« 真正愛国保守も決起!「米軍の傭兵にするな」 民族派が安倍私邸にデモ! | トップページ | 総裁選無投票再選で鮮明になった安倍政権の民主主義嫌いとファシズムへの急傾斜 »

日本に対する反撃の、もっとも有効なターゲットが原発であることを、世界中が知ってしまった

-なるほど、言われてみればそのとおりである。戦争法案成立によって危険にさらされるのは何も海外派兵した自衛隊員だけではなく、すべての国民が危険にさらされる可能性があると、兵頭正俊氏は指摘しているのだ。どういうことか。この小さな島国には54基もの原発がある。それが報復の標的として狙われる可能性があるというのだ。原発へのミサイル攻撃については既に7月29日の参院審議で山本太郎議員が取り上げたことでもあった。「もし仮に将来、中国、北朝鮮、ロシアのどこかと戦争になった場合、原発へのミサイル攻撃を受ける危険性があるが、そのための対策をしているのか?」と。それに対して原子力規制委員会の田中俊一委員長は、「原発へのミサイル攻撃の事態は想定しておらず、事故が起きたときに福島第一原発の事故の1000分の1以下の放射性セシウムが放出される想定だ」とノーテンキなふざけた答弁をした。この際そのことは脇に置くとして、兵頭氏は原発へのミサイル攻撃は上に挙げた3カ国にとどまらず、例えば自衛隊を中東に派兵した場合、原発が、当該中東国の武装勢力の標的になる危険性に言及しておられるのだ。これは困った。もし西のどこかのたった一つの原発にでも不測の事態が起きれば、収束の目途がまったく立っていない福島第1原発と合わせて、東と西の挟み撃ち放射能禍で日本はお陀仏ではないか! (大場光太郎・記)-

983
(以下の転載文後半でNHKについて触れているので掲載させていただく。兵頭氏は「NHKは米国メディア」と言っておられるが、さらに言えば「イルミナティ企業」なのである。これはいつぞやの年の紅白歌合戦の一コマだろうか。「万物を見通す目=サタンの一つ目」を大々的にシンボライズしたものである。)


「日本に対する反撃の、もっとも有効なターゲットが原発であることを、世界中が知ってしまった:兵頭正俊氏」
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/315.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 07 日 23:10:26
http://sun.ap.teacup.com/souun/18287.html
2015/9/7 晴耕雨読

https://twitter.com/hyodo_masatoshi

戦争法案(安保法制)が可決されると、実質的には米国の指示で、日本は他国を侵略することになる。

当然、侵略された国からの反撃に、日本は遭うことになる。

敵から見れば、最大の後方支援は日本本土ということになり、日本の原発が狙われる。 http://t.co/0q8FyLgWEm

日本人は、のんきである。

反撃のテロは、新幹線がターゲットになるとかいって、お茶を濁している。

しかし、最大のターゲットになるのは原発である。

日本に対する反撃の、もっとも有効なターゲットが原発であることを、世界中が知ってしまった。

「平和的な原子力利用のポテンシャルが何であれ、中東に原子炉を建設することの安全保障リスクがブームのなかで見えなくなっている。原子炉の先には核兵器が見え隠れするようになるリスクだけではない」

「原子力発電所が武装勢力の攻撃ターゲットにされたり、あるいは占拠されたりして、恫喝の手段とされてしまう危険がある。現実にそうなれば、チェルノブイリやフクシマのような核のメルトダウンへとつながっていく恐れがある」

「敵対勢力にとって原子炉は魅力的なターゲットだ。ヒズボラは、イスラエルとの戦争になれば、ディモナ原発を攻撃すると警告している。イランも同原発を攻撃のターゲットリストに入れていることを明らかにしている」

暗澹とするのは、まず日本の救いがたいのんきさと、中東の現実との落差だ。

中東では原発の攻撃など、珍しくもない。

有効で「魅力的なターゲット」のひとつにすぎない。

日本では、もし原発が攻撃ターゲットにされても、破壊のリスクばかりが論じられる。

しかし、原発が占拠されて、恫喝の手段とされる危険もあるのだ。

そこから交渉が長引けば第二のフクシマ(メルトダウン)へとつながる可能性もでてくる。

「イスラム国(ISIS)その他の武装集団が中東で作り出している大きな混乱、その終末思想から考えて、これらの組織が稼働中の原子炉を攻撃対象にするリスクは排除できない」

「仮にテロリストが原子力発電所を攻撃すればどうなるだろうか。どの程度の放射能の拡散が起きるかは、原子炉格納容器の強度、そして拡散を抑える原発スタッフの緊急対応能力にも左右される」 http://t.co/0q8FyLgWEm

この世の終わりの自覚の元に、稼働中の原子炉が狙われる。

その可能性は高い。

なぜならISISは、日本を米国の隷属者、米国の同盟国、十字軍と位置づけているからである。

ISISでなくても、日本に攻撃された中東の国は、すべてそう見做すだろう。

犬HKの日曜討論。

山本太郎が犬HKの偏向報道と、安倍政権の対米隷属を批判。

司会の島田は、あまりにほんとうのことをいわれて絶句した。

山本の表現がすばらしいのは、本質から本質へ、本気で語るからだ。

捨て身の姿勢は、吹っ切れているのである。

わたしたちは99%の側にたつ貴重な政治家を得た。

山本太郎の日曜討論。

「犬HKは偏向報道、高校野球は延長放映なのに国会は6時で切らないでほしい」。

実際、犬HKは国会中継をすべてやるべきだ。

何チャンネルもっているんだ。

あちこちで手抜きの再放送をやっている。

いい加減に大本営発表伝達の、愚民育成をやめ、米国メディアを卒業すべきだ。

山本太郎の日曜発信。

山本の功績は、政界―メディアのプロレスを暴いたこと。

「アメリカは建国以来93%の年月を、戦争により経済をまわしてきた国だ」と指摘。

肩替わりさせられるのだから、今度は日本も膨大な軍事費に喘ぐことになる。

日本の国体が米国であることが、はっきりしてきた。

(転載終わり)

|

« 真正愛国保守も決起!「米軍の傭兵にするな」 民族派が安倍私邸にデモ! | トップページ | 総裁選無投票再選で鮮明になった安倍政権の民主主義嫌いとファシズムへの急傾斜 »

福島原発事故・原発問題」カテゴリの記事

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。