« 「徴兵制ない」とペテン首相が発言したということは「徴兵制必ずある」ということだ | トップページ | 「法的安定性は関係ない」発言の礒崎首相補佐官国会招致 »

山本太郎生活共同代表 参院で鋭い質問を連発!安倍総理タジタジ

-先週から参院に舞台を移し戦争法案審議が始まっている。衆院での志位共産党委員長などの水も漏らさぬ鋭い追及ぶりから、参院野党はどうかな、やはり追及の精度は鈍るのかな、と一抹の懸念を感じていた。しかし嬉しいことにそれは杞憂だったようだ。共産党の小池晃議員、社民党の福島瑞穂議員そして生活の党の山本太郎議員と、戦争法案の核心・盲点にズバリ斬り込む質問を繰り出し、安倍らが答弁に窮する場面がまま見られたのだ。特に普段は(政党要件を満たしているのに)「安倍さまの」NHK日曜討論にも出してもらえずアピールの機会が与えられない山本太郎のネットでの評価がうなぎ上りである。安倍も山本質問前は『どうせタレント上がりが・・・』と自分は田布施の出がらし世襲なのを棚に上げ薄ら笑いを浮かべていたが、論旨明快に積み上げながら斬り込んでくる山本に次第にタジタジ、終いには官僚答弁をつっかえながら読むのが精一杯の狼狽ぶり。一方の山本議員は「安倍総理は弱気になってるなと一瞬感じた」と、巌流島決闘における「小次郎敗れたり」の宮本武蔵の明鏡止水の境地、この勝負安倍の完敗である。 (大場光太郎・記)ー


山本太郎 安倍晋三を問いつめる 原発が弾道ミサイルで狙われたらどうするんだ!!再稼動なんて出来ない【全34分】

山本太郎、与党・次世代の党の中国脅威論のインチキをあぶり出す
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/717.html
投稿者 あきらめない 日時 2015 年 7 月 31 日 07:44:45
http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2015/07/post-7618.html
2015/07/30 まるこ姫の独り言

参議院での安保法制の特別委員会質疑が始まったが。。。

ニュースによると
>審議に関し自公参院幹部は与党参院質問時間増で一致、
国民の理解を得るため、与党の質問時間の割合を衆院審議よ
りも増やす必要があるとの認識で一致した。成立に向けて丁寧
な審議に努めることも確認した。

だそうで、今日はたまたま時間が空いたので特別委員会を見よ
うかと思っていたが、午前中は与党の質問時間がほとんどだろ
うし、お互いに緊張感のないやり取りが続くかと思うとみる気が
失せてしまった。
どうせ衆議院での質疑で学習した事を、参議院で実践している
のだろうが、野党の不都合な質問は極力排除、与党に大幅に
時間を与えて政権側に有効に使おうとの魂胆だろう。
午後からに期待するとしよう。

野党の質問の中で分かった事は、自衛隊員が命令を無視して
勝手に敵方を攻撃しても罰則が何も無いという事だった。
ジュネーブ条約に加盟していないとか、自衛隊員が命令を無視
して相手を殺しても何の罰則も無いとか、この戦争法案は国民
が理解すればするほど、矛盾に満ち満ちていて、法案の体をな
していない事が良く分かるものだった。

昨日の次世代の党は、政府より極右的思考で気持ちが悪かっ
た。
中国を名指しにして、今にもミサイルがどんどん飛んでくるよう
な質問に終始していたが、政府も次世代の党も国民を煽り過
ぎだ。
ホルムズ海峡機雷掃海が、米国とイランの外交的努力によっ
て使えないとなると、今度はまたまた中国脅威論を煽る。
安倍首相、最近は、”国民の生命、自由、財産、幸福追求権を
守るため”がお気に入りになったのか、執拗に発言している。

が面白い事に、昨日の山本太郎議員の質問によって政府や
次世代の党の主張する、中国脅威論がブーメランのごとく安
保法制にかえり、政府の首を絞める結果になってしまった。

山本太郎議員は質問の中で、
>「稼働中の川内原発がミサイル攻撃を受けた時にどれくらい
の放射性物質が放出されるのか?

原子力規制委員会の田中委員長
>弾道ミサイルが直撃した場合の想定はしていません。ちなみ
に事故が起きた場合の想定は福島原発事故の1000分の1以下

山本太郎議員
>どうして福島原発の1000分の1で済むのか。前に質問したと
ころ、仮定の質問でありお答えするのは差し控えたいとの返答
があった。仮定の話ではお答えするのは難しいということなので
しょうか総理

安倍首相
>武力攻撃は規模の大小やパターンが異なることから、一概に
想定するのは難しい

山本太郎議員
>都合の良い時だけ仮定を連発して、国防上ターゲットになり
得るような核施設に対する仮定や想定は出来かねますって、ど
んだけご都合主義なのか

政府の煽る中国・北朝鮮脅威論に乗じて、そのリスクを見事に
あぶり出していた。
山本太郎議員曰く、北朝鮮ミサイルの脅威を煽って”戦争法案”
の必要性を強調している割には、その脅威の筈の弾道ミサイル
が原発に落ちたときの避難対策すら全く講じていなかったと。
煽るだけ煽って、対策を何にも想定していなかったとはね(笑)

山本太郎議員は、既成の政治家が思いつかないような論点で
質問していたが、迫力は共産党の志位委員長や小池議員には
かなわないものの、論旨はしっかりしていて、久しぶりに見てい
る方のうっ屈がとれた。
この議員は、国会で質問回数が多くなればなるほど、迫力が増
すだろうし大化けするのではないか。
昨日はその片鱗が見えた。、そしてとても良い質問だった。  (転載終わり)


「山本太郎さんの質問は、今日もとても良い。安保法案廃案に向けて、総力戦です。:川口創弁護士」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/701.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 7 月 31 日 00:01:05
http://sun.ap.teacup.com/souun/17980.html
2015/7/31 晴耕雨読

https://twitter.com/kahajime

山本太郎さんの質問は、今日もとても良い。

>布施祐仁 今日の参院特別委員会での山本太郎議員の質問。アメリカがイラクでいかに国際人道法に反した無差別殺戮を行なっていたかを告発し、その戦争を支持し、自衛隊機で米軍の兵員や物資を輸送して協力した日本政府と安倍首相の責任を鋭く追及した。 http://t.co/xidaX6XUHe

>nobuaki NOGCI 山本太郎は国会の空気を変える!安倍晋三の表情が変わった。 イラク戦争の疑問を上げ、総括すべきと質問を終えた。

821


>雨宮処凛 今日の山本太郎さんの素晴らしい質問作りにご尽力頂いた志葉玲さん、川口創さんに大感謝! 傍聴しながら、私も見たイラク(最後に行ったのはイラク戦争直前ですが)の光景思い出して泣きそうになりました。 議会制民主主義の中、山本太郎議員の周りには今、直接民主主義の強烈な磁場が発生してる!

>不勉強 ほう、山本太郎のブレーンに、イラク輸送違憲判決事務局長の川口創弁護士や写真家志葉玲さんが加わってるのか。 http://t.co/iq3hybta85 @raymiyatakeさんから 山本太郎議員「政府は、川内原子力発電所に対する弾道ミサイルによる武力攻撃を想定していますか?」

>中林 香 【速報】山本太郎vs安倍晋三【全19分】 7/30 https://youtu.be/H-LpV9zJWTk @YouTubeさんから 「2004年~08年イラク戦争で航空自衛隊は何を輸送していたか?国連の査察で大量破壊兵器は無かった。多くの民間人が殺害された。イラク戦争の総括が必要。」

>兵頭正俊 7月30日、山本太郎の質疑。時間が短く感じられるほどすばらしかった。かれのような政治家が、衆参に50人ずつ、計100人いたら、革命が起きるだろう。核になるのは過半数でなくてもいいのである。一騎当千というではないか。後はついてくるのだ。

>【速報】山本太郎vs安倍晋三 第2ラウンド 今回も完全ノックアウト! 【全16分】 2015/7/30 https://t.co/6TLzgm1XUN

【速報】山本太郎vs安倍晋三【全19分】 7/30

>水野木内みどり 山本太郎さんの質問の鋭さに周りの議員の目つきが変わっていく。

822


安保法案廃案に向けて、総力戦です。

>小勝 山本太郎さんの国会質疑で、やっとこれが出てきましたね。

「イラク派兵違憲判決弁護団による安保法案に対する声明 : 弁護士川口創のブログ」 http://kahajime.exblog.jp/23299542/

>舩田クラーセンさやか 国会中継、15才の息子「ママ、この人(山本太郎議員)凄いね。俳優だからと評価下げちゃだめだよ。他の人より良かった」→【速報】山本太郎vs安倍晋三 https://www.youtube.com/watch?v=H-LpV9zJWTk&feature=youtu.be … 安倍首相は、クリントン元国務長官も過ちと認めるイラク戦争を未だ正当化…。戦前のよう。  (転載終わり)

【付録】
山本太郎生活共同代表、8/2NHK日曜討論に久々出演 大いに吼える!



8.2 NHK日曜討論 山本太郎「いつまでアメリカやグローバル企業のATMを続けるのか」
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/836.html

|

« 「徴兵制ない」とペテン首相が発言したということは「徴兵制必ずある」ということだ | トップページ | 「法的安定性は関係ない」発言の礒崎首相補佐官国会招致 »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「徴兵制ない」とペテン首相が発言したということは「徴兵制必ずある」ということだ | トップページ | 「法的安定性は関係ない」発言の礒崎首相補佐官国会招致 »