« 中国天津大爆発は2回にわたる核爆弾によるものだった!? | トップページ | 【必聴】山本太郎の「そこまで追及して委員会」的激ヤバ国会質問 »

ロスチャイルドと中・露戦争が勃発&中国とアメリカの戦争ゲーム?

-「最後の悪がき」であることを切に望むばかりだが、地球での自分たちの支配時間が残り少ないことをよく認識している悪魔の13血流連中は、シャカリキになってなりふり構わず、世界中で悪さを仕掛けているようである。どうも連中は「NWO(悪魔の世界統一政府)」完成やその前提としての「人類大削減」をまだあきらめていないようだ。とにかく世界中のあちこちで紛争の種を蒔き、それを大きく膨らませては世界最終戦争化したくてうずうず状態なのだ。シリアなど中東ダメ、ウクライナもロシアプーチンに阻まれてダメ、彼らのただ今のターゲットは中国&東アジアのようである。幸い極東には「葱鴨(ねぎかも)」の、米国に絶対従属の家畜人国があるではないか。ヤプーつまり日本である。戦後米国は小競り合いはしてもただの一度も大国と直接戦争した事はない。すべて代理国に戦争させて自分たちは高みの見物、漁夫の利を得てきたのだ。日本を中国と戦わせるのだ。そのために戦争法案を売国奴安倍晋三に何としても成立させるよう奥の院指令を出してきたのだ。-

【追記】だいぶ前から、米国には、ロシアや中国などの工作部隊が侵入しているという情報がありました。また今回の天津大爆発や中国船爆破事件によって、米国と中国の全面戦争との見方もあります。戦争にはいい戦争も悪い戦争もなくすべての戦争は悪に決まっていますが、そんなに戦争がしたいのなら近隣国や関係国を巻き込まず、軍事大国同士勝手にドンパチやってもらいたいものです。 (大場光太郎・記)

8184
(デービッド・ロスチャイルド ロスチャイルド家も世代交代で若手のデービッドが新たに登場?イエス自ら「終末の時には偽キリストが多く現われるだろう」と預言したが、この者もキリストに似せているようだ。ただし手を合わせているのはサタンに対してだろう。先日たまたまこの者が話している動画を見たが、さほどカリスマ性は感じられなかった。)


ロスチャイルドと中・露戦争が勃発
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955617.html
大摩邇(おおまに) 15:54
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966197.html

<転載開始>
以下の記事はロスチャイルドと中・露戦争が勃発したと伝えています。通貨戦争が武力戦争になってしまったのでしょうか。
また、退役軍人とアメリカのエリートとの戦いも進行中だそうです。

どうやら、水面下では武力衝突が勃発しており、アメリカは中・露によるサイバー攻撃でコンピューターが破壊され、停電を起こされることを恐れているのではないでしょうか。そのため、ウォール街の金融エリート(ロスチャイルド配下)はパニックになり、みな代替エネルギー、食料、水などを大量に調達しているのでしょう。

ジム・ストーン氏は、天津市の爆発はヒラリー・クリントンが仕組んだと伝えていますが、ヒラリーもシオニストですから、ロスチャイルドと繋がっているはずです。
ロスチャイルドが中国を攻撃した理由は、人民元の切り下げということですが。。。私の勝手な推測ですが、このような米VS中・露の戦いの背後にはバチカンやイエズス会がいるのではないでしょうか。

http://beforeitsnews.com/politics/2015/08/china-strikes-back-dc-air-traffic-computers-down-2734790.html

(概要)
8月15日付け

デービッド・ロスチャイルド率いるアメリカのエリートらと露・中の武力戦争が勃発しました。

3日前に、ロスチャイルドは、中国が人民元を切り下げたことに対する報復として、2人の中国系アメリカ人の兵士らを使って中国のタジン港で弾薬を積んだ中国船を爆破しました。

そして今日、中国はワシントンDCの航空管制塔のコンピュータにサイバー攻撃を仕掛け、機能不全にさせました。アメリカが一時的に戦争を止めない限り、中国は他のコンピュータも攻撃するでしょう。
同時に、エリートらと退役軍人との戦いが進行中です。エリートらが退役軍人の軍事記録を全米に売り渡しており、それを阻止するための戦いです。彼らは国防総省から退役軍人のデータを不正に盗み取っています。

私は外国の大使として最高裁にてこの件を裁判沙汰にしようとしましたが、個人的に訴えることはできないとして拒否されました。
その対応として、一部の米軍がアメリカのアルゴリズム全て使い、アメリカに拠点を置く企業(中国を相手にビジネスを行っている)のコンピュータに侵入しました。また、英米のコンピューター、米軍地下基地用の自爆兵器などにアクセスしました。

アメリカ中の航空管制塔のコンピューターは、中国、ロシア、イラン及び他の8ヶ国からのサイバー攻撃により一瞬にして使用できなくなるでしょう。

キューバのトリニダードとミネラルを襲い、またワシントンDCを襲った地震は中国の仕業です。中国は地震を起こすテクノロジーをもっています。
しかし米軍地下基地の自爆核爆弾を爆発させてインターネットから遮断するのに失敗しました。

エリートらが軍事記録を世界中に売り渡すことを止めさせ、安全保障を侵害したとして彼らを逮捕すべきです。

BRICS諸国は組織的にアメリカを機能不全に陥らせ、アメリカの地下施設を爆破する可能性があります。
アメリカは3日以内に中・露に対して大規模な反撃を開始するでしょう。ロスチャイルドは中国やロシアがひどく嫌っている何かを仕組んでいます。

天津の核爆発と中国船の爆発は繋がりがあるのです。。

<転載終了>


中国とアメリカの戦争ゲーム
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955921.html#more
大摩邇(おおまに) 18:59
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51966337.html
<転載開始>

やはり。。。ジム・ストーン氏に記事の通り、天津市の爆発はアメリカの攻撃によるものだったのでしょうね。
ジム・ストーン氏は、最初の爆発は核爆弾によるもので2回目の爆発は宇宙兵器によるものだと言っています。
現在、水面下では中国とアメリカの戦争ゲームが勃発しているようです。
米政府はアメリカに潜伏している中国工作員による核施設へのテロ攻撃を懸念しているようです。非常に敏感になっており、サウスカロライナの各施設も一時閉鎖したくらいです。

今日のニュースでタイでも爆発が起き多くの人が犠牲になりました。この事件と中国天津市の爆発にはつながりがあるのかないのか。。。分かりませんが。。。世界中で戦争を起こしたい連中の仕業ではないのでしょうか。

日本の原発も警備を強化した方がよいのでは??イスラエル、アメリカ、中国の工作員がいつまた日本の原発を狙うか分かりません。


http://beforeitsnews.com/alternative/2015/08/breaking-another-bombshell-potential-security-event-reported-at-south-carolina-nuclear-site-video-heads-way-the-hell-up-3200736.html

(概要)
8月17日付け:


既にアメリカは中国と戦争状態にあります。

米当局は月曜日に、安全を確保するためにサウスカロライナのサバンナ川沿いにある核施設への車両の立ち入りを禁止するなどの緊急対応を実施しました。

その1時間30分後に、サプライヤーのトラックの電子スキャンとケーナインスキャンが反応し、トラック内に爆発物がある可能性があることを示しました。
サウスカロライナとジョージアの当局は大至急、原発の警備会社(Centerra社)と共に緊急対応を実施しました。
警察の捜査の結果、トラック内には爆発物は見つからず、核施設に対する厳重な監体制は午後5時25分に解除されました。
ジョージア州にほど近いサウスカロライナ州のサバナ川沿いにある核施設は敷地面積が20万エーカーもあり、その大部分は松林で覆われています。
この施設ではアメリカが使用する(核兵器としての利用基準を満たす)プルトニウムとトリチウムの3分の1が製造されています。冷戦時代には核兵器製造のためにここで生産されたプルトニウムとトリチウムが主に使われていました。
他の核施設は既に閉鎖されたため、他の核物質もこの施設に運び込まれ、保管されています。また、使用済み核燃料も運び込まれており、防衛目的でトリチウムが製造されています。また、この施設では商用原子炉に転用するための高濃縮度ウランの研究開発が行われています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2015/08/bombshell-china-and-america-already-at-war-tianjin-explosion-carried-out-by-pentagon-space-weapon-in-retaliation-for-yuan-currency-devaluation-2457994.html
(概要)
8月17日付け:

中国天津市の爆発は、人民元の切り下げの報復としてペンタゴンが宇宙兵器で攻撃したためです。現在、軍のヘリが北京上空を巡回しています。
821

(NaturalNews)
中国の反体制活動家からNaturalNewsに以下の情報が提供されました。
天津市の爆発は、中国が人民元を切り下げたことに対する報復としてペンタゴンが中国を攻撃した可能性があります。
中国政府は爆発現場の警備をこれまでにないほど厳重にし、今回の事件に関する情報が外に漏れないように厳しい情報統制を行っています。

同時に米政府もメディアが天津の爆発に関しての報道を行う事を禁止しました。

中国は今後18日以内に人々の移動を禁止し情報を統制するために、爆発が起きた地域に限定して戒厳令を敷くことになるでしょう。
中国政府は、爆発現場に、記者が立ち入るのを禁止しました。また、今回の爆発原因に関して陰謀論を唱えているブロガーを逮捕しています。

米政府も中国政府も、都合の悪い情報が流れるのを阻止するためにメディアの記事を全て検閲しており、情報の独裁統制を行っています。
爆発直後に中国政府は、複数の黒いヘリを飛ばし北京上空から監視を行っています。
8211

中国の反体制活動家は、今回の爆発(攻撃)は、アメリカからの警告ではないかと推測しています。中国は、米国債を大量に売る一方で、人民元をゴールドに裏付けられる通貨とすることを発表しようとしていたのです。中国のこのような動きは米ドルと米経済を崩壊させることになります。
そのため、中国に強力なメッセージを送る目的でペンタゴンが宇宙兵器(棒型ミサイル=Rod of God)を使って天津を攻撃した可能性があります。しかし爆発の原因は倉庫に保管されていた化学物質が爆発したため、との報道を行うことで真実を隠しています。
8212

アメリカは戦時中も同じような手段で他国に強力なメッセージを送りつけました。それは広島と長崎に落とした核爆弾です。
アメリカは常に、他国を大量破壊兵器で攻撃し一般市民を大量虐殺する方法でアメリカの意思を伝えるのです。
アメリカが広島と長崎に核爆弾を落とした年(1945年)も、ユダヤ教のShemitah(聖なる年)だったのです。今年もShemitahです。

8月16日に、オバマは、アメリカに潜伏している中国政府のスパイがアメリカ国内で秘密作戦を実行しているとして、容赦ない警告を発しました。現在、アメリカと中国はいくつかの問題を巡り、両国間の緊張が高まっています。アメリカの数百万人にものぼる公務員の個人データが盗まれたのも中国の仕業と考えられます。

省略

<転載終了>

|

« 中国天津大爆発は2回にわたる核爆弾によるものだった!? | トップページ | 【必聴】山本太郎の「そこまで追及して委員会」的激ヤバ国会質問 »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

レプティリアン&ドラコニアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国天津大爆発は2回にわたる核爆弾によるものだった!? | トップページ | 【必聴】山本太郎の「そこまで追及して委員会」的激ヤバ国会質問 »