« 甘利明担当大臣大ハッスルのTPPの行方 | トップページ | 折り折りの短歌(9) »

【プレアデス+メッセージ】テレビの恐るべき真実

【一言】
 少し前『大摩邇』サイトで、テレビに関する興味深い「プレアデス+メッセージ」を見つけ保存していましたので、今回改めてご紹介します。

 実は「プレアデス+」のテレビについての警告は当ブログでも既に記事として出していました(12年12月)。といっても両者の内容は違い、どちらも重要です。

 当ブログ記事の方は私の前説で「プレアデス+」について少し言及しています。ご存知の方はとうの昔にご存知でしょうが、そうでない方もおいででしょうから、先ず当ブログ記事の方を先に転載することにしました。

8181
『プレアデス+かく語りき 地球30万年の夜明け』(太陽出版)


テレビという周波数コントロール装置
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-9553.html

 

 

 今回ご紹介するのは『プレアデス+かく語りき 地球30万年の夜明け』という本の中の一節です。あるいはご存知の方がおられるかもしれませんが、この本は今から20年ほど前米国で出版された「チャネリング情報本」です。
 この本については、いずれあらためて取り上げたいと考えていますので、今回はごく簡単にしか触れません。

 「プレアデス+」は、プレアデス星団を中心とした意識の集合体で、既に物理的な身体は有しておらず、自由自在な「意識体」(複数)としての存在であるようです。
 また「プレアデス+」は地球人類より数万年以上進化しており、「私たちは、あなた方地球人の未来です」というような意味深な記述もあります。地球&地球人類が大転換を遂げるという「今この時」、世界中に数百万人ほどいると言われる「光の家族」をサポートするために「過去に戻ってきた」というのです。

 この本は今やスピリチュアル関係者の間では古典化していますが、中で述べられている「プレアデス+メッセージ」はまさに驚愕の連続です。今回はその中で「テレビの本質」に関わる情報のみ以下に転載することにします。

 私は現在大新聞不購読の上無テレビ生活ですが、皆さんのほとんどは“テレビ漬け”な日々であることでしょう。どうぞこの情報をじっくりお読みいただき、“テレビ依存症”から徐々にでも脱け出してください。  (大場光太郎・記)

                         *

 現代の工業技術こそ周波数コントロールのための最大の武器の一つです。娯楽や便宜をはかるためのさまざまな機械が売られていますが、これはすべて、周波数コントロールに関係しています。あなた方にテレビを捨てることを強く勧めます。テレビは、毎日、毎日、あなた方の意識を操作するために使われている第一番の道具です。この実験はきわめて精妙に仕組まれているため、あなた方はテレビを見ることを通して、潜在意識のレベルで病気にかかってしまいます。ですから、いま一つの世代全体がテレビを見ることによって自殺しつつあります。そして、その過程で医療機関をサポートしています。

 あなた方がどんなに精神を高めることが可能な存在であり、かぎりない可能性を秘めた存在であるかというテレビ番組を見ながら、潜在意識のレベルでは、あなた方が独自の思考をすることを妨げる周波数による攻撃を受けているのです。(略)人間の皆さん、目を覚ます時間ですよ。

 テレビでの潜在意識コントロールの大部分は、地球外存在との協力のもとに開発された技術を使ってなされています。人間の意識を混乱させるために潜在意識コントロールを用いることは、世界的なプログラムになっています。(略)テレビの影響力はきわめて浸透性が高く、あなたがどんなに明確な理解を維持しようとしても、あなた方の振動周波数に対するこの技術のコントロールを覆すことはできません。

 あなた方の感情的な肉体を主食としている存在がいるということは前にもいいました。彼らにとってテレビがいかに巧妙な道具になっているか分かるでしょうか。世界中で、何十億という人間が、テレビで何かを見ては感情のジュースを大気圏に吐き出しています。あなた方を怒らせるために、戦争を作り出す必要はもうありません。映画を作ればよいのですから話は簡単です。

 テレビを見る必要のある人たちは、彼ら自身の頭脳のなかにある豊かな情報源、そして、また、彼らのまわりにあっていつでも入手できる情報源を活用していません。まったくの話、もしあなた方が進化したいと願うならば、新聞は読まないでください。ラジオを聞かないでください、テレビを見ないでください。ある一定期間マスコミを完全にシャットアウトして、混乱、焦燥、ストレス、多忙、無用なさまざまな誘惑の周波数から自分を解放すれば、明確になりはじめるでしょう。そうすれば、あなた方自身の内部で進行していることに耳を傾けることができ、この世界のなかで迷子になることなく、この世界をフルに生きることができるようになるでしょう。あなた方は明確になるでしょう。これはいくら強調してもしすぎることはありません。  (転載終わり)

引用
『プレアデス+かく語りき 地球30万年の夜明け』-「第8章 究極の暴虐のおよばないところ」より (著者:バーバラ・マーシニアック、訳者:大内博、太陽出版刊)

 


8182
『ブレアデス+地球を開く鍵』(太陽出版)


テレビを通して眠った意識状態にされている人々
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1955627.html#more
大摩邇(おおまに) 17:26
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-1de5.html

<転載開始>
   あなたの内なる心は、ハイアーセルフ(高次の自己)または内なる師(神)と、常にコミュニケーションをしています。それはあなたのひとつの状態であり、今のあなたの目には見えないとしても、常にあなたに対して強烈な影響力を持っています。あなたの高次の自己は、あなたが選択する体験のすべてに目的がある、と考える展望をもっています。

   あなたの高次の自己はこの展望から見える眺めを、衝動、感情を通してあなたに伝えてくれます。あなた自身から送られてくるメッセージを理解し、自分の現実は自分の命令通りに従うものであると悟れるかどうかは、あなた次第です。これはあなたの高次の自己によって、何度も何度もあなたに示されていることです。

   それに加えて、感情や信念という形ちで表れるあなたの思いというものがあり、それがあなたの本質と存在そのものによって、あなたの周囲に向かって絶えず放送されているのです。あなたの霊的な意識が増すにつれて、人が何をしようとしているかがよくわかるようになってきます。つまり、それは表現されているエネルギーだからです。あなたの内なるコミュニケーションと理解がさらに進むにつれて、エネルギーを読み取ることが可能になってきます。


テレビを通して、眠った意識状態にされている人々

   この情報の時代において、自分で知識を収集するという自然なやり方から、あなた方は遠ざけられてきました。そして、テレビこそ素晴らしい情報源だと信じこまされてきました。このいわゆる情報提供の道具は、今世紀最大の発明の一つとして宣伝され、浸透させられてきました。しかし、あなた方のすべてのテレビ局は、あなたを楽しませて、意識を眠った状態にしておくことを意図している存在たちによって所有され、支配されているのです。

   彼らのやり方、目的は、一つの現実の決まった視点だけを押し付けるということです。
   テレビはあなたの進化を遅らせ、あなたを制限します。特に、幼い子供の場合、その影響は甚大です。子供のときのさまざまな印象や想像力が、人生の展開においてとても重要な役割を果たします。テレビはあなた方を、非常に偏った、狭い感情表現の領域に制限します。その感情とは基本的に、混乱と恐怖です。

   今日、かつてなかったほどの勢いで、テレビをよしとするキャンペーンが展開されています。テレビで放送されていることが、あたかも今この瞬間に最も重要なことであるかのように、スキャンダルや暴力事件の最新のニュースに釘づけにしようと誘惑します。


 

デジタル放送により、世界中に恐怖の周波数がばらまかれている

   テレビを見ている時、あなたがどのように感じるか、今ちょっと感じてみてください。
   それは周波数コントロールなのです。このコントロールは途方もなく加速されており、テレビを通して世界中に恐怖の周波数がばらまかれています。デジタル放送になることで、この周波数コントロールはきわめて悪質なものに切り替えられました。

   地球上の人々の大半は、いまこの瞬間にも、テレビによって催眠術がかけられています。あなた方は、他人によって与えられたイメージや人の考えを通してだけではなく、人生を「直接的に」体験することこそ重要なことであることに気付かねばなりません。

   テレビに時間を明け渡してしまうと、あなたの意識は損なわれ、意識が持っている潜在的な能力が損なわれてしまいます。想像力が抑制され、あなたに与えられたこの「想像力」という最大の贈り物は投げ捨てられ、使わなくなってしまうでしょう。

   何世紀か後の人類は今を振り返り、21世紀前半にはテレビによって人々は半分眠った状態にされ、コントロールされ、病気になっていたことが理解されるでしょう。どんな番組であれ、テレビを見るのは時間の無駄です。テレビはあなた方を、人生の実体験から切り離し、テレビがあなたの代わりに体験してくれることでしょう。あなたが行動して体験することこそが、学ぶための最善の方法なのです。

   「私は教育番組しか見ません。」 中にはこのように言う人がいるかもしれません。
   しかし、私たちとしてはこう聞きたいと思います。「いい番組と同時に、どんなものが放送されていると思いますか?」 

   あなたの家にどうしてもテレビを置いておきたいなら、コンセントを外してください。
   なぜなら、テレビをつけていない時でも、テレビを通して「ある周波数」が送り込まれているからです。私たちの言おうとしていることが理解できるでしょうか?

   自然界から聞こえて来る放送に、耳を傾ける選択をしてください。
   地球の声に耳を傾け、それを聴いてください。

      「プレアデス+地球をひらく鍵」 
                バーバラ・マーシニアック著 
太陽出版 

                          抜粋

(以上転載終わり)

|

« 甘利明担当大臣大ハッスルのTPPの行方 | トップページ | 折り折りの短歌(9) »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

マスコミ、ダマスゴミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甘利明担当大臣大ハッスルのTPPの行方 | トップページ | 折り折りの短歌(9) »