« 戦争法案を廃案にするということは、戦後70年にして初めて日本国民が米国支配に「NO!」を突きつけるということだ | トップページ | “日本を操る男”アーミテージに安保法案審議などを直撃インタビュー(TBS・NEWS23) »

ミヤネ屋に出演した安部総理に「♯国会サボる総理はいらない」の屈辱的なタグ

-攻めに強く守りのプレッシャーにからきし弱い“ボクちゃん総理”は、現下の“針の莚状態”の国会審議出席ではしょっちゅう腹を下しトイレに駆け込む頻度が異常に多いという。それかあらぬか、国会をサボり「自分だけ長い夏休みを取るのはいかがなものか」と、山本太郎議員に厳しく問詰され、さすがにその後予定していた山梨別荘行きを中止せざるを得なかった。そんなに体調がお悪いのなら、どうぞ総理をお辞めになって治療にご専念ください。「史上最低最悪総理」との評価が定着した貴殿の代わりはいくらでもいますから、という次第である。そんな安倍総理にとっての息抜きは「自分ヨイショ番組」限定のテレビ出演のようだ。参院では部下の中谷防衛相が共産党から、昨年12月河野統合幕僚長が米軍幹部に今夏までの安保法案成立を確約していた事実を爆弾質問され冷や汗タラタラの四苦八苦なのに、安倍御大は我関せず、4日(金)大阪の読売系ミヤネ屋に出演したのだ。これが、良い子のみんなは絶対みならってはいけない、「最高責任者」の安倍流無責任対処法である。ところでミヤネ屋司会の宮根誠司は権力者オベンチャラとしてネットではつとに有名であるが、安倍にはそこがたまらなく心地いいわけだ。ついでに6日(日)はお仲間の極右が集う読売系『そこまで言って委員会』にも出るそうだ。安倍は一国の総理大臣が務まるIQではないが、本人はとにかく出たがり・目立ちたがりな性分なのだし、当ブログでも過去に安倍オモシロ画像をけっこう紹介してきたとおり、天性のユニークキャラがある。どうだろう、いっそのことお笑い芸人にでも転進したら?受けるとしたら関西だろうから吉本興業所属ということで。先頃布袋某との深夜不倫が発覚した明恵夫人と仮面夫婦チグハグ漫才、あるいは波長が合う橋下徹とのコンビならなおけっこう。ボケが安倍で橋の下が突っ込みということになるのだろうが、そこでなら「戦前の日本をトリモロフ~」「中国と戦争おっ始めレねば~」などと滑舌悪くいくらしゃべっても、「あのコンビなかなかオモロイなあ」と、大受けはしても誰も非難はしないよ~。-

【付記】
 なお鴻池参院平和安全法制特別委員会委員会議長(自民長老)はこの問題に苦言を呈し、また民主党などは、総理の会期中のテレビ出演は国会軽視に当たるとして週明け厳しく問いただし、納得のいく説明がなければ審議には応じられないとしています。参院強行採決に向けてただでさえ日程が窮屈だろうに、それでなくても河野統合幕僚長問題が尾を引きそうなのに、自分でオウンゴールしちゃって、やはり安倍総理は天性のお笑いボケキャラのようです。なお「お笑い芸人はバカでも出来る」みたいなことを申しましたが、又吉直樹が芥川賞を取ったように、売っ子としてのし上がるには相当の高IQでないとダメのようです。よって安部の場合、総理辞任即職業生活全引退しか道はなさそうです。 (大場光太郎・記)

962_2

96


国会サボる総理はいらない ミヤネ屋生出演(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/143.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 04 日 19:35:05
http://tanakaryusaku.jp/2015/09/00011910
2015年9月4日 18:33 田中龍作ジャーナル

964
「“特別”国会開幕、安倍首相緊急生出演」と銘打つあたりは、さすがバラエティーだ。=4日、讀賣テレビ画面より=

 安倍首相がきょう讀賣テレビ(日テレ系・大阪)の情報番組『ミヤネ屋』に生出演した。

 トンチンカンでアメポチ丸出しの発言がグダグダと続いていたが、番組終盤、ホンネが飛び出した。

 東京からわざわざ出向いた日テレ記者の質問に答えた時だった―

 日テレ青山和弘記者:「特に違憲だと言われているのは集団的自衛権の一部行使容認の所だ。野党がこれだけ反対して国民も支持していない状況で、安倍総理大臣としては譲って、集団的自衛権を後回しにして、とりあえず残りの物を通す妥協はできないものか?」

965
厳しい質問も出ず、終始上機嫌の安倍首相。=4日、讀賣テレビ画面より=

 安倍首相:「今回は切れ目のない対応を可能にする法案なんですね・・・国際社会でいろんなことが起こった時にですね・・・日本の平和と安全を守るために全体の法制が私は大切だろうと思いますし・・・」(安倍首相の話は文字に起こしても要領を得ない)

 要はいつでも地球の裏側に自衛隊を派遣するということだ。

 安倍首相は番組中「アフガニスタンに行ったり中東に行ったりするようなことはない」と うそぶいて いたが、ポロリと本心をもらしたようだ。

 元讀賣テレビ記者、官邸詰め日本テレビ記者、元NHK記者、そして宮根誠司。権力迎合陣営のヨイショ質問に気持ちよさそうに答える安倍首相だった。

 とりわけ日テレ青山記者のアベポチ質問は首相を大いに喜ばした―「廃案にされたら困るのでどう(周囲を)巻き込んでいくのか(が大事)」と助言した。

 ツイッター上には「♯国会サボる総理はいらない」のハッシュタグが登場し、たちまちトレンド入りした。

 ~終わり~

          ◇
 
国会サボる総理?ミヤネ屋に出演した安部総理に屈辱的なタグ
http://www.yukawanet.com/archives/4932546.html
2015年09月04日17:22 秒刊SUNDAY

966

国会議員たるもの、本職である「会議」に出席せず、NHKならまだしも民放に出演している様がどうも国民にとっては「サボっている」ように映ってしまい「#国会サボる総理はいらない」などという、屈辱的なタグが付けられてしまいました。また出演時には「軽すぎる」「本当に国会をサボっている」などという批判的な声が寄せられているようだが、捉え方は人それぞれなのかもしれない。

963

          自民党広報   

     @jimin_koho   

【安倍晋三総裁メディア出演】本日! ●9/4(金)  13:55~15:50 ※15時以降に出演予定/読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」 ●9/6(日)13:30~15:00/読売テレビ「そこまで言って委員会NP」

ただ、国会が開かれていたとしても出席する必要がなければそもそも議会に出る必要性はないという考え方なのかもしれませんね。

さて皆様はどう捉えますでしょうか。

本日の国会
http://www.shugiin.go.jp/internet/index.nsf/html/index.htm

―ネットの反応

・ 出席要求されてないのに。。冷静になろう。
・ 結局出席要求は無かったのか
・ 総理「国会で説明します」
・ 安倍総理のテレビ出演は委員会からの出席要求が無い以上、 ①「サボり」ではなく「欠席」でもない
・ 本当に国会をサボって大阪のスタジオに来ている!
・ ミヤネ屋、安倍総理に対して くっだらない質問ばっか
・ 国会をサボってまで、ミヤネ屋に出演し、一生懸命訴えれば訴えるほど不信感が増してきた。
・ テレビ出演はサボりとは思わない
・ 大きな誤解が生じているだ!真面目にやれ!
・ #国会サボる総理はいらない  ってハッシュタグがあっという間にトレンド入りする金曜日。
・ 参議院に議席を有してなくても,議案の説明のために,参議院の審議に出席することができる。
・ 野党から出席要求なかったっぽい。だったらセーフですわ。
・ 国会の仕組みを知らない議員たち
・ なかなか興味深いタグだ。
・ 勝手にでると怒られるらしいよ

(秒刊ライター:Take)

#国会サボる総理はいらない
https://twitter.com/search?q=%23%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%82%8B%E7%B7%8F%E7%90%86%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84

緊急生出演 2015.09.04 安倍首相 × ミヤネ屋 | 日中韓 徴兵制 特定秘密保護法 集団的自衛権 安保法制 アベノミクス 安保法案 SEALDs シールズ

(転載終わり)


【番外画像】
961



関連記事
『<炎上>安倍総理「ミヤネ屋」出演でまたしてもオウンゴール!野党は審議拒否も!明日は「そこまで言って委員会」の放送が!』
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/155.html
『安倍首相の国会サボリに身内の自民党議員からも批判! ネトウヨの「要請がなければ出席不要」論は大間違いだ!(リテラ)』
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/178.html
『国会サボって大阪入り 安倍首相「ミヤネ屋」生出演の“裏事情”(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/15/senkyo192/msg/195.html

|

« 戦争法案を廃案にするということは、戦後70年にして初めて日本国民が米国支配に「NO!」を突きつけるということだ | トップページ | “日本を操る男”アーミテージに安保法案審議などを直撃インタビュー(TBS・NEWS23) »

マスコミ、ダマスゴミ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。