« ミヤネ屋に出演した安部総理に「♯国会サボる総理はいらない」の屈辱的なタグ | トップページ | 真正愛国保守も決起!「米軍の傭兵にするな」 民族派が安倍私邸にデモ! »

“日本を操る男”アーミテージに安保法案審議などを直撃インタビュー(TBS・NEWS23)

-「報道のTBS」が放ったクリーンヒットといっていいのだろう。先週2日深夜の報道番組『NEWS23』で、リチャード・アーミテージ元国務副長官に試みたインタビューの内容を放送したのだ。アーミテージと言えば、戦争法案が大詰めを迎えている日本にあって、良くも悪しくも今最も関心を持たれているアメリカ人といっていいだろう。きっかけは参議院安保法案審議において、山本太郎生活共同代表が、安保法案を初めとした安倍政権の諸政策が、2012年にアーミテージらジャパンハンドラーが日本に突きつけてきた指令書「第3次アーミテージ・ナイレポート」の内容どおりに進められていることを問い質したのだ。これによって、これまでは政官財報の一部では公然の秘密だった、アーミテージらの露骨過ぎる内政干渉の実態を多くの国民が知ることになったのだ。今回のTBSインタビューはその延長線上にあるものである。動画は8分くらいなので是非視聴していただきたい。なおこれは余談であるが、インタビューでのアーミテージの言葉はもちろんのこと、「目」にご注目いただきたい。こんなにはっきり分かる例も珍しいが、しばしばピッと真ん中に縦目が現われるのである。「トカゲの縦目」、つまりアーミテージは典型的なレプティリアン(爬虫類人)なのである。(以前何かの記事で触れたとおり)翻って、安倍を筆頭に麻生、高村、菅、石破、甘利らもレプティりアン。現安倍政権は爬虫類人政権というべきであり、アメリカの白色レプ様のご命令どおりに安倍ら黄色レプが忠実に動いているというおぞましい構図なのである。「安倍は人間じゃない」(山口二郎法政大学教授) (大場光太郎・記)-


〔TBS報道〕“日本を操る男”が見る安保審議-ブッシュ政権で対日政策を手がけたアーミテージ元国務副長官 直撃インタビュー
新・ほんとうがいちばん  2015/09/05 15:11
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-942.html


“日本を操る男”が見る安保審議

TBS/YouTube概要より転載)
2015/09/02 に公開:アメリカのシンクタンクが3年前に出した提言書ですが、“日本はペルシャ湾での機雷掃­海を行うべき”など、その中身に驚かされます。この提言を書いた「日本を操る男」とも­呼ばれるアーミテージ元国務副長官に直接、話を聞きました。ビデオでご覧ください。(­02日23:16)

転載元:シャンティ・フーラさんより
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e19_201509051401082db.jpg
画像の出典: 転載元

[TBS News-i]
「日本を操る男」アーミテージ元国務副長官に直撃インタビュー!

“日本を操る男”が見る安保審議
転載元より文字起こし) YouTube 15/9/2

ナレーター:先週、我々の取材に応じたアーミテージ元国務副長官。ブッシュ政権で対日政策を手がけ、日米に幅広い人脈を持つ知日派だが、「Show The Flag!(顔の見える貢献を)」、「Boots on the Ground!(陸上自衛隊派遣を)」と、時に日本に強く行動を求めた姿から、"Japan Handler(日本を操る男)"ジャパンハンドラー、日本を操る男と呼ぶ人もいる。

1-1-480x270.jpg

2 1-26-480x270

アーミテージ:なぜ『ジャパンハンドラー』と呼ばれるのか理解できません。81年から日本と緊密に仕事をしているが誰かを操るなんてできたことはない。

ナレーション:今、アーミテージ氏が注目されている理由がある。3年前に出した日本への提言書。これが安倍政権の政策と奇妙な一致を見せているのだ。

3 1-52-480x270

アーミテージ氏からの提言の序文
『日本が一流国であり続けたいと思うのか二流国に成り下がるのかー 日本は決断しなくてはならない』

ナレーション:こんな序文から始まる20ページの提言は、原発の再稼働、TPPへの参加など、具体的、且つ、多岐にわたる。そして、安全保証分野では。

アーミテージ氏からの提言
ホルムズ海を封鎖する兆候があれば、直ちに日本は掃単独でこの海域に掃海艇を出すべきだ。PKO活動で文民や他国の文民を守ることができるように権限を拡大すべきだ。』

ナレーション:と、安保法案の中味と重なる部分がいくつもある。集団的自衛権についてもこんな注文が。

アーミテージ氏からの提言
集団的自衛の禁止日米同盟にとって障害となっている。平時から有事までアメリカ軍が全面協力できるよう整備することが責任のあるやり方だ。』

ナレーションこの提言書、安保関連法案を巡る国会審議でも取り上げられた。

4 1-61-480x270

山本太郎参議院議員 「これ(第3次アーミテージ・ナイレポート)を見ると、今回の憲法違反の閣議決定から、憲法違反の安保法制まで、ほとんどすべてアメリカ側のリクエストによるものだということがよくわかる。この第3次アーミテージ・ナイレポートで示された日本への提言などが今回の安保法制で実現することになったとお考えになりますか?

5 1-72-480x270

岸田文雄外相これはあくまでも民間の報告書ですので、政府の立場かた逐一コメントすることは控えなければならないと思いますが、ご指摘の報告書を念頭に作成したものではないと考えております。」

6 1-82-480x270

中谷防衛相 「結果として、重なっている部分もあると考えておりますけれども、あくまでもわが国の主体的な取り組みとして研究・検討をして作ったものであるということでございます。

7 1-92-480x270

山本太郎参議院議員 「結果重なっている部分があると言うんですけど、ほとんど重なっているんじゃないか。そっくりそのままですよ。「完コピ」と言うんですよ、こういうの。完全コピー。

ナレーション:提言をまとめたアーミテージ氏は、今回の安保法案をどう捉えているのか。

8 1-110-480x270

9 1-27-480x270

アーミテージ氏安倍総理らが提言を気に入ってくれたのならうれしいですが、この提言通りに事を進めていると聞いたことはないですね。『安倍政権はアメリカが求める安保法制をやっている』と主張する人もいますが、私は違う見方をしています。安倍政権がやっているのは、アメリカへの依存を少なくし、日本の将来により柔軟性を持たせようとしているのだと思います。」

ナレーション:集団的自衛が禁じられていることが日米間の障害になっているとしていることについては、改めてこう説明する。

10 1-33-480x270

アーミテージ氏日米で共同して何かを行うために議論を始めると、必ず憲法九条がバリケードのように道をふさぐのです。時は流れ、人や状況は変わります。憲法の解釈も変えることができます。日本の国民が判断すべきことですが、内閣法制局の解釈の変更でも可能だと思います。」

ナレーション:アーミテージ氏の提言に添うかのような一連の安保法制の動き。日本では反対の声が強い事を伝えると・・・

アーミテージ氏:「野党議員が安倍総理や中谷防衛相へ質問をしていますから、懸念は考慮されるでしょう。実際、法案は、最初に安倍政権が提案したものから少し変更されているでしょう?それが民主主義ですね。」

11_201509051409331e8.png

佐藤祥太ワシントン支局員:「法案が成立したら米国の戦争に巻き込まれる」との批判があるが?

アーミテージ氏:「日本の国会論戦を聞いているところでは、その懸念については総理や防衛大臣がはっきりと答弁をしています。歯止めがかかっていますし、日本が「死活的に重要」だと感じない限り、アメリカと共に行動することは想像できませんね。」

ナレーション:では、仮に安保法案が成立しなかったとすれば、日米関係にはどんな影響をもたらすのだろうか?アーミテージ氏はこう答えた。

アーミテージ氏:「まあ、同盟は続きますし、アメリカは日本を守り続けるでしょう。ただ、アジアにおけるアメリカの対応能力は少し低下し、日本が自ら運命を決めていくための力の足しにはならないでしょう。「何が正しい答えか」は言いません。これは日本が決めることです。

ナレーター:アメリカとの関わり方は、今日の安保法案の審議でも焦点となった。

12_20150905140935763.png

共産党 仁比総平議員:「私の手元に独自に入手いたしましたこの統幕長訪米時の会談の結果概要を報告する防衛計画部の文書がございます。」

13_20150905140936f5c.png

ナレーター共産党が明らかにした自衛隊の内部文書。仁比議員によると、昨年の12月、河野統幕長がアメリカを訪問し、陸軍参謀長と会談した際の会談内容だと言う。仁比議員は、会談の中で河野統幕長が安保法案の見通しについてアメリカ側から聞かれた際、「衆院選での与党の勝利により(安保法案は)来年夏までには終了するものと考えている。」と述べたことを指摘し、「法案の具体的検討も与党協議もしていないはずの去年12月に、『来年夏まで』と決まっていたのか。そんな認識を米軍に伝えたのか」と糾した。

14_20150905140937738.png

これに対し、中谷大臣は、「資料がいかなるものか承知していないのでコメントできない」と述べるに留めた。国会審議の前に、法案の成立時期をアメリカ側に約束したとも受け取られるだけに、再び批判を浴びそうだ。

(転載終了)


関連過去記事

【8/19参院特別委-山本太郎議員の質疑】
政府が根拠とする砂川判決は米国の指示による“売国判決”
・安倍政権が推し進めているものは“アーミテージレポート”の完全コピー
2015/08/21 19:21 http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-917.html

8213

(転載終わり)

|

« ミヤネ屋に出演した安部総理に「♯国会サボる総理はいらない」の屈辱的なタグ | トップページ | 真正愛国保守も決起!「米軍の傭兵にするな」 民族派が安倍私邸にデモ! »

戦争か平和か」カテゴリの記事

マスコミ、ダマスゴミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミヤネ屋に出演した安部総理に「♯国会サボる総理はいらない」の屈辱的なタグ | トップページ | 真正愛国保守も決起!「米軍の傭兵にするな」 民族派が安倍私邸にデモ! »