。それまで安倍首相は繰り返し「法的安定性に十分留意した」と述べてきたが、その逆をゆく発言が側近から起こったことに、野党だけでなく与党の公明党からも問題視する声が相次いでいた。

 だが、気になるのは、安倍首相の礒崎首相補佐官に対する態度だ。

 自民党は28日に礒崎首相補佐官が発言を陳謝したと発表し、安倍首相も30日の参院平和安全法制特別委員会で「(礒崎氏には)私から電話などで注意した」と説明。しかし、当の礒崎首相補佐官は28日、赤坂の「赤坂津つ井 総本店」で安倍首相と会食後に記者団に囲まれたとき、「(安倍首相からは)何も言われていません」と語っている。しかもこのとき、礒崎首相補佐官は赤ら顔で、いかにも酒を飲み交わしてきたかのような表情だった。

 すでに発言は大きな問題となっていたのに、その渦中にあって、結局、安倍首相は仲良く礒崎首相補佐官と楽しく会食しただけ。そんなあとに「電話で注意した」と言われても……。問題を大きく受け止めていたならば電話ではなく会食時に真っ先に注意しているはずで、結局、安倍首相にとっても「法的安定性」の問題など、どうってことないという認識だったのだろう。

 きょうの参考人招致で、その礒崎首相補佐官の危険な本音が再び暴露されるのだろうか。安倍さまのNHKは案の定、それを恐れてか、国会中継を取りやめている。

 もっとも、きょうの国会では、さすがの礒崎氏も用心して発言するだろう。これ以上足元をすくわれないよう、法務官僚から徹底したレクチャーを受け、官邸が巧妙な言い訳を用意したともいわれている。

 しかし、騙されてはいけない。国会ではしおらしく振る舞ったとしても、礒崎首相補佐官はこれまでもさまざまな暴言を繰り返してきた。先日は、安保法制強行採決の際に「デモは5000人未満」などというデマを流したこともある。

 そして、その前には10代の女子にTwitter上で安保法制について説教しながら、完全に論破され、あっさり相手をブロックして逃げ出してしまった。今回、そのときの記事を以下に再録するので、ぜひ読んでおいていただきたい。そして、このような政治家が、首相の側近中の側近であるという事実も、よく覚えておいてほしい。
(編集部)

***********************

 安保法制国会では安倍政権の信じられないような「論理的整合性のなさ」「いい加減さ」、そして「憲法や安全保障への不勉強ぶり」が次々と明らかになっているが、ここにきてまたひとり、それを証明するご仁が登場した。

 安倍首相の側近の一人で、国家安全保障担当の首相補佐官を務める礒崎陽輔だ。自民党の憲法改正推進本部事務局長で同党の改憲草案を取りまとめ、第2次安倍内閣発足以降は首相補佐官として特定秘密保護法、そして今回の安保法制と、右派政策推進の中心的役割を担ってきた。

 ご存知の方もいると思うが、その礒崎が数日前、ツイッター上の集団的自衛権に関する議論で、なんと「10代の女の子」に論破され、逃げ出すという醜態を演じたのである。

始まりは、礒崎がツイッターで、集団的自衛権を「隣の家の火事」に例え〈「うちにはまだ延焼していないので、後ろから応援します。」と言って消火活動に加わらないで、我が家を本当に守れるのかという課題なのです〉などとつぶやいたことだった。

834

 これに対して、10代の女性から〈バカをさらけ出して恥ずかしくないんですか〉〈集団的自衛権と個別的自衛権の違いを勉強してください〉とリプライがあった。

 東大卒の礒崎は他人からバカ呼ばわりされたことがよほど気に障ったのだろう。〈それは私におっしゃっているのですか。「バカ」とまでおっしゃってくれていますので、是非あなたの高邁な理論を教えてください。中身の理由を言わないで結論だけ「バカ」というのは「××」ですよ。お待ちしています〉と、ケンカを吹っかけたのだ。

「××」なんていう伏せ字を使うなという時点ですでに政治家の物言いではないが、しかし、この女性はまったくひるまず、礒崎の求めに応じて、具体的に問題点を述べていく。

〈まず例えが下手。戦争と火事は全く別物〉〈戦争は火事と違って少しでも他国の戦争に加担すれば自国も危険にさらす〉〈火事は消化すれば解決する。殺し合いは必要ない。戦争は違うよね? 殺し合って何万人何十万人何百万人が死んでくんだよ。それに日本が加担するってことだよ。バカって図星すぎてカチンときたのかな?〉

8311
(この子は札幌在住の19歳の女の子。いやあ、ほなみちゃん。60半ば過ぎのオジサンもこんな見事な応答できないよ~。脱帽!)

 すると、礒崎は〈あなたも「例え話」というのが分からないのですか。「例え話」は、本来の話と異なる話から、本来の話の理解を促すものですよね〉〈あなたこそ、一から勉強し直してください〉と、ムキになって子どもじみた反論を始めたのだ。

 しかし、これも彼女にかかると一刀両断だ。

〈例え話は同等の物で例えないと例えにならないんだよ。わかりますか? あとその自衛権の行使は個別的自衛権で対応可能だよって。そこ勉強しろよ〉

 さらに、他国が日本を守る戦いなんて現実にあるのか、どの国がどんな理由で戦うのか、その原因は何かなど、礒崎に対して矢継ぎ早に質問に浴びせかけたのだ。

 礒崎はこれにまともな答えができないままタジタジ。そして、別のユーザーから〈一般ユーザーの意見に反応するのは結構だけど10代の女の子に、この大人げなさ。世間の最大注目集めている法案担当の総理大臣補佐官が、だよ〉と非難されると、礒崎は〈10代の女の子でしたか。知りませんでした。悪しからず。ただ、来年から選挙権年齢も18歳以上に引き下げられますので、10代だからと言って軽視しては、叱られるのではないでしょうか〉と、意味不明のつぶやきを残して、そのまま女性をブロックしてしまったのだ。

8310

 ネットでは「情けなさすぎる」「レベル低すぎ」「大人げない」と礒崎への非難が殺到したが、こんな人物が首相補佐官として安保法制の担当者をつとめてきたというのは、たしかにびっくりである。

 しかし、実は礒崎は過去にもツイッターの発言で何度も物議を醸したことがある。

 10代女子にからんだ数日前にも、ユーザーからの批判に〈集団安全保障措置は、「戦争」ではありませんから、「参戦」ではありません〉と主張。さらに〈集団安全保障措置が戦争ではないというのであれば、いわゆる「湾岸戦争」も戦争ではなかったとお考えですか?〉と質問されると、〈湾岸戦争は、国連安全保障理事会の武力行使容認決議が成立したまれな例ですから、もちろん「戦争」ではありません。ただし、少なくとも、クウェートは個別的自衛権を行使したのですから、そこは戦争であったのでしょう〉と無茶苦茶な理屈を開陳している。

〈多国籍軍の集団安全保障措置は、「戦争」とは呼ばないと言っているのです。イラクの行為は不当な侵略行為ですから、「戦争」です。歴史家が紛争全体をどう呼ぶかは、私は関知しません〉

 きわめつけは3年前の「立憲主義など聞いたことがない」というツイートだ。

〈時々、憲法改正草案に対して、「立憲主義」を理解していないという意味不明の批判を頂きます。この言葉は、Wikipediaにも載っていますが、学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。昔からある学説なのでしょうか〉(2012年5月28日)

 礒崎は地元大分の県立舞鶴高校から東大法学部を卒業し、自治省に入った。官僚時代に『公務員のための公用文の書き方』(良書普及会)『分かりやすい法律・条例文の書き方』(ぎょうせい)といった小物感漂う著書を何点も出しているから、お勉強は得意だったのだろう。だが、自分が大学の講義で聞いたことがなかったからといって、知らないことを恥じるでもなく「そんなものあるのか」と開き直る姿は、まさに反知性主義そのものといえるだろう。

 しかも、このとき、「立憲主義も知らずに草案をつくったのか」との批判を受けると、礒崎は先日の10代女子に対してのときと同じように、ムキになってバカ丸出しの反論をしていた。

〈「立憲主義」、Wikipediaでは、樋口陽一先生の著書が引用されています。私は、芦部信喜先生に憲法を習いましたが、そんな言葉は聞いたことがありません。いつからの学説でしょうか?〉〈我々が憲法の教科書に使ったのは、有斐閣の法律学全集で、清宮四郎先生と宮澤俊義先生のもの。ありませんね。佐藤功先生の「日本国憲法概説」を見ていますが、「立憲主義」は、ないようです。法制局に聞くと、京都大学の佐藤幸治先生が広めたのではないかと。それならば、80年代以降でしょう〉

 アンタが何年にどんな勉強をしてきたのかは関係ないし、ウィキを引く暇があったらもっと勉強しろとツッコミを入れたくなるが、いずれにせよ、知の蓄積をないがしろにして、自らの体験・経験に基づき世の中を自分の都合のいいように解釈しようという態度がアリアリとわかるだろう。これは、権威ある憲法学者の見解を頭ごなしに否定するばかりか、「学者のいう通りにしたら日本の平和が保たれたのか」(高村正彦・自民党副総裁)と、学者の存在そのものを否定し始めた安倍政権の姿勢そのものなのだ。

 反知性主義の具体例としてよく引き合いに出される古代ローマでは、国民が政治に文句を言わないようにパンと娯楽を与え続けたという。これなど安倍政権が官製相場で株高を演出することで国民に文句を言わせないようにしているのとソックリだ。そして、その象徴的存在である礒崎は改憲についてこんな本音も漏らしている。

 今年2月に盛岡市で行われた改憲に向けての自民党の「対話集会」でのこと。党員や支持者ら約200人を前に「来年中に1回目の国民投票まで持っていきたい。遅くとも再来年の春にはやりたい」とスケジュールを話した後、「憲法改正を国民に1回味わってもらう。『憲法改正はそんなに怖いものではない』となったら、2回目以降は難しいことを少しやっていこうと思う」と発言したというのだ。

 改憲の主体は国民であるべきはずだが、この人の頭の中では国家が主体で、国民を徐々に改憲に向けて調教していこうという発想になっているらしい。パンと娯楽を与えておけば、株高さえ続いていれば、国民は文句を言わないとタカをくくっているのである。もっとも、神道政治連盟国会議員懇談会や創生「日本」、日本会議国会議員懇談会に所属している、安倍取り巻きのゴリゴリ右派だけに、当然のことかもしれない。

725
(先月フジテレビ出演時の、「生肉総理」の火事のたとえは礒崎補佐官の入れ知恵だったわけだ。10代のほなみちゃんにコテンパンに論破されたたとえを奨める礒崎も礒崎だが、それをテレビという公器で臆面もなく披露する安倍も安倍だわ。)

 だからこそ、反知性主義丸出しで「立憲主義」を「聞いたことがない」「教科書に書をいてなかった」などと言い切ることができるのだろう。
 ちなみに、官房長官の菅義偉が先日、国会で「集団的自衛権は合憲だとする憲法学者」として3人の具体名を挙げたが、いずれも日本会議の関係者(関連団体の役員)だったことがわかっている。

 安倍政権のまわりにいる、こうした知性のかけらもない偏った思想の人たちの手で、これから日本という国のかたちはどんどん変えられていくのだろう。

838

(野尻民夫)  (転載終わり)


参考

8312
1968年東大駒場祭ポスター(橋本治作)

| | コメント (0)
|

山本太郎生活共同代表 参院で鋭い質問を連発!安倍総理タジタジ

-先週から参院に舞台を移し戦争法案審議が始まっている。衆院での志位共産党委員長などの水も漏らさぬ鋭い追及ぶりから、参院野党はどうかな、やはり追及の精度は鈍るのかな、と一抹の懸念を感じていた。しかし嬉しいことにそれは杞憂だったようだ。共産党の小池晃議員、社民党の福島瑞穂議員そして生活の党の山本太郎議員と、戦争法案の核心・盲点にズバリ斬り込む質問を繰り出し、安倍らが答弁に窮する場面がまま見られたのだ。特に普段は(政党要件を満たしているのに)「安倍さまの」NHK日曜討論にも出してもらえずアピールの機会が与えられない山本太郎のネットでの評価がうなぎ上りである。安倍も山本質問前は『どうせタレント上がりが・・・』と自分は田布施の出がらし世襲なのを棚に上げ薄ら笑いを浮かべていたが、論旨明快に積み上げながら斬り込んでくる山本に次第にタジタジ、終いには官僚答弁をつっかえながら読むのが精一杯の狼狽ぶり。一方の山本議員は「安倍総理は弱気になってるなと一瞬感じた」と、巌流島決闘における「小次郎敗れたり」の宮本武蔵の明鏡止水の境地、この勝負安倍の完敗である。 (大場光太郎・記)ー


山本太郎 安倍晋三を問いつめる 原発が弾道ミサイルで狙われたらどうするんだ!!再稼動なんて出来ない【全34分】

山本太郎、与党・次世代の党の中国脅威論のインチキをあぶり出す
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/717.html
投稿者 あきらめない 日時 2015 年 7 月 31 日 07:44:45
http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2015/07/post-7618.html
2015/07/30 まるこ姫の独り言

参議院での安保法制の特別委員会質疑が始まったが。。。

ニュースによると
>審議に関し自公参院幹部は与党参院質問時間増で一致、
国民の理解を得るため、与党の質問時間の割合を衆院審議よ
りも増やす必要があるとの認識で一致した。成立に向けて丁寧
な審議に努めることも確認した。

だそうで、今日はたまたま時間が空いたので特別委員会を見よ
うかと思っていたが、午前中は与党の質問時間がほとんどだろ
うし、お互いに緊張感のないやり取りが続くかと思うとみる気が
失せてしまった。
どうせ衆議院での質疑で学習した事を、参議院で実践している
のだろうが、野党の不都合な質問は極力排除、与党に大幅に
時間を与えて政権側に有効に使おうとの魂胆だろう。
午後からに期待するとしよう。

野党の質問の中で分かった事は、自衛隊員が命令を無視して
勝手に敵方を攻撃しても罰則が何も無いという事だった。
ジュネーブ条約に加盟していないとか、自衛隊員が命令を無視
して相手を殺しても何の罰則も無いとか、この戦争法案は国民
が理解すればするほど、矛盾に満ち満ちていて、法案の体をな
していない事が良く分かるものだった。

昨日の次世代の党は、政府より極右的思考で気持ちが悪かっ
た。
中国を名指しにして、今にもミサイルがどんどん飛んでくるよう
な質問に終始していたが、政府も次世代の党も国民を煽り過
ぎだ。
ホルムズ海峡機雷掃海が、米国とイランの外交的努力によっ
て使えないとなると、今度はまたまた中国脅威論を煽る。
安倍首相、最近は、”国民の生命、自由、財産、幸福追求権を
守るため”がお気に入りになったのか、執拗に発言している。

が面白い事に、昨日の山本太郎議員の質問によって政府や
次世代の党の主張する、中国脅威論がブーメランのごとく安
保法制にかえり、政府の首を絞める結果になってしまった。

山本太郎議員は質問の中で、
>「稼働中の川内原発がミサイル攻撃を受けた時にどれくらい
の放射性物質が放出されるのか?

原子力規制委員会の田中委員長
>弾道ミサイルが直撃した場合の想定はしていません。ちなみ
に事故が起きた場合の想定は福島原発事故の1000分の1以下

山本太郎議員
>どうして福島原発の1000分の1で済むのか。前に質問したと
ころ、仮定の質問でありお答えするのは差し控えたいとの返答
があった。仮定の話ではお答えするのは難しいということなので
しょうか総理

安倍首相
>武力攻撃は規模の大小やパターンが異なることから、一概に
想定するのは難しい

山本太郎議員
>都合の良い時だけ仮定を連発して、国防上ターゲットになり
得るような核施設に対する仮定や想定は出来かねますって、ど
んだけご都合主義なのか

政府の煽る中国・北朝鮮脅威論に乗じて、そのリスクを見事に
あぶり出していた。
山本太郎議員曰く、北朝鮮ミサイルの脅威を煽って”戦争法案”
の必要性を強調している割には、その脅威の筈の弾道ミサイル
が原発に落ちたときの避難対策すら全く講じていなかったと。
煽るだけ煽って、対策を何にも想定していなかったとはね(笑)

山本太郎議員は、既成の政治家が思いつかないような論点で
質問していたが、迫力は共産党の志位委員長や小池議員には
かなわないものの、論旨はしっかりしていて、久しぶりに見てい
る方のうっ屈がとれた。
この議員は、国会で質問回数が多くなればなるほど、迫力が増
すだろうし大化けするのではないか。
昨日はその片鱗が見えた。、そしてとても良い質問だった。  (転載終わり)


「山本太郎さんの質問は、今日もとても良い。安保法案廃案に向けて、総力戦です。:川口創弁護士」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/701.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 31 日 00:01:05
http://sun.ap.teacup.com/souun/17980.html
2015/7/31 晴耕雨読

https://twitter.com/kahajime

山本太郎さんの質問は、今日もとても良い。

>布施祐仁 今日の参院特別委員会での山本太郎議員の質問。アメリカがイラクでいかに国際人道法に反した無差別殺戮を行なっていたかを告発し、その戦争を支持し、自衛隊機で米軍の兵員や物資を輸送して協力した日本政府と安倍首相の責任を鋭く追及した。 http://t.co/xidaX6XUHe

>nobuaki NOGCI 山本太郎は国会の空気を変える!安倍晋三の表情が変わった。 イラク戦争の疑問を上げ、総括すべきと質問を終えた。

821


>雨宮処凛 今日の山本太郎さんの素晴らしい質問作りにご尽力頂いた志葉玲さん、川口創さんに大感謝! 傍聴しながら、私も見たイラク(最後に行ったのはイラク戦争直前ですが)の光景思い出して泣きそうになりました。 議会制民主主義の中、山本太郎議員の周りには今、直接民主主義の強烈な磁場が発生してる!

>不勉強 ほう、山本太郎のブレーンに、イラク輸送違憲判決事務局長の川口創弁護士や写真家志葉玲さんが加わってるのか。 http://t.co/iq3hybta85 @raymiyatakeさんから 山本太郎議員「政府は、川内原子力発電所に対する弾道ミサイルによる武力攻撃を想定していますか?」

>中林 香 【速報】山本太郎vs安倍晋三【全19分】 7/30 https://youtu.be/H-LpV9zJWTk @YouTubeさんから 「2004年~08年イラク戦争で航空自衛隊は何を輸送していたか?国連の査察で大量破壊兵器は無かった。多くの民間人が殺害された。イラク戦争の総括が必要。」

>兵頭正俊 7月30日、山本太郎の質疑。時間が短く感じられるほどすばらしかった。かれのような政治家が、衆参に50人ずつ、計100人いたら、革命が起きるだろう。核になるのは過半数でなくてもいいのである。一騎当千というではないか。後はついてくるのだ。

>【速報】山本太郎vs安倍晋三 第2ラウンド 今回も完全ノックアウト! 【全16分】 2015/7/30 https://t.co/6TLzgm1XUN

【速報】山本太郎vs安倍晋三【全19分】 7/30

>水野木内みどり 山本太郎さんの質問の鋭さに周りの議員の目つきが変わっていく。

822


安保法案廃案に向けて、総力戦です。

>小勝 山本太郎さんの国会質疑で、やっとこれが出てきましたね。

「イラク派兵違憲判決弁護団による安保法案に対する声明 : 弁護士川口創のブログ」 http://kahajime.exblog.jp/23299542/

>舩田クラーセンさやか 国会中継、15才の息子「ママ、この人(山本太郎議員)凄いね。俳優だからと評価下げちゃだめだよ。他の人より良かった」→【速報】山本太郎vs安倍晋三 https://www.youtube.com/watch?v=H-LpV9zJWTk&feature=youtu.be … 安倍首相は、クリントン元国務長官も過ちと認めるイラク戦争を未だ正当化…。戦前のよう。  (転載終わり)

【付録】
山本太郎生活共同代表、8/2NHK日曜討論に久々出演 大いに吼える!



8.2 NHK日曜討論 山本太郎「いつまでアメリカやグローバル企業のATMを続けるのか」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/836.html

| | コメント (0)
|

「徴兵制ない」とペテン首相が発言したということは「徴兵制必ずある」ということだ

-先日横浜市某区の会社社長さんと雑談する機会があった。建設業関係中小企業の経営者であるが他方では発明家でもあり、それだけに70過ぎの人だが頭脳はシャープで話題も広く、お話していていつもいい刺激を与えられる人なのである。こういう立場の人はおおむね自民党支持であるが、安倍首相には「あれはウソつきだからダメだ。・・・立場が上になればなるほどウソをついちゃいかんよ」と、えらくご立腹だった。第1次政権下での年金記録問題についての「早期に解決をし、最後の一人までチェックして正しい年金をきちんとお支払いをします」との公約破りから始まって、総選挙での「TPP断固反対」公約破り、東京五輪招致演説での国際社会への「アンダーコントロール」大ウソと、これまで安倍がついてきたウソは数知れず。「息するようにウソを吐く」とまで軽蔑されているほどだ。こういうトップリーダーしか持てない国民は本当に不幸であるが、今また「(法案成立で)戦争に巻き込まれる事は絶対ない」「徴兵制は自民党政権下ではあり得ない」とか抜かしているらしい。それこそ大ウソの極みだ。戦争するための法案だから「戦争法案」なのだし、法案成立を見越して自衛隊員の退職希望者が激増しているから、いずれ米国要請海外派兵数に追いつかず徴兵制を敷く事になるのは火を見るより明らかではないか。-

731_2

 「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」 (12・16不正選挙の件は一先ず置いといて)安倍自民党はこれを公約の一つとして政権を奪取したのだ。ところがどうだ。政権発足と同時に米国とTPP交渉し始め、その後甘利らが妥協に妥協を重ね、日本側がどんどん不利になる中、今や「米国ユダ金企業の利益のためだけの」TPPは妥結寸前だ。先週の『報ステ』(テレ朝)がこの公約違反をあらためて問題にした。いずれにせよ、何から何までウソで塗り固めたペテン政権ということだ。 (大場光太郎・記)


政界地獄耳 「徴兵制ない」首相答弁に説得力ない(日刊スポーツ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/786.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 8 月 01 日 10:50:30
http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1516158.html
2015年8月1日9時30分 日刊スポーツ

 ★参院の審議に入るにつれ、衆院の安保法制議論では出てこなかった話がどんどん飛び出す。中国を仮想敵国とする「中国脅威論」もその1つだが、7月30日の参院安保特委で首相・安倍晋三は「戦争に巻き込まれることは絶対にない」と断言した。それならばこの安保法制議論自体が不要に感じるが、同29日の参議院特別委員会で生活の党・山本太郎が首相にした質問を思い出す。

 ★仮定の話だ。山本は原発がミサイル攻撃された場合の仮説を問い、「今回の法案、中身や仮定や想定をもとにしていないか。A国がB国に攻撃を仕掛けた。友好国のB国から要請があって武力行使が出来るの出来ないの。これは仮定ですよね」「都合のいい時だけ仮定を連発して、核施設に対する仮定や想定は出来かねますって、どんだけご都合主義なのか」と指摘している。

 ★30日の答弁に戻る。加えて首相は懸念される「徴兵制の導入は全くあり得ない。今後も合憲になる余地は全くない。子どもたちが兵隊にとられる徴兵制が敷かれることは断じてない」と強調するとともに、「政権が代わっても導入はあり得ない」とした。しかし、この集団的自衛権自体が憲法解釈変更によって進められている限り首相の説明に説得力はない。

 ★さらに徴兵制についてもこれからの少子化の推移によっては志願自衛官の人数確保に支障をきたすとか、自衛官とはいわないものの防災訓練に準ずる活動の義務化や、その予備役編入などは容易に考えられるし、昨今も指摘されるように経済的貧困による経済的徴兵も指摘される。のみならず、集団的自衛権と専守防衛の両立が可能だとする答弁まで始めた。首相が丁寧に答弁すればするほど説得力がなくなる。(K)※敬称略 (転載終わり)

I320
(このペテン野郎が政権トップにいる事こそ日本にとって最大の「存立危機事態」だ!)


「【無責任内閣】:金子勝氏」 「アベは乗り切るためなら嘘でも平気でつく。存在自体が危険」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/690.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 30 日 20:40:10
http://sun.ap.teacup.com/souun/17977.html
2015/7/30 晴耕雨読

https://twitter.com/masaru_kaneko

安倍首相は昨年12月の総選挙の公約で国民の信認を得たから、安保法制を決めたと参議院で演説。

待ってくれ。

自民党のHPを見て下さい。

公約は「景気回復、この道しかない」でデフレ脱却一色。

そしてそれに失敗。

ダブル詐欺で、法案説明も嘘だらけ。 https://goo.gl/xGNL2D

安倍首相が「ホルムズ海峡の機雷掃海」で「特定国を想定していない」と、従来のイランを想定した答弁を修正。

イランが核協議交渉で合意だから?

機雷掃海なければ集団的自衛権の事例が1つ消える。

そもそも情勢次第で法案説明が途中で変わっていいのか? http://goo.gl/fGcXkK

福島原発事故による強制避難を前に精神的に追い詰められ、2011年4月に飯舘村の自宅で自殺した大久保文雄さんの遺族3人が、計約6千万円の賠償を東電に求め福島地裁に提訴。

事故犯人=資源エネ庁の越権行為による賠償打ち切りを許してはいけない。http://goo.gl/zBsB9U

【無責任内閣】菅悪代官は「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎首相補佐官の辞任は必要ないと言明。

これって、政府(内閣)が時々の状況に応じて勝手に憲法解釈を変えることに、断固反対しないということです。

何でもありの安保法制の将来が見えます。http://goo.gl/lxLW4y

下村文科相は、新国立競技場で文科省の担当局長を定例の人事異動で外しただけでトカゲのしっぽ切り。

トンネル博友会で「違法」政治献金、理化研でのインチキ再実験で、とっくに辞任しているべきは下村大臣。

あなたでしょ。

確かに、こういう人にとっては大学の文系学部は邪魔です。

安倍政権は政治資金規正法違反を知らなかったで辞めない閣僚だらけ。

失言暴言もごめんなさいの一言だけ。

公約を破っても知らんぷりでズルズル変えていく。

違憲の法案でも強行採決。

これは安保法制の解釈変更が無限に続くことを意味します。

アベは乗り切るためなら嘘も平気でつく。

存在自体が危険。 (転載終わり)

| | コメント (0)
|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »